国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ

正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」。日本のみならず世界中からカルト宗教被害を根絶・絶滅させることが究極の目的。伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (背景写真は大石寺開創七百年慶讃大法要・本会が終了後、饗応の席で歓談する池田大作と大石寺67世阿部日顕・1990年10月14日付け聖教新聞より)

日蓮正宗の宗教団体にあるまじき反社会的謀略体質を斬る

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が2005年に設立した会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。
この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」の管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」。「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」は「一般社団法人 仏教宗学研究会」が管理・運営。
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774

(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(23)~日蓮正宗批判をしているのは創価学会・顕正会・正信会だけだと錯覚している

□すでに大石寺9世日有の代からあった日蓮宗・富士門流での大石寺批判・大石寺教学批判

 

日蓮正宗の法華講員は、創価学会批判をしているのは法華講員だけだと錯覚していることに加えて、日本国内で日蓮正宗批判をしているのは、創価学会、顕正会、正信会だけだと錯覚しているという、二重の錯覚妄想に浸りきっている。これなどは、錯覚をとおりこした法華講員の「うぬぼれ」「のぼせあがり」だと言ういい方もできよう。つまり世間一般では、日蓮正宗という宗教団体は、700年以上の歴史ある伝統仏教で、全く批判されていないと思い込んでしまっている。このほとんど「うぬぼれ」「のぼせあがり」的な錯覚妄想は、法華講員の家庭に生まれ育った法華講員、あるいは創価学会員の家庭に生まれ育ち、第一次宗創紛争や1990年代以降の宗創戦争以降に、創価学会から法華講に移った信徒、あるいは顕正会、正信会の家庭に生まれ育ったのち、法華講に移った信徒に多く見られる悪弊・弊害である。あるいは「創価学会や顕正会は世間の評判は悪いが、日蓮正宗はそんなことはない」などと勝手に思い込み、創価学会や顕正会を脱会したのち、日蓮正宗・法華講に入る人もいる。では法華講員、創価学会員、顕正会員等の家庭に生まれ育った人が、なぜこんな錯覚・悪弊に陥っているのか。彼らは生まれて間もないころから、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会等「日蓮正宗系」のことしか教わっておらず、極めて閉鎖的な「日蓮正宗系」の社会の中でのみ生きてきている。そしてその中で、幼少期、子どもの頃から徹底した「日蓮正宗系」の洗脳教育を頭の隅々にまで、叩き込まれてしまっている。だから日本国内で「宗教」とよべるものが、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会等「日蓮正宗系」しかないものだと思い込んでしまっている。「そんなことはない。外を歩けば神社や伝統仏教の寺院はたくさんあるじゃないか」と言うだろうが、彼らは、街角や外を歩いているときに、伝統仏教の寺院、神社、新宗教の伽藍・堂宇が目に入ってきても、「あれは死せる宗教」「死んでしまった宗教」だと「日蓮正宗系」に教え込まれてしまっているため、伝統仏教の寺院や神社が目に入ってきても、彼らは宗教だと認識しないのである。まことにもって困った人たちである。もちろんこんな錯覚・妄想を、自分たちは錯覚とも妄想とも、ましてや「うぬぼれ」「のぼせあがり」だとも認識していないから、全く困った人たちである。それでは何も知らない「日蓮正宗系」の信者、中でも法華講員たちのために、大石寺批判の歴史について教えてあげよう。

日蓮宗・富士門流における本格的な大石寺批判のさきがけは、何と大石寺9世日有の時代、大石寺9世日有入滅の年の大石寺、北山本門寺、小泉久遠寺の問答であり、さらに北山本門寺六代日浄の大石寺9世日有批判が最も古いものとして挙げられよう。面白いことに、大石寺9世日有の「戒壇の大本尊」「二箇相承」「日興跡条条事」「百六箇抄」「本尊七箇相承」等を偽作した、間もなくの頃、富士門流内部から大石寺批判が沸き起こっている。つづいて、室町時代に大石寺との通用を拒否された京都要法寺13祖貫首・日辰が大石寺教学、百六箇抄、本因妙抄等を批判している。

 

北山本門寺39仁王門
 

 

(富士門流の大石寺批判のさきがけ・北山本門寺)

 

 

続きを読む

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(22)~創価学会批判をしているのは日蓮正宗だけだと錯覚している

1950年代からあった伝統仏教宗派や評論家・マスコミによる日蓮正宗批判・創価学会批判

 

これはカルト信仰に染まりきった日蓮正宗・法華講員に見られる悪弊・弊害だが、しかしこの錯覚ぶり、思い上がりぶりには、全く呆れ果ててしまうばかりである。1991年以来の日蓮正宗vs創価学会の「宗創戦争」以前から、世間・マスコミ・評論家や一般仏教界による創価学会批判・日蓮正宗批判は存在しており、日蓮正宗のカルト信者たちの驚くべき錯覚ぶり、思い上がりぶりは、徹底的に糾さなくてはならない。

創価学会は、少なくとも第二次世界大戦直後の戸田城聖の時代のころより、世間・マスコミや評論家たちから「暴力宗教」「香典泥棒」「軍隊の猿まね宗教」「国立戒壇は憲法違反」「非常識な暴力的折伏の宗教」「創価学会・公明党は憲法違反の政教一致体質」等々と批判されつづけてきた団体である。国立戒壇というと、妙信講、顕正会、国柱会の専売特許のように思っている人がいるようだが、少なくとも大正時代から昭和前半のころ、1960年代のころまでは、日蓮正宗も創価学会も、戸田城聖も池田大作も声高く国立戒壇を叫んでいた。日蓮正宗と創価学会が、世間、マスコミ、社会党、共産党の追及に耐えきれなくなって、国立戒壇の名称不使用を公式に宣言したのは、1970(昭和45)53日のことである。

また195060年代のころは、日蓮宗、法華宗、浄土真宗等が創価学会批判の書籍を出しているが、この中で日蓮正宗の本尊や教学についての批判も展開している。ただしこの時代の日蓮正宗の教学批判は、「戒壇の大本尊」や二箇相承等は日蓮真筆ではなく、後世の偽作であるとする学問的研究が主流であり、大石寺9世日有の謀略、陰謀、教義改変の構図を暴く所までは行き着いていない。1970年代に入ってからは、創価学会の言論出版妨害事件が起こり、評論家・藤原弘達氏、ジャーナリスト・内藤国夫氏らが先陣となって創価学会批判を展開。国会では池田大作の証人喚問の是非が取りだたされ、社会党、共産党、民社党の議員が、我先にと創価学会批判を展開した。この当時、やり玉に挙がったのは、創価学会の非民主的体質、言論弾圧体質、国立戒壇や創価学会・公明党の政教一致体質は憲法違反の疑いがあること等であった。

この言論問題と時を同じくして、創価学会の外郭団体・民音職員だった松本勝弥氏が、「大石寺の『戒壇の大本尊』はニセモノだから、正本堂供養金を返せ」という正本堂供養金返還訴訟を提起。そして保田妙本寺を日蓮正宗から独立させて反創価学会の拠点にしようとした。これは池田大作が指揮する「山崎師団」の謀略活動により、松本勝弥氏ら「創対連」「万年講」の反創価学会活動は潰され、正本堂供養金返還訴訟で松本勝弥氏は敗訴。保田妙本寺は日蓮正宗に残留。松本勝弥氏は西山本門寺貫首に弟子入りして次第に沈静化した。

次に沸き上がった創価学会批判は、隈部大蔵氏が編集長の「月刊ペン」による池田大作の女性スキャンダル批判。月刊ペン事件は、刑事裁判にまで発展。池田大作をはじめ創価学会幹部、元幹部、公明党議員が次々と出廷して、池田大作の女性スキャンダルの事実の有無が争われたが、この裁判は隈部大蔵氏の死去によって終了した。

 

 

 

続きを読む

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(5)~「証拠」がわからない

□何が偽作の証拠で何が真筆の証拠なのか、まるでわからない日蓮正宗や創価学会等の信者

 

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会等「日蓮正宗系」カルト教団のガチ信者たちと問答すると、いかに彼らが「道理」に暗いか、「証拠」ということが、まるでわかっていないことに驚かされる。

例えば、大石寺「戒壇の大本尊」が日蓮真造なのか、大石寺9世日有による偽作なのか。

□大石寺の『戒壇大本尊』は日蓮造立ではない偽作本尊だ

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_161867.html

□大石寺の『戒壇大本尊』は大石寺9世日有の偽作である

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_161878.html

この問答で、日蓮正宗のカルト信者は、こんな事を言う。

戒壇の大御本尊を後世に造るのは不可能である。日有上人が、摸写したとして信徒にだけ見せて、他人には見せない。のは考えにくい。日蓮系の各宗派に自慢したがるはずですし、実際に存在したと見せて自慢したはずです。今日でも、立派な物、建築物や絵や書を発表するのは、当たり前の事です。 それを見せないで信徒のみだった?これは、おかしいでしょう。手間をかけコストも莫大にかけて、摸写した本尊を見せないなんて事はない。

こんなことを日蓮正宗法華講員は平然とブログに書いている。一体、何処の世界に、ニセモノを偽作して、それを自慢して人に見せびらかす者がいるというのか。この洗脳法華講員の妄説は笑止千万である。大石寺9日有が自分で「戒壇の大本尊」なる板本尊を造ったといって、周囲や他門流に見せびらかしたら、偽作にならない。 「偽作」というのは、辞書にも

「本物に似せて作ること。特に、書画などを本来の作者の作品に見せかけて作ること。また、その作品。贋作(がんさく)。」

とあるとおり、「戒壇の大本尊」の場合は、日蓮真作を偽って、さも日蓮が造立した本尊であるかのように見せかけて造ったということである。大石寺9世日有が偽作したからといって「自分が造立した」などと板本尊を見せびらかしたら、自分で自分の偽作をバラすようなものだ。 人を騙す目的・動機でニセモノを偽作した者が、自分で自分の偽作をバラすわけが絶対にない。これなどは「偽作」の意味からして、まるでわかっていないとしか思えない。この「日蓮正宗系」カルト教団のガチ信者が言うように、「手間をかけコストも莫大にかけて、摸写した本尊」を「見せて自慢した」ならば、「戒壇の大本尊」が日蓮真筆ではなく、大石寺9日有の偽作であることが、大石寺門流の信者や他門流にバレてしまう。「戒壇の大本尊」を偽作した大石寺9世日有が、自らの偽作をバラすことをするはずがない。「戒壇の大本尊」偽作が、大石寺門流の信者や他門流にバレたならば、大石寺9世日有や大石寺の信用は地に落ちてしまう。「戒壇の大本尊」を偽作した当人が自ら偽作をバラすことをするはずがないことは、子どもでもわかるはずなのに、こういう道理がガチ信者は理解できない大石寺の「戒壇の大本尊」が日蓮真造である証拠を出せというと、「日蓮正宗系」カルト教団のガチ信者はこんなことを言う。

「その板本尊を広宣流布の時に『本門寺の戒壇に安置する御本尊』と、日蓮大聖人自身が意義付けた証拠。 弘安二年十月十二日の大御本尊の脇書に『本門戒壇』と大聖人が認めておられること明白である」

これも、「道理」とか「証拠」ということを全くわかっていないとしか思えない。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
プロフィール

hide(英昭彦)

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ