国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ

正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」。日本のみならず世界中からカルト宗教被害を根絶・絶滅させることが究極の目的。伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (背景写真は大石寺開創七百年慶讃大法要・本会が終了後、饗応の席で歓談する池田大作と大石寺67世阿部日顕・1990年10月14日付け聖教新聞より)

日蓮正宗・創価学会・顕正会の信仰活動の悪弊・弊害

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が2005年に設立した会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。
この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」の管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」。「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」は「一般社団法人 仏教宗学研究会」が管理・運営。
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774

(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(26)~労働・所得・経済活動を蔑視している

□「日蓮正宗系」の労働蔑視・経済活動蔑視思想は奈良・平安仏教と鎌倉仏教の混同によるもの

 

日蓮正宗・法華講員、創価学会員、顕正会員ら「日蓮正宗系」団体の信者たちは、労働、所得、企業などの経済活動を蔑視している。これは、日蓮正宗、創価学会、顕正会等「日蓮正宗系」カルト宗教共通の悪弊である。人が労働をして勤労所得を得ることは、別に悪いことでも何でもない。人間の営みとして、当たり前のことである。あるいは何らかの事業を行って事業所得を得ることは、当たり前のこと。何らかの違法行為でもあれば、話は別だが、合法的に事業を行って事業所得を得て、その会社で働く社員が勤労所得を得るという経済活動は、人間の営みとして当たり前のことである。

ところが日蓮正宗寺院住職、法華講幹部、創価学会幹部、顕正会幹部等は、労働、所得、企業などの経済活動蔑視の指導を平然と行っている。例えば、説法や信徒の会合の席では、やれ三毒だの人間の欲がどうだの、あるいは「蔵の財よりも身の財、身の財よりも心の財」といった指導が行われている。蔵の財とは、金銭などの財産のことで、これより身の財や心の財が大事だとの指導であるが、こんなものは序の口である。あるいは○○の会合は仕事の都合で行けないという信徒は大勢いる。ところがこれに対して、創価学会でも法華講でも、仕事を休んででも会合に来いとか、登山に行けという意味の指導をする。ただし日蓮正宗でも創価学会でも、ストレートな表現で、仕事を休んで会合に来いとか、大石寺登山に行けとは言わない。間接表現を使って言うのである。例えば、創価学会では「池田先生のために、命も惜しまないのが創価班だ」と創価班員に指導する。これは仕事を休んで、創価班の活動に参加せよ、という意味である。あるいは「キミは仕事と池田先生と、どっちが大事なんだ」「創価学会は仏意仏勅の団体だ。創価学会の活動は、世間の経済活動よりも優れている」…。こういった類の指導も全く同じで、仕事を休んで創価学会の活動に参加せよ、という意味である。また仕事を理由に創価班の活動を休んだ創価学会員を、露骨な「総括」という名のイジメ・虐待を行うのも、全く同じ意味である。こう言うと創価学会は、戸田城聖が「信心は一人前、仕事は三人前」と指導していたと言い出す。しかしそれは、あくまでも戸田城聖の時代の建て前的指導であって、池田大作が会長になって以降の話しではない。

こういった間接表現で仕事を休んで会合に来いとか、大石寺登山に行けという「労働蔑視体質」は、日蓮正宗も全く同じである。例えば日蓮正宗寺院住職は、御講の説法等で「世間の金持ちは遊んでいるだの、威張っているだの、愛人をかこっているだのと、世間の金持ち批判をする。そうすると、こういう説法を聞いている信徒のほうは、高額所得を得ることは悪、ないしは労働で所得を得ることを悪だと洗脳されていく。こうした「労働蔑視思想」に洗脳されてしまった信徒は、世間の仕事よりも大石寺登山等を優先するようになる。

また日蓮正宗や創価学会を離檀・脱会した元信者の中で、富士門流寺院ないしは富士門流系寺院で出家して僧侶になる者がいるが、その出家動機には日蓮正宗・創価学会の信徒時代に教え込まれた「労働蔑視思想」が大きく影響していることは否めない。

 

 

続きを読む

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(25)~大石寺参拝・創価学会参拝・顕正会参拝以外の旅行に行ったことがないPART2

□経済的余裕がない故に旅行に行けない創価学会・法華講・顕正会等「日蓮正宗系」カルト信者

 

日蓮正宗、創価学会、顕正会等の「日蓮正宗系」カルト信者が、なぜ、旅行にほとんど行ったことがないのか、旅をほとんど知らないのか、ほとんど旅行慣れしていないのか。その第二の理由は、彼らは旅行に行く経済的余裕がなかったのである。まずは法華講の場合から。

法華講の場合、毎月の御講、新年勤行、日蓮誕生会、日蓮立宗会、春秋の彼岸会、夏の盂蘭盆会、秋の御難会、御会式等で寺院に対して供養金を包んで差し出す。一般信徒が包む供養金は御講等の法要で1000円から5000円くらいが相場。これが法華講支部役員から総代・講頭・副講頭・幹事・会計の法主認証役員になると、数万円から数十万円に跳ね上がる。これが秋の御会式になると、これが1ケタあがって一般信徒で5000円から5万円前後。法主認証役員になると、数十万円から数百万円にこれまた跳ね上がる。なぜこんなに多額の供養金を納めるのかというと、法華講支部役員は、多額の供養金を寺院に差し出すことが常態化しており、法主認証役員や法華講支部役員が、御講や御会式で1000円や2000円くらいしか供養金を出さないと、後で何だかんだと理由を付けられて、役員から降ろされてしまうという。法華講員は二言目には「土餅の供養」を引き合いに出すが、法主認証役員や法華講支部役員ともなると、「土餅の供養」は、これが全く通用しない。さしずめ日蓮正宗寺院の沙汰もカネ次第ということのようである。

さらに法華講員の経済状態を著しく蝕んでいるのが、大石寺登山の費用と特別供養である。大石寺の「戒壇の大本尊」御開扉供養は2000円だが、大石寺までの往復旅費がかかる。団体登山会の場合、東京・関東近県から大石寺までのバス代が1万円弱ぐらい。さらに宿坊供養金と弁当代で1200015000円前後。これは1人分の費用であり、これが家族4人になると5万~6万円もする。総登山は、初登山、春登山、夏季講習会登山、支部登山の4回の他、御虫払い法要、寛師会、御大会の登山もある。家族4人で7回の登山をしたとすると、何と約40万円もかかる。しかもこれは、関東、中部、関西地方から大石寺に登山した場合の費用であり、遠隔地の東北、北海道、山陽、山陰、四国、九州、沖縄から大石寺登山した場合、さらに莫大な費用がかかる。

さらに日蓮正宗では、1994年、1998年、2002年、20072009年にそれぞれ六万塔、客殿、奉安堂、立正安国論750年の特別供養を集めている。さらに法華講員は、役員が上に昇進していくと、形木本尊から、ひとまわり大きい特別形木本尊へ、さらに特別形木本尊から大石寺法主直筆で信徒名が入る常住本尊に取り替える。法華講連合会役員クラスになると、紙幅の常住本尊から常住板本尊が下付される。一般信徒でも、入院先や外出先で勤行するための小型の守り本尊が下付される場合がある。守り本尊や特別形木本尊の下附で数万円から数十万円、大石寺法主直筆で信徒名が入る常住本尊の下附で数十万円から数百万円の供養金を寺院に納めなくてはならない。これらの経済負担が法華講員に重くのしかかっており、とても家族団らん、家族旅行や個人旅行に行く経済的余裕がないのである。

 

 

 

続きを読む

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(24)~大石寺参拝・創価学会参拝・顕正会参拝以外の旅行に行ったことがないPART1

□世間一般で旅行慣れしている人、旅の要領がうまい人は多く、年々、増えてきている

 

日本では、年末年始、ゴールデンウイーク、8月中旬の夏休み等にまとまった休日をとって、旅行に出かける人は多い。この時期、日本全国の行楽地、テーマパーク、動物園、遊園地、温泉街などはどこも満員。移動手段である航空機、新幹線、特急列車は100%を超える乗車率になる。高速道路は、行楽地から行き帰りする車で、数十キロ単位の渋滞が発生。高速道路の渋滞、航空機・新幹線・特急列車の満席が同時発生するのは、年末年始、ゴールデンウイーク、夏休み、ハッピーマンデーがからむ3連休や9月のシルバーウイーク等である。こうした3連休から1週間、10日つづく休みに、帰省したり、旅行に出かけるのは、今日、日本人の慣習、文化として深く定着しているといえよう。又、個人旅行のみならず、世間一般の企業・会社では、社員の福利厚生として、社員旅行を企画している所が多いし、会社を定年退職した人の集まりである老人会、敬老会といったグループでも、温泉旅行等を企画している所が多い。個人旅行でも、社員旅行でも、グループ旅行でもそうだが、大半の場合、旅費、宿泊費、遊興費ないしはそれらの一部を積み立てている。

企画者、主宰者である会社や老人会も積み立てているが、参加する社員やグループのメンバーも、積立金の名目で給与から引かれたり、会費の中に旅行積み立て分が含まれていたりする。旅行に行く場合は、あらかじめ計画を立てて、費用分を事前に積み立てておく等の準備をするのである。例外的に、借金をして旅行に行く人がいるかもしれないが、大半のケースは何らかの形で、費用分を積み立てるケースであろう。

私も、社員旅行やグループ旅行はもとより、寺院巡りや寺跡調査等々の個人旅行を行ってきているが、事前の準備をしたり、経費分を事前積み立てするのは全く同じ。個人旅行で寺跡調査や寺院巡りをするとなれば、経費を事前積み立てる他に、個人で日程も調整しなければならない。地方へ寺跡調査や寺院巡りに行くとなれば、1日や2日ぐらいでは日程不足で、最低でも3日か4日は必要である。しかし今は、週休二日制が定着しているので、土曜・日曜に有休1日をくっつけたり、土曜・日曜に夏休みをくっつけて45日くらいの休暇をとることは可能。私もサラリーマン時代はそうしていたし、今も定期的な公休として3日ぐらいの休みを取ることは可能である。

会社勤めの人でも、個人旅行が好きな人はけっこういて、旅行の話しで盛り上がることはよくあるし、また何度も何度も旅行をすることによって、旅の要領もよくなっていく。ここはJTBのプランを使った方がいいとか、高速道路はこのルートを使った方が早いとか、どこの会社のどのプランがいいとか、である。こういった旅行慣れしている人、旅の要領がうまい人は、わりと男性よりも女性に多く、男性のサラリーマンよりも女性のOLに多いように思う。もちろん男性やサラリーマンにも、旅行慣れしている人、旅の要領がうまい人はいるし、世間一般で旅行慣れしている人、旅の要領がうまい人は多く、年々、増えてきているように思う。

 

 

 

続きを読む

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(23)~日蓮正宗批判をしているのは創価学会・顕正会・正信会だけだと錯覚している

□すでに大石寺9世日有の代からあった日蓮宗・富士門流での大石寺批判・大石寺教学批判

 

日蓮正宗の法華講員は、創価学会批判をしているのは法華講員だけだと錯覚していることに加えて、日本国内で日蓮正宗批判をしているのは、創価学会、顕正会、正信会だけだと錯覚しているという、二重の錯覚妄想に浸りきっている。これなどは、錯覚をとおりこした法華講員の「うぬぼれ」「のぼせあがり」だと言ういい方もできよう。つまり世間一般では、日蓮正宗という宗教団体は、700年以上の歴史ある伝統仏教で、全く批判されていないと思い込んでしまっている。このほとんど「うぬぼれ」「のぼせあがり」的な錯覚妄想は、法華講員の家庭に生まれ育った法華講員、あるいは創価学会員の家庭に生まれ育ち、第一次宗創紛争や1990年代以降の宗創戦争以降に、創価学会から法華講に移った信徒、あるいは顕正会、正信会の家庭に生まれ育ったのち、法華講に移った信徒に多く見られる悪弊・弊害である。あるいは「創価学会や顕正会は世間の評判は悪いが、日蓮正宗はそんなことはない」などと勝手に思い込み、創価学会や顕正会を脱会したのち、日蓮正宗・法華講に入る人もいる。では法華講員、創価学会員、顕正会員等の家庭に生まれ育った人が、なぜこんな錯覚・悪弊に陥っているのか。彼らは生まれて間もないころから、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会等「日蓮正宗系」のことしか教わっておらず、極めて閉鎖的な「日蓮正宗系」の社会の中でのみ生きてきている。そしてその中で、幼少期、子どもの頃から徹底した「日蓮正宗系」の洗脳教育を頭の隅々にまで、叩き込まれてしまっている。だから日本国内で「宗教」とよべるものが、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会等「日蓮正宗系」しかないものだと思い込んでしまっている。「そんなことはない。外を歩けば神社や伝統仏教の寺院はたくさんあるじゃないか」と言うだろうが、彼らは、街角や外を歩いているときに、伝統仏教の寺院、神社、新宗教の伽藍・堂宇が目に入ってきても、「あれは死せる宗教」「死んでしまった宗教」だと「日蓮正宗系」に教え込まれてしまっているため、伝統仏教の寺院や神社が目に入ってきても、彼らは宗教だと認識しないのである。まことにもって困った人たちである。もちろんこんな錯覚・妄想を、自分たちは錯覚とも妄想とも、ましてや「うぬぼれ」「のぼせあがり」だとも認識していないから、全く困った人たちである。それでは何も知らない「日蓮正宗系」の信者、中でも法華講員たちのために、大石寺批判の歴史について教えてあげよう。

日蓮宗・富士門流における本格的な大石寺批判のさきがけは、何と大石寺9世日有の時代、大石寺9世日有入滅の年の大石寺、北山本門寺、小泉久遠寺の問答であり、さらに北山本門寺六代日浄の大石寺9世日有批判が最も古いものとして挙げられよう。面白いことに、大石寺9世日有の「戒壇の大本尊」「二箇相承」「日興跡条条事」「百六箇抄」「本尊七箇相承」等を偽作した、間もなくの頃、富士門流内部から大石寺批判が沸き起こっている。つづいて、室町時代に大石寺との通用を拒否された京都要法寺13祖貫首・日辰が大石寺教学、百六箇抄、本因妙抄等を批判している。

 

北山本門寺39仁王門
 

 

(富士門流の大石寺批判のさきがけ・北山本門寺)

 

 

続きを読む

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(22)~創価学会批判をしているのは日蓮正宗だけだと錯覚している

1950年代からあった伝統仏教宗派や評論家・マスコミによる日蓮正宗批判・創価学会批判

 

これはカルト信仰に染まりきった日蓮正宗・法華講員に見られる悪弊・弊害だが、しかしこの錯覚ぶり、思い上がりぶりには、全く呆れ果ててしまうばかりである。1991年以来の日蓮正宗vs創価学会の「宗創戦争」以前から、世間・マスコミ・評論家や一般仏教界による創価学会批判・日蓮正宗批判は存在しており、日蓮正宗のカルト信者たちの驚くべき錯覚ぶり、思い上がりぶりは、徹底的に糾さなくてはならない。

創価学会は、少なくとも第二次世界大戦直後の戸田城聖の時代のころより、世間・マスコミや評論家たちから「暴力宗教」「香典泥棒」「軍隊の猿まね宗教」「国立戒壇は憲法違反」「非常識な暴力的折伏の宗教」「創価学会・公明党は憲法違反の政教一致体質」等々と批判されつづけてきた団体である。国立戒壇というと、妙信講、顕正会、国柱会の専売特許のように思っている人がいるようだが、少なくとも大正時代から昭和前半のころ、1960年代のころまでは、日蓮正宗も創価学会も、戸田城聖も池田大作も声高く国立戒壇を叫んでいた。日蓮正宗と創価学会が、世間、マスコミ、社会党、共産党の追及に耐えきれなくなって、国立戒壇の名称不使用を公式に宣言したのは、1970(昭和45)53日のことである。

また195060年代のころは、日蓮宗、法華宗、浄土真宗等が創価学会批判の書籍を出しているが、この中で日蓮正宗の本尊や教学についての批判も展開している。ただしこの時代の日蓮正宗の教学批判は、「戒壇の大本尊」や二箇相承等は日蓮真筆ではなく、後世の偽作であるとする学問的研究が主流であり、大石寺9世日有の謀略、陰謀、教義改変の構図を暴く所までは行き着いていない。1970年代に入ってからは、創価学会の言論出版妨害事件が起こり、評論家・藤原弘達氏、ジャーナリスト・内藤国夫氏らが先陣となって創価学会批判を展開。国会では池田大作の証人喚問の是非が取りだたされ、社会党、共産党、民社党の議員が、我先にと創価学会批判を展開した。この当時、やり玉に挙がったのは、創価学会の非民主的体質、言論弾圧体質、国立戒壇や創価学会・公明党の政教一致体質は憲法違反の疑いがあること等であった。

この言論問題と時を同じくして、創価学会の外郭団体・民音職員だった松本勝弥氏が、「大石寺の『戒壇の大本尊』はニセモノだから、正本堂供養金を返せ」という正本堂供養金返還訴訟を提起。そして保田妙本寺を日蓮正宗から独立させて反創価学会の拠点にしようとした。これは池田大作が指揮する「山崎師団」の謀略活動により、松本勝弥氏ら「創対連」「万年講」の反創価学会活動は潰され、正本堂供養金返還訴訟で松本勝弥氏は敗訴。保田妙本寺は日蓮正宗に残留。松本勝弥氏は西山本門寺貫首に弟子入りして次第に沈静化した。

次に沸き上がった創価学会批判は、隈部大蔵氏が編集長の「月刊ペン」による池田大作の女性スキャンダル批判。月刊ペン事件は、刑事裁判にまで発展。池田大作をはじめ創価学会幹部、元幹部、公明党議員が次々と出廷して、池田大作の女性スキャンダルの事実の有無が争われたが、この裁判は隈部大蔵氏の死去によって終了した。

 

 

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
プロフィール

hide(英昭彦)

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ