□「Icat-Cult」参加者支援と「Icat-Cult」がいかなる団体・宗派とも連合しないことは別個である

 

「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は、どこの政党や政治団体にも所属していません。特定のイデオロギー、主義・思想を支持する立場にもありません。

又、「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)「アンチ日蓮正宗」は、どこの宗教・宗派・政党・団体も擁護したり応援したりはしません。いかなる団体、宗派も支持いたしませんし、いかなる団体、宗派、グループとも連合しません。これは、「アンチ日蓮正宗」設立時からの、基本政策のひとつであり、今後とも変えることは絶対にありません。

「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)「アンチ日蓮正宗」コミュニティご参加の方、「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)「アンチ日蓮正宗」mixiページのフォローワーの方、「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)「アンチ日蓮正宗」中心メンバーの方、「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)「アンチ日蓮正宗」管理人のマイミクさん、ご協力いただいている方々には、無宗教の方のみならず、日蓮正宗系以外の仏教各宗派の僧侶・上人の方、ご信者の方等々、多数いらっしゃいます。「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)に賛同してくださる方々を「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)が全面支援し、共に活動するのは当然であります。しかしその方々が所属する宗教・宗派・政党・団体も擁護したり応援したりすることはありません。「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)に参加・賛同してくださる方々を全面支援し、共に活動することと、どこの宗教・宗派・政党・団体も擁護したり応援しないという方針は、全く別個のことである。

「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しません。いかなる団体・宗派とも連合しません、という基本政策は、設立当初から公にしていることですが、それでも時折、「私の所と、連合しませんか」「私のグルーといっしょに活動しませんか」等々と、誘いをかけてくる者がいますが、全て断っています。こういう方針も、今後とも変わりません。

こういう誘いをかけてきた者の一人に、「保田妙本寺・札幌談所」「保田妙本寺貫首法縁」を自称する鳥本雄行という人物がいました。この鳥本雄行氏という人物は、20119月ころ、メール等で「アンチ日蓮正宗」に接触を試みてきたが、その時点に於いて、「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)「アンチ日蓮正宗」管理人が不審点を多々感じたため、接触を当方から断っている。

それから2ヶ月後の201111月に、鳥本雄行が連続放火容疑で逮捕されるという事態が発生しており、まさに当時の決断が正解だったことが、見事に証明された形となった。「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しません。いかなる団体・宗派とも連合しません、という基本政策は、今後とも、変わることはないと明言しておきます。

さらに言うと、「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)「アンチ日蓮正宗」は、どこの宗教・宗派・政党・団体も擁護したり応援したりはしません。いかなる団体、宗派も支持いたしませんし、いかなる団体、宗派、グループとも連合しません、ということは、「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)「アンチ日蓮正宗」の主旨は、無宗教が本筋であるという意味でもありませんし、無宗教でなければならない、という意味でもありません。この辺の意味を勘違いしている方が、今までも何人か居ましたので、ここでもう一度、念を押しておきたいと思います。

国際カルト宗教対策委員会1
 

(「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)