国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ

正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」。日本のみならず世界中からカルト宗教被害を根絶・絶滅させることが究極の目的。伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (背景写真は大石寺開創七百年慶讃大法要・本会が終了後、饗応の席で歓談する池田大作と大石寺67世阿部日顕・1990年10月14日付け聖教新聞より)

カテゴリ: 日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である

日蓮正宗・創価学会の第2次宗創紛争が八百長・ヤラセであることを証明する10の証拠がある。さらに巨大宗教法人同士、包括宗教法人同士はケンカ、裁判をやらない。それは宗教法人法からの逸脱を問われてしまうからである。なぜ日蓮正宗の信者、創価学会の信者が日蓮正宗・創価 ...

第2次宗創紛争では、宗創共に何の訂正も謝罪もしていない。日蓮正宗は妙信講解散時は本部常住本尊返還訴訟を起こしたが、創価学会破門時には本部常住本尊については何の要求も訴訟も提起していない。1991年1月の段階で宗門は創価学会員脱会勧誘を禁止していた。脱会勧誘禁止 ...

阿部日顕法主と池田大作氏の八百長の動機は、日顕法主が顕正会、正信会とは関係なく自分の考え・自分の意志で「大石寺の本門寺改称」をやらなかったのだと言いたいが為である。しかし日顕法主は、その他に「三大秘法抄・王仏冥合の事の戒壇、正本堂の定義を本来の定義に戻す ...

第2次宗創紛争に関する日蓮正宗の見解、創価学会の見解は双方とも真実を言っていない、ただの「大本営発表」である。当動画サイトの検証の目的のひとつは、歴史の真実をあきらかにすることである。1990年の大石寺開創七百年慶讃法要の時点で、阿部日顕法主と池田大作氏は蜜月 ...

1990年7月—8月頃の宗創不協和音とは、過去の日蓮正宗・創価学会の歴史の中で、頻繁に起こっていた内容のことであり、「不協和音」と呼べるような内容のものではない。本当は宗創両者は1990年12月まで蜜月だった。阿部日顕法主が自分の意志で「本門寺改称」を行わなかったと ...

阿部日顕法主は、大石寺法主登座以降、大石寺古来からの伝統教義である「事の戒壇」の定義を、本来の定義に戻し、正本堂の定義を「事の戒壇」の教義に則ったものに戻すことを考えていた。そして宗門に様々な圧力を加えてくる池田大作氏の影響力を排除したいと考えていた。198 ...

1988年の時点で創価学会員の総数は日本全人口の1/3には遠く及んでおらず、現実問題として「大石寺の本門寺改称」が実現する可能性は極めて低かった。にもかかわらず顕正会と正信会が1988-1989年ころから大々的に「大石寺の本門寺改称阻止運動」を行ったのは、(1)創価学会を脱 ...

池田大作氏の意図・野望はあくまでも日蓮正宗の中で大石寺の本門寺改称・不開門を開く・正本堂を日蓮遺命の戒壇と定義づけて広宣流布を完成させるためであり、日蓮正宗からの独立ではない。日蓮正宗から独立してしまうと池田大作氏は野望を達成できなくなってしまう。「魂の ...

自分の在世中の広宣流布・王仏冥合・舎衛の三億・大石寺の本門寺改称・正本堂即日蓮遺命の戒壇の定義完成を目指す池田大作氏が、宗創和合時代の1987年ころから、なぜ日蓮正宗(宗門)批判と思われるスピーチをはじめたのか。それは池田大作氏が目指す大石寺の本門寺改称・正本 ...

1984年1月の法華講総講頭再任以降、池田大作氏は1990年・大石寺開創七百年の本門寺改称へと突っ走るが幹部の造反・脱会者続出・創価学会の不祥事・参議院選挙敗退とつづき、またも池田大作の野望に暗雲が垂れ込める。一方、池田大作氏の野望を知る顕正会、正信会は創価学会脱 ...

阿部日顕・大石寺67世法主は、「創価学会は反省している」として創価学会批判をつづけていた正信会僧侶を全員擯斥処分とした。しかし1983年10月、山崎正友裁判の証人として出廷した池田大作氏は、1980年4月の「恩師の23回忌に思う」の所感が、日蓮正宗から「正信会が収まらな ...

創価学会を破門にした阿部日顕氏は「反創価学会」だといわれているが、実際は宗創和合時代から阿部日顕氏は親創価学会・親池田大作の代表格だった。創価学会破門の翌年、阿部日顕氏は法華講連合会壮年部大会で「池田大作は戸田会長が造った流れに乗っただけ。池田大作が会長 ...

□創価学会は日顕の血脈相承は否定しているが大石寺66世日達までの血脈相承は認めている   では、大石寺の「唯授一人血脈相承」はどうだろうか。日蓮正宗は、創価学会、顕正会、正信会を「大石寺法主の唯授一人血脈相承を否定した」と批判するが、これは当たらない。創価 ...

□宗創顕正は過去に一度も公式に「戒壇の大本尊」「日蓮本仏義」「血脈相承」を偽作と否定したことはない   仏教宗学研究会は1985年の創立以来、「アンチ日蓮正宗」は2005年の設立以来、日蓮正宗及び日蓮正宗系カルト宗教(創価学会、顕正会、正信会等、日蓮正宗から分派し ...

■日蓮正宗・創価学会は「宗創戦争」再開を避けるため裏で宗創和解“密約”を結んでいる14   □宗教団体信者の違法行為について宗教団体の使用者責任を認定する確定判決が出ている   宗創「密約」の第四は「日蓮正宗、創価学会の信徒の紛争では使用者責任を免責にする ...

■日蓮正宗・創価学会は「宗創戦争」再開を避けるため裏で宗創和解“密約”を結んでいる13   □宗創協議会(話し合いの場)は国会対策委員会の密室協議・「表で対立、裏では協調」の台本付き猿芝居によく似ている   米ソ首脳会談、朝鮮戦争・休戦協定・軍事停戦委員会、 ...

■日蓮正宗・創価学会は「宗創戦争」再開を避けるため裏で宗創和解“密約”を結んでいる12   □人間は生存本能を持っているが故に戦争・滅亡の道よりも「話し合い・平和」の道を選ぶ   日蓮正宗と創価学会が、1990年12月28日の池田大作総講頭電撃解任事件以来、今日に ...

■日蓮正宗・創価学会は「宗創戦争」再開を避けるため裏で宗創和解“密約”を結んでいる11   □日蓮正宗・創価学会は1991年「宗創戦争」後も「話し合いの場」を設けて話し合いをしている2   2002年1月31日の教義問題以外の宗創「和解」以降も、日蓮正宗・創価学会の話 ...

■日蓮正宗・創価学会は「宗創戦争」再開を避けるため裏で宗創和解“密約”を結んでいる10   □宗創「密約」の第三は「日蓮正宗、創価学会の間で話し合いの場(宗創協議会)を設ける」密約   日蓮正宗・創価学会(宗創)「密約」の第三は、「日蓮正宗、創価学会の間で話し ...

□宗創和合時代は日蓮正宗の中でも指折りの親池田大作、親創価学会の僧侶だった阿部日顕   1990年12月28日の池田大作総講頭電撃罷免事件が発端になった日蓮正宗と創価学会の第2次宗創紛・宗創全面戦争で、日蓮正宗が創価学会を破門にし、大石寺67世阿部日顕法主は反創価学 ...

□1950-60年代の宗創関係は今の日蓮正宗・法華講の関係以上に親密・密接に和合していた   創価学会、顕正会、正信会を生み出したのは日蓮正宗であることは、歴史的史実である。日蓮正宗・創価学会の問題は、1970年代からつづいているものであるが、創価学会が日蓮正宗から ...

□創価学会総本部板本尊も東京牧口記念館本尊も日寛新本尊も「戒壇の大本尊」の分身散体   こう言うと日蓮正宗や法華講員たちは、「2014年11月の会則変更で創価学会は『戒壇の大本尊』を否定しているではないか」などと言うのだが、これは本尊セールス、大石寺登山会セー ...

↑このページのトップヘ