国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ

正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」。日本のみならず世界中からカルト宗教被害を根絶・絶滅させることが究極の目的。伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (背景写真は大石寺開創七百年慶讃大法要・本会が終了後、饗応の席で歓談する池田大作と大石寺67世阿部日顕・1990年10月14日付け聖教新聞より)

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が2005年に設立した会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。
この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」の管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」。「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」は「一般社団法人 仏教宗学研究会」が管理・運営。
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774

(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

民主党への提言・要求(1)~なぜ今の民主党は創価学会・公明党を批判しないのか

2006年~2009年ころ創価学会・公明党にダメージを与えた民主党の創価学会・公明党批判

 

ここで言う「民主党」とは、1996年に鳩山由紀夫氏、菅直人氏らが主導して結党され、その後、旧新進党勢力や小沢一郎氏が率いる自由党と合併し、2009年の衆議院総選挙で300議席をとって民主党内閣をつくったものの、2012年の衆議院総選挙で歴史的大惨敗を喫して下野した、あの民主党である。この民主党は、2012年の衆議院総選挙で政権の座から滑り落ちて以降、2013年の東京都議選、参議院選挙、2014年の衆議院総選挙、2015年の統一地方選挙でも一向に党勢が回復せず、「自主再建」を標榜してはいるが、依然として党勢の長期低落傾向がつづいている。

ずいぶん前から表明していることだが、「アンチ日蓮正宗」管理人は民主党員でも自民党員でもなく、どこかの政党の党員、サポーター、支持者ではない。もちろんどこかの政党の支持団体、支援団体にも加入していない。政党とは全く関係がない、無党派の第三者である。そういう中立的第三者から、民主党に物申すことがある。それは、民主党は現在、政権を取っている自民党・公明党と対峙する野党の立場にありながら、どうして創価学会・公明党批判をしないのか、ということだ。

野党が、政権与党の一翼の政党を全く批判しないというのは、異常と言う以外にない。

かつての民主党、つまり2009年に政権を取る以前の民主党は、創価学会・公明党を批判してきた歴史をもつ。2007年ころ、石井一・民主党参議院議員が、参議院予算委員会で、公明党と創価学会が表裏一体であることを指摘。国政選挙で公明党議員が当選した場合、衆議院議員、参議院議員それぞれ300万円、600万円の献金が創価学会になされるが、その献金がどこへ入ったかは不明になっているという公明党議員のP献金なる創価学会への献金について言及した。

あめいは 矢野絢也元公明党委員長が、公然と池田大作や創価学会に反旗を翻して批判活動を開始したとき、 矢野絢也氏の両サイドに座って「創価学会批判・勉強会」に臨んだのは、菅直人民主党代表代行と亀井静香国民新党代表だった。

14産経
 

(矢野絢也氏と菅直人民主党代表代行と亀井静香国民新党代表らの「創価学会批判・勉強会」を報道する2008614日付けサンケイ新聞)

2006年~2009年ころにかけて、民主党が党勢を拡大した要因の一つが、民主党が創価学会・公明党批判を行っていたことがあると言われている。

民主党が積極的に創価学会・公明党を批判し、 矢野絢也氏の創価学会批判・池田大作批判を支援していたころ、これと反比例するように、創価学会もまた激烈な民主党批判を展開していた。「民主党は魔」だの「民主党は仏敵」だのと、それこそ狂ったように創価学会員たちが口々に叫んでいた。それだけ2006年~2009年ころにかけて行っていた民主党による創価学会・公明党批判が、創価学会・公明党の側にとって、ダメージが大きかったのではないかと思われる。

石井一・創価学会批判1
 

(2007年、参議院予算委員会で公明党・創価学会批判をした石井一・民主党参議院議員・ユーチューブの映像より)

 

続きを読む

単称「アンチ創価学会コミュ」に寄せられた創価学会・公明党に関する苦情の数々NO5

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO5

 

34「昔、創価学会員が集団で人様の家に不法侵入して、人様の仏壇を破壊して創価学会の仏壇を勝手に置いた(押し売り)問題行動があったそうですね。しかも、創価学会本部や会長が止めても聞かないという・・・今現在も、そんなキチガイ創価学会員が集団ストーカーに血走っているんでしょうが、創価学会本部が止めても、会長が止めても、ましてや池田大作が止めても、聞かない暴走創価学会員っているんでしょうね。本当に【迷惑】です。」

(mixi」の「アンチ創価学会」コミュニティからの引用)

35「生まれたばかりの子供を本人の意思が無い時に勝手に創価学会に入会させる。 幼少期、創価学会員の父はほぼ毎日、創価学会活動で家におらず。子どもが小学生になったら勝手に創価学会の合唱団に入れる。 休みの日になれば知らない人の家に創価学会員の子供達を集めて創価学会の勉強。 中学時代、母が体調不良で創価学会の会合行けず代わりに行けと、夜に一人で行かせようとする創価学会員の父。 高校時代テスト期間だというのに、創価学会の任用試験の勉強をさせる。 社会人になった途端、週23で創価学会員が家庭訪問に来る。 創価班をやって欲しいと言われ返答を濁していたら『今ここでやると言うか、毎週のように俺が来てお願いされるのとどっちがいい?』と脅す創価学会員。 創価学会の「炎の会」に入れられ入卒団式に参加、会場まで送ってもらったが、帰りは放置、謝罪無し。 座禅会で毎月漫才をさせる地区の婦人部、壮年部。 実家の仕事を継いでいる私、仕事の不満などを両親に言ったら『信心しない奴は口出しするな、できないなら辞めろ』発言。 今幸せ?とか貴方にとって幸せって何?この質問よくされるけど、それを聞いて何なの?って思う。 私はたまたま創価学会の家庭に生まれただけ、勝手に創価学会に入会させ、本人に創価学会活動をやる気が無いと感じたら家族の一員としてみてくれない。 何故やらないの?って聞かれる、興味がないから。 この創価学会がいる限り私は幸せになれない。今度母が入院するんだけど、父が一生懸命、曼荼羅に祈ってます。もちろん私は祈りません。そりゃもちろん母の事心配だけど、曼荼羅に祈ったって待ってる未来はかわらない。もし何事もなく退院したらさすが御本尊!ってなるんだろーね。とりあえず明日から私も題目三唱します、いやさせられます。」

(mixi」の「アンチ創価学会」コミュニティからの引用)

36「創価学会で一番偉いのは池田大作で、日蓮は十番目くらい、釈迦は五十番目くらいですから、池田大作と日蓮や釈迦とが背反する場合、日蓮や釈迦を無視します。それが非宗教団体の創価学会の実態です。「でも、池田先生は……、でも、池田先生は……、でも、池田先生は……、でも、池田先生は……」と思考が堂々巡りするように洗脳されています。結果、日蓮や釈迦は池田大作を権威づけるための方便となっています。」

(mixi」の「アンチ創価学会」コミュニティからの引用)

 

続きを読む

単称「アンチ創価学会コミュ」に寄せられた創価学会・公明党に関する苦情の数々NO4

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO4

 

18「同僚の創価学会員。仕事中に会社のPCで創価学会のナントカ地区の創価学会員名簿作成とかやってる。その創価学会員が、会社の会議中に、空気読めない発言で、よけいこじらかす。さらに後輩に、創価学会への勧誘活動をやっている。会社の社用の外回り中に、創価学会の仏壇屋及び創価学会の会館へ行っていた・・・・。俺は、そいつ(創価学会員)に命(?)が弱いと言われた。先月そいつは、クビになった。社内が、和やかな雰囲気になりました。めでたしめでたし。」

(mixi」の「アンチ創価学会」コミュニティからの引用)

19「親が葬式が安いからといって創価学会に入った。それから、座談会とかに呼ばれる。聖教新聞を取らされる。公明党に票を入れろと煽られる。創価学会は中高年の婦人部が多い。何より池田大作がウザいと思います。」

(mixi」の「アンチ創価学会」コミュニティからの引用)

20「会社の後輩が創価学会員。パワハラで同部署の社員を折伏して創価学会に勧誘したり、社内で聖教新聞の勧誘やったりしてます。同じ部署で仕事してるわけではないので噂程度にしか聞こえてきませんが、机の上には人間革命が置いてあるとかないとか。創価学会員って本当に人間のクズの集まりですね。現段階で、会社全体に悪影響を与えているのだから、とっととクビを飛ばしてしまえばいいのに。会社のコンプライアンスで「反社会的な組織と断固戦います」と謳ってるんだから、「反社会的な組織」とは、創価学会も例外ではないですよね?」

(mixi」の「アンチ創価学会」コミュニティからの引用)

21「奴等、創価学会員は『池田大作将軍様』とでも思って居るような気がしてなりません!!!!そんなの創価学会以外の人間にとってはどーでも良いコトなのに…。くたばれ創価学会、くたばれ池田大作、くたばれ公明党。」(mixi」の「アンチ創価学会」コミュニティからの引用)

22「先日、昨年の11月に引っ越してきて以来初めて隣人と挨拶。選挙はどちらに?うわーっ!きた創価学会だ!共産党に投票してます!一言で退散していきました。創価学会員は、うっとーしーわ!」(mixi」の「アンチ創価学会」コミュニティからの引用)

23「創価学会なんて要するに、宗教の形を変えたネットワークビジネスだろ?商品がシャンプーじゃなくて、聖教新聞だったり仏壇だったりするだけで。創価学会の上の奴らは信者のことをダウソとしか思ってないよ」

(mixi」の「アンチ創価学会」コミュニティからの引用)

24「創価学会の地区副部長と話した時に、勧誘、選挙前の電話などについて...『うまいラーメン屋があったら、あそこ美味しいょってみんなに教えてあげたくなるでしょ?』と言われました。ラーメンは普通にみんな食べるけど、創価は違うだろ!と思った。ちなみに、「創価学会は洗脳だ」と言ったら、創価学会員は『洗脳と言われるのが1番嫌だ』とかなりご立腹でした(笑)」

(mixi」の「アンチ創価学会」コミュニティからの引用)

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
プロフィール

hide(英昭彦)

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ