国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ

正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」。日本のみならず世界中からカルト宗教被害を根絶・絶滅させること、伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由を踏みにじるカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。 (背景写真は大石寺開創七百年慶讃大法要・本会が終了後、饗応の席で歓談する池田大作と大石寺67世阿部日顕・1990年10月14日付け聖教新聞より)

「国際カルト宗教対策委員会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」(略名・アンチ日蓮正宗)「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体異名。
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html

<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日蓮正宗の腰巾着の者は松戸市秋山地区の日蓮正宗寺院反対運動への弾圧を即時中止せよ

□日蓮正宗寺院反対の方たちは日蓮正宗の嫌がらせに負けずに日蓮正宗撤退まで“がんばれ”

 

さて前々から懸念されていたことではあるが、千葉県松戸市秋山地区で、日蓮正宗の新寺院建設反対運動をしている活動家の方々の自宅に、日蓮正宗の腰巾着(こしぎんちゃく)とおぼしき者が、「日蓮正宗寺院反対の旗を降ろせ」と、嫌がらせを行っているという情報が入ってきている。

「アンチ日蓮正宗」に入ってきた情報によれば、坊主頭の巨漢男が、名前も名乗らず、新寺院建設反対運動活動家の方の自宅に押しかけてきて、暴力的な態度で、「日蓮正宗寺院反対の旗を降ろせ」と、嫌がらせをされたという。坊主頭の巨漢男の応対に出られたのは、ごく一般的な主婦の方だっったのだが、この坊主頭の巨漢男の暴力的態度に恐怖心でいっぱいになり、その後、電話にも出ることができなくなるほどだったというのである。

ところでこの坊主頭の巨漢男とは、一体何者だろうか。おそらく、日蓮正宗の僧侶の者か、日蓮正宗の腰巾着の者ではないのか。日蓮正宗の僧侶の者は、全員が坊主頭であり、若いころから、ろくに運動もスポーツもやらず、腹一杯の食事をとっているため、醜く太り、巨漢男になっている者が多い。日蓮正宗寺院反対の方の自宅に、嫌がらせにやってきた者は、このあたりの者ではないか。それにしても、これは決して許されざる暴力的行為であり、弾圧行為である。

「日蓮正宗の新寺院建設反対」の意志がある方々が、それを表明することは、日本国憲法で保障された「言論の自由」「表現の自由」に基づくものであり、またこれは日本が署名・批准している「市民的及び政治的権利に関する国際規約(B規約)」19条にも

1 すべての者は、干渉されることなく意見を持つ権利を有する。

2 すべての者は、表現の自由についての権利を有する。この権利には、口頭、手書き若しくは印刷、芸術の形態又は自ら選択する他の方法により、国境とのかかわりなく、あらゆる種類の情報及び考えを求め、受け及び伝える自由を含む。」

(外務省・公式ウエブサイトより)

と、保障されている権利である。つまり「日蓮正宗の新寺院建設反対」の意志がある方々が、「日蓮正宗の新寺院建設反対」の意志を表明することは、「日本国憲法」や「市民的及び政治的権利に関する国際規約(B規約)」で保障された、固有の権利であり、当然の行為ではないか。

それを暴力的態度で「日蓮正宗寺院反対の旗を降ろせ」と、嫌がらせをするなどとは、許されざる言論弾圧行為であり、弱い立場の市民をいじる「弱い者イジメ」である。

日蓮正宗の腰巾着の者は松戸市秋山地区の日蓮正宗寺院反対運動への弾圧を即時中止せよ。

「日蓮正宗反対運動」は、「日本国憲法」や「市民的及び政治的権利に関する国際規約(B規約)」で保障された民主主義、言論の自由、表現の自由を弾圧する日蓮正宗の専横への抵抗運動であり、現代の自由民権運動である。

日蓮正宗寺院反対の方たちは日蓮正宗の言論弾圧・嫌がらせに負けずに、日蓮正宗撤退の日まで、是非ともがんばっていただきたいと念願するものであります。

秋山2


秋山12-2ok


秋山13-2ok


秋山17-2ok
 

(日蓮正宗新寺院建設予定地の近隣にはためく「宗教施設建設反対」の旗)

秋山反対ビラ1


秋山反対ビラ2-2ok


秋山反対ビラ3-2ok
 

(「秋山の街を守る会」製作の日蓮正宗新寺院建設反対のビラ)

 

 

不受不施派同様の取り潰しを恐れ過激折伏の大石寺信徒や要法寺僧俗を見殺しにした大石寺2

□寺社奉行に同門の要法寺を「要法寺日尊上洛後の事跡相知れず」と冷たく突き放した大石寺

 

京都要法寺は、徳川幕府・寺社奉行の厳しい詮議・取り調べの中で、1797(寛政9)年、自山の立場について、「大石寺開山日興上人の弟子つづき」、つまり要法寺は大石寺と同門であると主張。徳川幕府・寺社奉行は大石寺に、その当否の照会をした。これについて、大石寺は寺社奉行に対して、概略、以下のような答申をした。

「京都要法寺の開祖・日尊は大石寺開祖日興の弟子ではあるが、大石寺三祖日目の京都天奏の旅に随伴して京都に上って以降の詳細は不明である。」

「京都要法寺の開祖・日尊の血脈相承、要法寺歴代系図についても詳細き不明」

「日尊門流の上行院・住本寺が一寺になり要法寺と改称したことは、大石寺は詳細は知らない」

「日尊門流の上行院・住本寺の開基や詳細について、大石寺は詳細は知らない」

「大石寺では、日蓮十界勧請の曼荼羅と日蓮を尊信し、十界勧請の曼荼羅と日蓮木像を本尊としている。余の仏像等は祀っていない。宝蔵には日蓮直書の曼荼羅を祀り代々法主の御朱印、日蓮以来の宝物を安置している。客殿は中央に十界勧請の曼荼羅、右に日蓮木像、左に日興の木像を安置している。朝夕の勤行では、法華経方便品寿量品の読誦と唱題行を専らとする」

(大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』9p357360「大石寺より江戸寺社奉行へ答申」)

大石寺より江戸寺社奉行へ答申1


大石寺より江戸寺社奉行へ答申2


大石寺より江戸寺社奉行へ答申3
 

大石寺は、徳川幕府寺社奉行に対して、京都要法寺を擁護することを全くせず、本当は大石寺と要法寺は同じ日興門流(富士門流)であるにもかかわらず、寺社奉行に対しては、大石寺と要法寺は同門であるとは主張せず、「委細の旨は存知申さず候」「要法寺日尊上洛後の事跡相知れず」などと言って、冷たく突き放したのである。この大石寺の態度に、京都要法寺の門徒が怒らないはずがない。大正から昭和時代前半のころの京都要法寺門流(日蓮本宗)の歴史学者(僧侶)・富谷日震氏は著書「本宗史綱」(下巻)で、「大石寺のなせる信義無視の答申」と題して

「これに対する大石寺の応答は毫も核心に触れず、所答甚だ不得要領を極む。就中奇怪なるは、往古伝灯九代の法器を送り、一百十有余年両山緊密の連繋厳然たりにし拘わらず、『要法寺日尊上洛後の事跡相知れず』等と、事実無視の答弁に及べり。元来、永年恩顧の旧誼を顧慮せば同門の憂いを別かち、奮然蹶起匡救善所の徳性を発揮すべきに、事態を冷眼看過殆ど対岸の火災視し、吾不関焉と冷々淡々他の休慼敢て顧みず、唯だ当面を糊塗するに急にして漫然不信不義の態度に出でしものは、蓋し微問の事実を明確ならしむるにおいては、却て累禍の自山に及ばんを杞憂する怯懦心の然らしめたるものか」

「同門骨肉の信義なるもの焉くにか在らん。陰険悪辣の振舞宛然禽獣の類すと謂つへきなり」

(富谷日震氏の著書「本宗史綱」下巻p824825)

大石寺のなせる信義無視の答申

と口を極めて大石寺の態度を非難している。

富谷日震
 

(「本宗史綱」に載っている富谷日震氏)

 

続きを読む

不受不施派同様の取り潰しを恐れ過激折伏の大石寺信徒や要法寺僧俗を見殺しにした大石寺1

□大石寺に見殺しにされた金沢・尾張等で過激折伏事件で逮捕・投獄された大石寺僧侶・信徒

 

大石寺門流は、徳川幕府の禁制に平然と反して過激な折伏を展開するという過激体質を、あの江戸時代においてすでに持っていたのであり、大石寺門流は幕府公認宗派になり宗教論争・自讃毀他が禁止されたが、実際は全国各地で過激折伏事件(日蓮正宗で言う“法難”)を引き起こしていた。この大石寺門流の江戸時代の過激折伏事件について、見逃してはならないポイントがある

徳川幕府は1615(元和1)年、徳川幕府は武家諸法度、禁中並びに公家諸法度と同時に、諸宗諸本山諸法度を発布。1665(寛文5)年、徳川幕府は諸宗寺院法度を発令。これらの諸法度により、各仏教宗派に本山・末寺の関係をつくり、武家から庶民に至るまで全て、徳川幕府公認宗派の檀家として登録する宗門改帳を作成。一戸毎に宗旨と檀那寺、戸主と家族らの名前、続柄、年齢などが記載され、寺請制度がほぼ完成。徳川幕府公認宗派は宗教論争や自讃毀他(じさんきた・自宗を讃めたたえ他宗を誹謗すること)が禁止、僧侶の街中にての法談、念仏講、題目講等の集会も禁止、実質的に折伏・布教が禁止された。そして徳川幕府から禁止されたキリスト教と日蓮宗の「不受不施派」は徹底的に弾圧された。こんな時代に、過激折伏を展開すれば、折伏・布教活動を行った僧侶や信徒は逮捕・投獄され、大石寺に幕府・寺社奉行の詮議が入り、大石寺門流そのものが、日蓮宗「不受不施派」と同様に弾圧され、大石寺そのものが取りつぶしになる可能性すら出てくる。では、大石寺門流は、江戸時代にこれだけの宗教論争や過激折伏事件を引き起こしておいて、本山の大石寺、トップの大石寺法主が過激折伏の僧侶・信徒の逮捕・投獄を防止できる政治力を持っていたわけでもなく、僧侶・信徒の逮捕・投獄に対抗できる政策を講じていたわけでもない。金沢・尾張・仙台・伊那・八戸等で過激折伏事件を起こして逮捕・投獄された僧侶・信徒たちは、ことこ゛とく大石寺によって、冷たく見捨てられ、見殺しにされたのである。

こう言うと、日蓮正宗の者は「そんなことはない。1727(享保12)年に日詳上人が加賀藩江戸屋敷に加賀藩領内に末寺建立を出願された」と言うが、これは詭弁である。江戸時代においては、徳川幕府は全ての宗派に新寺建立を禁止しており、大石寺28世日詳が加賀藩江戸屋敷に新寺建立を出願したからとて、絶対に認められるわけがない。1727(享保12)35日に大石寺28世日詳が提出した新末寺建立の出願は、その2日後に即刻却下の憂き目にあっている。

大石寺より前田領国内末寺創建願1


大石寺より前田領国内末寺創建願2
 

(大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』9p291293「大石寺より前田家領国内に末寺創建の願」)

大石寺が冷たく見殺しにしたのは、過激折伏事件を起こして逮捕・投獄された僧侶・信徒たちだけではない。江戸時代の加賀藩では、下級武士とその家族たちに、加賀藩では禁制になっていた大石寺の信仰をする「隠れ大石寺信者」が数多くいた。その「隠れ大石寺信者」の下級武士たちが、加賀藩主の参勤交代の行列が吉原宿(今の静岡県富士市吉原)に宿泊したとき、“抜け詣り”を決行している。“抜け詣り”とは、「当流法難史」によれば、陣屋が寝静まった後に、「隠れ大石寺信者」の加賀藩武士たちが、大石寺までの約15キロの道を走り、大石寺宝蔵前に到着すると、宝蔵の石畳に端座して唱題。そして白々と夜が明け始めたころ、藩主一行が目覚める前に陣屋に帰るべく、大石寺から吉原宿へ駆け戻ったという。(日蓮正宗理境坊妙観講発行「当流法難史」より)

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ