国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ

正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」。日本のみならず世界中からカルト宗教被害を根絶・絶滅させることが究極の目的。伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (背景写真は大石寺開創七百年慶讃大法要・本会が終了後、饗応の席で歓談する池田大作と大石寺67世阿部日顕・1990年10月14日付け聖教新聞より)

単なる数合わせの政治的野合・同盟・連合は有害無益である

「国際カルト宗教対策委員会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」(略名・アンチ日蓮正宗)「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体異名。
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

「国際カルト宗教対策委員会」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさないPART2

□高度成長時代以降の日本で、ことごとく失敗に終わった単なる数合わせの『政治的野合』

 

「国際カルト宗教対策委員会」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざすものではない、ということは既に表明しているが、数の政治的野合を目指す路線がことごとく失敗に終わったのは、政治の世界を見れば、とてもわかりやすいのではなかろうか。

1990年代から「政治改革」ということが叫ばれ、やれ二大政党だの、数を大きくしなければ自民党に対抗できないだのと、いろいろな政党の合併・併合が行われてきたが、数合わせの政治的野合はことごとく失敗に終わった。高度成長時代から1990年代、21世紀に入ってから、数合わせの政治的野合が失敗に終わった事例がある。

■新進党結党(1994)→自由党などの6党に分裂(1997)

新生党、公明党の一部、民社党、日本新党、連合参議院、自由改革連合などが結集し、19941210日、結党。小沢一郎氏の『豪腕』と言われる政治力で結党されたものの、その実態は新生党、日本新党、自由改革連合の保守、民社党、連合参議院、社会民主連合の社会民主主義勢力、創価学会を母体とする公明党など、まさに寄せ集めの寄り合い世帯。その後、羽田孜vs小沢一郎の路線対立、保・保連合の路線対立、池田大作の支配問題等々が沸騰。1997年の東京都議会議員選挙で11人の公認候補全員が落選。旧公明党のうち新進党に合流していない参議院議員・地方議員を中心とする政党・公明が新進党への合流取りやめを決定。199712月の党両院議員総会で小沢一郎党首が解散を決定した。

■民主党・自由党合併(民由合併・2003)→民主党・小沢一郎派が分裂(2012)

民由合併も当初から「選挙互助会的合併」等と批判されていた。当初、鳩山由紀夫代表が自民党に対抗できる野党勢力結集ということで民由合併を図ったが失敗。その後、菅直人代表のときに、民主党が小沢一郎氏の自由党を吸収合併する形で民由合併を実現した。その後、民主党は2009年の総選挙で政権をとったが、親小沢一郎派vs反小沢一郎派の主導権争い、路線論争が絶え間なく起こる。そして最後は消費税増税問題を巡り、社会保障・税一体改革関連法案の採決では反対の意を表明していた鳩山、小沢以下57名が反対票を投じて造反。小沢一郎派が民主党を離党し、2003年の民由合併は破綻。民主党は分裂し、2012年の総選挙で、民主党は歴史的大惨敗を喫した。

■日本未来の党(20121127日結党)→分裂(20121226)

小沢一郎氏が代表の「国民の生活が第一」、山田正彦が代表、亀井静香を幹事長としていた反TPP・脱原発・消費増税凍結を実現する党、河村たかし名古屋市長が代表としていた減税日本、社会民主党政策審議会長で離党していた阿部知子、みどりの風が合流。嘉田由紀子滋賀県知事を代表とした。2012年の総選挙で121人を擁立したものの、小選挙区で当選したのは小沢一郎と亀井静香の2人のみで比例区を合わせても9議席だけという歴史的大惨敗を喫する。選挙後は嘉田由紀子派と小沢一郎派の路線対立、主導権争いが激化。亀井静香が離党。小沢一郎派の国会議員15名が「生活の党」と名前を変えて、嘉田由紀子、阿部知子らを追放。前代未聞の党首追放の四分五裂の分裂劇になり、嘉田由紀子と小沢一郎の『成田離婚』と揶揄された。

 

続きを読む

「国際カルト宗教対策委員会」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざすものではない

□「毒をもって毒を制す」思想は「国際カルト宗教対策委員会」の基本指針・基本政策ではない

 

「国際カルト宗教対策委員会」「アンチ日蓮正宗」には時折、こんなメールが来ることがある。

…「日蓮正宗、創価学会、顕正会などの『日蓮正宗系』団体を潰すために他宗派と連合すればいいではないか」「創価学会、顕正会と連合して日蓮正宗を潰せばいいではないか」「なぜ富士門流の寺院、富士門流の信徒、富士門流執着軍団と連合しないのか」…

こんなご意見をいただくことがあります。が、はっきり言っておかなければならないことがあります。

それは、「国際カルト宗教対策委員会」「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざすものではない、ということ。そして「毒をもって毒を制す」という思想は「国際カルト宗教対策委員会」「アンチ日蓮正宗」の基本指針・基本政策ではない、ということである。よって、「国際カルト宗教対策委員会」「アンチ日蓮正宗」が創価学会、顕正会、正信会と連合したり、政治的な野合をすることは、絶対にあり得ない。又、富士門流の寺院、富士門流の信徒、富士門流執着軍団、他宗派と連合したり、政治的な野合をするということも、絶対にあり得ない。

日蓮正宗も創価学会、顕正会、正信会も、富士門流執着軍団も言わば宗教的「毒」であり、それらの宗教的「毒」をもって「毒を制す」ということは、絶対にあり得ないのである。

こういった政治的連合論、政治的野合論を言う人は、根本的に見誤っていることがある。

それは、第一に、「国際カルト宗教対策委員会」「アンチ日蓮正宗」の活動が、単なるケンカや紛争、戦争等と同じものだと勘違いしていることである。創価学会、顕正会、正信会との連合を説く人、富士門流の寺院、富士門流の信徒、富士門流執着軍団、他宗派との連合を説く人は、その典型と言えよう。つまり政治的に、あるいは数の力、政治の力、政治的圧力等によって日蓮正宗を潰す、創価学会、顕正会、正信会を潰すという思想は、誤った思想である。「国際カルト宗教対策委員会」「アンチ日蓮正宗」は、「日蓮正宗系」団体が潰れることには賛成するが、政治的、数の力、政治の力、政治的圧力等によって「日蓮正宗系」団体を潰そうとしているのではない。仮に日蓮正宗をはじめ「日蓮正宗系」団体が潰れたとしても、それだけで「日蓮正宗系」団体がまき散らしてきた諸問題が解決するとは認識していない。

そもそも「国際カルト宗教対策委員会」「アンチ日蓮正宗」の活動は、単なるケンカや紛争、戦争等と同じものではない。「アンチ日蓮正宗」のメインテーマとして、すでに掲げているが、大きなポイントは、ケンカや紛争、戦争などではなく、「心の問題」である。「日蓮正宗系」団体の現役信者や元信者の人たちに対しては、「心の解放」「心のケア」、「日蓮正宗系」団体といかに闘っていくのかという視点で言えば、「反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会で人心を一結させる」ということである。これは政治的、数の力、政治の力、政治的圧力等によって「日蓮正宗系」団体を潰すという意味ではない。ここの意味を勘違いしないでいただきたい。「数」という問題で言えば、「国際カルト宗教対策委員会」「アンチ日蓮正宗」は、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会等の「日蓮正宗系」団体から離檀・脱会する人が増加することには賛成するし、「日蓮正宗系」団体から離檀・脱会したいという人、「日蓮正宗系」団体から離檀・脱会した人のケアを支援もしますが、これと政治的、数の力、政治の力、政治的圧力等によって「日蓮正宗系」団体を潰すということは、全く別のことであり、別次元のこと。同一のものではない。

国際カルト宗教対策委員会1
 

(国際カルト宗教対策委員会・Icat-Cult)

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ