国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ

正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」。日本のみならず世界中からカルト宗教被害を根絶・絶滅させることが究極の目的。伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (背景写真は大石寺開創七百年慶讃大法要・本会が終了後、饗応の席で歓談する池田大作と大石寺67世阿部日顕・1990年10月14日付け聖教新聞より)

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が2005年に設立した会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。
この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」の管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」。「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」は「一般社団法人 仏教宗学研究会」が管理・運営。
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774

(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

「日蓮正宗系」離檀・脱会の機縁(6)~自らの宗教的求道心で自ら「日蓮正宗系」信仰を棄てる

□「本物の正しい宗教を探す」とか「本物の正統門家を探す」ということは意味がないことである

 

創価学会、法華講、顕正会、正信会等の「日蓮正宗系」団体の信者の中には、純粋な動機、自らの求道心でコツコツと教学を学んだり、全国各地の寺院に参詣したり、さまざまな僧侶の話を聞いたりしている人がいる。それで自分でいろいろと取り組んでいく中で、日蓮正宗大石寺を筆頭とする「日蓮正宗系」の教義、本尊、教学、指導性、体質はおかしいということに気づき、「日蓮正宗系」の信仰を棄てる人がいる。こういった人は、自ら道を求めて「日蓮正宗系」を棄てて、浄土宗、浄土真宗、真言宗、天台宗、曹洞宗、臨済宗、冨士門流以外の日蓮宗、法華宗等の伝統仏教に入る人が多い。今まで「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」管理人が見聞した中で、「日蓮正宗系」の悪弊・弊害から脱出・蘇生が最もうまくいっているのは、このパターンで「日蓮正宗系」を離檀・脱会した人です。ただし、誤解の無いように一言だけ附言しておくと、このパターンで「日蓮正宗系」を離檀・脱会した人が、全員、「日蓮正宗系」の悪弊・弊害から脱出・蘇生がうまくいっていると言っているのではない。

又、「日蓮正宗系」の悪弊・弊害から脱出・蘇生がうまくいっている人も、一朝一夕にそれができたわけではなく、様々な紆余屈折があったと聞いている。決して平坦な道を歩まれたわけではないのである。求道心で「日蓮正宗系」信仰を棄てた人でも、超えてきたヤマがいくつかあるようである。そのひとつが「本物の信仰探し」のヤマである。これはどういうことか。

日蓮正宗、創価学会、顕正会等の「日蓮正宗系」団体では、「日蓮正宗は絶対正しい宗教」「創価学会は絶対正しい」「大石寺は唯一正統門家」等という言い方で、自分たちの団体、「日蓮正宗系」を正統化している。それで「日蓮正宗系の信仰は間違っている」「詐欺宗教だ」ということがわかると、「それでは、どこが正しい宗教なのか」「どこかに正しい宗教があるはず」と、「本物の宗教探し」をはじめる人がいる。ここで注意しなければならないのは、全国各地の寺院に参詣・巡礼し、僧侶の話を聞いたり、史料をもらったりして研鑽することは、決して間違ったことではないが、「どこかに正しい宗教があるはず」と、「本物の宗教探し」をするのは、正しい方向性ではない。

むしろ「本物の宗教は何か」というのは、「アンチ日蓮正宗」が「戒壇の大本尊偽作説」「二箇相承偽作説」「血脈相承偽作説」で論破し、反論不能になったカルト法華講員や創価学会員が言い出すセリフである。そもそも「正しい宗教」だの「唯一正統門家」などということは、日蓮正宗、創価学会、顕正会等の「日蓮正宗系」団体が勝手に言っているだけのことで、「正しい宗教」や「唯一正統門家」などというものが、本当に実在しているわけではない。だから、「本物の正しい宗教を探す」とか「本物の正統門家を探す」ということは、意味のないことと言えよう。

「本物の宗教探し」は意味のないことであるが、純粋な動機、自らの求道心でコツコツと教学を学んだり、全国各地の寺院に参詣したり、さまざまな僧侶の話を聞いて、「日蓮正宗系」団体から離檀・脱会し、「日蓮正宗系」の信仰を棄てた人に提案したいことがある。

 

 

 

 

続きを読む

「日蓮正宗系」離檀・脱会の機縁(5)~30~40代の独身信者が「日蓮正宗系」の信仰を棄てる

□「信心の功徳で彼女ができる」自慰妄想に気づいて「日蓮正宗系」信仰を棄てる独身男性信者

 

「日蓮正宗系」の信者、創価学会員、法華講員、顕正会員が、「日蓮正宗系」に未入信の彼氏・彼女と結婚することによって、「日蓮正宗系」の信者のほうが、信仰を棄ててしまうというケースがあることは、すでに記してきたことだが、これとよく似たケースとして、30代~40代の創価学会、法華講、顕正会の「日蓮正宗系」の独身信者で、結婚ないで独身のまま、「日蓮正宗系」団体を離檀・脱会して、信仰を捨て去るというパターンがある。

これは創価学会、法華講、顕正会の「日蓮正宗系」団体に共通しているが、このケースの大半は独身の男性信者である。では、具体的に、どういうケースなのか。まず若かりし頃、創価学会、法華講、顕正会の「日蓮正宗系」に折伏されて入信した信者、あるいは両親が「日蓮正宗系」の信者で、子どもの頃から教化されてカルト信者に成長したケース、あるいは子どもの頃は全く信仰しておらず、何らかの理由で20才前後くらいに発心してカルト信者になったケース、あるいは創価学会、顕正会で「日蓮正宗系」に折伏されて入信した後、法華講に入ってカルト信者になったケース等々、さまざまである。それで20才代のころは、ほとんど自分の仕事も省みないほど、創価学会、法華講、顕正会の「日蓮正宗系」団体の信仰活動に没頭する。創価学会では創価班、牙城会をやり、顕正会では手当たり次第に知人・友人をファミレスに連れ込んで折伏。法華講では輸送班をやり、駅前や寺院の門前で街頭折伏をやったり、創価学会員宅を訪ね歩いて折伏をする。

これらの活動のために仕事を犠牲にするばかりではない。男性信者の場合、彼女の「か」の字もないほど、「日蓮正宗系」団体の信仰活動に没頭する。

この先が特徴的なのだが、この独身男性カルト信者の場合、「信心の功徳で彼女ができる」とか「信心の功徳で最良の結婚相手ができる」と頭から信じ込んでいることだ。なぜこんなことを信じ込んでいるのだろうか。というのは、釈迦如来が説いたとされる仏典・経典、インド、中国、日本の、いわゆる「人師・論師」の教説、日蓮の遺文、大石寺歴代法主の遺文等々に、「信心の功徳で彼女ができる」とか「信心の功徳で最良の結婚相手ができる」などという教説など、全く聞いたことがない。創価学会、法華講、顕正会の「日蓮正宗系」団体では、幹部の仲介で独身男性信者と独身女性信者を「お見合い結婚」させているが、創価学会、法華講、顕正会等のいずれの「日蓮正宗系」団体でも、幹部の仲介による「お見合い結婚」を、「信心の功徳だ」とは宣伝していない。

創価学会、法華講、顕正会の「日蓮正宗系」団体の機関紙では、信徒の体験発表なるものを賑々しく掲載しているが、それらの体験発表の中に、「信心の功徳で彼女ができた」とか「信心の功徳で最良の結婚相手ができた」といった内容は皆無である。

誤解のないように一言附言しておくが、「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」では、創価学会、法華講、顕正会等の「日蓮正宗系」の信仰の功徳そのものを否定している。そして「日蓮正宗系」の信仰は大衆文化として定着していないが故に、「日蓮正宗系」の独身信者同士の恋愛結婚は、世間の恋愛結婚に比べて極めて少ない、という見解である。

 

 

続きを読む

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(26)~労働・所得・経済活動を蔑視している

□「日蓮正宗系」の労働蔑視・経済活動蔑視思想は奈良・平安仏教と鎌倉仏教の混同によるもの

 

日蓮正宗・法華講員、創価学会員、顕正会員ら「日蓮正宗系」団体の信者たちは、労働、所得、企業などの経済活動を蔑視している。これは、日蓮正宗、創価学会、顕正会等「日蓮正宗系」カルト宗教共通の悪弊である。人が労働をして勤労所得を得ることは、別に悪いことでも何でもない。人間の営みとして、当たり前のことである。あるいは何らかの事業を行って事業所得を得ることは、当たり前のこと。何らかの違法行為でもあれば、話は別だが、合法的に事業を行って事業所得を得て、その会社で働く社員が勤労所得を得るという経済活動は、人間の営みとして当たり前のことである。

ところが日蓮正宗寺院住職、法華講幹部、創価学会幹部、顕正会幹部等は、労働、所得、企業などの経済活動蔑視の指導を平然と行っている。例えば、説法や信徒の会合の席では、やれ三毒だの人間の欲がどうだの、あるいは「蔵の財よりも身の財、身の財よりも心の財」といった指導が行われている。蔵の財とは、金銭などの財産のことで、これより身の財や心の財が大事だとの指導であるが、こんなものは序の口である。あるいは○○の会合は仕事の都合で行けないという信徒は大勢いる。ところがこれに対して、創価学会でも法華講でも、仕事を休んででも会合に来いとか、登山に行けという意味の指導をする。ただし日蓮正宗でも創価学会でも、ストレートな表現で、仕事を休んで会合に来いとか、大石寺登山に行けとは言わない。間接表現を使って言うのである。例えば、創価学会では「池田先生のために、命も惜しまないのが創価班だ」と創価班員に指導する。これは仕事を休んで、創価班の活動に参加せよ、という意味である。あるいは「キミは仕事と池田先生と、どっちが大事なんだ」「創価学会は仏意仏勅の団体だ。創価学会の活動は、世間の経済活動よりも優れている」…。こういった類の指導も全く同じで、仕事を休んで創価学会の活動に参加せよ、という意味である。また仕事を理由に創価班の活動を休んだ創価学会員を、露骨な「総括」という名のイジメ・虐待を行うのも、全く同じ意味である。こう言うと創価学会は、戸田城聖が「信心は一人前、仕事は三人前」と指導していたと言い出す。しかしそれは、あくまでも戸田城聖の時代の建て前的指導であって、池田大作が会長になって以降の話しではない。

こういった間接表現で仕事を休んで会合に来いとか、大石寺登山に行けという「労働蔑視体質」は、日蓮正宗も全く同じである。例えば日蓮正宗寺院住職は、御講の説法等で「世間の金持ちは遊んでいるだの、威張っているだの、愛人をかこっているだのと、世間の金持ち批判をする。そうすると、こういう説法を聞いている信徒のほうは、高額所得を得ることは悪、ないしは労働で所得を得ることを悪だと洗脳されていく。こうした「労働蔑視思想」に洗脳されてしまった信徒は、世間の仕事よりも大石寺登山等を優先するようになる。

また日蓮正宗や創価学会を離檀・脱会した元信者の中で、富士門流寺院ないしは富士門流系寺院で出家して僧侶になる者がいるが、その出家動機には日蓮正宗・創価学会の信徒時代に教え込まれた「労働蔑視思想」が大きく影響していることは否めない。

 

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
プロフィール

hide(英昭彦)

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ