国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ

正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」。日本のみならず世界中からカルト宗教被害を根絶・絶滅させることが究極の目的。伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (背景写真は大石寺開創七百年慶讃大法要・本会が終了後、饗応の席で歓談する池田大作と大石寺67世阿部日顕・1990年10月14日付け聖教新聞より)

日蓮正宗の独善的・独尊的・排他的体質を斬る

「国際カルト宗教対策委員会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」(略名・アンチ日蓮正宗)「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体異名。
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(4)~仏教教学の修学はただ乗りして当たり前だと思っている

□時間とコストをかけて本気で仏教を検証・研究しようとしない日蓮正宗や創価学会の信者

 

仏教教学を不信や疑問の上から検証・研究して行くことを全く知らない、あるいは理解できない日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害と関連した悪弊・弊害である。これは日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の現役信者のみならず、「富士門流執着軍団」の者や口先だけ無宗教宣言した自称・元日蓮正宗信者・元創価学会員の「ドリーJUNKシニア」等にも共通している。

つまり日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会では、信者が学習する題材・テキストは、あらかじめ寺院や信徒団体が用意したものばかり。このテキストを、講師が御書学習会、教学試験勉強会、夏季講習会等々で講義する。これを聞いている信者は、これに洗脳されているだけである。

さらにその上に、御書学習会、教学試験、教学勉強会、夏季講習会では「無疑曰信」ということが徹底的にたたき込まれる。「無疑曰信」とは、日蓮正宗や創価学会が説く教学に何の疑問も持たずに頭の中にたたき込み、脳の中を日蓮正宗や創価学会が説く教学で占拠するように強要される。御会式や御講などの寺院行事においても、日蓮正宗の僧侶は「法門は毛穴から入る」などと言って、御会式や御講などの寺院行事に参詣する信者には、疑問も何も抱かずに黙って聞いていることを要求している。これは、ただの洗脳教育である。日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の信者たちは、こんな洗脳教育が仏教教学の学習だと錯覚しているから、自分の目と耳と頭で、仏教教学を自分で検証することなど、全く思いも寄らない。

かつて「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会(略名・アンチ日蓮正宗)管理人が、「日蓮の御書全集や『富士宗学要集』を読了した」と書いたら、「御書全集は、日蓮正宗の信者しか手に入らないはずなのに、どこから入手したのですか」などという質問を寄せてきた人がいた。「御書全集は、日蓮正宗の信者しか手に入らない」などと本気で思っていることに、「アンチ日蓮正宗」管理人は呆れ果ててしまいました。創価学会が1951(昭和26)年に出版した大石寺59世堀日亨編纂の「御書全集」は、昭和50年代から60年代のころは、一般の書店でも販売していた。日蓮正宗が1994(平成6)年に出版した「御書全集」は、大石寺の売店で販売していた。

先の質問者は『富士宗学要集』については、その存在すら知らなかったようだが、昭和30年代に創価学会が出版した大石寺59世堀日亨編纂の『富士宗学要集』は、昭和50年代から60年代のころは、東京・信濃町の創価学会タウンの一角にある聖教新聞出版センターで販売していた。

私は、御書全集や『富士宗学要集』がどこで販売されているのかという情報を、自分で仕入れて、自分で歩いて御書全集や『富士宗学要集』を買いに行ったのである。創価学会の会館は、基本的に会合があるときに創価学会員のみしか入れなかったが、聖教新聞出版センターは開館時間内であれば、だれでも中に入ることが出来て、だれでも中で販売している書籍を買うことができた。

御書全集は1冊にまとまっていたが、『富士宗学要集』は全10巻。1巻が約3000円くらいした。だから『富士宗学要集』全10巻を一度に買うことはできず、何度も聖教新聞出版センターに足を運んで、1冊から2冊ずつ買っていったのである。

 

続きを読む

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(3)~不信から仏教教学の学習がはじまることが理解できない

□「仏法を学す」ことは仏法への不信や疑問からスタートすることが理解できない洗脳信者たち

 

日蓮正宗の信者たち、特に洗脳法華講員たちは「なぜ無宗教なのに仏教に詳しいのか」「日蓮正宗を批判する者が仏教に詳しいのは、おかしい」「無宗教が仏教に精通しているのは不審だ」などと口をそろえて言う。まことに滑稽極まりない話しである。元来、「仏法を学す」ということは、仏法に対する不信や疑問からスタートするのである。これは仏法を学す基本である。ここのところが洗脳法華講員たちは、全く理解できない。

日蓮正宗や創価学会の場合は、信徒団体の号令により、御書学習会があり、教学試験があり、教学勉強会があり、夏季講習会がある。それぞれの御書学習会、教学試験、教学勉強会、夏季講習会には、信徒団体がそれぞれのテキストを用意して、信者はそれを読み学習する。そしてそれらの御書学習会、教学試験、教学勉強会、夏季講習会では「無疑曰信」ということが徹底的にたたき込まれる。「無疑曰信」とは「疑い無きを信と曰う」ということで、日蓮正宗や創価学会が説く教学に、何の疑問も持たずに、自分の頭の中にたたき込み、脳の中を日蓮正宗や創価学会が説く教学で占拠するように強要される。御会式や御講などの寺院行事においても、参詣信者は寺院の受付に供養金を差し出して、法要に参詣し、僧侶の説法をただ黙って聞いているだけ。日蓮正宗の僧侶は「法門は毛穴から入る」などと言って、御会式や御講などの寺院行事に参詣する信者には、疑問も何も抱かずに黙って聞いていることを要求している。これでは仏法を学習するのではなく、ただの洗脳教育でしかない。日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の信者は、こんな洗脳教育の中で育ってきているので、仏教教学というものは、その宗派・宗旨を信仰する者だけが修学するものだと思い込んでいる。彼らは、そういう仏教修学や教学研鑽に名を借りた洗脳教育しか知らないため、そういうものだと思い込んでいる。まことに恐れ入った話しである。

こういう日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の信者の悪弊・弊害は、現役信者のみならず、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会から離檀・脱会して単に無宗教宣言しただけの人や、富士門流寺院や富士門流教学に執着している「富士門流執着軍団」の人たちが延々と引きずっているケースが多々見られる。例えば口先だけ無宗教宣言しただけの自称・元日蓮正宗信者・元創価学会員の「ドリーJUNKシニア」は、日蓮正宗から離檀する以前、mixi「アンチ日蓮正宗」(正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会(略名・アンチ日蓮正宗)を読み、「アンチ日蓮正宗」管理人に対して「あなたは日蓮正宗の元信者ですか」と執拗に言ってきていた。つまり「ドリーJUNKシニア」は、日蓮正宗の元信者でなければ、ここまで日蓮正宗の教学を論ずることは不可能だと言いたいようである。しかしこの「ドリーJUNKシニア」の書き込みは、的外れなただの妄言に過ぎない。

 

続きを読む

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(1)~「無宗教」を知らない

□日蓮正宗系の悪弊からの脱出は浄土系・禅宗系を含めた全仏教宗派の寺院巡りからはじまる

 

「国際カルト宗教対策委員会」「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会」(略名・アンチ日蓮正宗)では、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の「日蓮正宗」系宗教を批判し続けてきているが、これに何とか反論しようとしているのか、日蓮正宗の信者の中で、無宗教についていろいろと批判を加えようとしている者がいる。「国際カルト宗教対策委員会」管理人が無宗教ということで、無宗教批判をしようという主旨らしい。又、かつてmixiに、「国際カルト宗教対策委員会」管理人が無宗教だと言うと、「無宗教思想を広めようとしている」だの「無宗教思想を信仰している」だのと、とんでもない見当違いな論旨を展開していた者すらいた。「龍神ひろし」「佐々木の父」「南無阿弥陀仏」等のハンドルネームの者らがそれである。世間一般で言う「無宗教」とは、どこの宗派にも属していない人、どの宗教も信仰していない人を指して「無宗教」という。日蓮正宗系宗教団体に永年、でっぷりと漬かっていた人、染まっていた人、生まれたときから日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会等の「日蓮正宗系」宗教の世界にいた人は、この「無宗教」ということがどういうことだか全く知らないし、わかっていない。これは永年、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の世界に漬かっていた悪弊・弊害であるということができる。「無宗教」を知らない「日蓮正宗系」信者に、無宗教を語る資格は全くないと言っておこう。

それから、「無宗教」を知らない「日蓮正宗系」信者の中には、自分で無宗教宣言をすれば、それで自動的に無宗教になれると思い違いをしている人もいるようである。「国際カルト宗教対策委員会」管理人が無宗教だから、ということで、日蓮正宗系宗教団体から離檀・脱会した後に、「無宗教宣言」をする人もいるようである。しかしながら、生まれたときから「日蓮正宗」系の世界にいた人、「日蓮正宗」系の世界に20年、30年、40年の長い間、浸かっていた人は、離檀・脱会した後に、そう簡単に無宗教にはなれない。それはなぜか。私は無宗教ですが、私は生まれたときから今日まで、ずーっと無宗教ですから、普通に無宗教として生きています。はっきり言っておきますが、私は無宗教をベースにして、浄土宗・浄土真宗・真言宗・曹洞宗・臨済宗・天台宗・日蓮宗・法華宗等々の旧仏教各宗派から、富士門流の寺院もキリスト教の教会も、どこでも何の不自由も何の執着もなく、行くことが出来る。ところが、彼らは無宗教宣言しても、これができない。

日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会等の「日蓮正宗系」宗教団体を離檀・脱会した後に、仏教各宗派の寺院巡りをする人はたくさんいらっしゃいます。そういう方々が参詣される寺院は、日蓮宗ないしは日蓮宗系、法華宗ないしは法華宗系、天台宗。そして多いのが、北山本門寺、西山本門寺、伊豆実成寺、京都要法寺、保田妙本寺、小泉久遠寺といった日蓮正宗系以外の富士門流寺院である。彼らが絶対に行かない、ないしは行こうとしないのが浄土宗・浄土真宗・真言宗・曹洞宗・臨済宗・真言律宗の寺院。なぜ行かないかというと、日蓮の「念仏無間・真言亡国・禅天魔・律国賊」の四箇の格言への執着が残っているからだと思われる。こう言うと「そんなことはない。私も寺院巡りに行っている。浄土宗の増上寺や真言宗智山派の川崎大師にも行っている」と言う。増上寺や川崎大師は初詣や修学旅行のメッカだから、行っているのかも知れないが、しかし彼らは浄土真宗の東本願寺、西本願寺、仏光寺、高田専修寺、錦織寺、浄土宗の知恩院等に行って、阿弥陀如来像に南無阿弥陀仏を唱えたり、曹洞宗の永平寺、総持寺、臨済宗の建長寺、円覚寺、南禅寺、天龍寺等に行って座禅を組んだりは、絶対にしない。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ