□法華講員ですら「こんなに日蓮正宗が評判が悪いとは知らなかった」と驚いたその実態NO7

 

56「日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会など日蓮正宗系分派全てから折伏を受けたなど、町内でも私一人か。過激派みたいに日蓮正宗系の内ゲバ花盛りな割には、皆同じ教義に目くそ鼻くそと感じます」(アンチ日蓮正宗コミュ)

57「私も病気なのは自分の罪業のせいだと言われました。病気は病気で医学的に治療してもらっているつもりですが・・・。しかし日蓮正宗の人が言うには、『それだけではよくならない。医者は万能なのか?勤行を唱えなさいetc・・・』…もうなんかすごいです。「こっちは疲れてるんですから。」と抗議しても、こちらからの抗議は無視して全く耳を貸さない。日蓮正宗の人は、ただ一方的に自分の言い分を言うだけ。さらに、こちらから抗議しても『何も知らないのに批判するな』と言われたり、持っていたお守りを燃やされたり。そんなことをやっていて『全部君の為を思ってやっている』と日蓮正宗の人は言いますが、そんな、行き過ぎた行為はやめていただきたいです」

(アンチ日蓮正宗コミュ)

58「創価学会も顕正会も、同じ日蓮正宗の系統にある分派同士ですので似ているのですが。私が大学生の頃も、同じ奴を1時間半くらいで振り切りましたが「家に行く」には参りましたよ。」

(アンチ日蓮正宗コミュ)

59「何度か日蓮正宗のひどい勧誘を受け被害にあいました。今も精神的に参っていて困っています。苦しくて日記にも愚痴を爆発させてしまっています。最近も、私は偽りなく幸せだと言うのに(勿論、自己研摩や努力はしていますよ)、「あなたは自分を偽っている。本当の幸せになれない。日蓮正宗の教えのみが正しい。」と、順序よく様々なことを説明しても、学識が無く視野の狭い、そして努力を嫌い題目を唱えるだけの彼らは、自分に不都合なことは他人のせいにして聞く耳持たず。

日蓮正宗ではなく亡くなった方々は幸せで無いのか?全く失礼な奴らでありますね。他の宗教の方の遺体が黒くなることも一切無かったし(透き通っていた方が多い)。日蓮正宗の信者は増えているそうだが…彼らは自己中心的な思想で、題目を唱えていれば功徳があると、世間一般で言うところの努力を嫌う。(いいご身分ですね、豊かな生活は他人から与えられると思ってるのね)、自分の不都合は他人のせいという日蓮正宗の信者。そして初詣、祭りなどの日本の伝統文化を否定する日蓮正宗。…今の堕落していく日本そのままの姿だと思う。堕落人たちが日蓮正宗系にひかれ、この思想を広め、また堕落人が集まり…と悪循環を繰り返していくのだろうか。そんなことになったら、日本はどこまで荒廃するのか。どん底に沈むまで気付かないかなとまで思ってしまいます。」(アンチ日蓮正宗コミュ)

60「元法華講で現在は創価学会員ですが、今月には創価学会を退会します。法華講の内部では陰険ないじめがあります。ごく僅かに良い人はいましたが。もしも、正しい信仰ならばいじめなんてあるはずもない!呆れて辞めました。」(アンチ日蓮正宗コミュ)

 

 

61「これほどネットの情報が正確だと思ったことは無いです。よくネットでも書かれていますが日蓮正宗の信者は、呼吸をすると同時に嘘を平然とつき、ウソがバレると逆切れします。嘘をつく時は突然顔面が硬直し能面のように生気の無い無表情になり淡々と話し始めます。ホントにプロの詐欺師顔負けです。日蓮正宗の信者はよく自分で親を大事にすると言いますが、大事にしているというよりはいい年して親にへばりついていると言った方が正確な表現です。思考停止しているので、何でも親に聞いてから判断するようです。新たに信者獲得の為なら、我が子を平気でダシに使い振り回します。日蓮正宗はお布施は少ないと聞いていましたが、私の経験では、日蓮正宗はかなりお金にも汚いです。一見いい人そうに見える人でも、自分の宗旨を日蓮正宗とは言わずに、『日蓮宗』と嘘をつく人までいます。日蓮正宗の信者は、一皮向けば恐ろしい正体を現します。もう二度と関わりたくありません。」(アンチ日蓮正宗コミュ)

62「私は、悪いですが『本家本元・日蓮正宗』から幾たびも被害を被っているモノです。日蓮正宗の信者たちは、ホラ吹きもいい加減にしたらどうなんだい、と言いたい。『○○するためには日蓮すれば~』なんて言ってるけど、その根元を説明してと言えば、どうしてこんな宗教に所属できるのか。頭の悪い子どもでも、北海道のアイスバーンを時速200キロで走るのと沖縄の道を200キロで走るのどちらが危険なのかを分かると思う。日蓮正宗は『お題目を揚げてやれば、日蓮が助けてくれる』とまともな顔で言うから馬鹿にされるんだよ。」(アンチ日蓮正宗コミュ)

63「私は元法華講員です。元創価学会員でも元顕正会でもなく、最初から最後まで法華講員でした。私は入信直前まで、何の不満も悩みもなく生活しておりましたが、法華講員から「この信仰をしなければ地獄に堕ちる」と折伏され恐怖と、親兄弟にも教えなければ、との思いでしかたなく入信したのです。折伏しないと、与同罪を受けて、信仰していても堕地獄だと言われていました。

今考えると、「脅し」以外のなにものでもありません。」(アンチ日蓮正宗コミュ)

64「恐怖心で勧誘を煽る方針は成果として美味しいのでしょうか。妙観講も随分以前から厳しい成果を求められ、顕正会や創価学会の様な勧誘方法を実施している。実際、妙観講は顕正会や創価学会からの脱会移籍組が多いですし、本質は日蓮正宗に移る前から変わらない。所詮、日蓮正宗とは「伝統仏教の皮を被ったカルト」なのでしょうね。」(アンチ日蓮正宗コミュ)

65「自分も元法華講員です。去年離壇し、現在無宗教です。平成14年の30万登山の件ですが、自分も輸送班として何度も任務につきました。しかし、30万登山にはかなり疑問があります。登山の日程途中で突然のべ人数に変わったのです。当初、付き添い登山の場合は人数にはカウントされず、同じ人が何度行っても「一人」だったのが途中で変わりました。同じ人でも10回行けば「10人」とみなされたのです。正確な人数は把握できませんでしたが、一人一回とするなら30万人達成はしていません。これが大成功と言えるのでしょうか?これがきっかけとなり、日蓮正宗から何人も離れていきました。目標達成できないならできなかったで、次また頑張ろうとなぜならなかったのでしょう?そういう考えを持つ事自体がいけない事らしく、とにかく信じろと言われるだけ。

世間に通用しないものはカルトです。法華講員は世間の人を下に見てます。私自身もかつてそうだったと今は思います。」(アンチ日蓮正宗コミュ)

大石寺奉安堂4
 

(奉安堂)