国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ

正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」。日本のみならず世界中からカルト宗教被害を根絶・絶滅させることが究極の目的。伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (背景写真は大石寺開創七百年慶讃大法要・本会が終了後、饗応の席で歓談する池田大作と大石寺67世阿部日顕・1990年10月14日付け聖教新聞より)

カテゴリ: 創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である

舎衛の三億で公明党が国会の2/3を占めて2/3の賛成で決めるのは民主主義のルールだというのは、前提が間違っている。民主主義が機能するには、複数の思想、複数の価値観、複数の政党、複数の候補者がいて成り立つ。ところが公明党は創価学会と一体であり、創価学会に完全に従 ...

だまし討ちを使った折伏・布教活動、小料理屋に料理を食べに行ったのに、創価学会の座談会に出させられた、冨士市文化会館に中国語講師の話しを聞きに行くのかと思っていたら、創価学会富士文化会館に連れて行かれて創価学会員に付き合わされた、九州の実家に帰ろうとしたと ...

政治評論家・藤原弘達氏の著書「創価学会を斬る」、公明党・東京都議会議員・藤原行正氏の著書「池田大作の素顔」に、いかにして1969—70年の藤原弘達氏「創価学会を斬る」出版妨害を謀った創価学会「言論出版妨害事件」が起きたのか、について詳しく記述されている。特に藤 ...

「宗教の話しはしない」と言いながら、顕正会の勧誘をする、「ちょっとお茶しよう」と言われて行くと、顕正会員が複数人いて執拗に顕正会入会を勧誘される、友人とご飯を食べるためにファミレスに行ったら、知らない顕正会員が複数人にて顕正会入会を勧誘される、顕正会入会 ...

だまし討ちを使った折伏・布教活動、数時間にわたる長時間の折伏で相手を根負けさせて創価学会に入信させる布教活動、幼い子供を自分の意志をしっかり表明できないのに、親が勝手に創価学会に入会させるのは、明らかな強制であり、日本国憲法20条違反、国際人権B規約違反、世 ...

池田大作氏は自分が広宣流布を達成する指導者であることに深く執着している。宗創和合時代は正本堂を三大秘法抄・一期弘法抄の戒壇と定義することに執着し、大石寺の本門寺改称を成し遂げることに執着した。宗創決裂後は、公明党を新進党に参加させたり、自民党と連立内閣を ...

かつて宗創和合時代の創価学会は、正本堂を三大秘法抄・一期弘法抄の日蓮遺命の戒壇だとし、池田大作氏は自分の在世中に広宣流布を達成して不開門を開け、大石寺を本門寺と改称して広宣流布達成の功労者になろうとした。宗創決裂以降は、創価学会は、取り壊された正本堂に代 ...

面を被る政治団体である 創価学会の日本一国広宣流布・舎衛の三億とは創価学会員が1/3、創価学会には入らないが公明党支持者が1/3になり、公明党支持勢力が日本全人口の2/3を占める世界を意味する。ということは創価学会の広宣流布、王仏冥合とは創価学会の天下取りを意味す ...

民主主義が実際に機能するには複数の思想・宗教・政党・価値観・候補者・異なる意見が必要であり、これにより三権分立もチェックアンドバランスも機能する。しかし創価学会は池田大作氏を永遠の師匠と規定し、池田大作氏の思想だけが唯一絶対とする団体。四箇の格言等で他宗 ...

舎衛の三億が実現すると公明党一党が衆参両院で2/3を占める。こうなると憲法改正は公明党のやりたい放題。かつてのナチドイツのような全権委任法も可能になる。一党が国会の2/3以上を占めると、旧ソ連・中国・北朝鮮のように一党独裁になって国会が形骸化、三権分裂も形骸化 ...

創価学会は2005年以降、池田大作氏の第一線隠退、執行部の求心力低下、教義条項改訂の失敗、自公連立の負の影響等により会員数を減少させている。創価学会には本部職員、外郭団体職員、聖教新聞販売店、公明党等、創価学会で生活している人が何万といる故に、創価学会が会員 ...

公明党は1964年の結党以来、一度も委員長・代表選挙を行ったことがない。総理大臣になる可能性がある公党の党首を選ぶプロセスがあまりにも不透明すぎる。一度も委員長・代表選挙を行っていないのは、創価学会の最高指導者・池田大作名誉会長の意向で選んでいるからなのでは ...

□公明党比例区得票数の減少は創価学会員票の減少、創価学会員の減少を意味している   公明党の参議院選挙の全国区・比例区、衆議院選挙の小選挙区比例代表並立制導入以降の比例区の得票数は、全国の創価学会の勢力がどれくらいなのか、創価学会員数はどれくらいなのかを ...

□「公明党代表への刺客」候補に反創価学会票を集められない現役創価学会員候補は不向きか?   2019年7月の参議院選挙で、公明党の比例区得票が3年前の参議院選挙の比例区得票よりも103万票余りも減らす結果に終わったことが、多方面で波紋をよんでいる。参議院選挙開票結 ...

□今回の公明党の得票数減少の原因も公明党岩盤支持母体の創価学会員の減少が大きい   2019年参議院選挙は「与党単独過半数確保」「安倍内閣国政選挙6連勝」という言葉が踊っているが、こと公明党に関して言えば、勝利どころか、この結果に衝撃を受けているのではないか。 ...

  □1999年の自公連立成立以降は選挙協力による公明党比例区票の中に自民党票が流入している   2019年7月21日に行われた参議院選挙は、自民党が57議席、公明党が14議席で、与党が改選議席124議席の過半数の71議席を取るという結果に終わった。今回の参議院選挙は、山本 ...

□「脱会の自由」「創価学会批判」を弾圧し続ける創価学会はファシズム体質そのものである   図書館で聖教新聞を読んでいたときに気づいたのだが、聖教新聞紙上には、よく「○○の誓い」だの「創価○○会の誓い」などという文言が、頻繁に出てくる。この「誓い」というの ...

□嘆息し呆れてしまう創価学会の造反幹部・議員・創価学会批判メディア・ジャーナリストへの誹謗中傷   創価学会という団体が、世間から危険視され、蛇蝎の如く嫌われ、嫌悪され、批判される原因のひとつに、これでもか、これでもかと言わんばかりに繰り返す、池田大作氏 ...

□なぜ創価学会員が創価学会を脱会することが池田大作名誉会長を裏切ることになるのか   創価学会員がボロクソにこき下ろし、モーレツな批判を浴びせていたのは、山崎正友氏や原島嵩氏だけではない。創価学会の「昭和52年路線」と、日蓮正宗VS創価学会の第1次宗創紛争で、 ...

□創価学会に造反した山崎正友氏、原島嵩氏、創価学会脱会信者を総攻撃していた創価学会員   昭和55年(1980)から昭和56年(1981)ころ、創価学会員の口からさんざん聞かされたのが、山崎正友氏批判、原島嵩氏批判。そして第1次宗創紛争で創価学会を脱会した脱会信者批判であ ...

□「世間一般は宗教に無智だ」との「上から目線」の創価学会の独善的体質が許せなかった英昭彦   東京・池袋のバイト先から、常在寺が近かったこともあり、常在寺に行ったからといって、別に創価学会に入会勧誘されることはなかったため、英昭彦としては、常在寺に自分で ...

□「難しい読経をなぜ日本や海外の在俗信徒におしつけるのか」と疑問に思った英昭彦   頻繁に日蓮正宗常在寺に足を運び、午前十時、午後二時のゆっくりスローペースの読経をする「御経」に通い詰めると、それなりに法華経方便品・寿量品の読経には、ついていけるようには ...

□常在寺に通ううちに読経ができるようになっていたが創価学会員との勤行の練習は拒否していた英昭彦   1981年当時、英昭彦は大学二年生だったが、東京・池袋の常在寺に行くことは、大して難しいことではなかった。英昭彦が住んでいたアパートは、今の地下鉄で池袋から二 ...

□創価学会員の本音・本心を探り出すために訪ねた創価学会員が参詣していた日蓮正宗寺院   私も長い間、T大学学生部・矢田敏夫(仮名)らの「だまし討ち」折伏、創価学会員たちの非常識な振る舞いによる数々の被害に遭い、ほとほと創価学会員そのものに、懲りていた。懲りて ...

□大石寺の日蓮七百遠忌慶讃登山参詣を独善的自慢話をして顰蹙を買っていた創価学会員   さて大石寺登山をさんざん自慢していた創価学会員だが、中でもとりたてて自慢していたのが昭和56年(1981年)の日蓮七百遠忌、昭和57年(1982年)の日興・日目六百五十回遠忌の登山会。 ...

□宗創和合時代に我先に大石寺に登山して「戒壇の大本尊」御開扉を自慢していた創価学会員   1990年12月の池田大作総講頭罷免、1991年11月の創価学会破門、1992年8月の池田大作信徒除名から25年以上の歳月が経ち、かつての日蓮正宗と創価学会が和合路線にあった宗創和合時 ...

□大学の授業内容を筆記したノートのコピーほしさのために「酒」で懐柔しようとした創価学会員   私と矢田敏夫(仮名)、河岸春樹(仮名)は、あの当時、同じT大学の学生であり、キャンパスの中で顔を合わせる機会もかなりあった。しかし、矢田敏夫(仮名)による、たび重なる ...

□創価学会員の「だまし討ち折伏」で出席した創価学会末端組織主宰の壮年・婦人・男子・女子部の座談会   「だまし討ち」勧誘の創価学会員・矢田敏夫(仮名)に、英昭彦がだまし討ちの手法を厳重に抗議したため、その後、しばらくは英昭彦に近づいては来なくなった。その代 ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO30   255「何かの宗教を広めようとする行為は悪くないと思ってましたが、創価学会だけは別物だと思いました。自分なりに理由があるんです。何か「だまされた」としか思えない事件があり、それ ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO29   248「私も以前勤めていたところの上司が創価学会員でした。初めはすごくまじめで感じがよく、尊敬さえできる人だったんですけど。人数の少ない職場だったのですぐに打ち解け、週に何度も ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO28   238「昔から創価学会の関係者で、マトモな人を見かけた事がありません。きっとごく普通の人もいるのでしょうけれど、それを補って有り余る程不思議(かなり湾曲表現)な人が沢山いて、本 ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO27   229「私の家の隣が創価学会の幹部らしく、非常に迷惑をしているものです。。最初は創価学会員だとは知らなくて普通に付き合っていたのですが、創価学会への勧誘を断ってから、その創価学 ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO26   219「コンビニ店員にとってクソ忙しい昼間時に、「公明党をお願いします」って、創価学会員が来たなぁ。帰りの駅前でも、なんかやってたなぁ。」 (「mixi」の「アンチ創価学会」コミュ ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO25   207「俳優には創価学会員が多いようですもんね。まぁ芸能人も「創価学会に入れば、創価学会員はファンになるかも」とちょっとファン獲得の意味合いもあるんでしょうね。創価学会員にいた ...

単称「アンチ創価学会コミュ」に寄せられた創価学会・公明党に関する苦情の数々NO24   □宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO24   200「私は創価学会の、かなりの汚染地域に住んでます。創価大学もありますし、全国から創価学会 ...

単称「アンチ創価学会コミュ」に寄せられた創価学会・公明党に関する苦情の数々NO23   □宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO23   193「男と女って、結局いくら愛しあっていても、一緒にいても、離れていても、過ごすのは、日常 ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO22   184「恋愛だから最終的には自分で決めることですが、これは決して誇大表現でなく、私のまわりでも創価学会員との恋愛や結婚でもっともっと悲惨なめにあった人がいます。カルト宗教は家族 ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO21   175「地元がほとんど創価学会のお方ばかり&伯父の家族と親戚1軒が創価学会なので、はた迷惑してます。なんで私まで公明党を支持しなきゃいけないの?というか、ほぼ強制。でも公明党に ...

□勤行も定着しない創価学会が仏教を大衆文化に定着させた仏教宗派を批判しても説得力ゼロ   これも「日蓮正宗系以外は全て葬式仏教だ」とよく似た誹謗中傷である。特にこれを言いたがるのが創価学会員であり顕正会員。そして元創価学会員、元顕正会員。最近は法華講員も ...

□創価学会員、法華講員、顕正会員の信仰活動は大衆文化として根づいているとは言い難い   それでは「創価学会、日蓮正宗、顕正会だけが勤行・折伏・教学研鑽を行い日々の実践に活かす生きた宗教である」「創価学会、日蓮正宗、顕正会だけが生きた宗教、他は全て死せる宗 ...

□仏教寺院・仏教僧による葬儀・法事は上古の昔から日本の大衆文化として深く定着している   創価学会、法華講、顕正会等の「日蓮正宗系」団体の信者は、「『日蓮正宗系』以外(創価学会以外、日蓮正宗以外、顕正会以外…)の宗教は全て葬式仏教だ」「何の社会的活動も平和 ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO20   165「私が創価学会から受けた宗教被害は、主に選挙の時の薄汚い公明党投票干渉などです。私は家族ぐるみでアンチ創価学会。親が常識人で心底良かったと思っています。」 (「mixi」の「 ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO19   156「創価学会員が、「mixi・創価学会コミュ」で創価学会を辞めたい人に向かって、こんなことを言っています。 >長い貴重な自分の人生、大局観に立って判断しようよ~。 >僕なんかは立 ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO18   148「私はとにかく創価学会が大嫌いです。私は、創価学会ネタでおなじみの鳥肌実の講演によく行くのですが、いつも鳥肌実の講演に同伴する友人に創価学会の悪口を延々と言っていたら「実 ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO17   141「私は2年前に元カレのお母さんの紹介で創価学会に入会した創価学会員です。でも、最近イヤケがさしています。私の実家の前が創価学会の会館用の駐車場で、会館が出来た頃、沢山の人 ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO16   133「小学校の頃、創価学会の親をもつ子とマラソン大会で6年間競っていたのですが、5年連続で1位になりました。そこで創価学会の親らは小学生の俺に「ドーピングしている」「(創価学会側 ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO15   121「創価学会員の人はどうぞ好きにやってください。でも一般常識をもった人間までに被害をおよばすのはやめて欲しいです。このまえエホバが本当にうちにきて勧誘しにきました。開いた ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO14   111「義外伯父が創価学会。創価学会の話になると長いので、正月しか会わず、創価学会の話が始まると口実をつけて解散。あのー、ウチの本家、創価学会の介入で自殺者まで出した後に継い ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO13   100「あまりに心の傷が癒えずここを捜し求めました。関係ないかもしれませんが、私の元彼は創価学会員でかなり懸命に創価学会活動はしています。そもそも創価学会ってどーゆー目的で、 ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO12   92「隣人の家の創価学会員が物凄くうるさいです。しかも何年も。以前はセキやくしゃみをでかい音でやってました。引っ越させようとしてるのでしょうか?次元が低すぎて笑えます。」 ( ...

↑このページのトップヘ