国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ

正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」。日本のみならず世界中からカルト宗教被害を根絶・絶滅させることが究極の目的。伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (背景写真は大石寺開創七百年慶讃大法要・本会が終了後、饗応の席で歓談する池田大作と大石寺67世阿部日顕・1990年10月14日付け聖教新聞より)

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは英昭彦が2005年に設立した会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。
この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」の管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」。「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」は「一般社団法人 仏教宗学研究会」が管理・運営。
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)管理人「英 昭彦」を名乗ることを厳禁する

<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774

(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

□自己保身・自己利益のためには対立する団体の教義をも平気でパクる「日蓮正宗系」カルト団体   これは、創価学会、法華講、顕正会、正信会等の「日蓮正宗系」団体の中で、僧侶と信徒、信徒同士のケンカや紛争を引き起こして、自分が所属する団体を飛び出し、あっちこっ ...

□「被害者」の仮面を被ろうとする創価学会時代に強引な折伏活動で実績を積んだ加害者たち   日蓮正宗、法華講、創価学会、顕正会、正信会等の「日蓮正宗系」団体を離檀・脱会して、他の「日蓮正宗系」団体に移った人、「日蓮正宗系」団体を次々と、転々と「カルトサーフ ...

□創価学会幹部・法華講幹部として一般信徒からヨイショされていたことが忘れられない人たち   これは創価学会、法華講、顕正会等で幹部職にあった人。特に創価学会のかなり上の組織を統轄する幹部職にあった人に強く見られる悪弊である。創価学会で地区部長、支部長、本 ...

□日蓮正宗系悪弊の脱出は日蓮マニア・漫荼羅マニアを極めることだと錯覚している元信者   日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会等の「日蓮正宗系」の信仰に染まっていた人は、極端な日蓮信仰、曼荼羅信仰に没頭、ないしは深くのめり込む傾向性が非常に強い。そもそも日蓮 ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの顕正会の実態NO10   190「 私も2~3年前に勧誘された。ファミレスなどに呼び出して、だまし討ちで勧誘する手口は変わっていないようだ・・」 191「信仰は強要するものではない(-_-;)日蓮大聖人はそんなこ ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの顕正会の実態NO9   179「何が腹立つって、それだけの迷惑行為をしといて良いことしてると勘違いしてる、もしくは思い込んでいるバカがいること。やんわり断ってるとセクハラ上司の如く調子に乗ってくること。 ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの顕正会の実態NO8   174「問題を起こしまくっているような宗教法人は認可取り消しでいいんじゃないの?もっと徹底的に取り締まって欲しい。一昨年夏のサッカー観戦時、試合後スタジアムで声をかけて来た人物が ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの顕正会の実態NO7   167「俺は2年前に新横浜で富士大石寺顕正会の勧誘を受けた。秋葉原で出会った人と熱いガンダム話をしようと行ったらなぜか人あたりの良い自称料理人と二人連れで現れた。車に乗り近くのガス ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの顕正会の実態NO6   164「友達から、昔の職場の先輩もちょうど東京に出てきたから一緒に食事をしよう。みたいな誘われ方して、池袋で会った。最初は雑談。主に私と友達が話していた。なぜ、その先輩が同席して ...

□刑事事件・宗教法人責任認定判決があるのに何のお咎めもない日蓮正宗・創価学会員・顕正会   「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」「国際カルト宗教対策委員会」に「かぜカルト宗教規制立法が必要なのか」との質問が寄せられているが、まず第一に、もはやカルト宗教の ...

□小学生のころの英昭彦が創価学会・公明党の知識を得た書棚に並んでいた百科事典類の書籍   英昭彦は今も仕事の関係、父親の介護の関係、「仏教宗学研究会」本部近隣の関係等々で、若い人と話す機会がある。そういう機会は、今の若い人が何を考え、何を思考しているのか ...

□ファミレスの一席で人目をはばからず「色仕掛け折伏」をしていた創価学会婦人部中年女性   これは2014年ころの話しであるが、英昭彦のすぐ近くで、強引な布教事件が起きたこともあった。 英昭彦は時折、ファミレスで食事をすることがあり、特に午前中、ファミレスに入 ...

□何の前触れもなく「Icat-Cult」管理人・英昭彦の前に出没した非常識な布教活動の創価学会員   近年、創価学会に関するマスコミの評論を読んでいると、時折、「今は、創価学会の布教活動は、昭和時代の『折伏大進撃』のころのような強引な布教活動はしていない」「創価学 ...

□池田大作スピーチ・聖教新聞に載っている創価学会員の交通事故死や40代・50代での死去   祖母の母親である曾祖母・松下いの(仮名)は、明治12年(1879)年生まれで、昭和44年(1969)90才で死去。松下いの(仮名)は、実の娘である英昭彦の祖母が住む、英昭彦の実家にしょっち ...

□創価学会員が言う「死ぬ時は真っ黒の相で死ぬ」世界は現実世界とは全く無関係の別世界の話   「隣の創価学会員・法華講員」の中の「狂気の福寿荘(仮名)」「溝口個人会館(仮名)・溝口工務店(仮名)」「喫茶店・コンパウンド(仮名)」から「ポンタツ(仮名)」、小矢木隆(仮名 ...

□「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」「Icat-Cult」の「3ブログ」累計訪問者数が47万人突破   皆様には、いつもブログをご愛読いただきまして、まことにありがとうございます。 2018年02月28日で、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」の累計アクセス数、「仏教宗 ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO20   165「私が創価学会から受けた宗教被害は、主に選挙の時の薄汚い公明党投票干渉などです。私は家族ぐるみでアンチ創価学会。親が常識人で心底良かったと思っています。」 (「mixi」の「 ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO19   156「創価学会員が、「mixi・創価学会コミュ」で創価学会を辞めたい人に向かって、こんなことを言っています。 >長い貴重な自分の人生、大局観に立って判断しようよ~。 >僕なんかは立 ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO18   148「私はとにかく創価学会が大嫌いです。私は、創価学会ネタでおなじみの鳥肌実の講演によく行くのですが、いつも鳥肌実の講演に同伴する友人に創価学会の悪口を延々と言っていたら「実 ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO17   141「私は2年前に元カレのお母さんの紹介で創価学会に入会した創価学会員です。でも、最近イヤケがさしています。私の実家の前が創価学会の会館用の駐車場で、会館が出来た頃、沢山の人 ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO16   133「小学校の頃、創価学会の親をもつ子とマラソン大会で6年間競っていたのですが、5年連続で1位になりました。そこで創価学会の親らは小学生の俺に「ドーピングしている」「(創価学会側 ...

□日蓮正宗系の芸能人の中に舞台監督、映画監督、脚本家、演出家、作詞家、作曲家、編曲家のジャンルの人はほとんど見あたらない   「仏教宗学研究会」管理人は、国立西洋美術館、ブリジストン美術館、世田谷美術館、東京都美術館、国立新美術館といった美術館へ行き、西 ...

□専政政治、独裁政治を否定する人類の進歩・民主政治の発展に逆行する政教一致体質   この「政治と宗教を混同している」悪弊・弊害は、創価学会・公明党の政教一致体質が骨の髄まで染みこんでしまっている創価学会員や元創価学会員のみならず、法華講員・元法華講員や顕 ...

□世界各国で莫大な犠牲・災難を生み続けた独裁権力集団・独裁権力者「絶対」論・「無謬」論   これは大石寺法主無謬、法主絶対、池田大作絶対、浅井昭衛絶対思想、堕地獄論、仏罰論に凝り固まった日蓮正宗(法華講)、創価学会、顕正会等の「日蓮正宗系」団体の信者の典型 ...

□2人、3人、5人~10人で取り囲む折伏を「数の暴力」と全く認識していない「日蓮正宗系」信者   この悪弊・弊害は、創価学会、法華講、顕正会等の「日蓮正宗系」団体の信者、富士門流執着軍団、ないしは「日蓮正宗系」団体から富士門流寺院に移った信者に、まことによく顕 ...

□宗教法人・日蓮宗は日蓮正宗批判、創価学会批判・顕正会批判が主たる活動の団体ではない   創価学会を脱会→日蓮正宗→日蓮正宗を離檀というコースを歩んだ人、あるいは創価学会を脱会した人の中で、かなりの人が日蓮宗寺院の門を叩いている。創価学会や顕正会を脱会あ ...

□日蓮正宗系カルトが「衆生から称賛されて当たり前」だとは「うぬぼれ・思い上がり」も甚だしい   日蓮正宗・創価学会・顕正会等の「日蓮正宗系」カルト信者たちは、自分たちが批判されれば批判されるほど、教団・信者の内部で固まり、セクト主義的・閉鎖的になっていく ...

□教義論争・問答・布教活動において決せられる教義解釈の問題については裁判所は介入しない   日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の関係がどうなっているのかを検証する上で、1977(昭和52)年4月20日の日蓮正宗と妙信講(現・顕正会)の「和解」はまことに重要である。 こ ...

□1974年の妙信講解散処分から3年後に和解した日蓮正宗と妙信講・浅井甚兵衛・昭衛父子   現在、日蓮正宗と日蓮正宗から派生した創価学会、顕正会、正信会が、さも泥仕合的な抗争をしていると思っている人たちが多いようだが、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の関係が ...

□北陸地方にも荒れ狂った1950~70年代のころの創価学会「折伏大進撃」の暴風雨   「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」管理人・英昭彦は、月1回ないし2回のペースで、北陸に帰省しており、北陸に行った時は、金沢市内の有料老人ホームに入居している父親を訪ねている。私の ...

□「折伏大進撃」の時代の創価学会員の激しい入信勧誘をガンとして断り続けていた私の父親   英昭彦は18才のとき、大学進学で北陸から関東に移住。それ以来、東京都、埼玉県、神奈川県で創価学会員、顕正会員、法華講員などの「日蓮正宗系」カルト信者たちから宗教被害 ...

□私小説の定義は「作者自身を主人公とし自分の生活や経験を虚構を排して描」く小説   -------------------------------------------------------- アンチ日蓮正宗のhideがかいている隣の創価学会員・法華講員も妄想だらけ のウソハッタリデタラメインチキ空想小説に ...

□「となりの創価学会員・法華講員」は元々「mixi日記」で書いていたものを加筆・訂正したもの   -------------------------------------------------------- アンチ日蓮正宗のhideがかいている隣の創価学会員・法華講員も妄想だらけ のウソハッタリデタラメインチキ ...

□自公連立政権はカルト宗教対策新立法・新条約制定の前に立ちはだかる重大な障害である3   「アンチ日蓮正宗」「国際カルト宗教対策委員会」が目指しているカルト宗教取締法、政教分離立法、カルト宗教拡散防止条約制定を実現するには、まず第1に、現在の自民党と公明 ...

□「アンチ日蓮正宗・仏教宗学研究会」では膨大な資料・史料のデジタル化の作業を行っています   読者の皆様、新年、明けましておめでとうございます。 本年は、新年のご挨拶が遅れてしまい、申し訳ございませんでした。 昨年は、いろいろとお世話になりました。日記 ...

□もはや「日蓮正宗系」カルト信者の者どもにも止められない「3ブログ」アクセス数増加の勢い   皆様、新年、明けましておめでとうございます。昨年は、いろいろとお世話になりました。 日記やボイスに、イイネやコメントを多数いただき、又、ブログには多くの方々から ...

□折伏布教解禁の明治時代に江戸時代よりも過激折伏体質をエスカレートさせた大石寺門流2   1868(明治1)年の明治維新以降、過激折伏体質をエスカレートしていった大石寺門流だが、具体的にどれだけの布教実績を挙げていたのか。明治維新以降から1945(昭和20)年までの大 ...

□明治政府の「一宗派一管長」等の強権的な現実無視の宗教統制政策に反発した大石寺門流   1868(明治1)年の明治維新によって、265年つづいた徳川幕府の治世は終わり、明治天皇を元首とする新政府が成立。徳川幕府の宗教政策はことごとく覆され、明治新政府は新しい宗教 ...

□日蓮正宗寺院反対の方たちは日蓮正宗の嫌がらせに負けずに日蓮正宗撤退まで“がんばれ”   さて前々から懸念されていたことではあるが、千葉県松戸市秋山地区で、日蓮正宗の新寺院建設反対運動をしている活動家の方々の自宅に、日蓮正宗の腰巾着(こしぎんちゃく)とお ...

□寺社奉行に同門の要法寺を「要法寺日尊上洛後の事跡相知れず」と冷たく突き放した大石寺   京都要法寺は、徳川幕府・寺社奉行の厳しい詮議・取り調べの中で、1797(寛政9)年、自山の立場について、「大石寺開山日興上人の弟子つづき」、つまり要法寺は大石寺と同門であ ...

□大石寺に見殺しにされた金沢・尾張等で過激折伏事件で逮捕・投獄された大石寺僧侶・信徒   大石寺門流は、徳川幕府の禁制に平然と反して過激な折伏を展開するという過激体質を、あの江戸時代においてすでに持っていたのであり、大石寺門流は幕府公認宗派になり宗教論 ...

□幕府公認宗派になり宗教論争・自讃毀他が禁止されたが折伏を放棄していなかった大石寺門流   江戸時代初期の1632(寛永9)年に大石寺法主に登座した大石寺17世日精は、京都要法寺出身ではあったが、「日蓮の全ての教えの極説は大石寺の『戒壇の大本尊』」「日蓮の正しい ...

□滅亡寸前の状態にまで疲弊した大石寺門流を復興させた室町時代の大石寺第9代法主日有   「国際カルト宗教対策委員会」略名「Icat-Cult」別名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」には、今でも「日蓮正宗とはどういう宗派なのですか」「日蓮宗と ...

□強引・非常識な折伏をする日蓮正宗の新寺院建設は近隣住民の平和に対する重大な脅威だ   日蓮正宗が千葉県松戸市秋山地区で新寺院建設を計画。これに対して新寺院建設予定地の近隣住民の方々が日蓮正宗の新寺院建設に猛反対。日蓮正宗の新寺院建設の白紙撤回を要求し ...

□非常識な堕地獄論を説く日蓮正宗系のカルト信者には「死」を語る資格すらないと言うべき   これも昔から言われていることですが、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会等「日蓮正宗系」カルトの極めてひどい悪弊・弊害のひとつ。それも日蓮正宗は日蓮正宗の僧俗だけが ...

□都合が悪いことは「ウソだ」「証拠がない」「2ちゃんねるだ」と誹謗・連呼する「日蓮正宗系」信者   これも日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会に長くいた信者に見られる典型的な悪弊・弊害である。「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会(略名・アンチ日蓮 ...

□日蓮正宗の全信徒に「入信するまで折伏せよ」と指南している大石寺68世早瀬日如法主   日蓮正宗の日本国憲法の「信教の自由」「布教の自由」を大きく逸脱した体質、国際人権B規約 第18条に違反する体質は、未成年の子供、小学生、中学生、高校生への折伏命令を下した ...

■幼児・青少年をカルト宗教によるカルト教育汚染から法的保護をすべきであるPART3   □日蓮正宗の小学生・中学生・高校生信徒に「折伏せよ」と指南している大石寺68世早瀬日如2   大石寺68世早瀬日如法主が日蓮正宗の小学生・中学生・高校生信徒に「折伏せよ」と指 ...

■幼児・青少年をカルト宗教によるカルト教育汚染から法的保護をすべきであるPART2   □日蓮正宗の小学生・中学生・高校生信徒に「折伏せよ」と指南している大石寺68世早瀬日如   近代に入って創価学会、顕正会顔負けの強引・非常識・執拗な折伏・布教活動を年々エス ...

↑このページのトップヘ