国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ

正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」。日本のみならず世界中からカルト宗教被害を根絶・絶滅させることが究極の目的。伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (背景写真は大石寺開創七百年慶讃大法要・本会が終了後、饗応の席で歓談する池田大作と大石寺67世阿部日顕・1990年10月14日付け聖教新聞より)

カテゴリ: 日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である

日蓮正宗の理想の信徒は「熱原の三烈士」で、無実の罪で拷問に遭いながら、健気に殉教する姿を理想像に指導している。家庭内でお嫁さんが日蓮正宗に入信して、家族の了承を得ずに、子供を日蓮正宗に入信させたりしている。法華講員が最初に「日蓮宗の者ですが」などと名乗り ...

創価学会を破門にした阿部日顕氏は「反創価学会」だといわれているが、実際は宗創和合時代から阿部日顕氏は親創価学会・親池田大作の代表格だった。創価学会破門の翌年、阿部日顕氏は法華講連合会壮年部大会で「池田大作は戸田会長が造った流れに乗っただけ。池田大作が会長 ...

阿部日顕法主は元々は親池田大作・親創価学会の僧侶だが、1991年の宗創第2次紛争で創価学会・池田大作氏をボロクソに非難する攻撃をはじめる。ところがシアトル事件で敗訴判決が出て形勢不利になると今度は2002年に創価学会と和解する。これだけ方針を二転三転させれば、通 ...

阿部日顕前法主は宗創和合時代は完全な親創価学会・親池田大作の僧侶だったが、1990年12月の宗創第2次紛争で豹変した。正信会破門、創価学会破門で1000万人以上の人を日蓮正宗から破門にしたのは、世界宗教の前例を見ない「破門した人数の世界新記録」。さらに大石寺歴代法主 ...

篠田泰夫法華講大講頭・法華講連合会副委員長が死去した。今後、新たに法華講連合会副委員長が日蓮正宗管長・法主から任命されるだろうが、誰が副委員長になっても、今の日蓮正宗の強引な折伏を進めて行く政策には変化がないと考えられる。それは日蓮正宗という宗教団体が、 ...

富士学林大学科に行っている日蓮正宗所化僧(修行僧)が、池上本門寺、誕生寺、清澄寺、鏡忍寺に研修旅行に行ったことが「大日蓮」で報じられている。ところが「大日蓮」では、研修旅行に行った日蓮宗寺院を「邪宗呼ばわり」している。研修旅行で学習したのだから、お礼の一言 ...

日蓮正宗は王仏冥合・広宣流布・日蓮遺命戒壇建立を目指している。大石寺法主・日蓮正宗管長の代が代わっても折伏・布教活動はやめない。日蓮正宗の布教問題の検証には、教義の問題に立ち入らざるを得ない。日蓮正宗が布教拡大の依文とする二箇相承・百六箇抄は偽書、戒壇の ...

日蓮正宗は大石寺法主が日蓮正宗管長・代表役員を自動的に兼任し、宗務院役員、末寺住職、法華講本部役員、法華講連合会役員、法華講支部役員を任命、承認、認証する。さらに日蓮正宗宗規で宗務院の命令に従わない住職は罷免、擯斥になり、宗門の公式決定に従わない法華講支 ...

□昭和50年代に入って寺院寄進を停止した創価学会に不満を持っていた(?)日蓮正宗僧侶   昭和57(1982)年当時、東京池袋・常在寺の住職・早瀬義孔氏は病身のため、勤行や法要にはほとんど出仕せず、常在寺在勤教師・平井正道氏、小口寛道氏のどちらか、あるいは二人が本堂で ...

□日蓮正宗常在寺の創価学会お会式で創価学会教義逸脱を批判した常在寺僧・小口寛道氏   東京・池袋の日蓮正宗寺院・常在寺は、江戸時代初期、大石寺16世日就が創建した寺院で、約400年にわたる歴史がある古刹寺院。さらに大石寺17世日精が、法主隠退後、長く常在寺住職を ...

□病身で所化僧に抱きかかえられるように本堂の勤行会に出仕してきた常在寺住職・早瀬義孔氏   1981年当時、東京・豊島区のアパートに住み、東京・池袋のストリップ劇場・S劇場でバイトをしていた英昭彦にとって、東京・池袋の常在寺を訪ねることは、さほど難しいことでは ...

□大石寺に行って「なぜ『戒壇大本尊』を自宗の信者以外に拝ませないのか」疑問に思った英昭彦   英昭彦がちょうど20才の時だったが、自分でバイトをして稼いだカネで、自分で電車の切符・特急券を買い、地図を頼りに大石寺にたどり着いた英昭彦だったが、いろいろと大石 ...

□宗創和合時代の品川駅・横浜駅で見た創価学会員の大石寺団体登山専用列車   宗創和合時代の創価学会員は、英昭彦の前では大石寺に登山に行ったこと。文化祭に出て何かしらの演技をしたことを、事ある毎に自慢していた。創価学会員たちから「大石寺境内には入れない」と ...

□ありとあらゆる手段を使って「アンチ日蓮正宗」の業務妨害を謀る「日蓮正宗系」カルト信者たち   法華講員、創価学会員、顕正会員、正信会信徒、「富士門流執着軍団」の者たちは、誰でも閲覧することができる「公の場」に出てこようとせず、一般の人が見ることが出来な ...

□メール問答、ビデオ問答、非公開コミュ問答等は一般の第三者に問答の内容が全く見えない   正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ(アンチ日蓮正宗)」では、「mixi」時代から、法華講員、創価学会 ...

□すでに大石寺9世日有の代からあった日蓮宗・富士門流での大石寺批判・大石寺教学批判   日蓮正宗の法華講員は、創価学会批判をしているのは法華講員だけだと錯覚していることに加えて、日本国内で日蓮正宗批判をしているのは、創価学会、顕正会、正信会だけだと錯覚して ...

□1950年代からあった伝統仏教宗派や評論家・マスコミによる日蓮正宗批判・創価学会批判   これはカルト信仰に染まりきった日蓮正宗・法華講員に見られる悪弊・弊害だが、しかしこの錯覚ぶり、思い上がりぶりには、全く呆れ果ててしまうばかりである。1991年以来の日蓮正 ...

□折伏布教解禁の明治時代に江戸時代よりも過激折伏体質をエスカレートさせた大石寺門流2   1868(明治1)年の明治維新以降、過激折伏体質をエスカレートしていった大石寺門流だが、具体的にどれだけの布教実績を挙げていたのか。明治維新以降から1945(昭和20)年までの大 ...

□明治政府の「一宗派一管長」等の強権的な現実無視の宗教統制政策に反発した大石寺門流   1868(明治1)年の明治維新によって、265年つづいた徳川幕府の治世は終わり、明治天皇を元首とする新政府が成立。徳川幕府の宗教政策はことごとく覆され、明治新政府は新しい宗教 ...

□日蓮正宗寺院反対の方たちは日蓮正宗の嫌がらせに負けずに日蓮正宗撤退まで“がんばれ”   さて前々から懸念されていたことではあるが、千葉県松戸市秋山地区で、日蓮正宗の新寺院建設反対運動をしている活動家の方々の自宅に、日蓮正宗の腰巾着(こしぎんちゃく)とお ...

□寺社奉行に同門の要法寺を「要法寺日尊上洛後の事跡相知れず」と冷たく突き放した大石寺   京都要法寺は、徳川幕府・寺社奉行の厳しい詮議・取り調べの中で、1797(寛政9)年、自山の立場について、「大石寺開山日興上人の弟子つづき」、つまり要法寺は大石寺と同門であ ...

□大石寺に見殺しにされた金沢・尾張等で過激折伏事件で逮捕・投獄された大石寺僧侶・信徒   大石寺門流は、徳川幕府の禁制に平然と反して過激な折伏を展開するという過激体質を、あの江戸時代においてすでに持っていたのであり、大石寺門流は幕府公認宗派になり宗教論 ...

□幕府公認宗派になり宗教論争・自讃毀他が禁止されたが折伏を放棄していなかった大石寺門流   江戸時代初期の1632(寛永9)年に大石寺法主に登座した大石寺17世日精は、京都要法寺出身ではあったが、「日蓮の全ての教えの極説は大石寺の『戒壇の大本尊』」「日蓮の正しい ...

□滅亡寸前の状態にまで疲弊した大石寺門流を復興させた室町時代の大石寺第9代法主日有   「国際カルト宗教対策委員会」略名「Icat-Cult」別名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」には、今でも「日蓮正宗とはどういう宗派なのですか」「日蓮宗と ...

□強引・非常識な折伏をする日蓮正宗の新寺院建設は近隣住民の平和に対する重大な脅威だ   日蓮正宗が千葉県松戸市秋山地区で新寺院建設を計画。これに対して新寺院建設予定地の近隣住民の方々が日蓮正宗の新寺院建設に猛反対。日蓮正宗の新寺院建設の白紙撤回を要求し ...

□日蓮正宗の全信徒に「入信するまで折伏せよ」と指南している大石寺68世早瀬日如法主   日蓮正宗の日本国憲法の「信教の自由」「布教の自由」を大きく逸脱した体質、国際人権B規約 第18条に違反する体質は、未成年の子供、小学生、中学生、高校生への折伏命令を下した ...

□何が偽作の証拠で何が真筆の証拠なのか、まるでわからない日蓮正宗や創価学会等の信者   日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会等「日蓮正宗系」カルト教団のガチ信者たちと問答すると、いかに彼らが「道理」に暗いか、「証拠」ということが、まるでわかっていないこと ...

□時間とコストをかけて本気で仏教を検証・研究しようとしない日蓮正宗や創価学会の信者   仏教教学を不信や疑問の上から検証・研究して行くことを全く知らない、あるいは理解できない日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害と関連した悪弊・弊害である。これ ...

□「仏法を学す」ことは仏法への不信や疑問からスタートすることが理解できない洗脳信者たち   日蓮正宗の信者たち、特に洗脳法華講員たちは「なぜ無宗教なのに仏教に詳しいのか」「日蓮正宗を批判する者が仏教に詳しいのは、おかしい」「無宗教が仏教に精通しているの ...

□日蓮正宗系の悪弊からの脱出は浄土系・禅宗系を含めた全仏教宗派の寺院巡りからはじまる   「国際カルト宗教対策委員会」「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会」(略名・アンチ日蓮正宗)では、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の「日蓮正宗」系宗教を批 ...

□法華講員ですら「こんなに日蓮正宗が評判が悪いとは知らなかった」と驚いたその実態NO10   77「自分らが責めるのは良いが他者からされるのは嫌、と。思考回路が子供並みなんですよね。日蓮正宗系は信者レベルがみな同じ。」(アンチ日蓮正宗コミュ) 78「日蓮正宗系は ...

□法華講員ですら「こんなに日蓮正宗が評判が悪いとは知らなかった」と驚いたその実態NO9   75「自分は、日蓮正宗信徒の3世で28年間、祖母や母に言われるがまま(熱心ではありませんでしたが)疑問に思う事無く、信心していました。そして、去年、今の職場で出会った ...

□法華講員ですら「こんなに日蓮正宗が評判が悪いとは知らなかった」と驚いたその実態NO8   66「一部の日蓮正宗の信徒は確かに『世間を見下し』てますね。そりゃ、そうなりますよ。『日蓮正宗は最高にして唯一の宗教である』なんて、言ってるんですから。日蓮正宗の信徒 ...

□法華講員ですら「こんなに日蓮正宗が評判が悪いとは知らなかった」と驚いたその実態NO7   56「日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会など日蓮正宗系分派全てから折伏を受けたなど、町内でも私一人か。過激派みたいに日蓮正宗系の内ゲバ花盛りな割には、皆同じ教義に目く ...

□法華講員ですら「こんなに日蓮正宗が評判が悪いとは知らなかった」と驚いたその実態NO6   55「大学4年生の夏。高校時代に同じクラスだった、かといってさほど仲良くもなかった友人から電話があり、今どうしているのかなどという会話から、「地元に友達少ない」し、「 ...

□法華講員ですら「こんなに日蓮正宗が評判が悪いとは知らなかった」と驚いたその実態NO5   46「恐怖心と傲慢な態度、無反省と責任転嫁が大好きな人間は日蓮正宗系教義の信仰を続けられるのでしょうね。『そんなもの』の価値観に縛られて貧しい人生を送るのは当人の勝手 ...

□法華講員ですら「こんなに日蓮正宗が評判が悪いとは知らなかった」と驚いたその実態NO4   36「今年も深夜12時から各日蓮正宗寺院で大声を張り上げながら、日蓮正宗寺院周辺に我が物顔で路駐をして、スピーカーを大音声にして、周辺迷惑を反り見ない『元朝勤行』が始ま ...

□法華講員ですら「こんなに日蓮正宗が評判が悪いとは知らなかった」と驚いたその実態NO3   24「自分は真言宗の仏教徒です。他の宗派について悪く言いたくないのですが、創価学会と日蓮正宗は非常識すぎる」(アンチ日蓮正宗コミュ) 25「十数年前に創価学会の友人に勧誘 ...

□法華講員ですら「こんなに日蓮正宗が評判が悪いとは知らなかった」と驚いたその実態NO2   9「学会はおバカさんの集まりで、日蓮正宗(寺)は頭でっかちって感じがします。ていうか疲れるんですよ。テンションについていけないっていうか。無理。正しいことがいつでも ...

□法華講員ですら「こんなに日蓮正宗が評判が悪いとは知らなかった」と驚いたその実態NO1   2005年11月にmixi「アンチ日蓮正宗」コミュニティを設立して以来、日蓮正宗、創価学会、顕正会、第1次宗創紛争、宗創戦争等に関する苦情が、mixiとGREEの「アンチ日蓮正宗」コ ...

↑このページのトップヘ