国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ

正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」。日本のみならず世界中からカルト宗教被害を根絶・絶滅させることが究極の目的。伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (背景写真は大石寺開創七百年慶讃大法要・本会が終了後、饗応の席で歓談する池田大作と大石寺67世阿部日顕・1990年10月14日付け聖教新聞より)

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が2005年に設立した会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。
この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」の管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」。「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」は「一般社団法人 仏教宗学研究会」が管理・運営。
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774

(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

「顕正会本部家宅捜査」mixiニュースに寄せられた顕正会に関する苦情の数々NO12

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの顕正会の実態NO12

 

207「「徳を積む」「信仰心の向上」という戯言で誤魔化し、コストゼロで行っているのがカルト宗教団体だ。こんなオイシイ団体は「学校の部活」「趣味仲間のサークル」とカルト宗教団体だけだ。カルト宗教団体に洗脳されたバカ共にそれらの自覚が全くない。「君子危うきに近寄らず 」カルト宗教バカが近付いてきたら、その言葉を思い出そう。」

208「最近ミクシイの「浜田省吾 ontheroad」のコミュニティーのカラオケオフで知り合った人物に顕正会の勧誘に合い、顕正会の施設まで連れて行かれて半ば強制的に顕正会の入会申込書にサインをさせられ、サインをしないと帰らせないという状況に追い込まれたので仕方なくその場しのぎでサインだけさせられ帰ってくるという出来事がありました。その際に小さなアドレス帳のような「経典」と「数珠」を渡されまして「次回からはこれを持参してくるように」と言われました。

帰宅してから同居しています家族である両親に報告したところ「それは宗教の勧誘」ということで何故そのようなものにひっかかってホイホイとついて行ってしまったのかと責められました。私も途中から顕正会の勧誘だとは気が付いたのですが、下手に騒いで逃げるより騙されているフリをしてとりあえずついて行っておとなしくしていれば今日は解放されるだろうと考え行ったのです。自分としましては今後一切そのような団体とは関わりたくない」

209「ちょうど2年前くらいに顕正会の勧誘を受けました。小・中の同級生からいきなりミクシィでメッセージを頂き、ひょんなことから会おうよってことになって、向こうが指定してきた洋食屋に行くと本人と見たこともないブスが一人。(笑)どうやら先輩だという。まぁいっかと思って近況を話したり他愛ない世間話をしていると、ところでさ?と変なパンフレットを出してきた。日蓮がどぉとか、震災がどぉとか、国家破産がどぉとか、北朝鮮の核ミサイルがどぉとか、これでもかってくらいに危機を煽りまくる中身。コイツ変な宗教やってやがるな。このブスは宗教の先輩ってわけだ。ブス「日蓮が震災まで予言してます。」俺 「はぁ?いつどこで言ってるの?」

ブス「コレに書いてます。」俺 「コレの何ページのどこに書いてんだよ。」ブス「ココ。」

俺 「コレは天変地異が起こるって書いてるだけだろうが!いつどこで起こるまで書いてないと予言っていわねぇだろう。んなもん俺だって言えるわ。」

ブス「それじゃなくても国の借金が1000兆円で、この前格付け会社に格下げされました。もう危ないんです。国家破綻すると日蓮が言ってます。」

俺 「・・・・。お前さぁ、国家破綻するて言ってる国の国債の金利ってどおなると思ってるの?例えば、この前破綻したギリシャの金利は高騰してたけど、日本の国債の金利って高騰してんの?」 

「お前ちょっと、日本が国家破綻するプロセス言ってみろよ。」

ブス「日蓮様がそうおっしゃってるので。」俺 「お前、それじゃ説明にならねぇだろうが!」

ブス「でも、日蓮様が。」以下ループという形で、その先輩とやらのブスの鼻っつらをへし折ってプライドも何もかもズタズタにしてやったわけですが、まだやってるんでしょうかね。笑」

 

続きを読む

「顕正会本部家宅捜査」mixiニュースに寄せられた顕正会に関する苦情の数々NO11

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの顕正会の実態NO11

 

200「自分は過去に友人に「相談がある」と行って騙され、行ったら後からどやどやと4人くらい来て顕正会に「折伏」されたクソムカつく思い出があります(怒)。何故か物凄く冷静に対応してちゃちゃっと帰ってこられました。まぁ、その友人とは絶縁しましたけどね。でも、僕には新興宗教にハマる人の気持ち、思考、考えは理解できません」

201「私も過去にliveで知り合った人から遊びの名目で誘われ、ファミレスで顕正会に勧誘されました。朝晩お経を唱えると運がついてくると言い、真夜中に顕正会の会館へ連れていかれ、掛軸に向かいお経を唱えさせられました。帰りにお数珠とお経の本を渡され、後日家まで押し掛けてきました。その後絶交しましたが、つい先日、顕正会の新聞が送られてきました。思わずゾッとしました。本当に怖いです」

202「こういう顕正会のようなカルト組織は徹底的にうみを出し排除しなければいけないと思う。私も顕正会の勧誘にあったが即警察に通報・相談した」

203「顕正会というのは、オウムや創価学会、幸福の科学のようなカルト宗教だ。真っ当な宗教だったら強引な勧誘や脅迫などは無い筈だ、それがある時点で色々アウトだろう。」

204「こういう強引な勧誘は、昔は創価学会も同じような事やっていた。僕も 高校や大学くらいの時に 友達からよく 誘われましたよ。色々調べるに。。。 これは日蓮正宗という、とんでも宗派が諸悪の根源なのですよね。 まさに、お釈迦様、日蓮聖人、日興上人も 全部冒涜した教義です。嘘のうえに嘘を固めていうから。。。 それこそ 支那や朝鮮と同じ体質です。歪曲、捏造のオンパレードでっせ。まず二箇相承書は、富士派の主張からすると、「日蓮さんが日興さんにだけに密かに究極の相承をしたという証明書」であるというわけです。つまり、自分の後継者を日興と定め、身延の住職を日興さんに決めたとするわけですね。ではまず、その究極の相承を個別に受けたはずの日興さんが、その事実を書に残しているのかとなるわけですが、どこにも記されていないから、それはおかしいとなったと。残していないどころか、日蓮さんが遺言で定めた「六人の弟子」を「皆平等である」と、日蓮さんに代わって書に記したその人が「日興さん」であることが、史実として残っているわけです。→矛盾1この二箇の相承書を直接日蓮さんから授かったという日興さん。この書には明確に、「全ての弟子信徒が日興に従うこと」と記されているわけです。にもかかわらず、身延の住職を波木井さんに決めさせ、自ら二箇相承に反して身延を下山する→矛盾2

こんな矛盾だらけの相承書ですから、歴史上「原本はどこに?」となるのは当然のことでしょう。つまり、「日蓮さんその人が書いた原物があれば、本物か偽物か一目瞭然だ」と、歴史上言われてきたわけです。そこで富士派は「武田軍によって盗まれた」と答えてきたわけです。そんな大事な相承書を「盗難」とは、それこそ罰当たりな話ですが、ではいったいどこから盗まれたのか?大石寺では、この二箇の相承も含めて、日蓮さん→日興さんと始まって、大石寺の歴代一人にだけ連綿と究極教義が相承され続けていると主張するわけです。

 

 

 

続きを読む

「日蓮正宗系」離檀・脱会の機縁(11)~日蓮正宗系の「カネ、カネ、カネ」の強引な金集め体質に嫌気がさしてやめる

□財務、広布基金、書籍・新聞等の複数部購入の「カネ、カネ、カネ」体質にまみれた創価学会

 

日蓮正宗寺院住職・僧侶、法華講、創価学会、顕正会、正信会等の信者の非常識な振る舞いに嫌気がさしてやめるパターンは、他にもある。近年、特に顕著に顕れているのが、大石寺法主、日蓮正宗首脳、日蓮正宗寺院の「カネ、カネ、カネ」の強引な金集め体質に嫌気がさしてやめるパターンである。これは法華講員のパターンであるが、法華講員の大半は創価学会を脱会して法華講に入った人たちであり、法華講に入る以前、創価学会ですさまじいばかりのカネ集め体質を見てきていて、すでに嫌気がさしている。創価学会の広布基金や財務のカネ集めの凄まじさは、今さら言うまでもない。創価学会の巨大会館の勤行会にでも足を運べば、広布基金の名目でカネ集めがある。会館入り口脇には、カネを受け取る婦人部、女子部信徒がズラリと並び、会館にやって来た信者は、白い紙の包みにお札を入れて差し出す。これは会館で頻繁に行われている創価学会のカネ集めのパターンである。さらに1年に1回、ないしは複数回の財務のカネ集めを行う。日本がバブル景気だった時代は、創価学会は20003000億円もの大金を信者から集めていたとマスコミに報道されていた。人口約231万人の新潟県の県税収入が2260億円なので、創価学会の集金力は、新潟県の県税収入に匹敵する。財務の募金では、創価学会は組織を挙げて会員からカネ集めをしようと号令をかける。「たとえ1万円でも2万円でも」と指導するのだが、1万円や2万円でOKなのは一般の末端会員の話し。地区幹部で1050万円、支部幹部なら50100万円は当たり前だとされた。毎年のように数百万円、数千万円のカネを差し出した信徒もいた。一家4人・親子で暮らす家庭にとって、あのバブル景気の時代でも、1050万円というカネを差し出すことは、大きな負担だった。さらにこの他に毎日、創価学会員が購読する聖教新聞、月1回刊行の大白蓮華。11部というのは一般の末端会員の話しで、幹部になれば510部の大量購読は当たり前。なぜこんなに購読するのかというと、折伏や公明党支援のターゲットにしている家庭のポストに、聖教新聞を投函するためである。さらに小学生、中学生、高校生が購読する新聞があり、青年部信徒が購読する創価新報があり、さらに公明新聞、SGIグラフ、第三文明、潮等の出版物がある。さらに池田大作の著書、小説人間革命、若き日の日記、私の履歴書等々から御書講義、池田大作全集等まで買って読めと創価学会では指導しているので、創価学会幹部は購入せざるをえない。さらに創価学会では、1980年代のころから、全国各地に巨大墓園を造成して、創価学会員に「墓を買え」と指導。墓とは一家に1基あればいいのだが、何と2基、3基も買った創価学会員がいる。これも家計にとっては重い経済負担になる。さらに新しい会館を建設する時には特別財務を実施して募金し、本尊が下付されれば仏壇から仏具一式を新調し、創価学会に供養金を出さなくてはならない。1990年代後半から創価学会が下付する本尊を受けると、大石寺が下付した形木本尊よりもひとまわり大きいので、仏壇を買い換えなくてはならないのである。創価学会では日蓮遺文(御書)の一節である「蔵の財よりも身の財、身の財よりも心の財」を引用して「蔵の財(カネ)を持っていてもしょうがないからカネを出せ」などと、悪質な指導する。

 

 

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
プロフィール

hide(英昭彦)

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ