国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ

正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」。日本のみならず世界中からカルト宗教被害を根絶・絶滅させることが究極の目的。伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (背景写真は大石寺開創七百年慶讃大法要・本会が終了後、饗応の席で歓談する池田大作と大石寺67世阿部日顕・1990年10月14日付け聖教新聞より)

2018年03月

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が2005年に設立した会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。
この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」の管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」。「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」は「一般社団法人 仏教宗学研究会」が管理・運営。
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774

(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

単称「アンチ創価学会コミュ」に寄せられた創価学会・公明党に関する苦情の数々NO16

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO16

 

133「小学校の頃、創価学会の親をもつ子とマラソン大会で6年間競っていたのですが、5年連続で1位になりました。そこで創価学会の親らは小学生の俺に「ドーピングしている」「(創価学会側の子に)毒を盛った」「突き飛ばした」…の誹謗中傷。これらは全て創価学会員の親らによる言いがかりで、全く頭がおかしい発言ですが、そのようなことを平然と言い出し、教師側を巻き込み連続優勝の記録を抹消しようと試みる彼ら創価学会員はとんでもない連中だと思いました。校長はアンチであり、記録抹消は免れましたが、親族の配慮として表彰は一切ありませんでした。」

(mixi」の「アンチ創価学会」コミュニティからの引用)

134「創価学会にはすごいいやな思いさせられてます。17歳くらいの頃に、創価学会の「お話会」に連れて行かれ、「書類だから署名捺印して」って言われて。なんだかわからない紙に名前とはんこ押しました。それから家に続々と創価学会の人が来るようになり、引越したら引越し先にまで創価学会員が来ました。結婚していた旦那も創価学会の人でした。その後、創価学会の旦那とは、離婚しましたが…。とりあえず嫌だなーって事が多い集団ですね。創価学会は世界を制覇するのが目標らしいですが。ついでに私の母親は、創価学会の友達がいて毎日、ポストに聖教新聞を入れていきます。創価学会に無関係な人間に読みもしない聖教新聞をとってもらおうという、創価学会の新聞啓蒙とかだったか忘れましたが、彼らのカルト活動には、もううんざりです。」

(mixi」の「アンチ創価学会」コミュニティからの引用)

135「元同僚で創価学会の女の子がいました。もちろん選挙の時には公明党候補者への投票依頼をされ、公明党アンケートを強いられ…なのに本人は自分が創価学会員だということを会社に隠しています。創価学会の話をする時は、パッと聞いただけでは分からないよう「学会」と省略して言います。何故、創価学会員は、人に言えないような宗教を信じるのでしょう?そのような疑問と人間性への不信感から創価学会員の彼女とは距離を置こうと決めました。ですが、その頃からその創価学会員の女性に、しつこくつきまとわれるようになりました。私が海外へ旅行中でも電話をかけてきます。また、恐ろしく長文のメールが届きます。そして創価学会員の彼女は「あたしのほうを見てない!」「どうして私を無視するの?」と怒り出しました。彼ら創価学会員がニコニコ笑っているうちはいいんです。そのうちしつこく追い回す。それは彼ら創価学会員が納得するまでです。でもこれからは、これから創価学会の人間と関わりあわない生活はありえないだろうから、火種が大きくなる前に付き合いを断ち切りたい。」

(mixi」の「アンチ創価学会」コミュニティからの引用)

136「なぜ創価学会員たちの中には、会社の中では堂々と、自分は創価学会員だと言わない『隠れ創価学会員』がいるのだろうか。自ら創価学会員だと言わなくとも、創価学会員であることを隠さなくてもいいのでは?と思います。本当に創価学会を世界に広めたければ会社の人にもすすめりゃいいじゃんって思う。世間から創価学会批判をされるが怖いのか?彼ら創価学会員の言行不一致に矛盾を感じます。」

(mixi」の「アンチ創価学会」コミュニティからの引用)

 

続きを読む

創価学会、顕正会、日蓮正宗等「日蓮正宗系」カルト宗教と美術・芸術活動は両立しないか(?)

□日蓮正宗系の芸能人の中に舞台監督、映画監督、脚本家、演出家、作詞家、作曲家、編曲家のジャンルの人はほとんど見あたらない

 

「仏教宗学研究会」管理人は、国立西洋美術館、ブリジストン美術館、世田谷美術館、東京都美術館、国立新美術館といった美術館へ行き、西洋絵画・彫刻の鑑賞をしている。何も仏教美術、東洋美術だけに限定しているわけではない。

私が、西洋の画家が描いた絵画で、最も感銘するのは、人物画、風景画を正確に描く絵画である写実主義である。西洋の写実主義の絵画を鑑賞すると、いつも感銘を深くします。「あれ。これは写真なのかな」と、思わず写真と見間違えてしまうような見事な風景画、人物画が、いわゆる写実主義の絵画。カイユボット展でも、写真と見間違えてしまう見事な風景画、人物画がズラリと並ぶ。

遠くから鑑賞していると「写真かな?」と思い、近づいて鑑賞してみると、コテコテの絵の具で描かれた、完全な絵画。「やっぱり絵だな」と思う。中年女性の人物画の白髪が、美術館の蛍光灯に照らされて、光っていて、本物の白髪のように見える。「あれえ」と思って、近づいてよく観察してみると、白色の絵の具に蛍光灯の光が反射しているだけ。「光の反射まで計算に入れて描いたのかな」と思ってしまった。「室内で読む女性」の絵を、少し離れて鑑賞すると、女性が手にする書類が、本物の紙の書類に見える。しかし近づいて見てみると、やはり絵の具で描かれた絵画。場内に展示されている絵画を、ひとつひとつ、くまなく鑑賞したが、まさに感銘の連続である。過去にも国立西洋美術館や、他の美術館で、何度も見事な写実主義の絵画を鑑賞して、そのたびに感銘を深くしている。

創価学会では、役者やタレントが入る「芸術部」という組織があることは有名だが、一般的に舞台俳優も含めて役者、タレント、歌手、お笑いタレントといった職種には、昔から創価学会員が多いと言われている。昨今は、インターネット上に、創価学会員の芸能人の実名がズラリと登場するが、そのほとんどが、役者、タレント、歌手、バンドマン、お笑いタレント、コメディアン、プロデューサー、スポーツ選手といったジャンルの人たちである。あとは、大手プロダクション・芸映の当時の社長が、創価学会芸術部の大幹部だと、ジャーナリスト・内藤国夫氏が報じていた。

ところが面白いことに、舞台監督、映画監督、脚本家、演出家、作詞家、作曲家、編曲家といった人たちに、創価学会員がいるとは、私はほとんど今まで聞いたことがない。

1980年代から90年代にかけて、内藤国夫氏らが創価学会員の芸能人の実名を挙げているが、その中に、舞台監督、映画監督、脚本家、演出家、作詞家、作曲家、編曲家のジャンルの人はいない。昨今、インターネット上で報じられている「創価学会員の芸能人」の中にも、舞台監督、映画監督、脚本家、演出家、作詞家、作曲家、編曲家のジャンルの人は、ほとんど見あたらない。

舞台監督、映画監督、脚本家、演出家、作詞家、作曲家、編曲家といった人の話を聞くと、「芸能界って、創価学会員が多いんだよなあ」と言う。そこに出てくる創価学会員とは、大概が役者、タレント、歌手、バンドマン、お笑いタレント、コメディアン、プロデューサーといった人たちである。

たしかに舞台演劇や映画、ドラマの主役を演じているのは役者・俳優だが、舞台、映画、ドラマの筋書きを書くのは脚本家であり、舞台、映画、ドラマそのものを造り上げるのは、舞台監督、映画監督、演出家である。だから舞台、映画、ドラマの真の主役は、監督、演出家、脚本家である。

音楽も同様で、確かに歌を歌うのは歌手であるが、その歌を書いて作り上げるのは、作詞家、作曲家、編曲家である。だから役者、タレント、歌手、バンドマン、お笑いタレント、コメディアン、プロデューサーに「創価学会員の芸能人」が多く、舞台監督、映画監督、脚本家、演出家、作詞家、作曲家、編曲家に創価学会員の名前をほとんど聞かないのは、面白い相関関係ではないかと思う。

カルト宗教では、芸術はできないということなのだろうか。

 

国立西洋美術館1
 

(東京・上野・国立西洋美術館)

 

 

続きを読む

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(14)~政治と宗教を混同している

□専政政治、独裁政治を否定する人類の進歩・民主政治の発展に逆行する政教一致体質

 

この「政治と宗教を混同している」悪弊・弊害は、創価学会・公明党の政教一致体質が骨の髄まで染みこんでしまっている創価学会員や元創価学会員のみならず、法華講員・元法華講員や顕正会員・元顕正会員にも共通している悪弊・弊害である。今さら言うまでもないことだが、政治とは統治制度・統治政策・利害の調整であり、宗教とは信仰・儀礼・教義であり、心の問題である。政教一致体質の創価学会員は、ありとあらゆる問題を何が何でも公明党の政策支援に結びつけようとして、ありとあらゆる論法でこじつけて、政治と宗教がさも同一次元のことのように論じようとする。

そもそも政教一致ないしは政治と宗教の混同は、政治と宗教を分離させて民主主義体制を進歩させてきた長い人類の歴史の歩みに逆行する。ここでは政教分離の歴史の詳細については省略したいと思うが、一例を挙げるならば、政教一致の思想が王権神授説を生み出し、これが絶対王政、専政君主政治の根拠とされた。絶対王政や専政政治、独裁政治を否定する民主政治の発展は、政教分離の歩みと同じ歩調で歩んでいった。したがって、政教一致ないしは政治と宗教の混同は、人類の歴史を逆行せしめ、民主政治と対立し民主政治を阻害するものと言えよう。

こう言うと、「確かに創価学会員だったときは、政治と宗教を混同していたが、それはあくまでも創価学会員だったころのことだ。創価学会を脱会した後は、そうではない」と言うであろう。しかし創価学会を脱会した後も、政教一致体質を延々と引きずっている人は多数見受けられる。例えば創価学会を脱会して法華講に入った信者の中に、こんな人がたくさんいる。

「今度、選挙がありますが、法華講では何党に投票したらいいのですか」

思わず吹き出してしまうような話しである。その日蓮正宗の法華講連合会は、199012月の「宗創戦争」開戦以前には、法華講連合会として公明党支持を表明していた団体である。「宗創戦争」以降に法華講に入った人は、びっくりするだろうが、これは本当の話である。法華講連合会機関紙「大白法」にも、公明党支持を表明する公告が掲載されている。

その法華講連合会は、「宗創戦争」以降は「法華講連合会は公明党を支持しない」と表明している。親元の日蓮正宗が公明党の母体である創価学会とケンカしたため、法華講連合会は公明党支持を撤回した、というわけである。しかしながら、創価学会を脱会して法華講に入った信者が言うように、創価学会を脱会した後は本当に政教一致ではないと言うのなら、「宗創戦争」が起ころうがどうなろうが、法華講は公明党支持を継続していけばいいではないかと、“意地悪な言い方”もできよう()。「宗創戦争」が起こったので、公明党支持を撤回した法華講もまた、創価学会と全く同じ「政教一致体質」の団体であると言うことができよう。これに付随して一言すれば、「アンチ日蓮正宗」は、「宗創戦争」が起ころうが何が起ころうが、最初から公明党は支持しておらず、創価学会・公明党のみならず、日蓮正宗にも法華講にも顕正会にも正信会にも反対の立場である。

 

 

 

続きを読む

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(13)~「100%正しい」「100%誤り」だと決めつけようとする

□世界各国で莫大な犠牲・災難を生み続けた独裁権力集団・独裁権力者「絶対」論・「無謬」論

 

これは大石寺法主無謬、法主絶対、池田大作絶対、浅井昭衛絶対思想、堕地獄論、仏罰論に凝り固まった日蓮正宗(法華講)、創価学会、顕正会等の「日蓮正宗系」団体の信者の典型的な悪弊である。大石寺法主、創価学会会長、顕正会会長といえども、一人の人間であるわけだが、人を100%絶対視したり、あるいは逆に100%否定すると、矛盾が続出する。これがいかに間違った思想であるかを物語る、端的な事例が、かつてのソ連、東ヨーロッパ諸国、そして中国、北朝鮮、キューバ等の共産党独裁政権の国である。これらの共産党独裁政権の国は、共産党政府、共産党政府の指導者は100%正しい、欧米・日本の西側自由主義圏諸国は、100%誤りだという、全体主義思想に凝り固まっていた。北朝鮮は、今でも極端な全体主義思想に凝り固まっている。

独裁権力を握る集団ないしは指導者が100%正しいと絶対視する思想、無謬説では、独裁権力を握る集団ないしは指導者が誤った政策を行った場合、その独裁権力を握る集団ないしは指導者を仰ぐ国全体が誤ってしまうのである。もっと具体例を出そう。

かつて共産党独裁国家圏の盟主・ソ連は、スターリンを絶対視するスターリン無謬・スターリン絶対の全体主義国家であった。ところがスターリン絶対思想は、スターリン治世の30年間に、スターリンと異なる意見を持つ人、スターリンに批判的な人の「粛清」を生んだ。それこそ何百万人、何千万人という膨大な単位の人が粛清され、犠牲になった。スターリンの死後、フルシチョフの時代に、スターリン批判が行われたが、共産党独裁・指導者絶対の思想は変わらなかった。

中国では195070年代にかけて、毛沢東無謬論が、当たり前の常識の国だった。この毛沢東無謬論が195860年の大躍進政策で、推計3000万~5000万人にものぼる餓死者を生んだ。

さらに196677年の文化大革命で、大躍進政策後に中国経済を建て直した共産党幹部、反林彪派の軍長老たちは「実権派」「走資派」「修正主義者」のレッテルを付けられ、三角帽子をかぶらされ町を引き回されるなどした。徹底的な迫害の末、自殺、病死、暴行死、拷問死、獄死等々、犠牲になった人だけでも推計で数千万人と言われ、文化大革命で迫害を受けた人は1億人を超えると推計されている。日本の総人口を超える数の人が、文化大革命で人為的災難を蒙った。

19751979年にかけてカンボジアで独裁権力を握ったポルポトを指導者とするクメールルージュ(共産党)が、政治的反対者、批判者、知識階級、都市居住者、仏教僧侶等を徹底的に粛清・弾圧した。アメリカ国務省、アムネスティ・インターナショナル、イェール大学・カンボジア人大量虐殺プロジェクトの3者は、ポルポト派・クメールルージュ(共産党)によって粛清・犠牲になった人の総計は、約150200万人と推計している。

北朝鮮も建国以来、金日成無謬論が国を支配し、これが金正日・金正恩と三代世襲を生んだばかりか、世界でも他に類例を見ないほどのテロ国家、先軍政治の国になり、ラングーン爆破事件、大韓航空機爆破事件、日本人拉致事件等のテロ事件の他、核実験、ミサイル実験、休戦協定破棄等々で、周辺諸国に軍事的緊張を造り出している。

 

 

続きを読む

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(12)~2人以上の集団・徒党を組んで動こうとする

2人、3人、5人~10人で取り囲む折伏を「数の暴力」と全く認識していない「日蓮正宗系」信者

 

この悪弊・弊害は、創価学会、法華講、顕正会等の「日蓮正宗系」団体の信者、富士門流執着軍団、ないしは「日蓮正宗系」団体から富士門流寺院に移った信者に、まことによく顕れている悪弊・弊害である。特に生まれて間もない頃、子どもの頃から「日蓮正宗系」団体の信者として育った人に、よく顕れている悪弊・弊害である。こういう人たちは、折伏でも何でもするときには、必ず二人以上の集団で動こうとする。決して一人では、折伏をしようとしない。創価学会、法華講、顕正会等の「日蓮正宗系」団体の信者が行う「折伏」が、まず必ずと言っていいほど、2人以上の集団、ないしは徒党を組んで行おうとする。これは創価学会、法華講、顕正会の信者に共通する。

創価学会員がどこかに「折伏」に行こうとするときは、必ずと言っていいほど、2人以上で動こうとする。2人以上で徒党を組んで、他人の家に押しかけようとする。創価学会の会館や座談会会場に、未入信者を連れてくると、必ず2人以上で取り囲んで折伏し、入信決意書にサインさせようとする。2人なんて少ない方で、むしろ5人~10人の創価学会員で1人の未入信者を取り囲み、強引に入信決意書にサインさせるということは、当たり前のように行っている。私がかつて福寿荘(仮名)の創価学会男子学生部から受けた折伏被害も、私一人に対して、相手の創価学会員は必ず二人以上だった。否、もっと言うと3人以上だったと言っても過言ではあるまい。私の自宅に10人以上の創価学会員が押しかけてきたことすらあった。こんなことをやっていて、彼ら創価学会員は、世間一般の人よりも精神的に優位に立った状態で、「折伏」をし、強引に創価学会に入信させたいのであろうが、こんなことをするのが、彼らの常識。世間の非常識が、彼ら創価学会員の常識。そういう意識は全く皆無。そもそも1人の未入信者を、2人、3人、5人~10人の創価学会員で取り囲み、強引に入信決意書にサインさせるなどというやり方を、世間では「数の暴力」という。

こういった2人以上の集団、ないしは徒党を組んで動こうとする習性は、創価学会員のみならず、法華講員、顕正会員等々も全く同じ。1991年以降の宗創戦争でも、創価学会員が法華講員宅に行く場合も、法華講員が創価学会員宅に行く場合も、大半のケースが2人以上の集団、ないしは徒党を組んで押しかけていこうとする。まさに数の暴力vs数の暴力の戦争である。

法華講員は寺院の門前や駅前、公道等で「街頭折伏」なるものを展開し、ビラやチラシを配ったりしている。ビラやチラシを配る法華講員は1人であっても、ビラやチラシに書いてある折伏セミナーや座談会等には、それこそ大勢の法華講員が待ち受けており、そんなところにノコノコ出て行くと、創価学会員と全く同じやり方で、2人、3人、5人~10人の法華講員で取り囲み、強引に入信決意書にサインさせるという「数の暴力折伏」が待ち受けている。

創価学会、法華講と全く同じ強引・執拗な折伏を行う顕正会も全く同じ。顕正会員が得意とする折伏は、高校の同級生とか、中学の同級生とか、ほとんど縁が薄かった「同級生」から突然、連絡が入り、ファミレスで会って話そうということになり、ファミレスに行くと、同級生が顕正会幹部数人を連れてきていて、まさにファミレスで「数の暴力折伏」が待ち受けていたというパターン。

 

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
プロフィール

hide(英昭彦)

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ