□仏教否定・宗教否定路線は何ら生産的なものは生まずカルト宗教問題解決をむずかしくする

 

特定のカルト宗教の事件や問題が起こり、あるいは過激な暴力主義に走るカルト宗教、カルト・テロ集団の問題が起こると、必ずと言っていいほど、宗教全体を批判し、カルトやテロと無関係な宗教者までも敵対視し、嫌がらせをしようとする者が出る。現今のイスラム過激派によるテロ事件・殺戮事件が起きると、イスラム教徒全体を敵対視し、テロ事件と全く無関係のイスラム教徒、テロ事件に反対する良識派のイスラム教徒まで、嫌がらせをする者が出ている。日本でも、カルト宗教問題が沸き上がると、宗教全体を規制すべきだとか、宗教全体を敵対視し、弾圧しようと主張する反宗教の過激派が出現してくる。「mixi」や「GREE」など大手SNSにも、「宗教が嫌い」とか「宗教からカネを取れ」といったような反宗教的なコミュニティがいくつも存在している。

私は2005年から正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の活動をしてきているが、これまでの活動の途上において、例えば「mixi」の「アンチ日蓮正宗」コミュニティには、「日蓮正宗系」カルトに対してのみならず、日蓮を宗祖とする宗派全体、日蓮宗全体を敵対視する文言を織り交ぜたメール、コミュ参加申請を「アンチ日蓮正宗」管理人に送ってきた人が何人もいた。かつて、創価学会、日蓮正宗法華講、顕正会、正信会などの「日蓮正宗系」カルト教団を転々とした人が、最後に全ての宗教、全ての宗教への信仰心を捨て去り、日蓮否定、仏教否定、宗教否定の反宗教的無宗教になる人が少なからずいることは事実である。私は、その人その人、個々の人11人が日蓮否定、仏教否定、宗教否定の反宗教的思想、考えになるのは、自由であると思うし、私も日蓮否定、仏教否定、宗教否定の反宗教的思想を否定する気は全くない。こういう思想があってもいいと思うし、こういう思想の人がいてもいいと思う。

しかし、「日蓮正宗系」カルト問題、カルト宗教問題にどう対処していくのか、「日蓮正宗系」カルト問題、カルト宗教問題をどう解決していくのか、日本、日本人の安全や世界平和の脅威になっているカルト宗教にどう対処していくのかという社会全体の問題、政治的な問題、国際社会全体の問題として考えたとき、仏教否定、宗教否定路線が是か非かとの問題とは、全く話しが別である。

Icat-Cult」「アンチ日蓮正宗」としては、日蓮否定、仏教否定、宗教否定の反宗教的思想、あるいはそういう思想の人がいるのは、思想信条の自由であり、個人個人の自由であると考えるが、カルト問題に対処する路線問題として考えると、「Icat-Cult」「アンチ日蓮正宗」は日蓮否定、仏教否定、宗教否定の路線はとっていないし、こういう路線はとるべきではないと考える。『日蓮正宗系批判』は日蓮宗全体を批判ターゲットにすべきではない。『カルト宗教批判』は仏教全体、宗教全体を批判ターゲットにすべきではない。カルト宗教の問題が発生したからといって、宗教全体を否定し、宗教全体を敵に回すような政策・路線は、適切な政策・路線ではなく、正しい政策・路線でもない。反仏教・反宗教・仏教否定、宗教否定の路線は、何ら生産的なものは生まず、かえってカルト宗教問題の解決を複雑化し、むずかしくしてしまう。カルト宗教問題があるからといって、宗教全体を敵視する政策・路線は全く賢明とは言えない。カルト宗教問題をむずかしくするばかりか、カルト宗教をかえって利するだけの結果を招く愚かな路線・政策である。

 

続きを読む