国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ

正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」。日本のみならず世界中からカルト宗教被害を根絶・絶滅させることが究極の目的。伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (背景写真は大石寺開創七百年慶讃大法要・本会が終了後、饗応の席で歓談する池田大作と大石寺67世阿部日顕・1990年10月14日付け聖教新聞より)

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が2005年に設立した会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。
この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」の管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」。「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」は「一般社団法人 仏教宗学研究会」が管理・運営。
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

「日蓮正宗系」離檀・脱会の機縁(2)~創価学会・法華講・顕正会・正信会内部の人間関係・トラブルでやめる2

□日蓮正宗系だけに飽きたらず富士門流寺院までカルトサーフィンするトラブル脱会信者

 

創価学会・法華講・顕正会・正信会内部の人間関係・トラブルで日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会を離檀・脱会した人が、最も多いのは、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の「日蓮正宗系」宗教団体を次々と転々とするカルトサーフィンするパターンである。さらにこれにも飽きたらずに、正信会から分裂した単立寺院、元創価学会員、元日蓮正宗信徒が住職を勤める寺院や富士門流寺院までカルトサーフィンする信者がいる。

1970年に正本堂御供養金返還訴訟を起こしたことで有名な松本修明(松本勝弥)氏は、日蓮正宗・創価学会から信徒除名処分になった後、保田妙本寺(当時は日蓮正宗寺院)を経て、西山本門寺50世森本日正貫首の弟子になり、現在は滋賀県大津市・富士山蓮華寺住職、東京烏山・西山本門寺東京布教所・富士山蓮華寺東京別院主管を名のる。日蓮正宗、創価学会、顕正会から離檀・脱会した人で、松本修明氏の門をくぐる人は多い。富士門流執着軍団・某人Bは、創価学会→日蓮正宗宝浄寺を経て、松本修明氏の元に弟子入りして僧名を名乗り、一時は富士山蓮華寺の宗教法人無心庵責任役員におさまっていた。ところが、数年前、松本修明氏に無断で富士山蓮華寺を退出している。

自称・曼荼羅書写三千体行者・日神氏は、創価学会→日蓮正宗法華講→旧富士門流系・大日蓮宗→滋賀県大津市・富士山蓮華寺(副住職を自称)の後、日蓮系・富士門流系宗教・寺院からは一切離れて浄土真宗木辺派寺院の僧侶におさまっている。

松本修明(松本勝弥)氏は、日蓮正宗・創価学会から信徒除名処分になった直後は、保田妙本寺に出入りしていたが、これと同じパターンで、近年は「日蓮正宗系」宗教団体を転々とするカルトサーフィンした後、1995年に日蓮正宗を離脱して再び単立の富士門流大本山になった保田妙本寺の信徒になる人が多いのも、ひとつの特徴となっている。

それでは、なぜこんなに易々と「日蓮正宗系」宗教団体を転々とカルトサーフィンしたり、富士門流本山まで転々とする人が続出するのか、という疑問が沸くのだが、その理由の一つが「教学」にあると考えられる。つまりこういうことである。

創価学会・法華講・顕正会・正信会内部の人間関係・トラブルで日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会を離檀・脱会したとしても、「おかしいのは、トラブルの当事者の住職個人、信者個人であって、日蓮正宗系の教学は間違っていない」と、自分の頭の中で勝手に整理してしまう。その結果として、「日蓮正宗系」宗教団体を転々とカルトサーフィンする。そして移籍した先の「日蓮正宗系」宗教団体でもトラブルを起こして離檀・脱会し、「日蓮正宗系」宗教団体で行くところがなくなると、今度は日蓮正宗系と同じく日興を開祖とする富士門流本山・寺院に行く。大石寺・日蓮正宗系と富士門流本山寺院との間の教学的な違いは、ほとんどないに等しい。大石寺では「戒壇の大本尊」なる板本尊を根本本尊として立てるのに対して、他の富士門流本山は、これを認めていないこと。大石寺以外の富士門流本山は、「万年救護の大本尊」「日蓮御影像」「建治二年の曼荼羅本尊」「称徳符法の曼荼羅本尊」等々をそれぞれ立てる。大石寺・日蓮正宗系は日蓮本仏義だが、富士門流で日蓮本仏義を立てるのは、保田妙本寺と西山本門寺系の一部寺院、一部僧侶ぐらい。

 

東京別院1


松本居所6



松本修明・布教所1
 

(西山本門寺東京布教所・富士山蓮華寺東京別院)

 

 

続きを読む

「日蓮正宗系」離檀・脱会の機縁(1)~創価学会・法華講・顕正会・正信会内部の人間関係・トラブルでやめる1

□独善的体質で「オレは偉い」信徒が集まる「日蓮正宗系」宗教団体で多発するトラブル・内紛

 

ここの表題に掲げた「『日蓮正宗系』離檀・脱会の機縁」の『日蓮正宗系』とは、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会のこと。「離檀・脱会の機縁」というのは、どういう理由で、どういう動機で、どういう縁由・機縁で、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の信者だった人が、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会を離檀・脱会したのか、という意味。

この中で一番数が多いと思われるのが、創価学会・法華講・顕正会の幹部と意見衝突したとか、信者同士で意見衝突したとか、あるいは法華講や正信会なら、所属寺院の住職と意見衝突してケンカになり、頭に血がのぼって日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会から離檀・脱会するというパターン。つまり創価学会・法華講・顕正会・正信会内部の人間関係・トラブルで日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会をやめるということである。これが数としては一番多いように思われる。

もともと日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会といった「日蓮正宗系」宗教団体は、独善的・高圧的な体質を持っており、「オレは偉いのだ」という信者が上から下までゴロゴロたくさんいる。こういう人たちが集まっている団体ということであれば、トラブルは多発するでしょうね。

創価学会や顕正会の場合は、全国的な信徒団体であり、なおかつ単一統合体組織であるため、信徒一人一人は、縦割り組織の中に組み込まれてしまい、信徒が横の組織に移るということができない仕組みになっている。例えば、東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名)三丁目公園地区(仮名)の中で、信徒同士のトラブルが発生し、頭に血がのぼった信徒が、三丁目公園地区(仮名)から一丁目団地地区(仮名)に移りたいと言ってもダメ。田元支部(仮名)が気にくわないから駅前支部(仮名)に移りたいと言ってもダメ。三丁目公園地区(仮名)のエリアに住んでいる創価学会員は、そこから転居しない限り、他の地区には移れない。田元支部(仮名) のエリアに住んでいる創価学会員は、そこから転居しない限り、他の支部には移れない。アパート暮らしの独身とか、身の軽い人は転居する人もいるようだが、マンションや一軒家を買った人や妻子家族のいる人は、そう簡単に転居できるものではない。だから創価学会員や顕正会員の場合は、ここで脱会になる。

では日蓮正宗法華講の場合は、どうなるのかというと、トラブルが起こった段階で日蓮正宗を離檀する人と、日蓮正宗内の他の寺院に所属寺院を変える人に分かれる。日蓮正宗や正信会の場合は、寺院移籍という方法がある。日蓮正宗信徒の所属寺院移籍については「日蓮正宗宗規」で

「第二百二十二条 檀信徒は、所属する寺院又は教会から他へ移籍しようとするときは、移籍前及び移籍先の寺院の住職又は教会の主管の承認を受けなければならない。

2 前項の移籍につき、当事者間において紛議が生じたときは、宗務院において調停又は裁定することができる。」

となっており、建前では信徒の所属寺院移籍は移籍前及び移籍先の寺院住職又は教会主管の承認があれば可能であるとしている。

 

 

 

続きを読む

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(21)~「日蓮正宗系」以外の仏教は全て腐敗していると蔑視・見下している

□勤行も定着しない創価学会が仏教を大衆文化に定着させた仏教宗派を批判しても説得力ゼロ

 

これも「日蓮正宗系以外は全て葬式仏教だ」とよく似た誹謗中傷である。特にこれを言いたがるのが創価学会員であり顕正会員。そして元創価学会員、元顕正会員。最近は法華講員も言い始めていて、これまた日蓮正宗系共通の悪弊・弊害と化している。「腐敗している」と聞くと、何も知らない人たちは、日本の仏教宗派は不正なリベートを受け取ったり、経済犯罪でも犯しているかのように誤解してしまうところだ。ところが創価学会員、顕正会員、法華講員が「日本の仏教宗派は腐敗している」と非難しているのは、そういうことを言っているのではない。何を指しているのかというと、仏教僧の妻帯、仏教寺院に賽銭箱を置いていることを指しているから、「何だそりゃ」と呆れてしまう。創価学会員の場合を見てみよう。彼らはよほど日本の伝統仏教や僧侶が気にくわないらしく、伝統仏教批判の題材として、すぐに取り上げたがるのが仏教僧の妻帯。創価学会員らに言わせれば、釈迦如来は仏典で不邪淫戒を説いているのに、仏教僧は女犯妻帯しているから、これは腐敗だ、というもの。部外者の私が聞いても(?)と思ってしまう創価学会員の言い分である。

私自身は、仏典に不邪淫戒が説かれていたとしても、仏教僧は生涯独身でなければならないとは思っていないし、仏教僧が妻帯しているから破戒僧とも思わない。また生涯独身の仏教僧がいても、それだけの理由で立派な聖僧だとも思わない。聖僧か破戒僧かの分岐点は、妻帯しているかどうかではないと考える。私も仏教宗派の僧侶と話しをする機会がいろいろあるが、僧侶の中身はそんな単純なものではない。僧侶の妻帯=腐敗だとは思わないし、僧侶が妻帯しようが子どもをもうけようが自由にしたらいいと思う。ただ、私は同時に、こういう僧侶の妻帯の是非を論ずる議論そのものが、あまり生産的ではないしナンセンスだとも思っている。「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult(国際カルト宗教対策委員会)」はこういう点について、どう考えるのか、という質問をよく受けるので、答えざるを得ないのが実情である。

明治維新によって僧侶の妻帯が公認される以前、鎌倉時代の古から浄土真宗では親鸞以来、僧侶は公然と妻帯し、子どもをもうけていた。東西本願寺歴代門首(法主)は、宗祖親鸞以来の直系の血筋を引く子孫である。僧侶の女犯を厳しく取り締まった江戸幕府ですら、浄土真宗は例外として浄土真宗僧の女犯妻帯を公認していた。また飛鳥・奈良・平安・鎌倉・室町時代においても、表向きは仏教僧は不邪淫戒を保っていることになっていたが、実際は女犯をしている僧侶は多数いたばかりではない。女犯は仏典の教えに背くということで男色(男性同性愛)に走る僧侶もいた。

あるいはこんなことを言う人もいる。仏教僧で妻帯しているのは日本の僧侶ぐらいなもので、東南アジアや中国、韓国の仏教僧は独身である。あるいはキリスト教、イスラム教の聖職者は独身である、という人がいる。私はここで外国の僧侶が妻帯しているか独身かを論ずる気はない。しかし仮に外国の僧侶が独身だったとしても、日本の仏教僧が妻帯しているのは、おかしいとはならない。それは、宗教がどういう形で大衆文化に定着しているかを見るべきである。東南アジアの仏教僧は独身、日本の仏教僧は妻帯する文化として定着しているのであり、どちらが正解で、どちらが間違っているなどと言うこと自体が間違いであり、ナンセンスで非生産的である。

 

 

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
プロフィール

hide(英昭彦)

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ