国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ

正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」。日本のみならず世界中からカルト宗教被害を根絶・絶滅させることを究極の目的にしています。カルト宗教の本家本元である日蓮正宗、創価学会・SGI・顕正会・正信会、日蓮正宗系・創価学会系・顕正会系から派生した富士門流執着軍団、仏教系・キリスト教系・イスラム教系カルト宗教を批判していくサイトです。 (背景写真は大石寺開創七百年慶讃大法要・本会が終了後、饗応の席で歓談する池田大作と大石寺67世阿部日顕・1990年10月14日付け聖教新聞より)

「国際カルト宗教対策委員会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」(略名・アンチ日蓮正宗)「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体異名。
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html

<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp

膨大な書籍・写真・映像資料を格蔵する「国際カルト宗教対策委員会」東京本部・北陸支部管理人室

□全資料の約85%を収蔵している国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)北陸支部管理人室書棚

 

「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)管理人は、1980年代、90年代のころから収集してきた膨大な数量の書籍史料、写真資料、ビデオ資料を所有している。今回、「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)北陸支部社屋落成に当たり、全資料の約85%を「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)北陸支部の管理人室書棚に収蔵。残りを「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)東京本部管理人室書棚に収蔵しました。

杉瀬6
 

(「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)北陸支部の入り口)

杉瀬30
 

(「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)北陸支部管理人室につながる階段)

杉瀬33
 

(「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)北陸支部管理人室の入り口)

入り口のドアはカギ付きのドアになっている。

管理人室2


管理人室8
 

(「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)北陸支部管理人室の管理人デスク・管理人室28)

デスクの上には、移動可能なノートパソコン、タブレット、Wi-Fiルーターの他、北陸支部管理人室直通固定電話、PCプリンター・コピー・スキャナー兼用機、インターホンのコントロール・モニター子機が並んでいる。

北陸書棚1
 

(「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)北陸支部管理人室の「日蓮正宗系」カルト関連書籍書棚)

北陸書棚2
 

(「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)北陸支部管理人室の一般書籍書棚)

北陸書棚3
 

(「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)北陸支部管理人室の写真・映像資料書棚)

北陸支部社屋は、セキュリティシステムが完備しており、防犯カメラだけではなく、社屋に無断侵入があった場合、警報が鳴り、セコムから「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)管理人に連絡が来るのみならず、警察に通報が行きます。使用頻度が高い書籍資料は、「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)東京本部の書棚に収蔵しています。

東京書棚2
 

(「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)・東京本部管理人室の書棚)

東京本部管理人室の書棚は、カギ付きの書棚になっている。

 

続きを読む

国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)東京本部・北陸支部は防犯カメラ・セキュリティが完備してます

□セキュリティシステムは防犯カメラのみならず無断侵入時の警報・通報システムも完備

 

今般、新たに落成した国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)北陸支部は、防犯カメラ・セキュリティシステムが完備しています。

杉瀬6
 

(国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)北陸支部の防犯カメラ)

はっきりと玄関口を向いています。カーポートの柱には「監視カメラ設置」のシールがあります。

防犯カメラ(監視カメラ)のコントロール・モニターは、北陸支部の応接室(会議室)にある。

北陸支部社屋は、セキュリティシステムが完備しており、防犯カメラだけではなく、社屋に無断侵入があった場合、警報が鳴り、セコムから「国際カルト宗教対策委員会」管理人に連絡が来るのみならず、警察に通報が行きます。

杉瀬19
 

(国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)北陸支部の応接室(会議室))

杉瀬16
 

(防犯カメラ(監視カメラ)のコントロール・モニター)

インターホンにもカメラがついています。

杉瀬18
 

(インターホンのコントロール・モニター)

国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)東京本部の分譲マンションが入っているタワーマンションは、マンションそのものにセキュリティシステムが完備しており、防犯カメラも取り付けられています。

マンション入り口には、マンションの管理人が常駐しています。

狛江17
 

(国際カルト宗教対策委員会・東京本部の分譲マンションが入っているタワーマンション)

エレベーターにも防犯カメラが取り付けられています。

狛江18
 

(エレベーターに取り付けられている防犯カメラ)

まあ、こういうセキュリティシステムが東京本部、北陸支部ともに完備させることができたのも、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会、富士門流執着軍団を批判、論破、撲滅活動を展開する「国際カルト宗教対策委員会」管理人の“大功徳”と言えるでしょうかねえ(爆笑)

管理人室3


管理人室5
 

(国際カルト宗教対策委員会・東京本部管理人室のPCプリンター・コピー・スキャナー兼用機の下にある「国際カルト宗教対策委員会」東京本部管理人室固定電話。下段が固定電話、上段にあるのはインターネットモデムと電話モデム)

 

国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)北陸支部社屋が落成・東京・北陸インターネット網が開通

□東京本部は「仏教宗学研究会」管理人のファーストハウス、北陸支部はセカンドハウスである

 

2015年から計画を進めてきておりました「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」(略名・アンチ日蓮正宗・別名・仏教宗学研究会)の北陸支部社屋ですが、土地購入、社屋建設と順調に進捗し、この度、めでたく落成に至りました。「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」(略名・アンチ日蓮正宗・別名・仏教宗学研究会)は、設立以来、「Icat-Cult」管理人が東京都内に所有する分譲マンションを拠点に活動してまいりました。この東京都内の分譲マンションにデスク、デスクトップパソコン、電話、コピー機、プリンター、スキャナーから膨大な数の書籍史料、写真資料、ビデオ資料等々が所狭しと置かれていました。とてもマンションの部屋では収蔵しきれない膨大な数で、物置の中までぎっしりの状態でありました。しかしいくら膨大な資料を収蔵していても、容易に取り出せない状態で収蔵していても、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」や「仏教宗学研究会のブログ」「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」等々に資料として活用することは、むずかしいということになる。又、「Icat-Cult」管理人は普段は東京都内の分譲マンションで日々の生活をしており、マンションの中に膨大な数の書籍史料、写真資料、ビデオ資料等々があることによって、生活するスペースがかなり狭くなってしまっているという不都合がありました。さらに膨大な資料の中には、「Icat-Cult」管理人が1980年代、90年代のころから所有する書籍史料、写真資料、ビデオ資料が多数ありますが、これらのものが長年の経年劣化と、関東地方の湿気により、ビデオテープにカビが生えてしまっていて、ビデオ資料の中には、再生がままならなくなっているものがあることが判明しました。これではせっかく収集・収蔵してきた大事な資料が破損してしまう。

そこで2014年から、東京都内の分譲マンションにあった膨大な数の書籍史料、写真資料、ビデオ資料の80%以上を、北陸にある「Icat-Cult」管理人の実家の空き部屋に移転させました。そして実家にブルーレイ、VHS・DVD一体型プレイヤーを入れて、ビデオ資料をDVDにダビングする作業を進めていますが、ビデオ資料の数があまりにも膨大であるため、まだ終了していません。さて膨大な数の書籍史料、写真資料、ビデオ資料の80%以上を、北陸の実家に移転させると、今度は別の問題が発生しました。北陸の実家には、固定電話回線はあるものの、インターネットの光回線が入っておらず、「Icat-Cult」管理人が北陸の実家に滞在している時は、パソコンでインターネットができないという問題が発生。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」「仏教宗学研究会のブログ」「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」等々をアップするには、固定電話回線のADSLでは容量不足で、これでは、実家に移転した資料が活用できないということになる。そこで無線LAN(Wi-Fi)ルーターを契約して、無線でインターネットをやろうと試みたのですが、ところが実家の所在地が、山間部に近い所であるため、無線LANの感度が悪く、インターネットに繋がりにくい所であることが判明しました。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ