国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ

正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」。日本のみならず世界中からカルト宗教被害を根絶・絶滅させることが究極の目的。伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (背景写真は大石寺開創七百年慶讃大法要・本会が終了後、饗応の席で歓談する池田大作と大石寺67世阿部日顕・1990年10月14日付け聖教新聞より)

カテゴリ: 富士門流執着軍団とは伝統仏教の仮面をかぶる謀略軍団である

□自己保身・自己利益のためには対立する団体の教義をも平気でパクる「日蓮正宗系」カルト団体   これは、創価学会、法華講、顕正会、正信会等の「日蓮正宗系」団体の中で、僧侶と信徒、信徒同士のケンカや紛争を引き起こして、自分が所属する団体を飛び出し、あっちこっ ...

□「被害者」の仮面を被ろうとする創価学会時代に強引な折伏活動で実績を積んだ加害者たち   日蓮正宗、法華講、創価学会、顕正会、正信会等の「日蓮正宗系」団体を離檀・脱会して、他の「日蓮正宗系」団体に移った人、「日蓮正宗系」団体を次々と、転々と「カルトサーフ ...

□創価学会幹部・法華講幹部として一般信徒からヨイショされていたことが忘れられない人たち   これは創価学会、法華講、顕正会等で幹部職にあった人。特に創価学会のかなり上の組織を統轄する幹部職にあった人に強く見られる悪弊である。創価学会で地区部長、支部長、本 ...

□日蓮正宗系悪弊の脱出は日蓮マニア・漫荼羅マニアを極めることだと錯覚している元信者   日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会等の「日蓮正宗系」の信仰に染まっていた人は、極端な日蓮信仰、曼荼羅信仰に没頭、ないしは深くのめり込む傾向性が非常に強い。そもそも日蓮 ...

↑このページのトップヘ