国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ

正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」。日本のみならず世界中からカルト宗教被害を根絶・絶滅させることが究極の目的。伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (背景写真は大石寺開創七百年慶讃大法要・本会が終了後、饗応の席で歓談する池田大作と大石寺67世阿部日顕・1990年10月14日付け聖教新聞より)

富士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・暴力集団である

「国際カルト宗教対策委員会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」(略名・アンチ日蓮正宗)「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体異名。
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

「アンチ日蓮正宗コミュ」に寄せられた顕正会に関する苦情の数々NO3

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの顕正会の実態NO3

 

13「長男が顕正会と関り出し早2年が過ぎ…家庭内、親子関係は最悪です。何とか目を覚まさせてやりたいのですが…東北沖大震災があって喜んでいるのはお前たち(顕正会)だけだろと言ってやったのです」(宗創撲滅コミュ)

14「大宮で久しぶりに会った友人が連れてきた40代の男から顕正会をしつこく勧誘されました。友人は顕正会に入会していないようだったので今回は厳重注意、次回同じことをやったら絶交することにしています。」(宗創撲滅コミュ)

15「顕正会に所属するうざい奴から、ほぼ毎日のように電話やメール攻撃受けてますが、無視しています」(宗創撲滅コミュ)

16「最近、家のポストに顕正新聞が入れられてて…読んだら…はぁ?バカか?って内容で。また勧誘とか来る前に顕正会なる宗教団体を知る為に宗創撲滅コミュに参加しました」(宗創撲滅コミュ)

17「学で知り合った友人がまさか顕正会員だとか思いもしなくて・・・。 私の警戒不足も有ったのですが、友人関係、人の感情に漬け込んでくる日蓮正宗系のカルト教団は本当に許せないですね」(宗創撲滅コミュ)

18「恋人が顕正会員で自分は無宗教です。顕正会員の恋人を説得するのに疲れてイライラしてしまう今日このごろです。宗教自体好きじゃありませんが、顕正会には憤りを感じます。ひとまずストレスを溜めてはならないと、ホッチキスでとめてある安っぽい勤行用の手帳に落書きをして発散しています。早く恋人の目が覚めることを願っております」(宗創撲滅コミュ)

19「私も過去に顕正会に強引なやり方で入会させられました。そして毎日のようにやつらから電話がしつこく掛かってきて顕正会の活動に参加させられましたが。わずか数ヶ月で顕正会から脱会しました。」(宗創撲滅コミュ)

20「創価学会、顕正会どっちからも折伏された経験を持つものです。どちらの折伏もとにかく執拗で疲れました。二度と近づかないよう厄除けしましょう」(宗創撲滅コミュ)

21「親族とその周辺に創価学会員と顕正会員が多数います。そういう関係で、なし崩し的にこの界隈に関わった者です。この種のカルトの情報求めてちょくちょくネットを徘徊、この宗創撲滅コミュにたどり着きました。」(宗創撲滅コミュ)

22「私はプラモデルの会合に参加して、顕正会の強引な勧誘にあいました。こんな組織潰れれば良いのにと思います」(宗創撲滅コミュ)

23「大学時代、ある女の先輩にアドレスを聞かれ、後日遊ぼうと言う話になり、私は遊ばなかったのですが、友人が顕正会の強引な勧誘被害に会いました。その後、尊敬していた男の先輩にも、あやうく顕正会に入るよう騙されかけました。以来、顕正会が大嫌いになりました。」(宗創撲滅コミュ)

24「自宅近くのTSUTAYAで顕正会の会員に声をかけられて、長話を聴かされて入信されそうになってしまいました。こんなやり方に憤りを感じます」(宗創撲滅コミュ)

 

続きを読む

「アンチ日蓮正宗コミュ」に寄せられた顕正会に関する苦情の数々NO2

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの顕正会の実態NO2

 

11「公安警察や公安調査庁が顕正会に注目しているようですね。彼らからするとテロ・ゲリラ事件がほとんどなくなったのでオウム(アーレフ)につぐ飯のタネとして、リストラを逃れるために誇大に顕正会の危険性を言い立てているのでしょうが、顕正会が危険な団体である事に派変わりありません。公安調査庁は、日本国内に関しては、Aleph(旧オウム真理教)、犯罪組織(暴力団)、日本共産党、革マル派・中核派などの新左翼、右翼団体や行動する保守、朝鮮総連 などの情報を、警察とは時に協力しつつ、また時には反目しつつ独自に収集している。2001年(平成13年)9月の『9.11米国同時多発テロ事件』以降、アルカイダなどのイスラム過激派発見にも力を注いでいるとみられる。公安調査庁の白書である『内外情勢の回顧と展望』は、一時期、名指しは避けつつも冨士大石寺顕正会について言及していた。警察官、自衛官の中に会員が増加していることを重く見た公安調査庁は、『この特異団体の今後の動向には注意を要する』と発表している

(『週刊新潮』2004812/19併合号(P58-59) 「自衛隊」幹部に浸透する信徒100万「顕正会」)

(軍事研究20075月号別冊『ワールド・インテリジェンス』第6号(P127-131

公安当局もマークする「反社会的勢力」!? オウム事件以後も増殖する日本のカルト宗教(P131)自衛隊に浸透する顕正会)皇族への布教・信者化を目論んでいる事を「公表」している事、教団主導の憲法改正を主張しているから公安調査庁の監視対象になっているという見方も存在する。

(別冊宝島編集部 編 『「カルト」の正体。』 P170)(アンチ日蓮正宗コミュ)

12「名指しはしていないものの「特異集団」という名で、公安調査庁による顕正会のマークは平成13年(2001)から顕正会に関わる文章が公安調査庁のホームページに書かれています。以下は公安調査庁のページから抜粋です。

--------------------------------------------------------------------

<平成13年の国内情勢>5.特異集団 社会との軋れきを顕在化させた特異集団

―特異な理念に基づく死体遺棄事件や反社会的な勧誘・献金手法による事件が相次いで発生―

<公的機関への浸透を企てる動きも>

 特異集団の中には、公的機関の職員を構成員に取り込むことで当該機関への浸透を図ろうとするものもみられた。こうした特異集団は、「我が国の政党政治を廃止し、新しい秩序を打ち立てる」などと主張したり、国家存亡の危機を強調して自派の理念を国教化する必要性を説いているが、組織内には絶対的な忠誠や帰依を誓う者もおり、これらの中から自派集団の主張の具現化に向け、国家機関の中でその影響力を行使しようとする者が出てくることも懸念される。

-----------------------------------------------------------------------------

<平成14年の国内情勢>5.特異集団 

社会不安を強調して、勢力の伸張を図ったカルトなどの特異集団―我が国の『クローン技術規制法』や仏の『カルト対策法』への反対活動に取り組んだ集団も―

 

続きを読む

「アンチ日蓮正宗コミュ」に寄せられた顕正会に関する苦情の数々NO1

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの顕正会の実態NO1

 

2007111日付け読売新聞の「『顕正会』本部を捜索、強要容疑・強引勧誘の3人逮捕」の報道によれば、神奈川県警には20042006年に顕正会の強引・執拗な折伏・入信勧誘に関する338件の苦情や相談が寄せられていた、との報道がなされている。200511月の「アンチ日蓮正宗」(正式名・アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会)の設立以降、「アンチ日蓮正宗」にも顕正会の強引・執拗な折伏・入信勧誘に関する苦情や相談が多数寄せられている。

これらの苦情・相談を見れば、顕正会の強引・執拗な折伏・入信勧誘をはじめ、顕正会の宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質が明らかである。顕正会のひどい実態については、ご存知ない方も多数いらっしゃると思われるので、ここに「アンチ日蓮正宗」コミュに寄せられた顕正会の強引・執拗な折伏・入信勧誘に関する苦情や相談を紹介し、世間一般の方々への問題啓発の一助に致したいと思う。

1「友人が顕正会の洗脳に嵌ってしまい、洗脳友人からしつこい勧誘を受けて困っています。それでいて顕正会に洗脳されている本人は『あなたの為を思えばこそ、慈悲の心故』というから呆れてしまいます。mixiアンチ顕正会(※アンチ日蓮正宗とは別に存在しているコミュ)の方は創価学会員が多数居ると思われるため、私からすれば巨大な創価学会と対抗勢力として伸びてきた顕正会というだけで、やっている事や思想はなんら創価学会も顕正会もかわりが無いと思える為、日蓮正宗全体に対する否定派の『アンチ日蓮正宗コミュ』の方が安心出来ます。彼ら顕正会員たちは、仏罰と罪障と功徳を引用して、世間一般の人を顕正会に引き込もうとします。顕正会の信仰をやらなければ、『あなたの悪い状態はさらに悪くなる』と脅し、脅迫的暗示を掛けている事に、彼ら顕正会員は何の罪悪感も感じていません。それどころか、逆に上から目線で『あなたに教えてやっているんだよ』と偉そうに説教してくる所が醜いです。顕正会に洗脳されている本人だけでやっていて幸せなら良いのですが、全く顕正会に関係ない周りを巻き込み、『顕正会の信仰をやらなければお前はカスだ!』に近いレベルで物を言う狂信的に狂ってしまった友人にガッカリです。」(アンチ日蓮正宗コミュ)

2「知人が顕正会に5時間以上軟禁勧誘されて強引に顕正会に入信させられて以来、顕正会はクソであることを広めたいと考えてまいりました。これ以上、顕正会による被害者が出ないよう、創価学会とともに早く消滅してくれることを祈ってます」(アンチ日蓮正宗コミュ)

3「以前、元カノが顕生会に入会し、折伏活動で強引に入信させられました。1度、顕正会に入って見たものの、顕正会に疑問を感じ、顕正会の会館に行く事をやめました。元カノの話を聞くと『勤行を1日朝と夜にする事』『折伏をしていき、国民の300万人以上が顕生会に入らないと広宣流布にならない』など、訳の分からないことを言ってました。しかも『それをしないと功徳がない』とかなんとか・・・。顕正会入信時は勤行をしてましたが功徳も何も起きず、ただ時が過ぎるだけ。顕正会をやめてもいい事があるし、顕正会は、ただ人を信じさせる詐欺みたいなものでした。元カノは、多分、今も入信したままです。」(アンチ日蓮正宗コミュ)

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
プロフィール

hide(英昭彦)

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ