国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ

正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」。日本のみならず世界中からカルト宗教被害を根絶・絶滅させることが究極の目的。伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (背景写真は大石寺開創七百年慶讃大法要・本会が終了後、饗応の席で歓談する池田大作と大石寺67世阿部日顕・1990年10月14日付け聖教新聞より)

実録・となりの創価学会員・法華講員・顕正会員001~1000

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が2005年に設立した会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。
この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」の管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」。「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」は「一般社団法人 仏教宗学研究会」が管理・運営。
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の創価学会員・法華講員(9)~公明党が創価学会から生まれ創価学会・公明党の政教一致体質を知らない若者はなぜ生まれたのか

□小学生のころの英昭彦が創価学会・公明党の知識を得た書棚に並んでいた百科事典類の書籍

 

英昭彦は今も仕事の関係、父親の介護の関係、「仏教宗学研究会」本部近隣の関係等々で、若い人と話す機会がある。そういう機会は、今の若い人が何を考え、何を思考しているのかを知る貴重な機会でもある。その若い人はもちろん世間一般の人であり、創価学会、顕正会、法華講等の「日蓮正宗系」カルト信者はいない。大半が無宗教の人で、「仏教宗学研究会」本部近隣はほとんどが浄土真宗の檀家なので、浄土真宗の仏壇や墓地は持っているのだろうが、日常の宗教活動は何もしていない無宗教、無党派の人たちである。英昭彦がリアルに話しをする人の中には、英昭彦が「仏教宗学研究会」・「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」、「国際カルト宗教対策委員会」略名Icat-Cultの管理人をやり、「日蓮正宗系」カルト宗教批判活動を行っていることを知っている人もいれば、知らない人もいる。英昭彦は若い人たちと創価学会等「日蓮正宗系」カルト宗教のことについて意見交換する機会があれば、そのたび毎に英昭彦は創価学会等「日蓮正宗系」カルト宗教を批判するのだが、英昭彦の周囲にいる若い人たちも、創価学会等「日蓮正宗系」を批判する人、批判的な意見を持つ人ばかり。今まで私の眼前で創価学会等「日蓮正宗系」を擁護した人は一人もいない。世間から創価学会が嫌われる最大の原因は、創価学会員による強引・執拗な折伏・入信勧誘、公明党への投票干渉、聖教新聞の執拗なセールス。さらに創価学会の独善的体質、狂信的・盲信的・カルト信仰的な創価学会員・創価学会幹部、創価学会の宗教団体にあるまじき権力志向・支配志向の体質等々があげられる。世間から創価学会が嫌われる原因は、昔も今もそんなにかわっていないな、という印象である。この中で、英昭彦が注目したのは、世間の若い人は、創価学会員が選挙になると「公明党の○○に投票してくれ」「公明党に投票してくれ」などと干渉してくることを嫌っているのだが、公明党が創価学会から生まれたこと、創価学会と公明党の政教一致体質、公明党が池田大作の天下取り構想の先兵になっていることを全く知らない人が、かなりの数いるということ。特に公明党が創価学会から生まれたこと、創価学会と公明党の政教一致体質を知らない人がいることに驚かされた。なぜこうなったのだろうか。

ちなみに英昭彦の場合は、公明党が創価学会から生まれたことは、子どもの頃から知っていた。なぜなら、少なくとも英昭彦が小学生のころから、北陸の実家の英昭彦の部屋の書棚に、百科事典がズラリと並んでいて、好奇心でその百科事典を読んでいた。なぜ英昭彦の部屋に百科事典があったのかは、わからない。おそらく、親が買って来たのではないかと思う。---この百科事典は、今も「仏教宗学研究会」本部書棚に収蔵されている---

その百科事典には、公明党が創価学会から生まれたこと。創価学会員の議員を集めて結成させた公明政治連盟を発展させ、創価学会の池田大作会長が公明党を創立したこと。公明党の支持母体である創価学会は、日蓮正宗から生まれた、日蓮正宗の信徒団体であることが、しっかりと書いてあった。英昭彦が小学生のころというのは、昭和40年代中頃のことで、まさに創価学会の「折伏大進撃」による信徒激増期のこと。日蓮正宗についての詳しい記述はなく、日蓮宗は知っていたので、「日蓮正宗?日蓮宗のまちがいかな?」「それとも日蓮宗の親戚なのかな?」ぐらいに思っていた。日蓮正宗についての詳しい知識が身についたのは、大学に進学した後のことである。

 

 

 

続きを読む

隣の創価学会員・法華講員(8)~朝のファミレスで見かけた『隣の隣の創価学会員』による奇妙な『色仕掛け折伏』の様子

□ファミレスの一席で人目をはばからず「色仕掛け折伏」をしていた創価学会婦人部中年女性

 

これは2014年ころの話しであるが、英昭彦のすぐ近くで、強引な布教事件が起きたこともあった。

英昭彦は時折、ファミレスで食事をすることがあり、特に午前中、ファミレスに入ってモーニングを食べることがよくある。ある日、よく行くファミレスの一席でモーニングを食べていたら、英昭彦の隣の隣の席に、何やら風体のあがらない、横山ノック風のハゲ頭の壮年男一人と、これまた風体のあがらない超地味で、しばらく洗濯をしていないのではないかと思われるような服を着た中高年女性2人の計3人のグループが着席。最初、私は気にもとめていなかったのだが、この3人、ファミレスの女性店員に食事を注文。それから、何かと話を始めた。

この3人組は、女性二人が一方的に話していて、そのうち女性Aが「私は折伏はしているけども、組織の役職は受けないことにしているのよ」という話し声が私の耳元に聞こえてきた。「組織の役職(?)。どこかで聞いた話だな」と思った私は、モーニングを食べながら、隣の隣の席の3人組の話しを、「見て見ぬふり」をしながら、注意して聞いていた。そのうち、ファミレスの店員が、3人組のテーブルに、何と生ビールを持ってきた。3人組は、まだ午前中だというのに、生ビールで乾杯しながら、話し始めたのである。話しの成り行きを見ていると、中高年女性2人が横山ノック風ハゲ頭の壮年男を説教しているようす。中高年女性のトークは、生ビールが入っていたせいか、次第にテンションが高くなって声が大きくなっていった。中高年女性Bがハゲ男に「○○さんは、人間革命したねー」と喋る声が聞こえてきた。「この中高年女性は創価学会員か」と、ここでわかった。ハゲ男に説教している中年女性ABも、化粧も何もしていない“スッピン”状態。それで中年のハゲ男を説教しているのだが、「私たちの言葉を信じて、ついて来て」などと言っている。ハゲ壮年男は、食事をしながら、ほとんど無言のまま、下をうつむいて、中高年女性ABの話しを聞いている。「これはどうやら『色仕掛け折伏』だな」と、私は直感したが、しかし折伏をする側の中年女性ABも、超地味な服を着た“スッピン”状態だから、『色仕掛け』と呼ぶには、いささか抵抗がある。

しかし私が学生だったころ、大学キャンパスで一般男子学生に対して次々と「色仕掛け折伏」をしていた創価学会女子学生部信徒も、こんな超地味な服を着た“スッピン”状態だったことを思い出した。中高年女性ABの話しは、生ビールが入って、だんだん声が大きくなってきた。隣の隣に座って、見て見ぬふりをしながら聞いていた私の耳にも、はっきり聞こえるくらいになったのである。「私たちといっしょに活動をやっていけば、幸せになれるんだからー」「みんなといっしょに活動をやっていけば、功徳がいただけるんだからー」…中年女性ABも、ハゲ壮年男に説教している。

「信心のことは、幹部や先輩の言うことは絶対に聞いて」「先輩や幹部の言うことを聞かないと。あとあと三世にわたって、ものすごい罪業を積むのよ」……おっと、出ました。創価学会員がお得意の仏罰論、堕地獄論が登場。そして、どこぞの地獄絵図を見てきたような話しっぷりの中高年女性AB。何十年経っても創価学会の体質は、全く変わっていないな、という印象である。

 

 

 

続きを読む

隣の創価学会員・法華講員(7)~突然、実家に出没した非常識な布教活動の創価学会員を「Icat-Cult」管理人が撃退

□何の前触れもなく「Icat-Cult」管理人・英昭彦の前に出没した非常識な布教活動の創価学会員

 

近年、創価学会に関するマスコミの評論を読んでいると、時折、「今は、創価学会の布教活動は、昭和時代の『折伏大進撃』のころのような強引な布教活動はしていない」「創価学会の強引な布教は、もはや昔話だ」という主旨のものを見かける。しかしこういったものは、全く誤った見解である。

Icat-Cult」管理人・英昭彦の周辺で起きた、創価学会員の強引な布教事件の事例を挙げよう。

これは2011年ころ、英昭彦が実家に帰省していたときの話しである。----2016年、英昭彦は実家の近所に土地を購入して一軒家を新築し、実家は取り壊したので、今は実家はない----

英昭彦は、老いた父親の面倒を見なくてはならないし、旧盆を迎えるころには、いろいろやらなくてはならないこともあった。帰省中の某日夕方、夕食の弁当でも買いに出ようかと、実家の玄関の戸を開けたときに『事件』が起こった。ちょうどその時、玄関前の道路の反対側に、黒色のステーションワゴンの車が停まっていた。私が玄関から出てくると同時に、そのステーションワゴンの60代後半くらいのから70代くらいの男の運転手が、「やあ、こんにちは。私、中島(仮名)といいます。お父さんの友だちです」と言いながら、私に手を振っている。「中島(?)父親の友だち(?)そんな人、知らないなー」。私は実家の戸締まりをして、自家用車が停まっている車庫に向かって歩いて行ったのだが、このステーションワゴンの男は、一方的に私に話しかけてくる。「中島ですよ、中島(仮名)。お父さんの友だちですよ。お父さん、どうしたの?入院しとるんですか」。こんな感じで私の父親の友人を自称し、やたらと私の父親の個人情報を聞き出そうとする。この時点で、「こいつ、怪しい男だな」と直感。そこで私が一言。「私は、父親が友だち付き合いをしている人の名前は、全て把握しているが、その中に中島(仮名)という名前はない」。こう言って私が車庫に入ろうとすると、このステーションワゴンの男は、車庫の出入り口の前に、ステーションワゴンを横付けにして、出入り口を塞いでしまったのである。「何だこいつ、ケンカを売っているのか」と思いきや、すぐさま、この自称・中島(仮名)がステーションワゴンから降りてきて、「わしゃ中島(仮名)ですよ。建具屋をやっとるんですよ」と言う。建具屋の中島(仮名)(?)。ここでやっと、この男が2009年に『事件』を起こした創価学会員であることを思い出した。2009年の『事件』とは、こんな内容の『事件』である。

あの当時は、母親がまだ存命中で、父と母の二人が実家で暮らしていた。その時にこの中島(仮名)なる者が、私の母親を騙して、私の東京の住所を聞き出し、東京の自宅に訪ねて来たことがあった。なぜ中島(仮名)がこんなことをしたのかというと、2009年・東京都議会議員選挙の公明党候補者応援のため。つまり東京都議会議員選挙に立候補している公明党候補者に一票入れてくれと言いに、わざわざ北陸地方から東京に来たというわけである。このとき、私は外出中で不在。自宅ポストに中島(仮名)の名刺と手紙が入っていた。住所を見ると、私の実家の住所の近くになっている。「何だこれ?」と思って、中島(仮名)の連絡先に電話をすると、中島(仮名)本人が出てきて、臆面もなく、「東京都議会議員選挙では公明党候補者に一票入れてくれ」などと言っている。

カチンときた私は「オマエは創価学会の者かーっ。非常識なことをやってるんじゃねえぞーっ」と電話で一喝。すると中島(仮名)は、「すいませんでした。申し訳ない。もうそちらには行きません」と行って電話を切った。あのころはブログではなく、「mixi」でコミュや日記を書いていたころで、「mixi」日記にこの一件を書いたところ、マイミクさんから創価学会の非常識な選挙活動批判のコメントや、「Icat-Cult」管理人支持のコメントを多数いただいたということがあった。

 

 

 

続きを読む

隣の創価学会員・法華講員(6)~「Icat-Cult」管理人・英昭彦の親族で死去したときに真っ黒の死相だった親族は一人もいない

□池田大作スピーチ・聖教新聞に載っている創価学会員の交通事故死や40代・50代での死去

 

祖母の母親である曾祖母・松下いの(仮名)は、明治12(1879)年生まれで、昭和44(1969)90才で死去。松下いの(仮名)は、実の娘である英昭彦の祖母が住む、英昭彦の実家にしょっちゅう来ていて、祖父母、父母、英昭彦の他に松下いの(仮名)がいたので、7人家族のようになっていた。

松下いの(仮名)も昭和43(1968)89才で自力歩行ができなくなり、私の実家で寝たきり生活をしていた。松下いの(仮名)が死去したとき、英昭彦は小学生で、葬儀・火葬にも出席したが、棺の中で合掌し、真っ白な顔で寝ていた記憶が残っている。祖父の母親の曾祖母・坂本そと(仮名)は、慶応元年(1865)生まれで、昭和28(1953)88才で死去している。坂本そと(仮名)の死去した時は、英昭彦が生まれるはるか前のことだが、英昭彦の父親が坂本そと(仮名)にかわいがられていたようで、父親がよく坂本そと(仮名)の話しをしてくれた。坂本そと(仮名)は、JR北陸線(※当時は国鉄)が開業する以前、徒歩で倶利伽羅峠を渡って、富山県まで行商に行っていたという。北陸線の金沢- 高岡間が延伸開業し、津幡駅・石動駅・福岡駅が開業したのが1898年(明治31年)のことだから、それよりももっと前。坂本そと(仮名)20才台だったころのことと思われる。今の日本人女性の平均寿命は90才近くになっているが、昭和28年当時、日本人女性の平均寿命は、まだ70才にも到達していなかった。

□戦後昭和史・男女別平均寿命と老衰死亡率

http://shouwashi.com/transition-longevity.html

そんな時代に、88才まで生きたのだから、かなりの長寿だったのではないかと思われる。

英昭彦の父親は4人兄弟なのだが、父親の姉は1997(平成9)年に66才で病死。父親の妹は、幼児期に病死。昭和19(1944)生まれの、私の父親の弟は、今も健在である。このように英昭彦の親族は、80才台、90才台の長寿を全うした人がたくさんいる。父親の姉が66才で病死、父親の姉の長男が55才で死去しているが、これは極めて稀な例である。55才や66才は平均寿命以下だと言うかもしれないが、それでも58才で死去した創価学会二代会長・戸田城聖や四代会長・北条浩よりは長生きしている。創価学会四代理事長・原島宏治が55才で死去しているので、父親の姉の長男の55才での死去は、これと同年齢ということになる。

1984(昭和59)年、創価学会三代会長で創価学会の最高支配者・池田大作の次男・池田城久氏が29才の若さで急死。死因は胃穿孔であった。池田城久氏の急死はあの当時、一般新聞にも有名人の訃報として載ったくらい。創価学会員にも大きな衝撃を与えた事件だった。それどころか、創価学会の機関紙・聖教新聞には、創価学会員が不慮の事故死をした事例や早死した創価学会員の事例が載っているから驚きである。1988(昭和63)89日付け聖教新聞に載っている第1回未来部総会での池田大作スピーチで、こんな話しが載っている。

「さて夏休みに入ると毎年のように、若き大切な友が、交通事故で亡くなったという報告を受けることがある。我が子を亡くした父母の嘆きは、いかばかりであろうか。また私どもにとっても、若い大切な仏子をなくし、後継の逸材を失った悲しみは深く大きい。…創価大学8期生の○○△君が、オートバイ事故で亡くなった。享年27才であった。またつい先ごろの727日には、創価高校一年生の□□××君が、道路を横断中に事故にあい、死亡した。わずか15才であった。」

(1988(昭和63)89日付け聖教新聞/1回未来部総会での池田大作スピーチ)

 

 

続きを読む

隣の創価学会員・法華講員(5)~創価学会とは別世界の英昭彦に全く説得力がなかった創価学会員たちの仏罰論

□創価学会員が言う「死ぬ時は真っ黒の相で死ぬ」世界は現実世界とは全く無関係の別世界の話

 

「隣の創価学会員・法華講員」の中の「狂気の福寿荘(仮名)」「溝口個人会館(仮名)・溝口工務店(仮名)」「喫茶店・コンパウンド(仮名)」から「ポンタツ(仮名)」、小矢木隆(仮名)の「劇団N」の鍋宴会等で創価学会員たちが、英昭彦に熱っぽく折伏をやり、創価学会への入信を拒否する英昭彦に対して、ムキになってやれ仏罰だの堕地獄だのと、脅迫的教学を説いていたが、そんなものは英昭彦にとっては何の説得力もなく、英昭彦の心には全く響かなかった。彼ら創価学会員たちは、かなり強引・執拗な折伏・布教活動をやり、私の実家の宗派が浄土真宗大谷派だと知ると、例によって彼ら創価学会員たちは、「念仏無間地獄」だの「念仏堕地獄」「死ぬ時は真っ黒の相で死ぬ」「真っ黒の死相で死ぬのが、地獄の死相だ」等を説く。

英昭彦の子どものころから1980年代ぐらいのころまで、英昭彦の母親が立正佼成会の金沢教会に通っていたのだったが、こういうところまで突いて、創価学会員たちは「新興宗教をやっていると不幸になる」などと脅迫してくる。さらに創価学会員たちは、「創価学会員は諸天善神に守護されるが、念仏や立正佼成会は絶対に諸天善神に守護されない。不幸になる。早死にする」などと、超独善的な脅迫をしてきたが、これらも英昭彦にとっては全く説得力がなく、英昭彦の心には何ら響くものがなかった。「早死にというのは、いつ死ぬというのか」と創価学会員たちに尋ねると、「30代から40代で死ぬのだ」という創価学会員。英昭彦の祖父、祖母、父母、祖父の兄弟、祖母の兄弟、父親の兄弟、母親の兄弟を見ても、30代から40代で早死にした人は一人もいない。

英昭彦の祖父は明治36(1903)生まれで、昭和57(1982)で死去したので、79才まで生きた。21世紀の現代は、男性でも平均寿命が80才を超えているらしいのだが、昭和50年代のころは、日本人男性の平均寿命はまだ70才台だった。それよりも何よりも、英昭彦の祖父は19311945年の日中戦争(満州事変~日華事変)で、旧日本軍兵士として三度、中国大陸に出征した経験があるが、ケガひとつせず、無傷で日本に復員した。もともと祖父は、英昭彦の実家から近い所にある、地元の造り酒屋・I酒造店に50年以上勤務し、昭和44(1969)66才で隠退し、隠居。祖父が若かりしころは、日本に社会保障も厚生年金も国民年金もなく、公的年金の支給はなかったが、祖父は、旧日本軍兵士とし中国大陸に出征した経験があったので、軍人恩給を受給していた。この軍人恩給が実質的な年金替わりになっていた。

英昭彦が小学生のころ、すでに祖父は造り酒屋・I酒造店を定年退職し、実家で隠居生活をしていた。祖父はよく小学生だった私に、中国大陸に出征した戦争体験を、よく聞かせてくれていた。

英昭彦が小学校から実家に帰ると、祖父がいたので、祖父と私の会話は、ほとんどが祖父の戦争体験だった記憶が残っている。祖父がよく語っていたのは、中国兵が撃った銃弾が祖父の足下で炸裂したことがあること。又あるときは、中国兵が撃った銃弾が祖父がかぶっていたヘルメットをわずかに、かすったことがあること。日本兵一人で歩くと、中国兵に狙われてしまうので、外を歩くときは常に二人で歩いたこと。座るときは、背中を壁に当てて座ったこと…、等々であった。

 

竹助3


竹助7
 

(生前の祖父)

 

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
プロフィール

hide(英昭彦)

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ