国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ

正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」。日本のみならず世界中からカルト宗教被害を根絶・絶滅させることが究極の目的。伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (背景写真は大石寺開創七百年慶讃大法要・本会が終了後、饗応の席で歓談する池田大作と大石寺67世阿部日顕・1990年10月14日付け聖教新聞より)

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が2005年に設立した会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。
この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」の管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」。「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」は「一般社団法人 仏教宗学研究会」が管理・運営。
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774

(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

□日蓮正宗・創価学会の本尊セールス・登山会セールス論争は教義論争の範疇には入らない   「日蓮正宗と創価学会は2002年1月31日、本尊・教義以外の問題は「和解」している」「日蓮正宗・創価学会の和解の中に本尊・教義問題は含まれていない」などというと、いかにも聞こ ...

□「慧妙」は日蓮正宗の機関紙ではなく、「創価新報」は創価学会の機関紙ではない   「日蓮正宗と創価学会は2002年1月31日、本尊・教義以外の問題は和解している」---かく言うと、法華講員や創価学会員あたりからこんな反論が飛んでくる。 「日蓮正宗謀略活動新聞『慧妙 ...

□2002年1月31日の和解は日蓮正宗・創価学会の「宗創戦争」を実質終結させる和解である2   シアトル事件の係属そのものが、 「本件訴訟の係属そのものが、控訴人(日蓮正宗、大石寺)ら及び被控訴人(池田大作、創価学会)らにおいて、それぞれの教義をひろめ、儀式行事を行 ...

□2002年1月31日の和解は日蓮正宗・創価学会の「宗創戦争」を実質終結させる和解である   「アンチ日蓮正宗」には、「現在の日蓮正宗と創価学会の関係はどうなっているのか」「日蓮正宗と創価学会の『ケンカ』はつづいているのか」「日蓮正宗と創価学会の関係はなれ合いの ...

□ありとあらゆる手段を使って「アンチ日蓮正宗」の業務妨害を謀る「日蓮正宗系」カルト信者たち   法華講員、創価学会員、顕正会員、正信会信徒、「富士門流執着軍団」の者たちは、誰でも閲覧することができる「公の場」に出てこようとせず、一般の人が見ることが出来な ...

□メール問答、ビデオ問答、非公開コミュ問答等は一般の第三者に問答の内容が全く見えない   正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ(アンチ日蓮正宗)」では、「mixi」時代から、法華講員、創価学会 ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO30   255「何かの宗教を広めようとする行為は悪くないと思ってましたが、創価学会だけは別物だと思いました。自分なりに理由があるんです。何か「だまされた」としか思えない事件があり、それ ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO29   248「私も以前勤めていたところの上司が創価学会員でした。初めはすごくまじめで感じがよく、尊敬さえできる人だったんですけど。人数の少ない職場だったのですぐに打ち解け、週に何度も ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO28   238「昔から創価学会の関係者で、マトモな人を見かけた事がありません。きっとごく普通の人もいるのでしょうけれど、それを補って有り余る程不思議(かなり湾曲表現)な人が沢山いて、本 ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO27   229「私の家の隣が創価学会の幹部らしく、非常に迷惑をしているものです。。最初は創価学会員だとは知らなくて普通に付き合っていたのですが、創価学会への勧誘を断ってから、その創価学 ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO26   219「コンビニ店員にとってクソ忙しい昼間時に、「公明党をお願いします」って、創価学会員が来たなぁ。帰りの駅前でも、なんかやってたなぁ。」 (「mixi」の「アンチ創価学会」コミュ ...

□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」単独アクセス数が130万pv突破   皆様には、いつもブログをご愛読いただきまして、まことにありがとうございます。 2018年07月31日で、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」の累計アクセス数、「仏教宗学研究会のブログ」の累 ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの顕正会の実態NO16   551「主要駅でも勧誘を行う顕正会… うちも学生の時勧誘されたことあるけど、とっとと逃げた 怪しいと思ったらすぐに警察へ!!」 (ヤフーニュース「教団勧誘で未成年大学生を誘拐の疑 ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの顕正会の実態NO15   226「ちょうど10年前か…2月頃だったか、寒い日に、高校の時の友達に呼び出されて、うちの最寄り駅から3つ離れた駅前のハンバーガーショップ(てりやきバーガー発祥の地で有名な、ちょっと ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの顕正会の実態NO14   217「昔、顕正会へ勧誘された。その時、「ごめん、俺、今不幸とは思ってないから宗教に入る意味がないんだ」と言ったのを思い出した。本当に、不幸のどん底になると、神にもすがりたくなる ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの顕正会の実態NO13   212「たこ焼き屋でバイトをしていた時、よくと言うか、毎日来てくれるおばちゃんがいた。自然と仲が良くなり、世間話や身の上話をするようになった。ある日、おばちゃんに言われた。今度、 ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの顕正会の実態NO12   207「「徳を積む」「信仰心の向上」という戯言で誤魔化し、コストゼロで行っているのがカルト宗教団体だ。こんなオイシイ団体は「学校の部活」「趣味仲間のサークル」とカルト宗教団体だけ ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの顕正会の実態NO11   200「自分は過去に友人に「相談がある」と行って騙され、行ったら後からどやどやと4人くらい来て顕正会に「折伏」されたクソムカつく思い出があります(怒)。何故か物凄く冷静に対応して ...

□財務、広布基金、書籍・新聞等の複数部購入の「カネ、カネ、カネ」体質にまみれた創価学会   日蓮正宗寺院住職・僧侶、法華講、創価学会、顕正会、正信会等の信者の非常識な振る舞いに嫌気がさしてやめるパターンは、他にもある。近年、特に顕著に顕れているのが、大石 ...

□「日蓮正宗も創価学会も同じカルト宗教」「もう日蓮も宗教はこりごり」と言って無宗教になった人   創価学会、顕正会、法華講等の「日蓮正宗系」団体の折伏・布教活動が嫌で離檀・脱会する人がいる一方で、「日蓮正宗系」団体の折伏・布教活動に熱心に取り組んできた人 ...

□創価学会の折伏・布教活動が嫌で脱会し日蓮正宗寺院の信徒になった夫婦のケース   創価学会、法華講、顕正会等の「日蓮正宗系」団体をやめる動機として、「日蓮正宗系」団体の強引・過激な折伏・布教活動が嫌でやめる三番目のケースとして、ここに紹介するのは、夫婦・ ...

□苦手な聖教新聞訪問販売を無理やりやらされて創価学会を退会した女子部信徒のケース   創価学会、法華講、顕正会等の「日蓮正宗系」団体をやめる動機として、「日蓮正宗系」団体の強引・過激な折伏・布教活動が嫌でやめる人がかなりいる。このパターンでやめる人は、197 ...

□「日蓮はもうこりごり」「宗教はもうこりごり」と言って反宗教的な無宗教になる人が多い   このパターンで「日蓮正宗系」団体をやめる人は、創価学会→法華講→日蓮正宗離檀という人に多いが、一部には創価学会→法華講→他宗派→無宗教、あるいは創価学会→他宗派→無 ...

□「本物の正しい宗教を探す」とか「本物の正統門家を探す」ということは意味がないことである   創価学会、法華講、顕正会、正信会等の「日蓮正宗系」団体の信者の中には、純粋な動機、自らの求道心でコツコツと教学を学んだり、全国各地の寺院に参詣したり、さまざまな ...

□「信心の功徳で彼女ができる」自慰妄想に気づいて「日蓮正宗系」信仰を棄てる独身男性信者   「日蓮正宗系」の信者、創価学会員、法華講員、顕正会員が、「日蓮正宗系」に未入信の彼氏・彼女と結婚することによって、「日蓮正宗系」の信者のほうが、信仰を棄ててしまう ...

□「日蓮正宗系」の労働蔑視・経済活動蔑視思想は奈良・平安仏教と鎌倉仏教の混同によるもの   日蓮正宗・法華講員、創価学会員、顕正会員ら「日蓮正宗系」団体の信者たちは、労働、所得、企業などの経済活動を蔑視している。これは、日蓮正宗、創価学会、顕正会等「日蓮 ...

□経済的余裕がない故に旅行に行けない創価学会・法華講・顕正会等「日蓮正宗系」カルト信者   日蓮正宗、創価学会、顕正会等の「日蓮正宗系」カルト信者が、なぜ、旅行にほとんど行ったことがないのか、旅をほとんど知らないのか、ほとんど旅行慣れしていないのか。その ...

□世間一般で旅行慣れしている人、旅の要領がうまい人は多く、年々、増えてきている   日本では、年末年始、ゴールデンウイーク、8月中旬の夏休み等にまとまった休日をとって、旅行に出かける人は多い。この時期、日本全国の行楽地、テーマパーク、動物園、遊園地、温泉街 ...

□すでに大石寺9世日有の代からあった日蓮宗・富士門流での大石寺批判・大石寺教学批判   日蓮正宗の法華講員は、創価学会批判をしているのは法華講員だけだと錯覚していることに加えて、日本国内で日蓮正宗批判をしているのは、創価学会、顕正会、正信会だけだと錯覚して ...

□1950年代からあった伝統仏教宗派や評論家・マスコミによる日蓮正宗批判・創価学会批判   これはカルト信仰に染まりきった日蓮正宗・法華講員に見られる悪弊・弊害だが、しかしこの錯覚ぶり、思い上がりぶりには、全く呆れ果ててしまうばかりである。1991年以来の日蓮正 ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO25   207「俳優には創価学会員が多いようですもんね。まぁ芸能人も「創価学会に入れば、創価学会員はファンになるかも」とちょっとファン獲得の意味合いもあるんでしょうね。創価学会員にいた ...

単称「アンチ創価学会コミュ」に寄せられた創価学会・公明党に関する苦情の数々NO24   □宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO24   200「私は創価学会の、かなりの汚染地域に住んでます。創価大学もありますし、全国から創価学会 ...

単称「アンチ創価学会コミュ」に寄せられた創価学会・公明党に関する苦情の数々NO23   □宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO23   193「男と女って、結局いくら愛しあっていても、一緒にいても、離れていても、過ごすのは、日常 ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO22   184「恋愛だから最終的には自分で決めることですが、これは決して誇大表現でなく、私のまわりでも創価学会員との恋愛や結婚でもっともっと悲惨なめにあった人がいます。カルト宗教は家族 ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO21   175「地元がほとんど創価学会のお方ばかり&伯父の家族と親戚1軒が創価学会なので、はた迷惑してます。なんで私まで公明党を支持しなきゃいけないの?というか、ほぼ強制。でも公明党に ...

□全く予想していなかった凄まじい強引・執拗な勧誘の嵐との戦いから始まった英昭彦の学生生活   当ブログに連載している「隣の創価学会員・法華講員」は、英昭彦が、1980(昭和55)年ころから、創価学会員、顕正会員、法華講員、日蓮正宗僧侶たちの強引・執拗な勧誘・折伏 ...

□蓮如の昔から浄土真宗が社会に深く根を張り文化として深く定着している北陸地方・石川県   英昭彦と一般宗教との関わりは、子どもの頃からはじまる。英昭彦が幼少のころの実家は石川県のN駅近郊にあり、この家が、先祖代々からの家であった。この家は、先祖代々から真宗 ...

□富士大石寺顕正会を特定危険カルト宗教に指定し宗教法人優遇処置を全て剥奪せしめよ   「日蓮正宗系」カルト教団・富士大石寺顕正会(宗教法人「顕正会」)は、1960年代のころから強引・執拗な勧誘活動を行って、一般世間でさまざまな事件・トラブルを頻発させてきている ...

□なぜ浅井昭衛ら顕正会最高幹部と宗教法人顕正会の刑事責任が放置されたままなのか   2013年9月11日、日蓮正宗系三大カルト教団のひとつ、「顕正会」についての大きなニュースが飛び込んで来た。警視庁公安部が強要と暴力行為法違反の疑いで「顕正会」本部と東京会館を家 ...

□アンチに撃退されても撃退されても上野駅13番線・東京駅に出没しつづける顕正会カルト信者   2000年代から2010年代にかけては、JR上野駅、JR東京駅界隈で、顕正会のカルト信者によるこんな「強引・だまし討ち折伏事件」が続発している。 JR上野駅13番線ホームからは、 ...

□顕正会に大勢の独身女性がいるかの如く錯覚させるために配布している顕正新聞特集号   強引な折伏・布教活動を行っているのは、創価学会だけではない。顕正会も行っているし、創価学会や顕正会の「本家本元」である日蓮正宗もまた同様である。ここではまず、英昭彦の実 ...

□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」は「一般社団法人 仏教宗学研究会」の管轄下に   2018年5月18日付けを以て「一般社団法人 仏教宗学研究会」が、正式に法務局に法人登記が完了しました。2012年2月の「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」「仏教宗学研究会の ...

□なぜ女性信者が「日蓮正宗系」未入信の彼氏と結婚して「日蓮正宗系」の信仰を棄てるのか   「日蓮正宗系」の信者、創価学会員、法華講員、顕正会員が、「日蓮正宗系」に未入信の彼氏・彼女と結婚することによって、「日蓮正宗系」の信者のほうが、信仰を棄ててしまうと ...

□子どもの頃から「日蓮正宗系」信者でも数々の不信を持って結婚を契機に離檀脱会するケース   意外に知られていない、皆さんが意外に思われる「日蓮正宗系」離檀・脱会の機縁というのが、これ。つまり「日蓮正宗系」の信者、創価学会員、法華講員、顕正会員が、「日蓮正 ...

□日蓮正宗系だけに飽きたらず富士門流寺院までカルトサーフィンするトラブル脱会信者   創価学会・法華講・顕正会・正信会内部の人間関係・トラブルで日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会を離檀・脱会した人が、最も多いのは、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の「日 ...

□独善的体質で「オレは偉い」信徒が集まる「日蓮正宗系」宗教団体で多発するトラブル・内紛   ここの表題に掲げた「『日蓮正宗系』離檀・脱会の機縁」の『日蓮正宗系』とは、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会のこと。「離檀・脱会の機縁」というのは、どういう理由で ...

□勤行も定着しない創価学会が仏教を大衆文化に定着させた仏教宗派を批判しても説得力ゼロ   これも「日蓮正宗系以外は全て葬式仏教だ」とよく似た誹謗中傷である。特にこれを言いたがるのが創価学会員であり顕正会員。そして元創価学会員、元顕正会員。最近は法華講員も ...

□創価学会員、法華講員、顕正会員の信仰活動は大衆文化として根づいているとは言い難い   それでは「創価学会、日蓮正宗、顕正会だけが勤行・折伏・教学研鑽を行い日々の実践に活かす生きた宗教である」「創価学会、日蓮正宗、顕正会だけが生きた宗教、他は全て死せる宗 ...

□仏教寺院・仏教僧による葬儀・法事は上古の昔から日本の大衆文化として深く定着している   創価学会、法華講、顕正会等の「日蓮正宗系」団体の信者は、「『日蓮正宗系』以外(創価学会以外、日蓮正宗以外、顕正会以外…)の宗教は全て葬式仏教だ」「何の社会的活動も平和 ...

□自己保身・自己利益のためには対立する団体の教義をも平気でパクる「日蓮正宗系」カルト団体   これは、創価学会、法華講、顕正会、正信会等の「日蓮正宗系」団体の中で、僧侶と信徒、信徒同士のケンカや紛争を引き起こして、自分が所属する団体を飛び出し、あっちこっ ...

↑このページのトップヘ