国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ

正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」。日本のみならず世界中からカルト宗教被害を根絶・絶滅させることが究極の目的。伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (背景写真は大石寺開創七百年慶讃大法要・本会が終了後、饗応の席で歓談する池田大作と大石寺67世阿部日顕・1990年10月14日付け聖教新聞より)

実録・となりの創価学会員・法華講員・顕正会員

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が2005年に設立した会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。
この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」の管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」。「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」は「一般社団法人 仏教宗学研究会」が管理・運営。
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774

(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の創価学会員・法華講員(15)~全く予想していなかった凄まじい強引・執拗な勧誘の嵐との戦いから始まった英昭彦の学生生活

□全く予想していなかった凄まじい強引・執拗な勧誘の嵐との戦いから始まった英昭彦の学生生活

 

当ブログに連載している「隣の創価学会員・法華講員」は、英昭彦が、1980(昭和55)年ころから、創価学会員、顕正会員、法華講員、日蓮正宗僧侶たちの強引・執拗な勧誘・折伏や非常識な振る舞いなどに、いかに苦しめられてきたか、そして、それらの創価学会員、顕正会員、法華講員、日蓮正宗僧侶たちと、どう闘ってきたかを記した日記である。登場人物名は、英昭彦、創価学会会長、理事長、副会長、日蓮正宗大石寺法主、僧侶以外は、すべて仮名です!

創価学会の強引・執拗な勧誘・折伏問題の根源の人物である池田大作が執筆した(?)小説「人間革命」の書き出しは、「戦争ほど悲惨なものはない」というものらしいが、長年、創価学会員、顕正会員、法華講員、日蓮正宗僧侶たちの強引・執拗な勧誘・折伏や非常識な言動による甚大な被害を受け、悩まされてきた英昭彦からすれば、創価学会、顕正会、日蓮正宗こそ「悲惨」を生み出してきた元凶に他ならない!したがって、英昭彦からすれば、「創価学会ほど悲惨なものはない」「顕正会ほど悲惨な宗教はない」「日蓮正宗ほど悲惨な宗教はない」と叫びたい心境である。

英昭彦と創価学会の遭遇の最初は、1980(昭和55)年にまで、さかのぼる!当時の英昭彦はまだ、うら若き(?)大学一年生であった。あの当時は、もちろん1991年の日蓮正宗と創価学会の宗教戦争、いわゆる「宗創戦争」の前であり、日蓮正宗と創価学会は和合路線を歩んでいた宗創和合時代のことである。しかし宗創和合時代ではあったが、創価学会の昭和五十二年路線の第一次宗創紛争のあとで、宗創関係は、ぎくしゃくしていた時代。創価学会の折伏大進撃は、1970(昭和45)年の言論問題でストップがかかったとはいうものの、創価学会の強引・執拗な折伏のパワー、エネルギーは、まだまだ凄まじいものがありました。

1970年代~1980年代といえば、創価学会、顕正会、日蓮正宗の強引・執拗な勧誘・折伏のみならず、ネズミ講、ネットワークビジネス、マルチ商法、街頭のキャッチセールス等々の「セールス商法」がすさまじかった時代のこと。ネズミ講を禁止する「無限連鎖講防止法」が197811月にようやく、国会で可決、公布され、内村健一による天下一家の会が破綻したのが1980年のこと。

マルチ商法を規制する「特定商取引法」は、1976年に国会で可決、成立、公布されたが、マルチ商法規制そのものは、今のように厳しいものではなく、抜け穴だらけの法律。個人情報保護法もなく、卒業アルバム、社員名簿、顧客名簿といった個人情報が、半ば「公然と」、「裏ヤミ市場」で売買されていた時代である。英昭彦は、T大学入学直後、学生課の紹介で、大学キャンパスからほど近い所に、4畳半一間のアパートを借りた。場所はT鉄道T線の線路際にあったアパートである。しかし、その3日後、どこから聞きつけてきたのか、英会話テープのセールスマンが訪問販売にやってきた。大学の入学式の日に、大学のキャンパスの中に入っていくと、入った瞬間から、「○○クラブに入りませんか」「△△部に入りませんか」と、これまたあっちからもこっちからも、部活動・クラブ活動の勧誘の嵐である。英昭彦の学生生活は、全く予想していなかった凄まじい強引・執拗な勧誘の嵐との戦いから始まった。

 

霞ヶ関駅下宿近辺4


霞ヶ関駅下宿近辺3
 

(T大学キャンパスからほど近い所に借りた当時のアパートがあったあたり。当時のアパートは、今は取り壊されていて存在していない)

 

 

続きを読む

隣の創価学会員・法華講員(14)~K市のT大学に入るまで全く予想していなかった創価学会員の強引・執拗な折伏攻撃

□蓮如の昔から浄土真宗が社会に深く根を張り文化として深く定着している北陸地方・石川県

 

英昭彦と一般宗教との関わりは、子どもの頃からはじまる。英昭彦が幼少のころの実家は石川県のN駅近郊にあり、この家が、先祖代々からの家であった。この家は、先祖代々から真宗大谷派(本山・京都東本願寺・真宗本廟)の檀家で、家の中には、先祖代々から伝承する真宗大谷派の本尊(阿弥陀如来絵像)が祀られる仏壇があった。石川県をはじめとする北陸地方は、本願寺7世・蓮如以来、浄土真宗(東、西を含めて)の寺院・檀家が圧倒的に多く、英昭彦の親族も全て浄土真宗寺院の檀家である。しかも、英昭彦の実家も親族も、葬儀、法事、報恩講を依頼するだけであった。----浄土真宗では、毎年一回、宗祖・親鸞の祥月命日忌法要である「報恩講」を、檀家個々の家庭に、住職が下向して営む風習がある。----が、ただ一人、英昭彦の祖母だけが、毎日、熱心に仏壇の前に座って拝み、京都・真宗本廟(東本願寺)の団体参拝にも積極的に参加するという生活をしていた。その関係からか、所属の真宗大谷派寺院K寺住職とは、別の真宗大谷派寺院T寺住職が、毎月一回、英昭彦の実家に来て、お経をあげていた。---これを真宗大谷派では「月参り」と言うらしい---なぜ、祖母が熱心に真宗大谷派の本尊を拝む生活をしていたのか、所属寺院K寺とは別のT寺住職が月参りに来ていたのか、親族に聞いても誰も“わからない”との返事。

北陸地方の浄土真宗寺院住職は、副業をしている住職が多いが、その多くが学校の先生である。K寺住職は、代々が中学校の社会科教師。当代の住職は、保育園の園長をしている。T寺の代々住職も、中学校の社会科教師で、先代の住職は、英昭彦が通っていた公立中学校の社会科教師で、なおかつ、教頭だった。英昭彦が小学生だったころ、両親が近所の浄土真宗寺院G寺住職が経営する「書道教室」に、数ヶ月、通わされていたが、このG寺住職もまた、副業で学校の先生をしている人だった。そんなわけで、石川県をはじめとする北陸地方には、蓮如の昔から、浄土真宗が社会に深く根を張っており、文化として深く定着している。ただし定着しているとはいうものの、浄土真宗寺院住職は副業で学校の先生をするなどして、社会に根をおろしているというくらいであり、浄土真宗寺院の檀家の大半は、葬儀、法事、報恩講を所属寺院に依頼するだけの檀家が大半である。-----ただし、浄土真宗寺院住職の話しでは、“月参り”を依頼する檀家は、結構あるとのこと。これが事実だとしても、葬儀、法事、報恩講に、月参りが加わるだけである。---

そんなわけで、英昭彦や北陸地方に住む一般庶民にとって、誰も違和感を感じない宗教である。時折、法事に招かれた住職が酒に酔ってトラブルを起こしたり、いい加減な説法をして檀家とトラブルを起こすなど、“振る舞いが悪い”住職が、一般庶民とトラブルを起こすぐらいのもので、浄土真宗の宗教そのものを批判する人は、皆無である。

ただしこれだけ浄土真宗寺院の檀家が圧倒的に多い地域ではあるが、新宗教団体が全くいないわけではない。信者の数は、少ないが、北陸地方や石川県にも、創価学会、顕正会、立正佼成会といった新宗教団体がある。

1960s子供2
 

(子供時代の英昭彦)

 

 

続きを読む

隣の創価学会員・法華講員(13)~強引・執拗な勧誘活動・刑事事件・トラブルを頻発させている顕正会をカルト宗教に指定せよ

□富士大石寺顕正会を特定危険カルト宗教に指定し宗教法人優遇処置を全て剥奪せしめよ

 

「日蓮正宗系」カルト教団・富士大石寺顕正会(宗教法人「顕正会」)は、1960年代のころから強引・執拗な勧誘活動を行って、一般世間でさまざまな事件・トラブルを頻発させてきているのだが、またまた顕正会のカルト信者が、強引な折伏・布教活動による未成年大学生誘拐の容疑で警視庁公安部に逮捕されるという事件を引き起こした。インターネットニュースから引用してみよう。

「教団勧誘で未成年大学生を誘拐の疑い 「顕正会」関係者3人逮捕

フジテレビ系(FNN2015105()1620分配信

教団への勧誘のため、未成年の大学生を誘拐した疑いで、「顕正会」の関係者ら3人が、警視庁公安部に逮捕された。逮捕されたのは、自称アルバイト・斉藤佑介容疑者(28)と無職・小岩井 良祐容疑者(27)3人で、4日、東京の上野公園で、愛知県から遊びに来ていた大学生の19歳の少年に、「東京見物に行かないか」などと言って車に乗せ、板橋区にある顕正会東京会館の近くまで連れ出した未成年者誘拐の疑いが持たれている。大学生は、車内で顕正会に入会するよう勧誘され、不安になったため、母親に連絡し、母親の通報を受けた警視庁の捜査員が、東京会館の近くで4人を確保した。顕正会は、強引な勧誘で、たびたび問題を起こしていて、公安部は、活動の実態についても調べる方針。最終更新:105()1620分」

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20151005-00000838-fnn-soci

「大学生誘拐事件受け「顕正会」本部など家宅捜索

フジテレビ系(FNN 108()1914分配信

大学生を誘拐した疑いで、警視庁公安部は宗教団体「顕正会」本部などの家宅捜索に入った。

家宅捜索を受けたのは、さいたま市の顕正会本部や、東京・板橋区の顕正会東京会館など。

この事件は、19歳の男子大学生を車で誘拐した疑いで、無職・小岩井 良祐容疑者(27)と、自称アルバイトの斉藤佑介容疑者(28)3人が逮捕されたもので、調べに対し、斉藤容疑者は「一緒に会員になって仏法をやってほしかった」などと供述している。

顕正会は「不当な捜査だ」としているが、公安部は組織的な関与があったとみて、活動実態を調べる方針。最終更新:108()1914分」

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20151008-00000143-fnn-soci

「大学生誘拐、「顕正会」の本部など捜索…警視庁

読売新聞 108()1751分配信

大学生を車で連れ回したとして男3人が逮捕された事件で、警視庁公安部は8日、宗教法人「顕正会」の本部(さいたま市)や東京都内の施設など数か所を未成年者誘拐容疑で捜索した。

公安部は今月5日、東京都台東区の上野公園にいた愛知県内の男子大学生(19)を車で連れ回したとして、男3人を未成年者誘拐容疑で逮捕。うち1人が、顕正会への勧誘目的だったと供述していた。顕正会本部は取材に対し、「一切ノーコメント」としている。

最終更新:108()1752分 読売新聞」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151008-00050084-yom-soci

 

 

 

続きを読む

隣の創価学会員・法華講員(12)~警視庁公安部から強要と暴力行為法違反の疑いで家宅捜査された顕正会本部・東京会館

□なぜ浅井昭衛ら顕正会最高幹部と宗教法人顕正会の刑事責任が放置されたままなのか

 

2013911日、日蓮正宗系三大カルト教団のひとつ、「顕正会」についての大きなニュースが飛び込んで来た。警視庁公安部が強要と暴力行為法違反の疑いで「顕正会」本部と東京会館を家宅捜査したというニュースである。まずはインターネットニュースから引用してみよう。

「宗教法人「顕正会」を家宅捜索 強要と暴力行為法違反の疑い

 宗教法人「顕正会」の会員が入会を強引に迫ったとして、警視庁公安部は11日、強要と暴力行為法違反の疑いで、さいたま市の同会本部と東京都板橋区の東京会館を家宅捜索した。

 捜査関係者によると、捜索容疑は今年3月ごろ、顕正会の会員2人がカードゲームをする名目で、20代の男性アルバイトを都内の飲食店に連れて行き、入会を強要するなどした疑い。

顕正会は各地に会館や事務所を持ち、ホームページなどで独自の終末思想を紹介。暴力を伴う強引な勧誘をしたとして、会員が逮捕される事件も起きている。」

http://www.47news.jp/CN/201309/CN2013091101000947.html

 

顕正会の強引・執拗な折伏・入信勧誘に関するトラブルは、何も今回がはじめてではなく、ずいぶん前から全国各地で頻発しており、顕正会本部に警察の家宅捜査が入ったのも、今回がはじめてではないのである。2007年には、神奈川県で顕正会の強引・執拗な折伏・入信勧誘に関するトラブルで、顕正会信者が神奈川県警に逮捕され、神奈川県警が顕正会本部など8か所を強要の疑いで家宅捜査をしている。下記の新聞報道がなされている。

「『顕正会』本部を捜索、強要容疑・強引勧誘の3人逮捕

 宗教法人「冨士大石寺顕正会」の会員が強引な勧誘活動をしたとして、神奈川県警公安1課は11日、さいたま市大宮区の同会本部など8か所を強要の疑いで捜索し、神奈川県小田原市清水新田、会社員寒河江真(30)、同県南足柄市中沼、会社員大川正規(28)、同県在住の少年(19)の3容疑者を同容疑で逮捕した。 同会本部への捜索は初めてで、県警は組織的に強引な勧誘をしている疑いがあるとみて調べる。 調べによると、大川容疑者らは2006年9月24日、同県厚木市内のゲームセンターで、男子大学生(20)を「食事に行こう」と誘い出し、小田原市の同会小田原会館に連れていき、入会を拒否する大学生から強引に住所や氏名を聞き出したり、約2時間にわたって祈る行為をさせたりした疑い。 逮捕された少年が、ゲームセンターで大学生に「上手だね。今度、教えて」と声をかけ、会う約束をしていたという。 同会は仏教系の宗教団体で、ホームページによると、会員数約112万人(2005年11月末現在)。各地で勧誘を巡るトラブルが起きており、県警には04~06年に338件の苦情や相談が寄せられていた。」

20071111152分 読売新聞)

 

 

 

続きを読む

隣の創価学会員・法華講員(11)~カシオペア・北斗星廃止でも終わらない上野駅ホームでの顕正会員の悪質非常識折伏を斬る

□アンチに撃退されても撃退されても上野駅13番線・東京駅に出没しつづける顕正会カルト信者

 

2000年代から2010年代にかけては、JR上野駅、JR東京駅界隈で、顕正会のカルト信者によるこんな「強引・だまし討ち折伏事件」が続発している。

JR上野駅13番線ホームからは、かつて北斗星定期2往復、臨時1往復、カシオペア1往復、あけぼの1往復、北陸1往復、そして臨時寝台特急エルム1往復が発着。16時から23時台までの間に7本の寝台特急が発車していた。しかしエルムも、あけぼのも北陸も廃止になり、さらに、2015314日のダイヤ改正を以て、JR東日本とJR北海道が、19883月の青函トンネル開業以来、営業運転してきた寝台特急「北斗星」の廃止を発表した。これは2016年度に開業する北海道新幹線を見据えていること。そして旧国鉄時代に製造された客車寝台を改造した車両も老朽化が進み、ついに限界に来たものである。

JRの寝台特急カシオペア、北斗星などの花形寝台特急が上野駅13番線ホームから発車する時刻が近づいて来ると、寝台特急の写真や動画を撮影しようと、数多くの鉄道ファン、鉄道オタクから写真家、動画撮影家たちが集結。寝台特急に乗車する乗客と、写真や動画を撮影しようとする人たちで上野駅13番線は、たくさんの人でごった返す。その上野駅13番線に集結する人を狙って、日蓮正宗系カルト教団・顕正会への強引・執拗で非常識な折伏・勧誘を繰り返すカルト信者が、毎日のように出没していたのである。最も数多くアンチに目撃され、アンチに撃退されつづけているのが、自称「前川原某」を名乗る顕正会員である。自称・前川原というのは、当人は「前川原某」なる名前を名乗っているが、本名かどうかは不明。世間の常識で言えば、全く見ず知らずの人に、いきなり個人情報を教える人はいないが、彼らカルト信者に、世間の常識を持つ人は皆無だから、「前川原某」なる名前が本名かどうかは何とも言えない。そこでここでは通称名「前川原某」と書くことにする。

英昭彦が最初にJR上野駅13番線ホームで「前川原某」と遭遇したのは、今から2000年ぐらいのころのこと。あの当時、私は自主映画、インディーズ映画や自主映像の撮影・制作を手がけていて、上野駅13番線ホームでも写真を撮ったり、動画を撮ったりしていた。そこで遭遇したのが「前川原某」。時間帯も、これから寝台特急の発車が近づいて来るころであった。「前川原某」は無精ヒゲに、数日、顔を洗っていないかのような浅黒い顔をし、似合わないメガネをかけ、頭髪も何となく汚らしい。着ている服も、長らく洗濯していないんのような服を着ていて、おおよそ清潔感とはほど遠い格好をしていた。「前川原某」は、いきなり英昭彦に住所と名前を告げてきて、「鉄道に興味ありますか」的な話しをしてきた。あの当時はまさに上野駅13番線ホームから16時から23時台までの間に7本の寝台特急が発車していたころのこと。「前川原某」は、私を鉄道ファンの一人と勘違いして、声をかけてきたと思われる。英昭彦も最初は、この男も上野駅から発着している寝台特急に、ストーカーのようにつきまとっている鉄道ファンか鉄道オタクの一人だとばっかり思っていた。

北斗星9
 

(上野駅13番線ホームから発着する寝台特急「北斗星」)

 

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
プロフィール

hide(英昭彦)

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ