□ストーカー規制法の規制は恋愛感情のものに限定されカルト信者のストーカーを規制できない

 

日本のストーカー規制法ことストーカー行為等の規制等に関する法律(平成12524日法律第81号)は、2000年(平成12年)1124日に施行された日本の法律。通称はストーカー規制法。「桶川ストーカー殺人事件」を契機に議員立法された。ストーカーを規制する法律。規制対象となる行為を、公権力介入の限定の観点から、恋愛感情に関するものに限定する。

ストーカー行為は親告罪で、罰則は6か月以下の懲役、または50万円以下の罰金である。また、警察は警告書による警告ができ、この警告に従わない場合、都道府県公安委員会が禁止命令を出すことができる。命令に従わない場合には1年以下の懲役または100万円の以下の罰金となる。また、告訴する以外に、被害者の申し出により警察が弁護士の紹介や防犯アラームの貸し出しなど、国家公安委員会規則に基づく援助を定める。女性だけでなく、男性も保護対象である。

201211月に発生した逗子ストーカー殺人事件を受けて、2000年の本法成立以来初の改正案が2013626日に衆議院で可決、成立した。本法律にいう「ストーカー行為」は、つきまとい行為を反復して行うことである(22項)。そして、つきまとい行為 「つきまとい等」を以下のように定義する(21項各号)。

□住居、勤務先、学校その他通常所在場所でのつきまとい・待ち伏せ・進路立ちふさがり・見張り・押しかけ

□監視している旨の告知行為(行動調査など)

□面会・交際・その他義務のないことを行うことの要求

□著しく粗野な言動・著しく乱暴な言動

□無言電話、連続した電話・FAX(ファックス)・電子メール

□汚物・動物の死体等の送付等

□名誉を害する事項の告知等

□性的羞恥心を侵害する事項の告知等

ただし、本法律の規制対象となる「つきまとい等」とは、目的を、「特定の者に対する恋愛感情その他の好意の感情又はそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する」ことにおく行為であって、また、その行為の相手方は、「当該特定の者又はその配偶者、直系若しくは同居の親族その他当該特定の者と社会生活において密接な関係を有する者」であることも要する(21項柱書)。また「身体の安全、住居等の平穏若しくは名誉が害され、又は行動の自由が著しく害される不安を覚えさせるような方法により行われる場合に限る」(22項)。と規定されている。

(フリー百科事典・Wikipedia「ストーカー規制法」)

法施行前は、エスカレートしたストーカー行為は名誉毀損罪や脅迫罪で取り締まれる事例もあるが、そこまでエスカレートする前段階では拘留や科料しか罰が規定されていない軽犯罪法違反くらいでしか取り締まりができなかった。しかし、1999年に埼玉県桶川市でストーカーが女子大生を殺害した「桶川ストーカー殺人事件」を契機に、法規制が求められた。従来は、弁護士などの第三者を介し、当事者と話し合う場を設けて平和的に解決する方法も良いとされていたが、ストーカー問題の深刻さが社会に浸透するにつれて、同種問題が生命の危険に関わる事件にも発展しやすいと認識されるようになり、警察への通報と法的な処分やつきまといを禁じる措置の適用が選択されるようになってきている。

(フリー百科事典・Wikipedia「ストーカー規制法」)

 

 

□ストーカー行為の取り締まりの規制対象をカルト宗教の信者のストーカー行為まで広げるべき

 

ストーカー規制法は、ストーカー行為の取り締まりの規制対象となる行為を、公権力介入の限定の観点から、恋愛感情に関するものに限定している。しかし「アンチ日蓮正宗」では、創価学会、日蓮正宗法華講、顕正会等「日蓮正宗系」カルト宗教の信者が、「布教」に名を借りてストーカー行為を繰り返し、それこそ無数の苦情を発生させている現状からして、カルト宗教の信者のストーカー行為まで、規制対象を広げるべきである。

□「日蓮正宗系」の強引・執拗な折伏批判・布教活動批判

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_204703.html

□日蓮正宗の強引・執拗な折伏批判・布教批判

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_162973.html

□創価学会の強引・執拗な折伏・布教活動批判

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_618157.html

□顕正会の強引・執拗な折伏・布教活動批判

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_618158.html

□日蓮正宗・僧侶・法華講員に関する苦情

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1076238.html

□池田大作・創価学会・公明党・聖教新聞等に関する苦情

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1076240.html

□浅井昭衛・冨士大石寺顕正会に関する苦情

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1076241.html

□第1次宗創紛争・第2次宗創戦争に関する苦情

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1076242.html

ストーカー行為の取り締まりの規制対象となる行為を、カルト宗教の信者のストーカー行為まで、規制対象を広げるにあたっては、ストーカー規制法の改正で対応するのではなく。カルト宗教取り締まり新立法を制定して、その中でカルト宗教の信者のストーカー行為を規制すべきである。

ストーカー規制法1
 

(ストーカー規制法改正案・国会可決の様子・NNNニュースの映像より)