□日蓮正宗系の芸能人の中に舞台監督、映画監督、脚本家、演出家、作詞家、作曲家、編曲家のジャンルの人はほとんど見あたらない

 

「仏教宗学研究会」管理人は、国立西洋美術館、ブリジストン美術館、世田谷美術館、東京都美術館、国立新美術館といった美術館へ行き、西洋絵画・彫刻の鑑賞をしている。何も仏教美術、東洋美術だけに限定しているわけではない。

私が、西洋の画家が描いた絵画で、最も感銘するのは、人物画、風景画を正確に描く絵画である写実主義である。西洋の写実主義の絵画を鑑賞すると、いつも感銘を深くします。「あれ。これは写真なのかな」と、思わず写真と見間違えてしまうような見事な風景画、人物画が、いわゆる写実主義の絵画。カイユボット展でも、写真と見間違えてしまう見事な風景画、人物画がズラリと並ぶ。

遠くから鑑賞していると「写真かな?」と思い、近づいて鑑賞してみると、コテコテの絵の具で描かれた、完全な絵画。「やっぱり絵だな」と思う。中年女性の人物画の白髪が、美術館の蛍光灯に照らされて、光っていて、本物の白髪のように見える。「あれえ」と思って、近づいてよく観察してみると、白色の絵の具に蛍光灯の光が反射しているだけ。「光の反射まで計算に入れて描いたのかな」と思ってしまった。「室内で読む女性」の絵を、少し離れて鑑賞すると、女性が手にする書類が、本物の紙の書類に見える。しかし近づいて見てみると、やはり絵の具で描かれた絵画。場内に展示されている絵画を、ひとつひとつ、くまなく鑑賞したが、まさに感銘の連続である。過去にも国立西洋美術館や、他の美術館で、何度も見事な写実主義の絵画を鑑賞して、そのたびに感銘を深くしている。

創価学会では、役者やタレントが入る「芸術部」という組織があることは有名だが、一般的に舞台俳優も含めて役者、タレント、歌手、お笑いタレントといった職種には、昔から創価学会員が多いと言われている。昨今は、インターネット上に、創価学会員の芸能人の実名がズラリと登場するが、そのほとんどが、役者、タレント、歌手、バンドマン、お笑いタレント、コメディアン、プロデューサー、スポーツ選手といったジャンルの人たちである。あとは、大手プロダクション・芸映の当時の社長が、創価学会芸術部の大幹部だと、ジャーナリスト・内藤国夫氏が報じていた。

ところが面白いことに、舞台監督、映画監督、脚本家、演出家、作詞家、作曲家、編曲家といった人たちに、創価学会員がいるとは、私はほとんど今まで聞いたことがない。

1980年代から90年代にかけて、内藤国夫氏らが創価学会員の芸能人の実名を挙げているが、その中に、舞台監督、映画監督、脚本家、演出家、作詞家、作曲家、編曲家のジャンルの人はいない。昨今、インターネット上で報じられている「創価学会員の芸能人」の中にも、舞台監督、映画監督、脚本家、演出家、作詞家、作曲家、編曲家のジャンルの人は、ほとんど見あたらない。

舞台監督、映画監督、脚本家、演出家、作詞家、作曲家、編曲家といった人の話を聞くと、「芸能界って、創価学会員が多いんだよなあ」と言う。そこに出てくる創価学会員とは、大概が役者、タレント、歌手、バンドマン、お笑いタレント、コメディアン、プロデューサーといった人たちである。

たしかに舞台演劇や映画、ドラマの主役を演じているのは役者・俳優だが、舞台、映画、ドラマの筋書きを書くのは脚本家であり、舞台、映画、ドラマそのものを造り上げるのは、舞台監督、映画監督、演出家である。だから舞台、映画、ドラマの真の主役は、監督、演出家、脚本家である。

音楽も同様で、確かに歌を歌うのは歌手であるが、その歌を書いて作り上げるのは、作詞家、作曲家、編曲家である。だから役者、タレント、歌手、バンドマン、お笑いタレント、コメディアン、プロデューサーに「創価学会員の芸能人」が多く、舞台監督、映画監督、脚本家、演出家、作詞家、作曲家、編曲家に創価学会員の名前をほとんど聞かないのは、面白い相関関係ではないかと思う。

カルト宗教では、芸術はできないということなのだろうか。

 

国立西洋美術館1
 

(東京・上野・国立西洋美術館)

 

 

続きを読む