国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ

正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」。日本のみならず世界中からカルト宗教被害を根絶・絶滅させることが究極の目的。伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (背景写真は大石寺開創七百年慶讃大法要・本会が終了後、饗応の席で歓談する池田大作と大石寺67世阿部日顕・1990年10月14日付け聖教新聞より)

幼児・小中学生・大学生を「日蓮正宗系」カルト洗脳教育から保護せよ

「国際カルト宗教対策委員会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」(略名・アンチ日蓮正宗)「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体異名。
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日蓮正宗は小学生・中学生・高校生への折伏・布教指導を即時中止・撤回せよPART3

■幼児・青少年をカルト宗教によるカルト教育汚染から法的保護をすべきであるPART4

 

□日蓮正宗の小学生・中学生・高校生信徒に「折伏せよ」と指南している大石寺68世早瀬日如3

 

2016(平成28)87日、大石寺大講堂で行われた「第24回法華講連合会少年部大会」の席で、大石寺68世早瀬日如(にちにょ)法主(ほっす)が法華講連合会の小学生信徒を前に、こんな「折伏せよ」との「指南」(指導)をしている。

「また、ただいまは少年部員4名による体験発表がありましたが、いずれの発表も大変すばらしく、宗門(日蓮正宗)の未来を担う少年部員が日ごろの信心と広布の思いを寄せて、それぞれ立派な発表をされたことを心から頼もしく、またうれしく思います。今日、体験発表した少年部員をはじめ少年部員の皆さんが、これからも大聖人様の教えをしっかりと守り、広宣流布のお役に立つ、立派な人材に成長していくことを、心から祈るものであります」

「今、宗門は来るべき平成33年・宗祖日蓮大聖人御聖誕八百年、法華講員80万人体制構築へ向かって、僧俗一致、異体同心して、前進をしておりますが、少年部の皆さんも、それぞれ自分の力に応じて、法華講員80万人体制構築へ向けて、力を尽くしていくことが大事であります。例えば、お寺における御講や少年部の会合などに出席することをはじめ、お父さん、お母さんが信心活動のために家を空けている時は、しっかりと留守番することも立派に広宣流布に尽くしていることになります。また、友だちに対して信心の話しをすることや、お寺にお誘いすることも極めて大事であります。それぞれが自分なりに広宣流布のために、お役に立てるようにしていくことが肝要であります。本年も既に半ばを過ぎ、いよいよ後半戦に入りましたが、少年部の皆さんには、ますます元気にお題目を唱え、一人でも多くのお友達に声を掛け、大聖人様の仏法のすばらしさを、たとえ一言一句なりとも伝えていくよう、心がけていくことが肝要であると思います。」

(日蓮正宗宗務院機関誌『大日蓮』平成289月号より)

7小学生折伏指南1


7小学生折伏指南2


7小学生折伏指南3


9大日蓮
 

「少年部」とは、法華講の小学生信徒を組織化したもの。「少年部」という名前だが、入っているのは少年だけではなく、少年も少女も入っている、男女小学生全員が組織化されている。「宗門」(しゅうもん)とは日蓮正宗のことで、特に日蓮正宗の僧侶は、自分で日蓮正宗のことを、こう呼ぶ。「大聖人」(だいしょうにん)とか「大聖人様」とは、鎌倉時代に出生した日蓮宗の宗祖・開祖・日蓮のことで、日蓮正宗では日蓮のことを「大聖人」(だいしょうにん)と呼ぶ。そうすると「大聖人様の仏法」とは、日蓮の仏法ということか(?)となるが、日蓮正宗が言う「大聖人様の仏法」とは、日蓮の仏法全体を指すのではなく、日蓮正宗が説いている教義だけを限定して指している。なぜなら、日蓮正宗では、大石寺の歴代法主だけが日蓮からの仏法の血脈を代々相伝してきていて、大石寺の相伝を知らない日蓮宗、法華宗など、日蓮正宗以外の宗派を全て「邪宗」「邪教」と言って斬り捨てているからだ。だから日蓮正宗が言う「大聖人様の仏法」というのは、日蓮正宗が説いている教義だけを指す言葉である。したがって「大聖人様の教えをしっかりと守り」とは、日蓮正宗の教義を守れと言っているのである。

 

続きを読む

日蓮正宗は小学生・中学生・高校生への折伏・布教指導を即時中止・撤回せよPART2

■幼児・青少年をカルト宗教によるカルト教育汚染から法的保護をすべきであるPART3

 

□日蓮正宗の小学生・中学生・高校生信徒に「折伏せよ」と指南している大石寺68世早瀬日如2

 

大石寺68世早瀬日如法主が日蓮正宗の小学生・中学生・高校生信徒に「折伏せよ」と指南しているのは、何も2014(平成26)727日、大石寺大講堂で行われた「第3回法華講中等部・高等部大会」や2014(平成26)83日、大石寺大講堂で行われた「第22回法華講連合会少年部大会」だけではない。本年2016731日、大石寺大講堂で行われた「第5回法華講中等部・高等部大会」の席で、大石寺68世早瀬日如法主が法華講連合会の中学生・高校生信徒を前に、こんな「指南」(指導)をしている。

「今回の合宿登山を通して、一人一人が末法の御本仏・宗祖日蓮大聖人様の本因下種の仏法を学び、大きな功徳と得難い体験を得たと思いますが、皆様には、是非とも今回、学んだことをこの場だけのものとせず、今後に活かし、それぞれが信心を鍛え、一人でも多くの人びとに対して妙法のすばらしさを伝え、もって来るべき平成33年・宗祖日蓮大聖人御聖誕八百年、法華講員80万人体制構築の誓願達成へ向けて、力強く前進されますよう、心から願うものであります」

「今、宗門(日蓮正宗)は、来るべき平成33年・宗祖日蓮大聖人御聖誕八百年、法華講員80万人体制構築へ向かって、僧俗一致、異体同心して、力強く前進しております。この時に当たって、私どもがなすべきことは、本門戒壇の大御本尊様に対する絶対の確信と広布への決意と勇気を持って、それぞれが折伏逆化の戦いに参加することであります」

「まさしく今、末法は『純円一実の法華経』すなわち、法華本門寿量品文底秘沈の大法たる妙法蓮華経のみが広宣流布すべき時であり、かくの如き時は、正法流布の妨げとなり、敵(かたき)となる邪義に対しては、ただ折伏をもってこれを破折しなければならないのであります。これが『法華折伏破権門理』(法華は折伏して権門の理を破す)と説かれる法華の精神であり、御本仏大聖人様より我らに与えられた大事な使命であります」

「平成33年・宗祖日蓮大聖人御聖誕八百年、法華講員80万人体制構築の誓願は、すべからく我々の身軽法重・死身弘法(しんきょうほうじゅう・ししんぐほう)の強盛なる折伏実践の行動にその成否がかかっていることを自覚し、中等部員は中等部員らしく、高等部員は高等部員らしく、一日一日を有意義に、そして力強く自行化他の信心に励み、もって勇躍として前進されますよう心からお祈りするものであります」

(日蓮正宗宗務院機関誌『大日蓮』平成289月号より)

31中高生折伏指南1


31中高生折伏指南2


31中高生折伏指南3


31中高生折伏指南4


9大日蓮
 

大石寺68世早瀬日如法主はこの中で「一人でも多くの人びとに対して妙法のすばらしさを伝え」「それぞれが折伏逆化の戦いに参加することであります」「正法流布の妨げとなり、敵(かたき)となる邪義に対しては、ただ折伏をもってこれを破折しなければならないのであります」「我々の身軽法重・死身弘法(しんきょうほうじゅう・ししんぐほう)の強盛なる折伏実践の行動にその成否がかかっていることを自覚し、中等部員は中等部員らしく、高等部員は高等部員らしく、一日一日を有意義に、そして力強く自行化他の信心に励み」と「指南」(指導)しており、あきらかに法華講員の中学生信徒・高校生信徒に対して「折伏せよ」と命令している。

 

続きを読む

日蓮正宗は小学生・中学生・高校生への折伏・布教指導を即時中止・撤回せよPART1

■幼児・青少年をカルト宗教によるカルト教育汚染から法的保護をすべきであるPART2

 

□日蓮正宗の小学生・中学生・高校生信徒に「折伏せよ」と指南している大石寺68世早瀬日如

 

近代に入って創価学会、顕正会顔負けの強引・非常識・執拗な折伏・布教活動を年々エスカレートさせている日蓮正宗だが、何と驚くべきことに、大石寺68世早瀬日如法主が大石寺の法華講少年部大会・法華講中等部・高等部大会で、未成年の小学生、中学生、高校生に「折伏せよ」などと「指南」(指導)しているから、驚きである。まず、2014(平成26)727日、大石寺大講堂で行われた「第3回法華講中等部・高等部大会」の席で、大石寺68世早瀬日如法主が法華講連合会の中学生・高校生信徒を前に、こんな「指南」(指導)をしている。

「今回の合宿登山を通して、一人一人が末法の御本仏・日蓮大聖人様の本因下種の仏法を信行学にわたって学び、それぞれが大きな功徳と得難い体験を得たことと思いますが、各位には、是非とも今回、学んだことをこの場だけのものとせず、それぞれが身近な人をはじめ、一人でも多くの人びとに対しまして、妙法のすばらしさを説き、下種折伏を行じ、もって来るべき平成27年、日興上人御生誕七百七十年の誓願達成へ向けて尽力されますよう、心から願うものであります」

「御本仏・大聖人様の一切衆生救済の大慈大悲のお心にお応えする途は、一人一人が大聖人様の御聖意を深く拝し、一天(いってん)広布(こうふ)を目指して、折伏を行じていくことであります」

「これが立正安国論に示された原理であり、この原理を体して、真の世界平和と仏国土実現のため、身軽法重・死身弘法(しんきょうほうじゅう・ししんぐほう)の精神と勇猛果敢なる折伏を行じていくのが、我ら本宗僧俗の大事な使命であります」

「平成27年の誓願達成まで、いよいよあと220日余。全国の法華講員が老若男女を問わず、一致団結して誓願達成へ向けて、不退転の勇気と決意を持って、力強く折伏に次ぐ折伏を行じていけば、必ず誓願は達成できると、固く確信いたします。否、一人一人の幸せはもとより、全世界の平和と全人類の幸せ実現のため、何があっても誓願は必ず達成しなければなりません」

「どうぞ中等部・高等部の皆さんは、……身軽法重・死身弘法(しんきょうほうじゅう・ししんぐほう)の精神をもって、いよいよ唱題と折伏に励み、中等部は中等部の、高等部は高等部の使命のもと、異体同心の団結をもって、誓願達成の戦いに参加し…」

(日蓮正宗宗務院機関誌『大日蓮』平成269月号より)

中高生折伏指南1


中高生折伏指南2


中高生折伏指南3
 

法華講中等部とは、法華講員の中学生信徒を組織化したもの。高等部とは高校生信徒を組織化したもの。「一天(いってん)広布(こうふ)」とは「一天四海広宣流布」の略語で、「一天四海」とは全世界を意味する仏教用語。「広宣流布」(こうせんるふ)とは、世界中の人を日蓮正宗信徒にしてしまうことを意味する仏教用語。大石寺68世早瀬日如は中学生・高校生を前に「一天(いってん)広布(こうふ)を目指して、折伏を行じていくこと」「勇猛果敢なる折伏を行じていくのが、我ら本宗僧俗の大事な使命」「力強く折伏に次ぐ折伏を行じていけ」「いよいよ唱題と折伏に励み」等々と、中学生・高校生に「折伏せよ」などと「指南」(指導)している。

 

続きを読む

幼児・青少年をカルト宗教によるカルト教育汚染から法的保護をすべきであるPART1

■「カルト宗教取締法」を制定し信教の自由を蹂躙・踏みにじるカルト宗教を規制せよPART5

 

□「日蓮正宗系」カルト教団が行う未成年者のカルト教育は「信教の自由」に対する重大な脅威だ

 

日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会等「日蓮正宗系」カルト教団に共通するカルト体質のひとつに、まだ自由意志による選択、自由な判断ができない乳幼児、子供、小中学生、高校生を日蓮正宗寺院、創価学会会館、顕正会会館へ強制的に連れて行き、本人の意志も何も関係なく、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会等「日蓮正宗系」カルト教団に無理やり入信させる、ということが数十年前から常態化している。これは「信教の自由」に対する重大な脅威・危険な体質である。

日蓮正宗の場合を見てみよう。日蓮正宗は「法灯相続」(ほっとうそうぞく)ということを日蓮正宗信徒に指導している。日蓮正宗の「法灯相続」とは、日蓮正宗の信仰を子供の代、孫の代、子々孫々の代まで伝承し、跡を継がせていけという意味である。これにより、法華講員夫婦は、まだ物心がつかない乳幼児、子供のうちに、日蓮正宗寺院へ連れて行って授戒させ、日蓮正宗に入信させてしまう。あるいは小学校入学前、あるいは小学校低学年といった、まだ大人のような自由意志で宗教が選択できない年齢のうちに、法華講員の親が強制的に子供を日蓮正宗寺院に連れて行き、子供の意志とは関係なく、それこそ有無を言わせず授戒させ、日蓮正宗の信徒にしてしまう。

それだけではない。有無を言わせず日蓮正宗に日蓮正宗に入信させられた子供は、御講、大石寺登山会、法華講支部総会、法華講支部座談会、唱題会、勤行会、少年部会、御会式、盂蘭盆会、彼岸会、七五三、等々、ありとあらゆる機会に日蓮正宗寺院に連れて行かれる。子供の意志も何もあったものではない。実質的な日蓮正宗寺院への強制連行である。そして小学校に入れば少年部、中学校に入れば中等部、高校に入れば高等部、大学に入ったら学生部、社会人になったら男子部、女子部に入らされる。こうして日蓮正宗の信仰生活一色に染まってしまう。そして大人になり、普通の判断能力がつくようになった年齢のころには、もはや後戻りができなくなってしまっている、完全な日蓮正宗のカルト信者になってしまっているというわけである。その人たちは、自分の意志によって日蓮正宗のカルト信者に育ったのではない。日蓮正宗のカルト信者である親の意思によって、有無を言わせず日蓮正宗のカルト信者にさせられた人。いわば工場で組み立てられた日蓮正宗のカルトロボットに等しい。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ