国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ

正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」。日本のみならず世界中からカルト宗教被害を根絶・絶滅させることが究極の目的。伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (背景写真は大石寺開創七百年慶讃大法要・本会が終了後、饗応の席で歓談する池田大作と大石寺67世阿部日顕・1990年10月14日付け聖教新聞より)

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が2005年に設立した会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。
この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」の管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」。「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」は「一般社団法人 仏教宗学研究会」が管理・運営。
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774

(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

単称「アンチ創価学会コミュ」に寄せられた創価学会・公明党に関する苦情の数々NO29

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO29

 

248「私も以前勤めていたところの上司が創価学会員でした。初めはすごくまじめで感じがよく、尊敬さえできる人だったんですけど。人数の少ない職場だったのですぐに打ち解け、週に何度も一緒に食事をしたり(というか奢ってもらってた)してました。仕事を始めて数ヶ月、当時住むところがなかった私は、事務所に住まわせてもらう事になりました。その頃から妙に創価学会の話をするようになったんで気をつけてはいたんですが、事務所に住まわせてもらってる身だったので断りきれず、創価学会の集会に連れていかれました。聞くと地元の青年部長だそうで。そのときの創価学会の集会は桜金造(字あってるかな?)がゲストで来ていて、それの話がメインでした。集会は異様な熱気。みんな涙ながらに桜金造の話を聞いています。冷めた目で見る俺。明らかに場違いです。かといって帰るわけにもいかず、最後のナンミョーホーレンゲキョーの大合唱まで黙っていました。集会が終わった後も「ご友人の方は桜さんと優先的に握手ができる」みたいな感じで、握手を強制的にさせられ、上司とその仲間達に囲まれて「学会はこんなに素晴らしい」的な話を聞かされて…そのときはそれで済んだんですが、さすがに嫌になってたのでもう誘われても行くまいと、思ってました。その後も度か誘われましたが断ってました。しかしやはり一応は上司です。「自分がメインでやる会合があるから、それを手伝って欲しい」と言われ、断りきれずしぶしぶ手伝う事に。その会合に行く途中車の中で「すごくいいお守りがあるからそれだけは君に受け取って欲しいんだ。ただ持っているだけでいいから」と言う話になりました。そのときは「ま、仕方ない。お守り貰うだけならいいだろ。」と思い、創価学会員の熱気溢れる会合が終わったあとに連れて行かれたのが…「○○文化会館」みたいな創価学会の建物。なんだなんだと思ってると、上司は「お守り貰ってくるから」と、私を待たせて受付へ。しばらくして上司が戻ってくると、なぜか一緒に知らない人たちまで集まり「おめでとう!おめでとう!」と握手を求められる。わけがわからぬまま奥の部屋へ連れて行かれ、金ぴかの仏壇が飾ってある前へ座らせられる。で、みんながお経を唱えだす…。その時点で知らない間に、私の意思など関係なく、創価学会に入会させられてたみたい。お経が済み、部屋から出ると「これから一緒に頑張ろう!」と言われ、創価学会入会おめでとうございますとかいうパンフレットやらお守りご本尊やら色々もらいました。上司に「俺、創価学会に入ったんですか?」と聞くと「そうだよ」との事。わけがわからぬまま事務所に送ってもらい、なぜか一緒にお題目を唱える。あぁそうか…俺、創価学会なのか…頭の中ぐちゃぐちゃです。しばらく朝事務所に寄るから、一緒に朝の勤行をしようとの事だったので、逃げるに逃げられず、素直に従っていました。上司は事務所に聖教新聞とることまで考えているようでした。それから1ヶ月くらい後にいいアパートを見つけ、引越しが決まったので「俺は創価学会なんか関係ない。幸せは宗教に頼らず自分でつかむ。ご本尊は引越し先には持っていかない」と上司に告げると、上司は烈火の如く怒りました。久本雅美が出ているビデオを見せられたり、SGIを読ませられたり、「地獄に落ちるぞ」的な事を言われたりしましたが、結局「退会届」を自分で作成し、ご本尊と一緒に事務所に置いておきました。しばらくは「やめると後悔するぞ」という電話が何度もありましたが、さらっと流していました。数年我慢しましたが、非常に金に汚い事もわかり、独立する事にしました。お客さんが何人か私についていくという話になったとき、すごい剣幕で怒られました。うちの客を持っていくとは何事か、と。なんとかその場は納めましたが、次に出してきたのはあの退会届でした。返したはずのご本尊と一緒に。受け取らないと帰れる雰囲気ではありません。どうしようもないのでしぶしぶ受け取ると「その退会届は今捨てようか」との声。わけがわかりません。早くその場を去りたかったので、また作ればいいやと思い、捨ててきました。その後、お守りご本尊は信濃町の総本部に新しく作った退会届と共に配達記録で送ってやりました。それから創価学会本部に電話かけて「自分の意志とは関係なく入信させられたんですが」っていう話をしました。」

(mixi」の「アンチ創価学会」コミュニティからの引用)

 

 

 

続きを読む

単称「アンチ創価学会コミュ」に寄せられた創価学会・公明党に関する苦情の数々NO28

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO28

 

238「昔から創価学会の関係者で、マトモな人を見かけた事がありません。きっとごく普通の人もいるのでしょうけれど、それを補って有り余る程不思議(かなり湾曲表現)な人が沢山いて、本当ウンザリです。創価学会の名前聞くだけで腹が立ちます。創価学会をやるのは勝手だけど、人を巻き込むのはやめてほしいです。創価学会員の目とか完全イッてるし。自分達だって流れ弾に当たって怪我でもしたらキレだしそーなもんなのに、同じ事してんじゃんって思います。被害は・・・

1・高校時代のクラスメイトに同性愛者の女の子がいました(私は違います)。交際を迫られ、断っても本当にしつこくて、体を触られたり、当時私が付き合っていた彼氏に別れろと迫るとか、なんか色々、本当に大迷惑でした。そして最後には創価学会の勧誘が~!ダブルで超迷惑!多分これが最初に偏見を持つようになったきっかけです。

2・昔のバイト先のコンビニ店長が創価学会員で、休憩室は、創価学会や池田大作の有り難いお言葉を書いた紙が張り巡らされ、中に入るとその度に創価学会の勧誘もしくはお説教、ウンザリでした。で、バイト先を変えたら、今度は更に熱狂的な創価学会員がオーナー。寄付金(?なんか戒名を買うお金とか、なんかそんなのでした)を持って銀行へ振込みに行かされ、その金額が数百万円。他人のお金、しかもそんな多額の現金を持って銀行に歩いて行く、あの怖さ。それを考えもせずに行けと命じるその考えが理解出来ず(自分の信仰なんだから自分で行けよ)、翌日やめました。

3・就職した病院に、創価学会の人がいました。そこで看護助手をしていたパートのおばさんだったのですが、年中老人の患者さんの私物を着服していました。仕事もロクにしない、出来ない人でした。普通の会話は全く成り立たないのに、その話をさせれば天下一品の理屈が飛び出してきました。あれにはびっくり。「民衆の云々~」言う前に、まずは目の前の仕事してくれって感じでしたよ・・・本当・・・。」

(mixi」の「アンチ創価学会」コミュニティからの引用)

239「今日、創価学会の人がまた勧誘にきまふた。なんで、創価学会をやんないか理由を教えてあげました。簡単に何言ったかと言うと…「あなたやお仲間のお話は僕の心に響きません。だから嫌なのですよ」優しいな、俺。そして先ほどのメール。「31日に先輩に会って話を聞いてみませんか?」フザケルナ。そりゃ彼女いなくて暇だよ。だからってそんな日にねぇ。創価学会の人っていうのは一般人の感覚って持ち合わせていないんでしょうかねぇ。」

(mixi」の「アンチ創価学会」コミュニティからの引用)

240「先日、バイトの同僚が「遊びに来い」っていうんで遊びに行ったら・・・・・。知らない野郎が3人いて、部屋に連れ込まれ、お茶も出されず永延と創価学会に勧誘されました。創価学会はまじ、胡散臭い!いいかげんにしろ」

(mixi」の「アンチ創価学会」コミュニティからの引用)

 

 

続きを読む

単称「アンチ創価学会コミュ」に寄せられた創価学会・公明党に関する苦情の数々NO27

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO27

 

229「私の家の隣が創価学会の幹部らしく、非常に迷惑をしているものです。。最初は創価学会員だとは知らなくて普通に付き合っていたのですが、創価学会への勧誘を断ってから、その創価学会幹部の態度が明らかに変わりました・・。車からいきなり写真を撮られたり、誹謗中傷とも取れる噂を流されたり、勝手に私の家の敷地に創価学会員らしき人が上がりこんできたり、、最近では私の家の塀に何本もの太いボルトを打ち込まれたりする事件があり、非常に揉めました。。休みの日には、地区の創価学会員が集まってきて朝からお経の大合唱。。あまりの気持ちの悪さに、目が覚めるほどです。。盗聴や盗撮でもされているんじゃないかと、自分の家に居るにもかかわらず落ち着きません。。あの創価学会員の人たちは間違いなく異常です、しかし、何をされるか分からないという恐れから、当たり前のことが主張できないのも事実です・・皆さんも気をつけてください!!あの創価学会という団体は人の弱みに付け込んだり、創価学会組織に対して反抗的な人を徹底的に追い詰めようとします。」

(mixi」の「アンチ創価学会」コミュニティからの引用)

230「軽い被害を何度か食らったアンチ創価学会です。このコミュを見てて、尚、創価学会に腹が立ちました。昨日、一緒に仕事をしてる男の子&後輩にあたる女の子と休憩中に話してたら、『香取シンゴ』の名が出たので。なにげなく、『でもアイツ、創価学会だからやだ』と言った所、二人して突然石のように固まって、その場はシーン。やっちまった。二人とも創価学会員なんでしょう。踏み込んで衝突するのが嫌で突っ込まないで暗い気持ちではぐらかしました。女の子は、数少ない友達だと思ってた子なのに。創価学会の人は、衝突して議論になっても何を言っても創価学会なのは変わらない。もう触れないけどかなりのショック。普段、公の場にいる時は『創価学会』に関して発言しないようにしてます。が、その二人とは付き合いも浅くないし仲良しと思ってただけになにげなく出た言葉だった。まさかこの二人が、って感じでした。きっと、今までのようには仲良く出来ない。ことあるごとに『創価学会』が頭をよぎるから。悲しい。以前も、友達だと思ってた女の子に突然『公明党を~』って言われて。目の前が真っ暗になり、『宗教は人の自由だけど、単純にあたしが性格的にそんなん言われたら怒るのわかんねーのかよ!!』って怒って、それっきりです。怒って反論してこないだけ、自分達の評判や立ち位置をわきまえてる『優良会員』と言えますが。皆さんはもっと反応が顕著な創価学会員と遭遇してらっしゃるようなので。友達返せ創価学会よ。」

(mixi」の「アンチ創価学会」コミュニティからの引用)

231「隣家から創価学会員の異常な合唱が起きて迷惑しています、と110番しました。」

(mixi」の「アンチ創価学会」コミュニティからの引用)

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
プロフィール

hide(英昭彦)

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ