国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ

正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」。日本のみならず世界中からカルト宗教被害を根絶・絶滅させることが究極の目的。伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (背景写真は大石寺開創七百年慶讃大法要・本会が終了後、饗応の席で歓談する池田大作と大石寺67世阿部日顕・1990年10月14日付け聖教新聞より)

日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)からの脱出

「国際カルト宗教対策委員会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」(略名・アンチ日蓮正宗)「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体異名。
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)

□「脱会届」を内容証明郵便で送ることで自らの意志で脱会届を送った証拠が郵便局に残ります

 

─顕正会から脱退したい

 

顕正会研究者の中には、顕正会においては正式な脱会手続きが無い、脱会しても名前が消されることは無い、ということがあるので、顕正会の脱会とは、「活動しない」「お金を払わない」の2点を指すと定義できるという説を唱える者がいるが、これは誤りである。

「正式な脱会手続きが無い」とか「脱会しても名前が消されることは無い」というのは顕正会側の都合なのであり、顕正会を脱会したいという意志を持った人の手続きの問題ではありません。

「活動しない」「お金を払わない」が顕正会脱会の定義ではない。

顕正会脱会とは、日蓮正宗離檀や創価学会脱会と同じように、法的効力を持った書面で手続きをもった「脱会」である。これを絶対に行っておく必要がある。

そうした法的拘束力のある脱会手続きをしておかないと、毎年12月になると『広布御供養』と称して集金等のお金を請求されたり、しつこく信者に付きまとわれる、という宗教被害に永久に遭遇しなければならなくなってしまいます。

顕正会への「脱会届」は脱会する旨を記載して、内容証明+配達証明にて送付。送付先は、顕正会本部または会長浅井昭衛宅です。脱会届の書式は自由ですが、

□届出相手(宗教法人顕正会 会長浅井昭衛)□.脱会することを明記

□脱会後の顕正会とは、一切関わり合いを持たないなどを明記

□顕正会側が関わってきた場合の措置を明記□.書類作成日時

これくらいは、必要最低限、記載しておいたほうがいい事項です。

--------------------------------------------------

脱 会 届

宗教法人 顕正会会長 浅井昭衛殿

 

私(氏名)は、顕正会を脱会します。

 

私は、今後いかなる理由があろうとも、日本国憲法で保障されている「信教の自由」の元、顕正会に関係する全ての宗教活動をいたしません。よって、今後どんな些細なことであっても顕正会からの連絡および接触は一切お断りします。

もし、脱会後に罰が当たる、地獄へ落ちるといった脅迫もしくは、電話・メール・待ち伏せなどで付きまとうといった行為があった場合、これらは違法行為ですので、所轄の警察等に連絡・相談し、然るべき処置を取らせていただきます。

平成○○年○○月○○日

住所                   

氏名                   印

-----------------------------------------------------------

浅井昭衛2
 

(浅井昭衛・ユーチューブの映像より)

富士大石寺顕正会本部・看板1
 

(顕正会本部)

 

 

 

創価学会からの脱会1(脱会届)

□「脱会届」を内容証明郵便で送ることで自らの意志で脱会届を送った証拠が郵便局に残ります

 

─創価学会から脱退したい

創価学会の場合は、会員は宗教法人・創価学会に所属する会員とされ、基本組織は1970(昭和45)年の組織改革以来、ブロック組織になっています。創価学会のブロック組織は

方面総県・東京総区分県・東京分区横浜・川崎・大阪区・圏(ゾーン)—本部支部地区ブロック

という、ピラミッド型の組織になっていて、会員はこのピラミッド型組織に組み込まれている。

そうすると、「誰に脱会届を出せばいいのか」という問題が発生するが、創価学会の脱会届は、東京・信濃町の創価学会本部の池田大作名誉会長、原田稔会長あてに、内容証明郵便で送りつければ、「脱会」が成立する。創価学会入信時に、下附された曼荼羅本尊は、創価学会本部に返却しますが、自ら破棄するなど処分してもかまいません。

 

─脱会届の書式はどう書いたらいいのか

これもよくある質問です。自らの意志により創価学会を脱会することが書いてあれば、どんな書式でもかまいません。脱会届の例をひとつ挙げてみます。

-----------------------------------------

脱会届 

創価学会名誉会長  池田大作殿     創価学会会長      原田稔殿

 

本日を以て、創価学会から脱会いたします。

尚、今後、私が創価学会に復帰することは絶対にありません。よって本日以降、私に対する訪問、架電、メール、郵便、チラシ投函等々の創価学会からの全ての働きかけを全てお断り致します。

 

平成○○年□月△日 

(住所)

(氏名)

--------------------------------------------------

自らの意志により、創価学会の池田名誉会長、原田会長宛に「脱会届」を提出することにより、自動的に創価学会から脱会することになる。「脱会届」を内容証明郵便で送ることにより、自らの意志で送った証拠が郵便局に残ります。

かつて自らが所属する地域組織の本部長、支部長宛に「脱会届」を送った人もいたようです。

それは無効だというわけではありませんが、「自ら脱会する意志を伝えたい」ということであれば、創価学会本部の池田名誉会長、原田会長宛に「脱会届」を提出するのが筋だと言えましょう。

それから創価学会の場合は、脱会届を送りつけると、現役の創価学会幹部を訪問させるなど、あらゆる働きかけをしたり、圧力をかけたりする、ということがあるようですので、「脱会届」の中に

「本日以降、私に対する訪問、架電、メール、郵便、チラシ投函等々の創価学会からの全ての働きかけを全てお断り致します」

という一文を入れておいた方が、ベターな選択だと思われます。

学会本部別館3
 

(創価学会本部別館)

 

 

日蓮正宗をやめること・脱退することは「離檀」「離宗」というのであって「脱講」とは言わない

□「離檀」「離宗」の語句は日蓮正宗をやめる意味の語句として日蓮正宗が宗規の中で認めている

 

「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」で、「日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式」「日蓮正宗からの離檀届」をUPしたところ、「日蓮正宗をやめることは『脱講』と言うのではないか」などという、かなり見当外れなことを書いている者をインターネット上に発見した。

もともと日蓮正宗の信者が日蓮正宗をやめること、日蓮正宗の信者が日蓮正宗から脱退することは「離檀」「離宗」というのであって、昭和の時代から、日蓮正宗をやめることを希望する人は、所属寺院に「離檀届け」という名の書類を提出していた。

また日蓮正宗の「宗規」でも、

「第二百二十三条 檀信徒は、死亡したとき、又は次の各号の一に該当したときは、その資格を喪失し、除籍される。

 一 自ら離檀又は離宗を申し出たとき。

 二 本宗以外の宗教団体に所属したとき。

 三 第二百四十六条の規定により除名されたとき。

2 住職又は主管は、所属の檀信徒が本宗の信仰を失い、退転したことが明白に認められる場合は、総監の承認を得て、その者を除籍することができる。」

と定めており、日蓮正宗の信者が日蓮正宗をやめること、日蓮正宗の信者が日蓮正宗から脱退することは「離檀」「離宗」ということを認めている。

そもそも日蓮正宗・大石寺門流をはじめとする江戸時代以前から存在する伝統仏教宗派・門流では、徳川幕府の宗教政策「宗門改」で、日本人のほぼ全員がどこかの伝統仏教寺院に所属する「所属宗派」「所属寺院」になった。つまり寺院の檀家になったわけで、よって古来から、伝統仏教宗派・門流の信者・信徒のことを、檀家、檀徒、門徒と呼ぶ慣習がある。かつては日蓮正宗でも「信徒」「檀家」「檀徒」を総称して「檀信徒」と呼んでいた時期があった。よって「檀家であることを離れる」という意味で、信徒をやめること、信者をやめることを「離檀」と称していたと考えられる。

したがって日蓮正宗でも、日蓮正宗の信者が日蓮正宗をやめること、日蓮正宗の信者が日蓮正宗から脱退することを宗規で「離檀」「離宗」という言葉を使って「公認」していることからしても、日蓮正宗をやめることを希望する人が、日蓮正宗宗務院ないしは所属寺院に送達する書類の名は「離檀届け」「離宗届け」または「離檀宣告書」「離宗宣告書」とするのが、最もふさわしいと言えよう。ただし、書類の名前は、絶対に「離檀届け」「離宗届け」「離檀宣告書」「離宗宣告書」にしなければならないというわけではない。「日蓮正宗をやめる」又は「日蓮正宗から脱退する」という意志がはっきりと表示されている文章が書いてあれば、表題は「脱会届」等の名前でもOKである。

 

続きを読む

日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式

□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主宛てに「日蓮正宗離檀(離宗)宣告書」をご送達下さい

 

すでに「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」では「日蓮正宗からの離檀1(離檀届け)」の項目で、「離檀届け」の雛形・書式をアップしております。

□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html

ただし、ここにアップした「離檀届け」の雛形は、所属寺院の住職宛に送る書式になっているため、いろいろな方から「所属寺院がどこの寺なのか、わからない」「所属寺院が遠隔地にある」「所属寺院ではないが、近隣の寺院住職に送ってはダメなのか」「妙観講に所属しているが離檀届けは大石寺に送るのか、それとも西荻窪の本部に送るのか」等のお問い合わせを多数頂きました。

そこで、離檀届けの送り先がわからないケースのために、日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主  早瀬日如宛てに送達する「日蓮正宗からの離檀(離宗)宣告書」の雛形・書式を作りました。

題名も、「離檀届け」ではなく、自らの意志で日蓮正宗からの離檀(離宗)を表明するということを明確にするため「日蓮正宗からの離檀(離宗)宣告書」と致しました。

離檀届けの送り先がわからない場合、明確ではない場合、あるいは日蓮正宗の最高責任者宛に離檀届けを送りつけてやりたい、という場合は、日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主・早瀬日如宛てに「日蓮正宗からの離檀(離宗)宣告書」をご送達なさって下さい。

-----------------------------------------

日蓮正宗からの離檀(離宗)宣告書

 

日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主  早瀬日如殿

 

本日を以て、日蓮正宗△△寺(大石寺)から離檀し、日蓮正宗から離宗いたします。

 

尚、今後、私が大石寺、塔中坊、他末寺寺院を含めて日蓮正宗に復帰することは絶対にありません。よって本日以降、私に対する訪問、架電、メール、郵便、チラシ投函等々の日蓮正宗からの全ての働きかけを全てお断り致します。

 

平成○○年□月△日 

日蓮正宗△△寺信徒(××坊○○講所属信徒)

(住所)

(氏名)

--------------------------------------------------

(宛先)

418- 0116 静岡県富士宮市上条2057.

日蓮正宗総本山大石寺内 早瀬日如殿

-------------------------------------------------------------

68世日如D1
 

(大石寺68世早瀬日如・ユーチューブの映像より)

 

続きを読む

日蓮正宗からの離檀1(離檀届)

□「自ら離檀・離宗を申し出た」ことで末寺寺院「檀信徒名簿」から除籍を公言している日蓮正宗

 

─日蓮正宗から脱退したい

 

こういう相談が「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」設立以来、多数寄せられております。

日蓮正宗の信者は、全員が「法華講員」ないしは「法華講衆」であるとされ、一人残らず、全国の末寺寺院、ないしは大石寺塔中坊に所属しています。

日蓮正宗では宗規第二百二十一条で「寺院及び教会には、宗務院所定の檀信徒名簿を備え付け、住職又は主管において、檀信徒の氏名、住所その他必要事項を記載するものとし、これを檀信徒登録という」と定義しており、全国末寺寺院・教会では「檀信徒名簿」を備えつけ、日蓮正宗の全ての信者は、末寺寺院・教会で「檀信徒名簿」に登録されている、としている。

そして同じく宗規第二百二十一条の2では「檀信徒名簿の登録を抹消することを除籍といい、除籍された者は、檀信徒としての資格を失う」としている。

日蓮正宗の信者は、全員が末寺寺院の「檀家」「檀徒」であるという考え方から、日蓮正宗から脱退・離脱することを「離檀」(りだん・檀家であることをやめる、という意味)、あるいは「離宗」(りしゅう)と呼んでいる。

したがって、自らの意志により日蓮正宗から離檀・離宗したいという場合は、所属寺院、住職宛てに「離檀届」(りだんとどけ)を提出します。

日蓮正宗入信時に、日蓮正宗寺院で下附された大石寺法主の曼荼羅本尊は、所属寺院に返却しますが、自ら破棄するなど処分してもかまいません。

本当に日蓮正宗から離檀出来たのかどうか、心配だということであれば、内容証明郵便にして、所属寺院に「離檀届」を送りつけるのが良いでしょう。

日蓮正宗では宗規第二百二十三条で「檀信徒は、死亡したとき、又は次の各号の一に該当したときは、その資格を喪失し、除籍される

 一 自ら離檀又は離宗を申し出たとき。

 二 本宗以外の宗教団体に所属したとき。

 三 第二百四十六条の規定により除名されたとき。

2 住職又は主管は、所属の檀信徒が本宗の信仰を失い、退転したことが明白に認められる場合は、総監の承認を得て、その者を除籍することができる」

と規定している。

したがって「自ら離檀又は離宗を申し出た」ことにより、日蓮正宗の信者としての資格を失い、末寺寺院・教会の「檀信徒名簿」から除籍されることを公言しているため、自らの意志により、所属寺院住職に「離檀届」を提出することにより、自動的に日蓮正宗から離檀することになる。

「離檀届」を内容証明郵便で送ることにより、自らの意志で送った証拠が郵便局に残ります。

大石寺奉安堂4
 

(大石寺奉安堂)

アンチ日蓮正宗4
 

(アンチ日蓮正宗)

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ