国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ

正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」。日本のみならず世界中からカルト宗教被害を根絶・絶滅させることが究極の目的。伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (背景写真は大石寺開創七百年慶讃大法要・本会が終了後、饗応の席で歓談する池田大作と大石寺67世阿部日顕・1990年10月14日付け聖教新聞より)

日蓮正宗・創価学会・顕正会の信仰活動の悪弊・弊害

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が2005年に設立した会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。
この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」の管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」。「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」は「一般社団法人 仏教宗学研究会」が管理・運営。
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(21)~「日蓮正宗系」以外の仏教は全て腐敗していると蔑視・見下している

□勤行も定着しない創価学会が仏教を大衆文化に定着させた仏教宗派を批判しても説得力ゼロ

 

これも「日蓮正宗系以外は全て葬式仏教だ」とよく似た誹謗中傷である。特にこれを言いたがるのが創価学会員であり顕正会員。そして元創価学会員、元顕正会員。最近は法華講員も言い始めていて、これまた日蓮正宗系共通の悪弊・弊害と化している。「腐敗している」と聞くと、何も知らない人たちは、日本の仏教宗派は不正なリベートを受け取ったり、経済犯罪でも犯しているかのように誤解してしまうところだ。ところが創価学会員、顕正会員、法華講員が「日本の仏教宗派は腐敗している」と非難しているのは、そういうことを言っているのではない。何を指しているのかというと、仏教僧の妻帯、仏教寺院に賽銭箱を置いていることを指しているから、「何だそりゃ」と呆れてしまう。創価学会員の場合を見てみよう。彼らはよほど日本の伝統仏教や僧侶が気にくわないらしく、伝統仏教批判の題材として、すぐに取り上げたがるのが仏教僧の妻帯。創価学会員らに言わせれば、釈迦如来は仏典で不邪淫戒を説いているのに、仏教僧は女犯妻帯しているから、これは腐敗だ、というもの。部外者の私が聞いても(?)と思ってしまう創価学会員の言い分である。

私自身は、仏典に不邪淫戒が説かれていたとしても、仏教僧は生涯独身でなければならないとは思っていないし、仏教僧が妻帯しているから破戒僧とも思わない。また生涯独身の仏教僧がいても、それだけの理由で立派な聖僧だとも思わない。聖僧か破戒僧かの分岐点は、妻帯しているかどうかではないと考える。私も仏教宗派の僧侶と話しをする機会がいろいろあるが、僧侶の中身はそんな単純なものではない。僧侶の妻帯=腐敗だとは思わないし、僧侶が妻帯しようが子どもをもうけようが自由にしたらいいと思う。ただ、私は同時に、こういう僧侶の妻帯の是非を論ずる議論そのものが、あまり生産的ではないしナンセンスだとも思っている。「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult(国際カルト宗教対策委員会)」はこういう点について、どう考えるのか、という質問をよく受けるので、答えざるを得ないのが実情である。

明治維新によって僧侶の妻帯が公認される以前、鎌倉時代の古から浄土真宗では親鸞以来、僧侶は公然と妻帯し、子どもをもうけていた。東西本願寺歴代門首(法主)は、宗祖親鸞以来の直系の血筋を引く子孫である。僧侶の女犯を厳しく取り締まった江戸幕府ですら、浄土真宗は例外として浄土真宗僧の女犯妻帯を公認していた。また飛鳥・奈良・平安・鎌倉・室町時代においても、表向きは仏教僧は不邪淫戒を保っていることになっていたが、実際は女犯をしている僧侶は多数いたばかりではない。女犯は仏典の教えに背くということで男色(男性同性愛)に走る僧侶もいた。

あるいはこんなことを言う人もいる。仏教僧で妻帯しているのは日本の僧侶ぐらいなもので、東南アジアや中国、韓国の仏教僧は独身である。あるいはキリスト教、イスラム教の聖職者は独身である、という人がいる。私はここで外国の僧侶が妻帯しているか独身かを論ずる気はない。しかし仮に外国の僧侶が独身だったとしても、日本の仏教僧が妻帯しているのは、おかしいとはならない。それは、宗教がどういう形で大衆文化に定着しているかを見るべきである。東南アジアの仏教僧は独身、日本の仏教僧は妻帯する文化として定着しているのであり、どちらが正解で、どちらが間違っているなどと言うこと自体が間違いであり、ナンセンスで非生産的である。

 

 

 

続きを読む

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(20)~「日蓮正宗系」以外の仏教は全て「葬式仏教」だと蔑視し見下している2

□創価学会員、法華講員、顕正会員の信仰活動は大衆文化として根づいているとは言い難い

 

それでは「創価学会、日蓮正宗、顕正会だけが勤行・折伏・教学研鑽を行い日々の実践に活かす生きた宗教である」「創価学会、日蓮正宗、顕正会だけが生きた宗教、他は全て死せる宗教」という批判はどうだろうか。これもとんでもない独善思想の極み、仏教蔑視以外の何物でもない。そもそも創価学会、日蓮正宗、顕正会だけが活きた宗教であるという根拠は、創価学会、日蓮正宗、顕正会に言わせれば、創価学会員、法華講員、顕正会員は日々勤行している、唱題している、折伏している、教学を研鑽していると胸を張る。しかし実際には創価学会員法華講員、顕正会員は日々の勤行などサボりまくり、休みまくりである。特に早朝出勤の朝の勤行に至っては壊滅状態。又、創価学会員法華講員、顕正会員は唱題していると言うが、それだったら日蓮宗信徒も唱題するし、法華宗信徒も唱題している。それから創価学会員、法華講員、顕正会員の強引・執拗な折伏は、社会に貢献どころか、迷惑千万な人権侵害行為の何物でもない。

仏教教学を研鑽しているのは、何も日蓮正宗僧、創価学会員、法華講員、顕正会員だけではない。仏教各派各宗派の僧侶は言うに及ばず、信徒の人たちでも教学研鑽している人はたくさんいる。例えば日蓮宗現代宗教研究所の教学研究発表大会には、僧侶のみならず、多くの在家・信徒の人たちが登壇して発表している。

創価学会員、法華講員、顕正会員は「他宗派の信徒は勤行をしない」と言うが、創価学会員、法華講員、顕正会員は実際は勤行をサボりまくっているのに、人前ではあたかも欠かさず勤行をしているかのような顔をしているだけのこと。他宗派の人たちは、ありのままに振る舞っているだけのこと。つまり創価学会員、法華講員、顕正会員はウソをつくのがうまいだけのことではないか。

創価学会員、法華講員、顕正会員たちは仏教宗派を「葬式仏教」「死せる宗教」と酷評するが、創価学会員、法華講員、顕正会員自らの信仰活動は、とてもそんなことを言える状態ではない。創価学会員、法華講員、顕正会員の信仰活動は大衆文化として根づいているものとは言い難い。

仏教信仰が大衆文化として定着しているかどうかの例証を挙げよう。東京池上の池上本門寺御会式には3日間で約35万人の参詣がある。2009年の長野善光寺御開帳では57日間で約673万人の参詣があった。江戸時代の両国回向院での善光寺出開帳では60日間で何と約1600万人もの参詣があった記録が残る。初詣でも成田山新勝寺や川崎大師平間寺では約300万人の参詣がある。こう言うと創価学会では新年勤行で数百万人の参詣があると胸を張る。この数字の信憑性から問われなくてはならない所だが、百歩譲ってこれが事実だとしても、これは全国数十ヶ所以上に散在している創価学会会館での新年勤行参詣の累計であって、一カ所の参詣者数ではない。東京・信濃町の創価学会本部の新年勤行に数百万人の創価学会員が参詣しているのか。そんな姿は、誰一人見聞していない。

 

2015-6
 

(57日間で約673万人の参詣があった長野善光寺御開帳)

 

続きを読む

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(19)~「日蓮正宗系」以外の仏教は全て「葬式仏教」だと蔑視し見下している

□仏教寺院・仏教僧による葬儀・法事は上古の昔から日本の大衆文化として深く定着している

 

創価学会、法華講、顕正会等の「日蓮正宗系」団体の信者は、「『日蓮正宗系』以外(創価学会以外、日蓮正宗以外、顕正会以外…)の宗教は全て葬式仏教だ」「何の社会的活動も平和活動も行っていない」「何の役にも立たない宗教」等々と言って見下し、蔑視している。これは日蓮正宗僧、創価学会員、法華講員、顕正会員等、概ね変わらないが、特に中でもひどいのが創価学会員である。それはなぜかというと、創価学会では創価学会員に対して「創価学会だけが勤行・折伏・教学研鑽を行い日々の実践に活かす生きた宗教である」「他宗派、他の伝統仏教は葬儀、法事だけを行う葬式仏教、墓仏教、墓檀家と化している」「創価学会だけが生きた宗教、他は全て死せる宗教」「他宗派は社会的活動を何もしていない」「他宗派は何ら社会に貢献していない」「創価学会だけが世界平和に貢献している」「創価学会だけが社会に貢献している」…ここでは創価学会のケースを挙げたが、法華講の場合は「創価学会だけが」の部分がそっくり「日蓮正宗だけが」にすり替わり、顕正会の場合は「顕正会だけが」にそっくりすり替わる。創価学会員、法華講員、顕正会員や正信会寺院信徒等「日蓮正宗系」団体信者は、こんな独善的思想、独善的指導に洗脳されてしまっている。そればかりではない。創価学会を脱会した元信者、日蓮正宗を離檀した元信者、顕正会を脱会した元信者、正信会寺院を離檀した元信者まで、これらの独善的思想、独善的指導に蝕まれたままになっている。これら元信者の人たちまで「アンチ日蓮正宗」管理人に「他宗派の人たちは、葬式以外に何もしていないんですよね」「他宗派は何も社会的貢献をしていないんですよね」などと言ってくるから、こちらが呆れかえってしまうくらい。「日蓮正宗系」団体の信者や元信者らが言う「葬式仏教」という言葉の意味は、葬儀や法事、墓参りばかりを行って、他には何もしないという意味らしい。また彼らの「葬式仏教」批判の中には、葬儀、法事、墓参りよりも日々の勤行、布教、教学が大事なのだという意味が含まれているものと考えられる。

ここでよく考えて頂きたいのだが、「日蓮正宗系」団体の信者や元信者らが言う「葬式仏教」批判や「墓檀家」批判は、はたして正しいのだろうか、はたして的を得た批判なのかということだ。

まず第一に、葬儀や法事、墓参りをすること自体、悪いことでも何でもない。故人を弔うことは、太古の昔から極めて自然な人間の行為として行われてきていることであり、当たり前のこと。葬儀や法事を仏教寺院、仏教僧に依頼して行うことは、これまた上古の昔から日本の大衆文化として深く定着してきていることである。「葬式仏教」批判を行う日蓮正宗とて、普段から日蓮正宗の化儀で葬儀、法事、塔婆供養、盂蘭盆、彼岸を行う重要性を信者に指導しているし、創価学会も宗創和合時代は、葬儀、法事、塔婆供養、盂蘭盆、彼岸等を全て日蓮正宗寺院で行っていた。宗創戦争・日蓮正宗からの破門以降は、創価学会の葬儀社や会館で創価学会葬、友人葬を行っているのは、あまりにも有名だ。大衆文化として定着していないのは、むしろ創価学会員や法華講員の日々の勤行であり、恋愛結婚のほうである。最近、とある宗教学者が「葬式も墓も要らない」自然葬や0葬を広めようとしているようだが、こちらも大衆文化としては全く定着していない。

 

 

 

続きを読む

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(18)~自己保身・自己利益の為に何でも飛びつき何でもパクろうとする

□自己保身・自己利益のためには対立する団体の教義をも平気でパクる「日蓮正宗系」カルト団体

 

これは、創価学会、法華講、顕正会、正信会等の「日蓮正宗系」団体の中で、僧侶と信徒、信徒同士のケンカや紛争を引き起こして、自分が所属する団体を飛び出し、あっちこっちの「日蓮正宗系」団体や富士門流寺院、「富士門流執着軍団」にカルトサーフィンする人に見られる傾向である。

「日蓮正宗系」団体は、1970年代から日蓮正宗・創価学会vs妙信講(顕正会)、日蓮正宗・創価学会vs正信会、日蓮正宗vs創価学会等々の分裂、内紛を繰り返してきているが、自己を正当化するために、他の「日蓮正宗」団体による批判に平気で飛びつき、パクるという特異体質をもっている。妙信講(顕正会)は、国立戒壇義に固執し、正本堂は三大秘法抄の戒壇ではないとして、大石寺66世細井日達法主の訓諭に異議と唱えて破門された。

正信会は、創価学会「昭和五十二年路線」の第1次宗創紛争による1979(昭和54)年の「53」以降の宗創和合路線に反発。大石寺66世細井日達から大石寺67世阿部日顕への血脈の相承を否定して、日蓮正宗から破門された。

1990(平成2)12月に宗創戦争が勃発すると、創価学会との紛争を有利に運びたい大石寺67世阿部日顕法主は、「正本堂は三大秘法抄の戒壇ではない」として、大石寺66世細井日達法主の訓諭を実質的に改訂。さらに国立戒壇義のほとんどパクリである「国主立戒壇」義を唱え、「戒壇の大本尊」を正本堂から奉安殿に遷座。正本堂を取り壊した。これら一連の大石寺67世阿部日顕法主の路線は、かつて日蓮正宗が破門した顕正会の教義のパクリである。

その顕正会は、正本堂取り壊し、「戒壇の大本尊」の奉安殿遷座で、日蓮正宗との対立点がほとんどなくなってしまうと、今度は「大石寺67世阿部日顕は大石寺66世細井日達から相承を受けていない」などと言い出した。顕正会・浅井昭衛は、日蓮正宗からの破門以降も、198090年代までは、「大石寺法主の血脈は断絶しない」と言っていたものが、突然、正信会のパクリで血脈断絶を言い出したというわけである。

創価学会は創価学会で、対立する大石寺67世阿部日顕法主を批判するために、対立する正信会や顕正会と全く同じように「大石寺67世阿部日顕は大石寺66世細井日達から相承を受けていない」などと言い出し、大石寺67世阿部日顕法主を「ニセ法主」と呼んだ。これも、創価学会と対立する正信会のパクリである。かつて創価学会は、1980年代には血脈断絶を言う正信会を「大謗法の輩」などと非難していたが、自分たちが日蓮正宗と決裂すると、今度は正信会の日蓮正宗批判ネタをパクってくる。自己保身・自己利益のためには何でも利用できるものは利用する。自己正当化の為なら、昨日の宿敵の批判ネタだろうが何だろうが、平気でパクってくる。

このような無節操な特異極まる異常体質は、創価学会、法華講、顕正会、正信会等の「日蓮正宗系」団体としての体質に限らず、信徒個人の体質としても存在する。

 

67世日顕7
 

(日蓮正宗が破門した顕正会の教義をパクる大石寺67世阿部日顕法主)

 

 

続きを読む

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(17)~自分たちがカルト問題の加害者だと認識していない

□「被害者」の仮面を被ろうとする創価学会時代に強引な折伏活動で実績を積んだ加害者たち

 

日蓮正宗、法華講、創価学会、顕正会、正信会等の「日蓮正宗系」団体を離檀・脱会して、他の「日蓮正宗系」団体に移った人、「日蓮正宗系」団体を次々と、転々と「カルトサーフィン」する人たちは、どういうわけか、自分たちはカルト問題の被害者であると錯覚している。カルト問題の加害者であるはずの人たちが、いつの間にやら被害者にすり替わってしまうのであるから、これまた不思議な現象である。「日蓮正宗系」団体を転々と「カルトサーフィン」する人たちの中で、かなり多くの人が、「オレたちは被害者だ」などと言いだし、やれ「創価学会被害者の会」だの「日蓮正宗被害者の会」「顕正会被害者の会」だのと言い出す。この中で典型的なのが、199012月以来の「宗創戦争」以降にできた「創価学会による被害者の会」である。

19914月、福岡市西区の日蓮正宗・開信寺(当時の住職・柏崎寿宣氏)の御講で、創価学会員が法華講員に集団暴行を加え、開信寺総代・八尋由夫氏(69)が左膝打撲・左内側側副じん帯損傷という重傷を負ったと称する、いわゆる「開信寺事件」が起こった。ところがこの「開信寺事件」は、法華講、創価学会の言い分が全く食い違っている。法華講によれば、この「開信寺事件」がきっかけになって、「創価学会による被害者の会」が結成されたと称している。ここでは、「開信寺事件」についての、ビデオや写真は存在しないため、事件の内容は、さておくとしよう。

それにしても、不可解なのは、この「開信寺事件」以降あたりから、自称「被害者」があちらこちらに、続々と出没してきたことである。その自称「被害者」とは、いずれも創価学会から法華講にカルトサーフィンした人たちである。「創価学会による被害者の会」幹事の一人に、これまた創価学会から法華講にカルトサーフィンして法華講D寺支部の幹部に収まった人物がいた。この人物ないしはこの人物の周囲に居た者たちは、1990年代に創価学会が法華講に仕掛けていた「脱講運動」で、創価学会員が法華講員の自宅に来訪したというだけで「自分たちは被害者だ」と騒ぎ出したのである。これで1990年代には、自称「被害者」が陸続と現れたのである。ちなみに法華講員や創価学会員たちが聖典としている法華経には、六万恒河沙の地涌の菩薩が説かれているということだが、1990年代に現れたのは、六万恒河沙の地涌の菩薩ならぬ自称「被害者」であった。

家庭訪問されただけで「被害者」になってしまうのなら、法華講員宅を家庭訪問している日蓮正宗寺院住職や法華講幹部は、法華講員に対する加害者ということになる。「創価学会による被害者の会」幹部を務める法華講員は、矛盾に全く気づいていないらしい。1990年代のころ、これら自称「被害者」たちの「空騒ぎ」はどんどん増幅していった。ひどいケースになると、法華講員のほうから創価学会員宅に「慧妙」や創価学会批判のチラシを配布していながら、これに反応した創価学会員が法華講員宅に来訪すると、「創価学会員が来た」「創価学会員は迷惑だ」と言って警察に通報する法華講員すらいた。そして同じ法華講員からさえも、「そんな創価学会の被害なんて本当にあったのか」「創価学会員なんて、怒鳴りつけてやればもう来ないよ」等々の疑問の声が上がるに至るのである。

 

 

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
プロフィール

hide(英昭彦)

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ