国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ

正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」。日本のみならず世界中からカルト宗教被害を根絶・絶滅させることが究極の目的。伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (背景写真は大石寺開創七百年慶讃大法要・本会が終了後、饗応の席で歓談する池田大作と大石寺67世阿部日顕・1990年10月14日付け聖教新聞より)

カテゴリ: 実録・となりの創価学会員・法華講員・顕正会員

□広大な大石寺境内の中の伽藍・堂宇を把握するために単独で大石寺に出かけていった英昭彦   HSは英昭彦に、正本堂参拝券とワッペンを譲ることは承諾したが、すぐにそれが実行できる状況ではなかった。なぜなら、英昭彦もHSも、その時点で大石寺に一度しか行ったことがな ...

□日蓮正宗、創価学会が頑なに「戒壇の大本尊」を自宗の信者以外に拝ませることを拒む理由は不受不施ではない   日蓮正宗では、謗法の供養は受けないと言うが、実際はそんなことはなく、ほとんどノーチェックで、寺院受付に来た供養金は受け取っている。そもそも誰でも自 ...

□大石寺が不受不施を理由に徳川幕府から禁制・弾圧された歴史はなく幕府の供養を受けている   英昭彦とHSの論争で、最終的に創価学会員のHSは、正本堂参拝券とワッペンを譲ること自体は、拒まなくなったのであったが、二人の論争で、当初、HSが正本堂参拝券とワッペンを ...

□大石寺団体登山会の正本堂参拝券とワッペンを英昭彦に譲るように創価学会員を説得した英昭彦   英昭彦にとって、HSは異母兄弟という安心感も手伝って、他の創価学会員との会話では口に出して言いにくかったことも、ポンポン口から出てきて、話をした。それだけ、お互い ...

□突然、東京・池袋の英昭彦が住んでいたアパートに訪ねてきた英昭彦の異母兄弟・HS   矢田敏夫(仮名)との論争が一段落した頃、とつぜん、英昭彦の異母兄弟であるHSが、英昭彦が住んでいた東京・池袋のアパートを訪れてくるという事件が起きた。異母兄弟といっても、英昭 ...

□折伏成果ゼロなのに創価学会本部職員に登用された幹部が居ると憤激していた創価学会員   石川県の英昭彦の実家における英昭彦と創価学会員・矢田敏夫(仮名)との問答は、夜通し延々と続いたのだったが、最後は、ついて矢田敏夫(仮名)が、英昭彦の前で「実は創価学会にも ...

□「印刷本尊がなぜ日蓮の命なのか」「印刷本尊の祈りがなぜ叶うのか」の質問に答えられなかった創価学会員   さて創価学会員が日々拝んでいる本尊---大石寺法主が書写した曼荼羅本尊----に祈ると、必ず祈りが叶うというのも、創価学会員が折伏・布教のセールスポイントの ...

□「オレは福運の子」と称しながら日蓮御書全集のどこに福運が載っているのか答えられなかった創価学会員   「池田大作・創価学会は間違っている」との英昭彦の指摘に黙って聞いていただけの創価学会員・矢田敏夫(仮名)だったが、この話題では勝ち目がないと思ったのか、 ...

□英昭彦の実家で創価学会員を相手に池田大作・創価学会の間違いの話題で押しまくった英昭彦   英昭彦の実家で、英昭彦VS矢田敏夫(仮名)の対論は、実に多くの話題に及んだ。対論の場所が、英昭彦の「本拠地」であることも手伝って、話題は、英昭彦のほうから押して押して ...

□聖教新聞等に載る池田大作の「虚像」に洗脳されていた1980年代のころの創価学会一般信徒   創価学会幹部は、何かにつけて池田大作の話しをするのを得意中の得意としているのは、昔も今も変わらない。1979年から1981年頃、一時的に池田大作が第一線から退いていたころも ...

  □創価学会・池田大作を「大いに必要な団体であり、人物である」と絶賛した大石寺67世阿部日顕法主   池田大作は、1981(昭和56)年10月31日に創価大学で行われた第11回創大祭での創立者(池田大作)講演「迫害と人生」(1981年11月1日付け聖教新聞)で、復活第一弾の狼煙( ...

□1981(昭和56)年12月の九州・大分指導で復活・復権の第二弾の狼煙を上げた池田大作   1981(昭和56)年10月31日に創価大学で行われた第11回創大祭での創立者(池田大作)講演「迫害と人生」(1981年11月1日付け聖教新聞)で、復活第一弾の狼煙(のろし)を上げた池田大作は、ひき ...

□池田大作復権の大きなターニングポイントになった第11回創大祭の創立者講演「迫害と人生」   池田大作は、1981(昭和56)年10月31日に創価大学で行われた第11回創大祭での創立者(池田大作)講演「迫害と人生」(1981年11月1日付け聖教新聞)で、復活第一弾の狼煙(のろし)を上 ...

□第11回創大祭の創立者(池田大作)講演「迫害と人生」で復活・復権の狼煙を上げた池田大作   1979(昭和54)年4月28日、池田大作は創価学会会長と日蓮正宗法華講総講頭を辞任。創価学会名誉会長、日蓮正宗法華講名誉総講頭になって、第一線を退いた形になっていたが、創価学 ...

□創価学会内部の出世競争に勝つために石川県までやってきた創価学会男子学生部信徒   1982年1月、「だまし討ち折伏」の矢田敏夫(仮名)が、石川県の英昭彦の実家を訪ねてくるという事件があった。なぜこんな事件が起きたのか。事の経緯はこうである。 あるときT大学キャ ...

□ただ漫然と生活するただのぐーたら学生男がなぜ人生悟りを開いたかのようなエラそうな指導ができるのか   英昭彦は、創価学会員たちから何度も「だまし討ち折伏」を喰らい、彼らの執拗さ、強引さには、ほとほと辟易していた。矢田敏夫(仮名)や河岸春樹(仮名)らは、それ ...

□折伏布教活動の目的を出世競争の為とは言えずに黙りこくってしまった創価学会男子学生部員   英昭彦が「創価学会は、これだけ強引な折伏・布教活動を行って、創価学会員をどんどん増加させ、おまけに公明党を造って国会や地方議会の議員をどんどん増やして、何をしよう ...

□「東洋哲学研究会」の仮面を被って大学構内で強引な折伏活動をしていた創価学会学生部2   T大学学園祭の東洋哲学研究会のテナントで、英昭彦と創価学会員の論争がピークに達しようとした時、何とその場に矢田敏夫(仮名)と河岸春樹(仮名)が現れた。英昭彦は、それまで大 ...

□「脱会の自由」「創価学会批判」を弾圧し続ける創価学会はファシズム体質そのものである   図書館で聖教新聞を読んでいたときに気づいたのだが、聖教新聞紙上には、よく「○○の誓い」だの「創価○○会の誓い」などという文言が、頻繁に出てくる。この「誓い」というの ...

□嘆息し呆れてしまう創価学会の造反幹部・議員・創価学会批判メディア・ジャーナリストへの誹謗中傷   創価学会という団体が、世間から危険視され、蛇蝎の如く嫌われ、嫌悪され、批判される原因のひとつに、これでもか、これでもかと言わんばかりに繰り返す、池田大作氏 ...

□なぜ創価学会員が創価学会を脱会することが池田大作名誉会長を裏切ることになるのか   創価学会員がボロクソにこき下ろし、モーレツな批判を浴びせていたのは、山崎正友氏や原島嵩氏だけではない。創価学会の「昭和52年路線」と、日蓮正宗VS創価学会の第1次宗創紛争で、 ...

□長らく池田大作側近幹部だった人物しか知り得ない創価学会機密を外部に暴露した原島嵩氏   創価学会がボロクソに人格攻撃を繰り返してきた人物として、創価学会元教学部長で創価学会批判活動家・原島嵩氏がいる。原島嵩氏の活動や実績に対する冷静・公平な評価は、どう ...

□死してもなお創価学会批判活動家・山崎正友氏へ敵意を剥き出しにする創価学会のカルト謀略体質の異常性   1980年から約三十年の長きにわたって創価学会のドン・池田大作と創価学会を徹底批判してきた創価学会批判活動家・山崎正友氏は、2008年12月29日、急性腎不全で死 ...

□創価学会元顧問弁護士・創価学会批判活動家・山崎正友氏の活動の功罪を検証する   創価学会は公式見解で、山崎正友氏をボロクソに人格攻撃を繰り返しており、創価学会の会合で、幹部から「山崎正友批判」を聞き、何の検証もせずに、それを全て鵜呑みにしている創価学会 ...

□創価学会に造反した山崎正友氏、原島嵩氏、創価学会脱会信者を総攻撃していた創価学会員   昭和55年(1980)から昭和56年(1981)ころ、創価学会員の口からさんざん聞かされたのが、山崎正友氏批判、原島嵩氏批判。そして第1次宗創紛争で創価学会を脱会した脱会信者批判であ ...

□「東洋哲学研究会」の仮面を被って大学公認のクラブを結成していた創価学会学生部   私が行っていたT大学では、毎年10月下旬から11月にかけて、大規模な大学祭を行っていた。この大学祭では、大学公認の部活動、クラブ活動、サークル活動を行っている団体が、大学構内に ...

□「世間一般は宗教に無智だ」との「上から目線」の創価学会の独善的体質が許せなかった英昭彦   東京・池袋のバイト先から、常在寺が近かったこともあり、常在寺に行ったからといって、別に創価学会に入会勧誘されることはなかったため、英昭彦としては、常在寺に自分で ...

□「難しい読経をなぜ日本や海外の在俗信徒におしつけるのか」と疑問に思った英昭彦   頻繁に日蓮正宗常在寺に足を運び、午前十時、午後二時のゆっくりスローペースの読経をする「御経」に通い詰めると、それなりに法華経方便品・寿量品の読経には、ついていけるようには ...

□常在寺に通ううちに読経ができるようになっていたが創価学会員との勤行の練習は拒否していた英昭彦   1981年当時、英昭彦は大学二年生だったが、東京・池袋の常在寺に行くことは、大して難しいことではなかった。英昭彦が住んでいたアパートは、今の地下鉄で池袋から二 ...

□「常在寺に熱心に参詣する創価学会員とはどういう人なのか」と思って話を聞いてみた英昭彦   東京池袋の日蓮正宗寺院・常在寺の入り口から入って階段を登っていくと、正面が受付で、左側に本堂入り口。須弥壇には1972(昭和47)年に大石寺66世細井日達法主が書写・造立し ...

□昭和50年代に入って寺院寄進を停止した創価学会に不満を持っていた(?)日蓮正宗僧侶   昭和57(1982)年当時、東京池袋・常在寺の住職・早瀬義孔氏は病身のため、勤行や法要にはほとんど出仕せず、常在寺在勤教師・平井正道氏、小口寛道氏のどちらか、あるいは二人が本堂で ...

□日蓮正宗常在寺の創価学会お会式で創価学会教義逸脱を批判した常在寺僧・小口寛道氏   東京・池袋の日蓮正宗寺院・常在寺は、江戸時代初期、大石寺16世日就が創建した寺院で、約400年にわたる歴史がある古刹寺院。さらに大石寺17世日精が、法主隠退後、長く常在寺住職を ...

□病身で所化僧に抱きかかえられるように本堂の勤行会に出仕してきた常在寺住職・早瀬義孔氏   1981年当時、東京・豊島区のアパートに住み、東京・池袋のストリップ劇場・S劇場でバイトをしていた英昭彦にとって、東京・池袋の常在寺を訪ねることは、さほど難しいことでは ...

□牧口常三郎・戸田城聖時代から創価学会と深い関係だった東京池袋・日蓮正宗常在寺   いろいろ日蓮正宗や創価学会のことを研究していくと、この東京・池袋の日蓮正宗寺院・常在寺は、古くから創価学会と深い関係のある寺院であるということがわかってきた。戦前、創価学 ...

□創価学会員の本音・本心を探り出すために訪ねた創価学会員が参詣していた日蓮正宗寺院   私も長い間、T大学学生部・矢田敏夫(仮名)らの「だまし討ち」折伏、創価学会員たちの非常識な振る舞いによる数々の被害に遭い、ほとほと創価学会員そのものに、懲りていた。懲りて ...

□大石寺に行って「なぜ『戒壇大本尊』を自宗の信者以外に拝ませないのか」疑問に思った英昭彦   英昭彦がちょうど20才の時だったが、自分でバイトをして稼いだカネで、自分で電車の切符・特急券を買い、地図を頼りに大石寺にたどり着いた英昭彦だったが、いろいろと大石 ...

□宗創和合時代の品川駅・横浜駅で見た創価学会員の大石寺団体登山専用列車   宗創和合時代の創価学会員は、英昭彦の前では大石寺に登山に行ったこと。文化祭に出て何かしらの演技をしたことを、事ある毎に自慢していた。創価学会員たちから「大石寺境内には入れない」と ...

□大石寺の日蓮七百遠忌慶讃登山参詣を独善的自慢話をして顰蹙を買っていた創価学会員   さて大石寺登山をさんざん自慢していた創価学会員だが、中でもとりたてて自慢していたのが昭和56年(1981年)の日蓮七百遠忌、昭和57年(1982年)の日興・日目六百五十回遠忌の登山会。 ...

□宗創和合時代に我先に大石寺に登山して「戒壇の大本尊」御開扉を自慢していた創価学会員   1990年12月の池田大作総講頭罷免、1991年11月の創価学会破門、1992年8月の池田大作信徒除名から25年以上の歳月が経ち、かつての日蓮正宗と創価学会が和合路線にあった宗創和合時 ...

□大学の授業内容を筆記したノートのコピーほしさのために「酒」で懐柔しようとした創価学会員   私と矢田敏夫(仮名)、河岸春樹(仮名)は、あの当時、同じT大学の学生であり、キャンパスの中で顔を合わせる機会もかなりあった。しかし、矢田敏夫(仮名)による、たび重なる ...

□大石寺法主曼荼羅本尊・大きな仏壇がある自宅には絶対来るなと言っていた隠れ創価学会員   学食での隠れ創価学会員事件の他にも、こんな事件があった。 大学入学直後の1年のチュートから4年のゼミまで、4年間いっしょだった学生が、実はあとから創価学会員だったとわか ...

□バイト先、アパート住人、大学サークル、劇団等、英昭彦周辺のあっちこっちに居た創価学会員   英昭彦は学生時代、創価学会学生部員たちから、嵐のような入信勧誘を受け、さんざんな目にあったのだが、あの当時も、創価学会員の強引・執拗な折伏、投票勧誘などの選挙活 ...

□ちょっと騒がしいだけの普通の中学生を「荒れている」「不真面目」扱いする教師の体質に不信感を持った英昭彦   学習塾Hの塾講師のバイトは、かなりの「遠距離通勤」になったが、騒々しい中学生相手の授業は、英昭彦にとって、なかなか面白かった。授業の進め方は、学習 ...

□創価学会研究の為に出た東京戸田記念講堂の創価学会男子部会合で見た北条浩四代会長   書店で御書全集や創価学会批判本を買い求め、聖教新聞社出版センターで「富士宗学要集」を買い求め、創価学会婦人部員が勝手にドアに挟んでいく聖教新聞を読んでいても、これだけで ...

□高いギャラの塾講師のバイトによる経済的余裕をガールフレンドとの遊びに廻し始めた英昭彦   JR拝島駅前の学習塾Hで、塾講師のバイトがスタートし、3時間で1万円のバイト料も入ってきて、時間的にも経済的にも、少し余裕が出てきた。塾講師のバイトは夕方からなので、大 ...

□創価学会活動・折伏・教学よりも塾講師のバイトに最大の関心を持っていた創価学会学生部員   木訥な人柄の河岸春樹(仮名)までが「だまし討ち折伏」を仕掛けてきたのは、予想外だったが、英昭彦としては、河岸春樹(仮名)の人柄からして、河岸春樹(仮名)自身の考えで「だ ...

□自分たちに好都合な話、好都合なものだけを見せて洗脳しようとする創価学会員たち   私のほうも、こうして何度も「だまし討ち」折伏・勧誘されて、そのたびに断ったり、創価学会員たちとケンカになったりしたわけですが、こういう経験を積み重ねていく上で、最も私が腹 ...

□創価学会員の「だまし討ち折伏」で出席した創価学会末端組織主宰の壮年・婦人・男子・女子部の座談会   「だまし討ち」勧誘の創価学会員・矢田敏夫(仮名)に、英昭彦がだまし討ちの手法を厳重に抗議したため、その後、しばらくは英昭彦に近づいては来なくなった。その代 ...

□息子の創価学会入信で深刻な親子分裂に陥った創価学会反対の両親と創価学会員の息子   そもそも他人に対して、「あなたは地獄に堕ちる」だの「仏罰で不幸になる」などと言っている人の心の中が、すでに地獄そのものなのではないのか。室町時代に偽作された板本尊を日蓮 ...

□非常識な振る舞いの創価学会員・創価学会幹部を一喝して追い返した元創価学会員   大学に入ってから、同級生やバイト先に創価学会員がゴロゴロたくさんいたのだったが、もちろん、創価学会員ではない人もいた。大学1年のK市のアパートに下宿して、昼の警備員のバイトを ...

↑このページのトップヘ