国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ

正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」。日本のみならず世界中からカルト宗教被害を根絶・絶滅させることが究極の目的。伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (背景写真は大石寺開創七百年慶讃大法要・本会が終了後、饗応の席で歓談する池田大作と大石寺67世阿部日顕・1990年10月14日付け聖教新聞より)

2016年10月

「国際カルト宗教対策委員会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」(略名・アンチ日蓮正宗)「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体異名。
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(9)~自分たちだけが成仏して他は全て堕地獄だと思い込んでいる

□非常識な堕地獄論を説く日蓮正宗系のカルト信者には「死」を語る資格すらないと言うべき

 

これも昔から言われていることですが、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会等「日蓮正宗系」カルトの極めてひどい悪弊・弊害のひとつ。それも日蓮正宗は日蓮正宗の僧俗だけが成仏して他は全て堕地獄だと言い、創価学会は広布に挺身した創価学会員だけが成仏して他は堕地獄だと言い、顕正会は顕正会員だけが成仏して他は堕地獄だと言い、正信会は正信会寺院の僧俗のみが成仏して他は堕地獄だと言う。ここで注記しなければならないのは、例えば「日蓮正宗の僧俗だけが成仏して他は全て堕地獄」の中の「他」は、日蓮正宗以外全てということだから、その中には創価学会、顕正会、正信会のみならず、他宗派、他門流の仏教から無宗教まで全てが入ってしまう。「広布に挺身した創価学会員だけが成仏して他は堕地獄」の他」も、創価学会以外の日蓮正宗、顕正会、正信会のみならず、他宗派、他門流の仏教から無宗教まで全てが入る。創価学会の場合は、広布に挺身した創価学会員だけが成仏するらしいので、広布に挺身していない創価学会員は、創価学会以外の日蓮正宗、顕正会、正信会、他宗派、他門流の仏教から無宗教と同じように成仏できずに堕地獄ということらしい。こういう独善的な図式は、顕正会も正信会も同じ。

Icat-Cult」管理人は昔からさんざん、イヤと言うほど聞かされた。日蓮正宗や創価学会、顕正会等「日蓮正宗系」カルトの折伏の決め言葉は「入信しないと成仏できずに地獄に堕ちる」。1970年代後半から80年代頃の創価学会と正信会の紛争でも、正信会寺院僧侶は創価学会員に対して「創価学会は謗法だから地獄に堕ちる。だから創価学会を脱会して正信会寺院の信徒になれ」と説いてまわっていた。1991年にはじまる宗創戦争以降は、これと同じ事を法華講員が創価学会員たちに説いて廻っている。まったくもって懲りない人たちであり、性懲りもない人たちだと痛感してしまう。日蓮正宗の信者だけが成仏すると言いたいのか、インターネットやユーチューブで「これが成仏の相だ」と言わんばかりに、お亡くなりになった日蓮正宗の信者の死相の写真を平気でアップするという非常識極まりないことまで行っている者すら出ている。

又、最近、これを象徴する出来事が「mixi」の「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」コミュであった。「風小僧」なる名前の日蓮正宗のカルト信者が、議論の場で平気な顔をして「日蓮正宗の御法主上人や僧侶達、信徒達は皆さん成仏の相を顕していますが、学会員は皆さん堕地獄の相を顕して、お亡くなりになっています」などと言う。かく言う当人が成仏の相だかどんな相だか見たわけでもないのに、平気でこんなハッタリを言うから、カルト信者・風小僧に「ハッタリは、貴殿のみにとどまらず、日蓮正宗そのものがハッタリ宗旨だ」「貴殿は、ハッタリばっかり言っているので、ハッタリ小僧と改名したほうがいい」と指摘しておいた。するとこの風小僧なるカルト信者は、これに不満なのか、今度は自分の日記で、この問答に対する不平不満を鳴らし始めた。風小僧云く「戒壇の大御本尊が偽物ならば、なぜ大御本尊から功徳を頂いて幸せになっている方が大勢いるので すか?」「なぜ日蓮正宗の信徒が、亡くなった時に御文 に書かれている成仏の相を顕すのか?」と、こうである。このカルト信者の妄言に対して、カルト信者からのだまし討ち折伏で日蓮正宗に入信させられたL氏が「信徒数は何人いて何人が幸せと?そして一人一人あなたが確認したのですか?」「亡くなられた信徒全員の顔をあなたが直接見られたのですか?」と指摘された。まことに鋭い指摘である。

さらにだまし討ち折伏の被害者・L氏はこうも指摘された。

 

続きを読む

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(8)~「ウソだ」「証拠がない」を連呼・関係ないものを丸写し・こじつける

□都合が悪いことは「ウソだ」「証拠がない」「2ちゃんねるだ」と誹謗・連呼する「日蓮正宗系」信者

 

これも日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会に長くいた信者に見られる典型的な悪弊・弊害である。「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会(略名・アンチ日蓮正宗)」が大石寺の「戒壇の大本尊」「二箇相承」「日興跡条条事」「百六箇抄」「本因妙抄」「本尊七箇相承」「御義口伝」は日蓮の真造ではなく、大石寺9世日有の偽作であると、数々の証拠を示しても、「ウソだ」「証拠がない」「根拠がない」を連呼するだけ。創価学会、法華講、顕正会、正信会等「日蓮正宗系」の信者が起こした社会的不祥事、事件、犯罪を指摘しても、「ウソだ」「でっち上げだ」と感情的になって連呼するだけ。私がmixiで、「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会(略名・アンチ日蓮正宗)」が主宰する「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」の記事を引用すると、「それは2ちゃんねるだ」「2ちゃんねるは読まない」「自分で書け」「自分で検証しろ」「あんたの経験を書けよ」などと言い出す。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」は、「Icat-Cult」管理人が執筆しているブログであって、2ちゃんねるではない。又、元々、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」は、「Icat-Cult」管理人が執筆しているブログであるわけだから、これを引用したところで、「Icat-Cult」管理人が書いたものであることに変わりはない。もちろん「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」に書いている内容は、「Icat-Cult」管理人が自分自身で検証したことを書いているのであって、これを私が引用したからとて「自分で検証しろ」などと言うのは、全くの的外れである。

それから「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」の中の「となりの創価学会員・法華講員」は、「Icat-Cult」管理人が実際に見たもの、見聞したもの、経験したことを書いているのであって、これを自分で引用したからといって、「あんたの経験を書けよ」と言うのも、全くの的外れである。

大石寺の「戒壇の大本尊」「二箇相承」「日興跡条条事」「百六箇抄」「本因妙抄」「本尊七箇相承」「御義口伝」等が後世の偽作ではなく、日蓮の真造だと言うのなら、日蓮正宗の信者たちは、証拠を以て、日蓮の真造であることを証明しなければならない。それが反論というものである。

ところが日蓮正宗の信者が行うことは、「ウソだ」「証拠がない」「根拠がない」を連呼。これが通じないと見るや、今度は、インターネットの検索エンジンで、ありとあらゆるものを検索して、これをかたっぱしからコピーし、全く日蓮の真造かどうかとは関係ないものを、あたかも関係あるかのように、こじつけてくるわけである。

 

続きを読む

日蓮正宗は「入信するまで折伏せよ」とのストーカー折伏・布教指導を即時中止・撤回せよ

□日蓮正宗の全信徒に「入信するまで折伏せよ」と指南している大石寺68世早瀬日如法主

 

日蓮正宗の日本国憲法の「信教の自由」「布教の自由」を大きく逸脱した体質、国際人権B規約 第18条に違反する体質は、未成年の子供、小学生、中学生、高校生への折伏命令を下したり、殉教の精神を説いたりしているだけではない。日蓮正宗のトップ・管長・代表役員である大石寺68世早瀬日如法主は、2016(平成28)327日、大石寺広布坊で行われた「法華講連合会第53回総会」の席で日蓮正宗の信徒を前に、「入信するまで折伏せよ」との「指南」(指導)をしている。

「既に皆様もご承知の通り、本年は『折伏躍進の年』であります。すなわち、本年はすべての講中が、異体同心・一致団結して、来るべき平成33年・法華講員80万人体制構築へ向かって大折伏戦を展開し、本年度の折伏誓願を必ず達成して、勇躍として前進すべき、まことに大事な年であります。されば、まず私ども一人一人がこのことを深く心に刻み、誓願達成へ向けて、勇気と確信を持って、存分に戦いきっていただきたいと思います」

「折伏は、決して口先だけでできるものではありません。全人格で足を使い、心を込めて折伏するのであります。また折伏に『これなら絶対に達成できる』というような、絶対の方程式などはありません。題目を唱え、その功徳をもって一生懸命に折伏することが大事であります。折伏は相手を救う一念で、ひたすら折伏する以外に達成の秘訣はないのであります。また、たとえだれがやらなくても、一人になっても折伏するという、断固たる決意と勇猛果敢なる行動こそが大事であります」

「私どもの折伏も、大聖人様がそうであったように、初めは一人であっても、断固たる決意を持って、根気よく折伏に励むところ、必ず達成成就することができるのであります。折伏ができないのは、途中でやめてしまうからであります。折伏は、あくまでも続けていくということが大事なのであります。それが達成の秘訣であろうと思います。平成33年・宗祖日蓮大聖人御聖誕八百年、法華講員80万人体制構築まであと5年、法華講にとっては、これからの戦いが勝負であります。今こそ、全講中が総決起して、破邪顕正の折伏を実践すべき時であり、どの(法華講)支部も遅れをとってはなりません。(日蓮の『如説修行抄』の文を引用して)折伏をすべき時に、折伏をしない者は『物怪』であるとの厳しいお言葉であります」

「本年は『折伏躍進の年』に当たり、私どもは一人一人がこれらの御金言を深く心に刻み、全身全霊を傾けて、身軽法重・死身弘法(しんきょうほうじゅう・ししんぐほう)の大折伏戦を展開して折伏誓願を達成し、もって仏祖三宝尊に対し奉り御報恩謝徳申し上げ、それぞれが一生成仏を果たされますよう心から念じ、本日の話しといたします」

(日蓮正宗宗務院機関誌『大日蓮』平成285月号より)

27ストーカー折伏指南1


27ストーカー折伏指南2


27ストーカー折伏指南3
 

27ストーカー折伏指南4


5大日蓮

法華講とは、日蓮正宗の大石寺塔中・末寺寺院・教会の信徒を総括したものを指すことばで、大石寺に法華講本部、大石寺塔中・各寺院・教会に法華講支部を置く。日蓮正宗信徒は、大石寺塔中・末寺寺院・教会の法華講支部を中心に活動する。昭和37年(1962年)、大石寺66世細井日達法主の代に、法華講支部の連合体である地方部が、さらに地方部の連合体である日蓮正宗法華講連合会が結成され、信徒団体として組織化が進んだ。法華講連合会には委員長、副委員長、理事、幹事、さらに地方部長、副地方部長以下の役員がいる。

 

続きを読む

日蓮正宗は小学生・中学生・高校生への折伏・布教指導を即時中止・撤回せよPART3

■幼児・青少年をカルト宗教によるカルト教育汚染から法的保護をすべきであるPART4

 

□日蓮正宗の小学生・中学生・高校生信徒に「折伏せよ」と指南している大石寺68世早瀬日如3

 

2016(平成28)87日、大石寺大講堂で行われた「第24回法華講連合会少年部大会」の席で、大石寺68世早瀬日如(にちにょ)法主(ほっす)が法華講連合会の小学生信徒を前に、こんな「折伏せよ」との「指南」(指導)をしている。

「また、ただいまは少年部員4名による体験発表がありましたが、いずれの発表も大変すばらしく、宗門(日蓮正宗)の未来を担う少年部員が日ごろの信心と広布の思いを寄せて、それぞれ立派な発表をされたことを心から頼もしく、またうれしく思います。今日、体験発表した少年部員をはじめ少年部員の皆さんが、これからも大聖人様の教えをしっかりと守り、広宣流布のお役に立つ、立派な人材に成長していくことを、心から祈るものであります」

「今、宗門は来るべき平成33年・宗祖日蓮大聖人御聖誕八百年、法華講員80万人体制構築へ向かって、僧俗一致、異体同心して、前進をしておりますが、少年部の皆さんも、それぞれ自分の力に応じて、法華講員80万人体制構築へ向けて、力を尽くしていくことが大事であります。例えば、お寺における御講や少年部の会合などに出席することをはじめ、お父さん、お母さんが信心活動のために家を空けている時は、しっかりと留守番することも立派に広宣流布に尽くしていることになります。また、友だちに対して信心の話しをすることや、お寺にお誘いすることも極めて大事であります。それぞれが自分なりに広宣流布のために、お役に立てるようにしていくことが肝要であります。本年も既に半ばを過ぎ、いよいよ後半戦に入りましたが、少年部の皆さんには、ますます元気にお題目を唱え、一人でも多くのお友達に声を掛け、大聖人様の仏法のすばらしさを、たとえ一言一句なりとも伝えていくよう、心がけていくことが肝要であると思います。」

(日蓮正宗宗務院機関誌『大日蓮』平成289月号より)

7小学生折伏指南1


7小学生折伏指南2


7小学生折伏指南3


9大日蓮
 

「少年部」とは、法華講の小学生信徒を組織化したもの。「少年部」という名前だが、入っているのは少年だけではなく、少年も少女も入っている、男女小学生全員が組織化されている。「宗門」(しゅうもん)とは日蓮正宗のことで、特に日蓮正宗の僧侶は、自分で日蓮正宗のことを、こう呼ぶ。「大聖人」(だいしょうにん)とか「大聖人様」とは、鎌倉時代に出生した日蓮宗の宗祖・開祖・日蓮のことで、日蓮正宗では日蓮のことを「大聖人」(だいしょうにん)と呼ぶ。そうすると「大聖人様の仏法」とは、日蓮の仏法ということか(?)となるが、日蓮正宗が言う「大聖人様の仏法」とは、日蓮の仏法全体を指すのではなく、日蓮正宗が説いている教義だけを限定して指している。なぜなら、日蓮正宗では、大石寺の歴代法主だけが日蓮からの仏法の血脈を代々相伝してきていて、大石寺の相伝を知らない日蓮宗、法華宗など、日蓮正宗以外の宗派を全て「邪宗」「邪教」と言って斬り捨てているからだ。だから日蓮正宗が言う「大聖人様の仏法」というのは、日蓮正宗が説いている教義だけを指す言葉である。したがって「大聖人様の教えをしっかりと守り」とは、日蓮正宗の教義を守れと言っているのである。

 

続きを読む

日蓮正宗は小学生・中学生・高校生への折伏・布教指導を即時中止・撤回せよPART2

■幼児・青少年をカルト宗教によるカルト教育汚染から法的保護をすべきであるPART3

 

□日蓮正宗の小学生・中学生・高校生信徒に「折伏せよ」と指南している大石寺68世早瀬日如2

 

大石寺68世早瀬日如法主が日蓮正宗の小学生・中学生・高校生信徒に「折伏せよ」と指南しているのは、何も2014(平成26)727日、大石寺大講堂で行われた「第3回法華講中等部・高等部大会」や2014(平成26)83日、大石寺大講堂で行われた「第22回法華講連合会少年部大会」だけではない。本年2016731日、大石寺大講堂で行われた「第5回法華講中等部・高等部大会」の席で、大石寺68世早瀬日如法主が法華講連合会の中学生・高校生信徒を前に、こんな「指南」(指導)をしている。

「今回の合宿登山を通して、一人一人が末法の御本仏・宗祖日蓮大聖人様の本因下種の仏法を学び、大きな功徳と得難い体験を得たと思いますが、皆様には、是非とも今回、学んだことをこの場だけのものとせず、今後に活かし、それぞれが信心を鍛え、一人でも多くの人びとに対して妙法のすばらしさを伝え、もって来るべき平成33年・宗祖日蓮大聖人御聖誕八百年、法華講員80万人体制構築の誓願達成へ向けて、力強く前進されますよう、心から願うものであります」

「今、宗門(日蓮正宗)は、来るべき平成33年・宗祖日蓮大聖人御聖誕八百年、法華講員80万人体制構築へ向かって、僧俗一致、異体同心して、力強く前進しております。この時に当たって、私どもがなすべきことは、本門戒壇の大御本尊様に対する絶対の確信と広布への決意と勇気を持って、それぞれが折伏逆化の戦いに参加することであります」

「まさしく今、末法は『純円一実の法華経』すなわち、法華本門寿量品文底秘沈の大法たる妙法蓮華経のみが広宣流布すべき時であり、かくの如き時は、正法流布の妨げとなり、敵(かたき)となる邪義に対しては、ただ折伏をもってこれを破折しなければならないのであります。これが『法華折伏破権門理』(法華は折伏して権門の理を破す)と説かれる法華の精神であり、御本仏大聖人様より我らに与えられた大事な使命であります」

「平成33年・宗祖日蓮大聖人御聖誕八百年、法華講員80万人体制構築の誓願は、すべからく我々の身軽法重・死身弘法(しんきょうほうじゅう・ししんぐほう)の強盛なる折伏実践の行動にその成否がかかっていることを自覚し、中等部員は中等部員らしく、高等部員は高等部員らしく、一日一日を有意義に、そして力強く自行化他の信心に励み、もって勇躍として前進されますよう心からお祈りするものであります」

(日蓮正宗宗務院機関誌『大日蓮』平成289月号より)

31中高生折伏指南1


31中高生折伏指南2


31中高生折伏指南3


31中高生折伏指南4


9大日蓮
 

大石寺68世早瀬日如法主はこの中で「一人でも多くの人びとに対して妙法のすばらしさを伝え」「それぞれが折伏逆化の戦いに参加することであります」「正法流布の妨げとなり、敵(かたき)となる邪義に対しては、ただ折伏をもってこれを破折しなければならないのであります」「我々の身軽法重・死身弘法(しんきょうほうじゅう・ししんぐほう)の強盛なる折伏実践の行動にその成否がかかっていることを自覚し、中等部員は中等部員らしく、高等部員は高等部員らしく、一日一日を有意義に、そして力強く自行化他の信心に励み」と「指南」(指導)しており、あきらかに法華講員の中学生信徒・高校生信徒に対して「折伏せよ」と命令している。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
プロフィール

hide(英昭彦)

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ