2006年~2009年ころ創価学会・公明党にダメージを与えた民主党の創価学会・公明党批判

 

ここで言う「民主党」とは、1996年に鳩山由紀夫氏、菅直人氏らが主導して結党され、その後、旧新進党勢力や小沢一郎氏が率いる自由党と合併し、2009年の衆議院総選挙で300議席をとって民主党内閣をつくったものの、2012年の衆議院総選挙で歴史的大惨敗を喫して下野した、あの民主党である。この民主党は、2012年の衆議院総選挙で政権の座から滑り落ちて以降、2013年の東京都議選、参議院選挙、2014年の衆議院総選挙、2015年の統一地方選挙でも一向に党勢が回復せず、「自主再建」を標榜してはいるが、依然として党勢の長期低落傾向がつづいている。

ずいぶん前から表明していることだが、「アンチ日蓮正宗」管理人は民主党員でも自民党員でもなく、どこかの政党の党員、サポーター、支持者ではない。もちろんどこかの政党の支持団体、支援団体にも加入していない。政党とは全く関係がない、無党派の第三者である。そういう中立的第三者から、民主党に物申すことがある。それは、民主党は現在、政権を取っている自民党・公明党と対峙する野党の立場にありながら、どうして創価学会・公明党批判をしないのか、ということだ。

野党が、政権与党の一翼の政党を全く批判しないというのは、異常と言う以外にない。

かつての民主党、つまり2009年に政権を取る以前の民主党は、創価学会・公明党を批判してきた歴史をもつ。2007年ころ、石井一・民主党参議院議員が、参議院予算委員会で、公明党と創価学会が表裏一体であることを指摘。国政選挙で公明党議員が当選した場合、衆議院議員、参議院議員それぞれ300万円、600万円の献金が創価学会になされるが、その献金がどこへ入ったかは不明になっているという公明党議員のP献金なる創価学会への献金について言及した。

あめいは 矢野絢也元公明党委員長が、公然と池田大作や創価学会に反旗を翻して批判活動を開始したとき、 矢野絢也氏の両サイドに座って「創価学会批判・勉強会」に臨んだのは、菅直人民主党代表代行と亀井静香国民新党代表だった。

14産経
 

(矢野絢也氏と菅直人民主党代表代行と亀井静香国民新党代表らの「創価学会批判・勉強会」を報道する2008614日付けサンケイ新聞)

2006年~2009年ころにかけて、民主党が党勢を拡大した要因の一つが、民主党が創価学会・公明党批判を行っていたことがあると言われている。

民主党が積極的に創価学会・公明党を批判し、 矢野絢也氏の創価学会批判・池田大作批判を支援していたころ、これと反比例するように、創価学会もまた激烈な民主党批判を展開していた。「民主党は魔」だの「民主党は仏敵」だのと、それこそ狂ったように創価学会員たちが口々に叫んでいた。それだけ2006年~2009年ころにかけて行っていた民主党による創価学会・公明党批判が、創価学会・公明党の側にとって、ダメージが大きかったのではないかと思われる。

石井一・創価学会批判1
 

(2007年、参議院予算委員会で公明党・創価学会批判をした石井一・民主党参議院議員・ユーチューブの映像より)

 

続きを読む