□強引・非常識な折伏をする日蓮正宗の新寺院建設は近隣住民の平和に対する重大な脅威だ

 

日蓮正宗が千葉県松戸市秋山地区で新寺院建設を計画。これに対して新寺院建設予定地の近隣住民の方々が日蓮正宗の新寺院建設に猛反対。日蓮正宗の新寺院建設の白紙撤回を要求して反対運動を繰り広げておられる。新寺院建設予定地の近隣には「宗教施設建設反対」の旗が多数なびいており、20168月現在で、何と1453筆にものぼる「日蓮正宗宗教施設反対署名」が行われて、松戸市長宛に提出されている。

秋山8


秋山2


秋山12-2ok


秋山13-2ok


 秋山17-2ok

(日蓮正宗新寺院建設予定地の近隣にはためく「宗教施設建設反対」の旗)

秋山6


秋山5-2ok
 

(日蓮正宗新寺院建設予定地)

秋山反対ビラ1


秋山反対ビラ2-2ok


秋山反対ビラ3-2ok


秋山反対ビラ4
 

(「秋山の街を守る会」製作の日蓮正宗新寺院建設反対のビラ)

秋山反対署名1-2ok
 

(「秋山の街を守る会」製作の日蓮正宗新寺院建設反対署名簿)

日蓮正宗は、日本のみならず世界中の人を一人残らず日蓮正宗の信徒にしてしまうことを意味する「広宣流布」を究極の目標に据えて、日本のみならず海外各国に至るまで、強引・執拗・非常識な折伏・布教活動を行っている。日蓮正宗のこのような過激体質は、少なくとも江戸時代に散見され、明治・大正・昭和にかけてその過激体質をエスカレートさせている。この過激体質の日蓮正宗から、昭和時代に、過激な折伏・布教活動で信徒数を激増させた創価学会、妙信講(今の顕正会)が輩出し、創価学会の最高指導者・池田大作が通算26年にもわたって日蓮正宗信徒のナンバーワン(法華講総講頭)だったことは、余りにも有名である。日蓮正宗は1974年に妙信講(今の顕正会)を破門。1991年に創価学会を破門。1992年に池田大作を信徒除名にして、一時的に信徒数が減少した。ところが1990年代から「3万総会」「6万総会」「30万登山」「50万登山」「法華講員50%増加」「80万法華講員」といった、無茶な布教目標を立てて、強引・執拗・非常識な折伏・布教活動を展開する過激体質を一層エスカレートさせている。さらに2000年代に入ってからは、大人の信徒のみならず、未成年の小学生、中学生、高校生に「折伏せよ」などと「指南」(指導)して、心ある人の大顰蹙を買っている他、日蓮正宗のトップ・管長・代表役員である大石寺68世早瀬日如法主が、大石寺広布坊で行われた「法華講連合会総会」の席で日蓮正宗の信徒を前に、「折伏している相手が入信するまで折伏せよ」との非常識極まりない「指南」(指導)をしている。これは

1 すべての者は、思想、良心及び宗教の自由についての権利を有する。この権利には、自ら選択する宗教又は信念を受け入れ又は有する自由並びに、単独で又は他の者と共同して及び公に又は私的に、礼拝、儀式、行事及び教導によってその宗教又は信念を表明する自由を含む。

2 何人も、自ら選択する宗教又は信念を受け入れ又は有する自由を侵害するおそれのある強制を受けない。」

とある日本が1978年に署名し、1979年に批准している国際人権B規約 第18条違反であり、日本国憲法第20条の「信教の自由」「布教の自由」からの大きく逸脱した活動であることは明らか。

そうなると、全国各地に点在する日蓮正宗寺院は、「入信するまで折伏せよ」とのストーカー折伏の拠点ということになり、日蓮正宗の新寺院か゛建設されるとなれば、これは近隣の住民の方々の平和な生活に対する重大な脅威である。

 

続きを読む