国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ

正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」。日本のみならず世界中からカルト宗教被害を根絶・絶滅させることが究極の目的。伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (背景写真は大石寺開創七百年慶讃大法要・本会が終了後、饗応の席で歓談する池田大作と大石寺67世阿部日顕・1990年10月14日付け聖教新聞より)

国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)・基本政策・基本方針

「国際カルト宗教対策委員会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」(略名・アンチ日蓮正宗)「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体異名。
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

御相談は全て「国際カルト宗教対策委員会」管理人の直通電話にて受け付けています

□大阪府吹田市から無言電話、謀略電話、怪電話をしてきている者に即時中止を命ずる

 

現在、「国際カルト宗教対策委員会」では、御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので「国際カルト宗教対策委員会」管理人の直通電話に電話をお願いします。

「国際カルト宗教対策委員会」の前身である「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」では、かつて「mixi」や「GREE」の「アンチ日蓮正宗」コミュの掲示板にて、宗教問題、信仰問題、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会等「日蓮正宗系」団体からの離檀・脱会等に関する御相談を受け付けていた時期がありました。ところが「mixi」コミュニティで相談を受け付けていた所、間違った知識に基づく回答を為す者がいたり、不適当な回答を為す者がいたり、それらが元で「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」管理人の元に苦情が寄せられたり、さまざまな問題が発生しました。

「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」を開設して、「アンチ日蓮正宗」活動のメインをコミュニティからブログに移設して以来、「mixi」コミュニティでの相談受付を実質的に停止しております。

宗教問題、信仰問題、「日蓮正宗系」団体からの離檀・脱会等に関する御相談は全て、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」のトップページに記載しております、「アンチ日蓮正宗」管理人直通電話にて受け付けております。御相談がおありの方は、「アンチ日蓮正宗」管理人直通電話にお電話していただくようお願い申し上げます。

□「アンチ日蓮正宗」管理人への直通電話

080-6553-2774

尚、いたずら電話、いやがらせ、スパム目的、妨害目的の謀略電話、怪電話、無言電話、ニセ電話は、従前のとおり、禁止であります。尚、ここ数ヶ月の間、大阪府吹田市から無言電話、謀略電話をしてきている者がおりますが、この者に、「アンチ日蓮正宗」管理人への謀略電話、怪電話、無言電話、ニセ電話の即時中止を命ずるものであります。

国際カルト宗教対策委員会1


杉瀬19


管理人室2
 

(国際カルト宗教対策委員会)

アンチ日蓮正宗7
 

(「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」)

吉野智応2
 

(大阪府吹田市から無言電話、謀略電話をしてきているニセ坊主)

 

 

 

「反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会」が「国際カルト宗教対策委員会」の基本路線

□「反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会」が「国際カルト宗教対策委員会」の基本路線

 

「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」とは「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものである。「国際カルト宗教対策委員会」で「アンチ日蓮正宗」と呼んでいるのは、正式名が「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」なのであり、その略称名を「アンチ日蓮正宗」と言う。「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会・オフィシャルブログ」では、あまりにも名前が長すぎるから、略称名を用いて「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」としている。ですから「アンチ日蓮正宗」の基本路線は、「反日蓮正宗宗門・法華講・反創価学会・反顕正会・反正信会」である。これは当然のことながら、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会等、日蓮正宗と日蓮正宗から派生・分派した全ての団体に反対・批判する立場が「アンチ日蓮正宗」の主旨・指針・基本政策である。したがって「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」の基本路線・基本政策の中心は、「反日蓮正宗宗門・法華講・反創価学会・反顕正会・反正信会」である。又、面白いことに、この「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)の「反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会」路線に対して、お互いに対立関係にある日蓮正宗、創価学会、顕正会の信者から、アラシ行為があった。まことに彼らにとって、痛いところ・痛いポイントを突いたものである証拠と言えよう。「反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会」路線と聞くと、「そんなこと、当たり前だろう」と思う人がいるかもしれませんが、1991年の創価学会の破門以降における日蓮正宗批判といえば、創価学会・顕正会・正信会が用意したもの。創価学会批判といったら、日蓮正宗、顕正会、正信会擁護を目的としたもの。顕正会批判といったら、日蓮正宗、創価学会が用意したものといった感じでした。日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の紛争も、これらを批判する立場も、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の紛争の枠の中から、全く一歩も出ていなかった状態であった。日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会は本質的に「目くそ鼻くそ」「同じ穴の狢」であるにも関わらず、日蓮正宗問題の本質に深く食い込んで批判したものは全く皆無であったのである。

 

□「国際カルト宗教対策委員会」管理人は無宗教でどこの宗派・政党・団体も擁護・応援しない

 

なぜ「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会の略称名を「アンチ日蓮正宗」としたのかというと、日蓮正宗から破門された創価学会、顕正会、正信会は、いずれも日蓮正宗から派生した宗教団体であり、創価学会、顕正会、正信会の生みの親・育ての親・本家本元は日蓮正宗であること。破門した側の日蓮正宗も、破門された側の創価学会、SGIも顕正会も正信会も、根本とする「戒壇の大本尊」・日蓮本仏義や血脈相承、相伝書などの根本教義・独善的指導性・強引・執拗な折伏活動や堕地獄論・仏罰論といった脅迫に立脚した信仰活動の内容等には何ら違いはなく、どちらも以前と同じ「日蓮正宗」そのものであること。

今、日蓮正宗は、創価学会破門以降も、「夢をもう一度」とばかりに、法華講や妙観講などを「第二、第三の創価学会」「第二、第三の顕正会」化せしめて強引な折伏・勧誘を展開させ、日本中・世界中に再び数千万信徒をつくろうとしている。日蓮正宗が繰り広げている強引・執拗な折伏・入信勧誘は、かつての創価学会が行ってきた強引で執拗な折伏と全く同じ物であり、過去に積み上げてきた「日蓮正宗の悲劇」の拡大再生産であると同時に、国民の信教の自由・不信教の自由といった、基本的人権や権利の重大な侵害に他ならない。こういったものを考え合わせれば、「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会の略称名は、「アンチ日蓮正宗」とすることが最もふさわしいと考えられるからである。

 

続きを読む

「国際カルト宗教対策委員会」「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・非連合・不偏不党です

□「国際カルト宗教対策委員会」はいかなる団体・宗派に対しても中立・非同盟・不偏不党です

 

「アンチ日蓮正宗」「国際カルト宗教対策委員会」の主宰者・管理人は、どこの政党や政治団体にも所属していません。特定のイデオロギー、主義・思想を支持する立場にもありません。

又、「アンチ日蓮正宗」「国際カルト宗教対策委員会」は、どこの宗教・宗派・政党・団体も擁護したり応援したりはしません。いかなる団体、宗派も支持いたしませんし、いかなる団体、宗派、グループとも連合しません。いかなる宗派、団体に対しても中立、非同盟であり、非連合であり、不偏不党が基本政策であります。これは、「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」「国際カルト宗教対策委員会」設立時からの、基本政策のひとつであり、今後とも変えることは絶対にありません。

もちろん「アンチ日蓮正宗」コミュニティご参加の方、「アンチ日蓮正宗」mixiページのフォローワーの方、「アンチ日蓮正宗」中心メンバーの方、「アンチ日蓮正宗」管理人のマイミクさん、ご協力いただいている方々には、無宗教の方のみならず、日蓮正宗系以外の仏教各宗派の僧侶・上人の方、ご信者の方等々、多数いらっしゃいます。そういう方もたくさんいらっしゃることは事実です。

「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)に賛同してくださる方々を「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)が全面支援し、共に活動するのは当然であります。しかしその方々が所属する宗教・宗派・政党・団体も擁護したり応援したりすることはありません。「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)に参加・賛同してくださる方々を全面支援し、共に活動することと、どこの宗教・宗派・政党・団体も擁護したり応援しないという方針は、全く別個のことである。

さらに言うと、「アンチ日蓮正宗」は、どこの宗教・宗派・政党・団体・個人も擁護したり応援したりはしません。いかなる団体、宗派も支持いたしませんし、いかなる団体、宗派、グループとも連合しません、ということは、「アンチ日蓮正宗」の主旨は、無宗教が本筋であるという意味でもありませんし、無宗教でなければならない、という意味でもありません。

「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」は、単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざすものではない。「毒をもって毒を制す」という思想は「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」「国際カルト宗教対策委員会」の基本指針・基本政策ではない。よって、「国際カルト宗教対策委員会」「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」が、日蓮正宗批判のために、日蓮正宗との闘いのために、創価学会、顕正会、正信会と連合したり、政治的な野合をするということは、絶対にあり得ない。又、富士門流の寺院、富士門流の信徒、富士門流執着軍団、他宗派と連合したり、政治的な野合をするということも、絶対にあり得ません。日蓮正宗も創価学会、顕正会、正信会も、富士門流執着軍団も言わば宗教的「毒」であり、それらの宗教的「毒」をもって「毒を制す」ということは、絶対にあり得ないのである。それから「国際カルト宗教対策委員会」「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」設立以来、時折出没する「勘違い男」がいます。どういう「勘違い男」かというと、例えば、日蓮正宗、創価学会、顕正会、法華講、正信会等「日蓮正宗系」団体の信者の誰か、あるいは「富士門流執着軍団」の誰かと、個人的なトラブル、ケンカ、紛争を引き起こし、それで「国際カルト宗教対策委員会」「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」を自分の味方に引きこもうとする、「勘違い男」です。

 

続きを読む

「国際カルト宗教対策委員会」「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派とも連合しません

□「Icat-Cult」参加者支援と「Icat-Cult」がいかなる団体・宗派とも連合しないことは別個である

 

「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は、どこの政党や政治団体にも所属していません。特定のイデオロギー、主義・思想を支持する立場にもありません。

又、「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)「アンチ日蓮正宗」は、どこの宗教・宗派・政党・団体も擁護したり応援したりはしません。いかなる団体、宗派も支持いたしませんし、いかなる団体、宗派、グループとも連合しません。これは、「アンチ日蓮正宗」設立時からの、基本政策のひとつであり、今後とも変えることは絶対にありません。

「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)「アンチ日蓮正宗」コミュニティご参加の方、「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)「アンチ日蓮正宗」mixiページのフォローワーの方、「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)「アンチ日蓮正宗」中心メンバーの方、「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)「アンチ日蓮正宗」管理人のマイミクさん、ご協力いただいている方々には、無宗教の方のみならず、日蓮正宗系以外の仏教各宗派の僧侶・上人の方、ご信者の方等々、多数いらっしゃいます。「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)に賛同してくださる方々を「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)が全面支援し、共に活動するのは当然であります。しかしその方々が所属する宗教・宗派・政党・団体も擁護したり応援したりすることはありません。「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)に参加・賛同してくださる方々を全面支援し、共に活動することと、どこの宗教・宗派・政党・団体も擁護したり応援しないという方針は、全く別個のことである。

「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しません。いかなる団体・宗派とも連合しません、という基本政策は、設立当初から公にしていることですが、それでも時折、「私の所と、連合しませんか」「私のグルーといっしょに活動しませんか」等々と、誘いをかけてくる者がいますが、全て断っています。こういう方針も、今後とも変わりません。

こういう誘いをかけてきた者の一人に、「保田妙本寺・札幌談所」「保田妙本寺貫首法縁」を自称する鳥本雄行という人物がいました。この鳥本雄行氏という人物は、20119月ころ、メール等で「アンチ日蓮正宗」に接触を試みてきたが、その時点に於いて、「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)「アンチ日蓮正宗」管理人が不審点を多々感じたため、接触を当方から断っている。

それから2ヶ月後の201111月に、鳥本雄行が連続放火容疑で逮捕されるという事態が発生しており、まさに当時の決断が正解だったことが、見事に証明された形となった。「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しません。いかなる団体・宗派とも連合しません、という基本政策は、今後とも、変わることはないと明言しておきます。

さらに言うと、「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)「アンチ日蓮正宗」は、どこの宗教・宗派・政党・団体も擁護したり応援したりはしません。いかなる団体、宗派も支持いたしませんし、いかなる団体、宗派、グループとも連合しません、ということは、「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)「アンチ日蓮正宗」の主旨は、無宗教が本筋であるという意味でもありませんし、無宗教でなければならない、という意味でもありません。この辺の意味を勘違いしている方が、今までも何人か居ましたので、ここでもう一度、念を押しておきたいと思います。

国際カルト宗教対策委員会1
 

(「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)

 

 

 

「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体

□三者は「日蓮正宗系・創価学会系」「富士門流執着軍団」批判・糾弾の主旨は全く同じである

 

この度、「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)・公式ブログ」発足に併せ、正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」、「仏教宗学研究会のブログ」の記事・カテゴリーを整理し、三者の役割・担当分担をわかりやすく、明確化する作業を行っております。

そもそも「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。

「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。

「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。そして今般、正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の公式サイト「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させ、「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」と致しました。このように明確化しております。三者の管轄・担当分担は分かれていますが、正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)も「仏教宗学研究会」も「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」も、別々のものではなく、表裏一体の同体であり、同体異名である。よって三者は、本家本元である日蓮正宗批判はもちろんのこと、破門された分派の創価学会・SGI・顕正会・正信会、さらに日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会から派生した富士門流執着軍団…らを批判する主旨は全く同じである。

「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)と「仏教宗学研究会のブログ」と「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」の「3ブログ」の設立以来、両者の管轄・担当分担があいまいになっていた部分がありましたが、基本的に両者の管轄・担当分担を分けていきます。かつて「仏教宗学研究会のブログ」の中にあった「富士門流執着軍団」批判の記事は、「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定したことにより、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)に移転しました。「仏教宗学研究会のブログ」の中の旧記事は、すでにプライベートモードになっています。また当面は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」と「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」の記事が重複するかと思いますが、徐々に分離していきます。

が「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)と「仏教宗学研究会のブログ」と「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」の「3ブログ」の主旨は同じです。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ