国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ

正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」。日本のみならず世界中からカルト宗教被害を根絶・絶滅させることが究極の目的。伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (背景写真は大石寺開創七百年慶讃大法要・本会が終了後、饗応の席で歓談する池田大作と大石寺67世阿部日顕・1990年10月14日付け聖教新聞より)

日蓮正宗は偽り・虚構と国際人権規約違反の折伏を即時中止せよ

「国際カルト宗教対策委員会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」(略名・アンチ日蓮正宗)「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体異名。
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日蓮正宗は千葉県松戸市秋山地区の新寺院建設計画を即時全面白紙撤回せよPART1

□強引・非常識な折伏をする日蓮正宗の新寺院建設は近隣住民の平和に対する重大な脅威だ

 

日蓮正宗が千葉県松戸市秋山地区で新寺院建設を計画。これに対して新寺院建設予定地の近隣住民の方々が日蓮正宗の新寺院建設に猛反対。日蓮正宗の新寺院建設の白紙撤回を要求して反対運動を繰り広げておられる。新寺院建設予定地の近隣には「宗教施設建設反対」の旗が多数なびいており、20168月現在で、何と1453筆にものぼる「日蓮正宗宗教施設反対署名」が行われて、松戸市長宛に提出されている。

秋山8


秋山2


秋山12-2ok


秋山13-2ok


 秋山17-2ok

(日蓮正宗新寺院建設予定地の近隣にはためく「宗教施設建設反対」の旗)

秋山6


秋山5-2ok
 

(日蓮正宗新寺院建設予定地)

秋山反対ビラ1


秋山反対ビラ2-2ok


秋山反対ビラ3-2ok


秋山反対ビラ4
 

(「秋山の街を守る会」製作の日蓮正宗新寺院建設反対のビラ)

秋山反対署名1-2ok
 

(「秋山の街を守る会」製作の日蓮正宗新寺院建設反対署名簿)

日蓮正宗は、日本のみならず世界中の人を一人残らず日蓮正宗の信徒にしてしまうことを意味する「広宣流布」を究極の目標に据えて、日本のみならず海外各国に至るまで、強引・執拗・非常識な折伏・布教活動を行っている。日蓮正宗のこのような過激体質は、少なくとも江戸時代に散見され、明治・大正・昭和にかけてその過激体質をエスカレートさせている。この過激体質の日蓮正宗から、昭和時代に、過激な折伏・布教活動で信徒数を激増させた創価学会、妙信講(今の顕正会)が輩出し、創価学会の最高指導者・池田大作が通算26年にもわたって日蓮正宗信徒のナンバーワン(法華講総講頭)だったことは、余りにも有名である。日蓮正宗は1974年に妙信講(今の顕正会)を破門。1991年に創価学会を破門。1992年に池田大作を信徒除名にして、一時的に信徒数が減少した。ところが1990年代から「3万総会」「6万総会」「30万登山」「50万登山」「法華講員50%増加」「80万法華講員」といった、無茶な布教目標を立てて、強引・執拗・非常識な折伏・布教活動を展開する過激体質を一層エスカレートさせている。さらに2000年代に入ってからは、大人の信徒のみならず、未成年の小学生、中学生、高校生に「折伏せよ」などと「指南」(指導)して、心ある人の大顰蹙を買っている他、日蓮正宗のトップ・管長・代表役員である大石寺68世早瀬日如法主が、大石寺広布坊で行われた「法華講連合会総会」の席で日蓮正宗の信徒を前に、「折伏している相手が入信するまで折伏せよ」との非常識極まりない「指南」(指導)をしている。これは

1 すべての者は、思想、良心及び宗教の自由についての権利を有する。この権利には、自ら選択する宗教又は信念を受け入れ又は有する自由並びに、単独で又は他の者と共同して及び公に又は私的に、礼拝、儀式、行事及び教導によってその宗教又は信念を表明する自由を含む。

2 何人も、自ら選択する宗教又は信念を受け入れ又は有する自由を侵害するおそれのある強制を受けない。」

とある日本が1978年に署名し、1979年に批准している国際人権B規約 第18条違反であり、日本国憲法第20条の「信教の自由」「布教の自由」からの大きく逸脱した活動であることは明らか。

そうなると、全国各地に点在する日蓮正宗寺院は、「入信するまで折伏せよ」とのストーカー折伏の拠点ということになり、日蓮正宗の新寺院か゛建設されるとなれば、これは近隣の住民の方々の平和な生活に対する重大な脅威である。

 

続きを読む

日蓮正宗は「入信するまで折伏せよ」とのストーカー折伏・布教指導を即時中止・撤回せよ

□日蓮正宗の全信徒に「入信するまで折伏せよ」と指南している大石寺68世早瀬日如法主

 

日蓮正宗の日本国憲法の「信教の自由」「布教の自由」を大きく逸脱した体質、国際人権B規約 第18条に違反する体質は、未成年の子供、小学生、中学生、高校生への折伏命令を下したり、殉教の精神を説いたりしているだけではない。日蓮正宗のトップ・管長・代表役員である大石寺68世早瀬日如法主は、2016(平成28)327日、大石寺広布坊で行われた「法華講連合会第53回総会」の席で日蓮正宗の信徒を前に、「入信するまで折伏せよ」との「指南」(指導)をしている。

「既に皆様もご承知の通り、本年は『折伏躍進の年』であります。すなわち、本年はすべての講中が、異体同心・一致団結して、来るべき平成33年・法華講員80万人体制構築へ向かって大折伏戦を展開し、本年度の折伏誓願を必ず達成して、勇躍として前進すべき、まことに大事な年であります。されば、まず私ども一人一人がこのことを深く心に刻み、誓願達成へ向けて、勇気と確信を持って、存分に戦いきっていただきたいと思います」

「折伏は、決して口先だけでできるものではありません。全人格で足を使い、心を込めて折伏するのであります。また折伏に『これなら絶対に達成できる』というような、絶対の方程式などはありません。題目を唱え、その功徳をもって一生懸命に折伏することが大事であります。折伏は相手を救う一念で、ひたすら折伏する以外に達成の秘訣はないのであります。また、たとえだれがやらなくても、一人になっても折伏するという、断固たる決意と勇猛果敢なる行動こそが大事であります」

「私どもの折伏も、大聖人様がそうであったように、初めは一人であっても、断固たる決意を持って、根気よく折伏に励むところ、必ず達成成就することができるのであります。折伏ができないのは、途中でやめてしまうからであります。折伏は、あくまでも続けていくということが大事なのであります。それが達成の秘訣であろうと思います。平成33年・宗祖日蓮大聖人御聖誕八百年、法華講員80万人体制構築まであと5年、法華講にとっては、これからの戦いが勝負であります。今こそ、全講中が総決起して、破邪顕正の折伏を実践すべき時であり、どの(法華講)支部も遅れをとってはなりません。(日蓮の『如説修行抄』の文を引用して)折伏をすべき時に、折伏をしない者は『物怪』であるとの厳しいお言葉であります」

「本年は『折伏躍進の年』に当たり、私どもは一人一人がこれらの御金言を深く心に刻み、全身全霊を傾けて、身軽法重・死身弘法(しんきょうほうじゅう・ししんぐほう)の大折伏戦を展開して折伏誓願を達成し、もって仏祖三宝尊に対し奉り御報恩謝徳申し上げ、それぞれが一生成仏を果たされますよう心から念じ、本日の話しといたします」

(日蓮正宗宗務院機関誌『大日蓮』平成285月号より)

27ストーカー折伏指南1


27ストーカー折伏指南2


27ストーカー折伏指南3
 

27ストーカー折伏指南4


5大日蓮

法華講とは、日蓮正宗の大石寺塔中・末寺寺院・教会の信徒を総括したものを指すことばで、大石寺に法華講本部、大石寺塔中・各寺院・教会に法華講支部を置く。日蓮正宗信徒は、大石寺塔中・末寺寺院・教会の法華講支部を中心に活動する。昭和37年(1962年)、大石寺66世細井日達法主の代に、法華講支部の連合体である地方部が、さらに地方部の連合体である日蓮正宗法華講連合会が結成され、信徒団体として組織化が進んだ。法華講連合会には委員長、副委員長、理事、幹事、さらに地方部長、副地方部長以下の役員がいる。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ