国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ

正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」。日本のみならず世界中からカルト宗教被害を根絶・絶滅させることが究極の目的。伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (背景写真は大石寺開創七百年慶讃大法要・本会が終了後、饗応の席で歓談する池田大作と大石寺67世阿部日顕・1990年10月14日付け聖教新聞より)

今も絶えることなく続いている創価学会・顕正会・日蓮正宗問題

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が2005年に設立した会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。
この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」の管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」。「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」は「一般社団法人 仏教宗学研究会」が管理・運営。
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774

(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の創価学会員・法華講員(11)~カシオペア・北斗星廃止でも終わらない上野駅ホームでの顕正会員の悪質非常識折伏を斬る

□アンチに撃退されても撃退されても上野駅13番線・東京駅に出没しつづける顕正会カルト信者

 

2000年代から2010年代にかけては、JR上野駅、JR東京駅界隈で、顕正会のカルト信者によるこんな「強引・だまし討ち折伏事件」が続発している。

JR上野駅13番線ホームからは、かつて北斗星定期2往復、臨時1往復、カシオペア1往復、あけぼの1往復、北陸1往復、そして臨時寝台特急エルム1往復が発着。16時から23時台までの間に7本の寝台特急が発車していた。しかしエルムも、あけぼのも北陸も廃止になり、さらに、2015314日のダイヤ改正を以て、JR東日本とJR北海道が、19883月の青函トンネル開業以来、営業運転してきた寝台特急「北斗星」の廃止を発表した。これは2016年度に開業する北海道新幹線を見据えていること。そして旧国鉄時代に製造された客車寝台を改造した車両も老朽化が進み、ついに限界に来たものである。

JRの寝台特急カシオペア、北斗星などの花形寝台特急が上野駅13番線ホームから発車する時刻が近づいて来ると、寝台特急の写真や動画を撮影しようと、数多くの鉄道ファン、鉄道オタクから写真家、動画撮影家たちが集結。寝台特急に乗車する乗客と、写真や動画を撮影しようとする人たちで上野駅13番線は、たくさんの人でごった返す。その上野駅13番線に集結する人を狙って、日蓮正宗系カルト教団・顕正会への強引・執拗で非常識な折伏・勧誘を繰り返すカルト信者が、毎日のように出没していたのである。最も数多くアンチに目撃され、アンチに撃退されつづけているのが、自称「前川原某」を名乗る顕正会員である。自称・前川原というのは、当人は「前川原某」なる名前を名乗っているが、本名かどうかは不明。世間の常識で言えば、全く見ず知らずの人に、いきなり個人情報を教える人はいないが、彼らカルト信者に、世間の常識を持つ人は皆無だから、「前川原某」なる名前が本名かどうかは何とも言えない。そこでここでは通称名「前川原某」と書くことにする。

英昭彦が最初にJR上野駅13番線ホームで「前川原某」と遭遇したのは、今から2000年ぐらいのころのこと。あの当時、私は自主映画、インディーズ映画や自主映像の撮影・制作を手がけていて、上野駅13番線ホームでも写真を撮ったり、動画を撮ったりしていた。そこで遭遇したのが「前川原某」。時間帯も、これから寝台特急の発車が近づいて来るころであった。「前川原某」は無精ヒゲに、数日、顔を洗っていないかのような浅黒い顔をし、似合わないメガネをかけ、頭髪も何となく汚らしい。着ている服も、長らく洗濯していないんのような服を着ていて、おおよそ清潔感とはほど遠い格好をしていた。「前川原某」は、いきなり英昭彦に住所と名前を告げてきて、「鉄道に興味ありますか」的な話しをしてきた。あの当時はまさに上野駅13番線ホームから16時から23時台までの間に7本の寝台特急が発車していたころのこと。「前川原某」は、私を鉄道ファンの一人と勘違いして、声をかけてきたと思われる。英昭彦も最初は、この男も上野駅から発着している寝台特急に、ストーカーのようにつきまとっている鉄道ファンか鉄道オタクの一人だとばっかり思っていた。

北斗星9
 

(上野駅13番線ホームから発着する寝台特急「北斗星」)

 

 

続きを読む

隣の創価学会員・法華講員(10)~実家のポストに顕正新聞を投函して行った顕正会員による顕正会「色仕掛け折伏」を斬る

□顕正会に大勢の独身女性がいるかの如く錯覚させるために配布している顕正新聞特集号

 

強引な折伏・布教活動を行っているのは、創価学会だけではない。顕正会も行っているし、創価学会や顕正会の「本家本元」である日蓮正宗もまた同様である。ここではまず、英昭彦の実家がまだ存在していた2014年の事例を紹介しよう。

2014年春のこと。英昭彦の実家のポストに顕正新聞が投函されていた。顕正新聞とは、日蓮正宗から派生した「日蓮正宗系」のカルト教団・顕正会(彼らは富士大石寺顕正会の名を名乗っている)の機関紙である。その顕正新聞を広げてみると、「今こそ御仏意による順縁広布の時」との題字が踊り、一面トップに若い女性でぎっしり埋め尽くされた顕正会の行事の写真がデカデカと載っている。「何だこれは」と思って、その新聞を読んでみると、これは2013114日、埼玉県の「さいたまスーパーアリーナ」で開催された顕正会女子部大会を報道する、顕正新聞「女子部大会」特集号だった。一面トップの写真をよく見てみると、「さいたまスーパーアリーナ」の席が、顕正会の独身女性とおぼしき若い女性で埋め尽くされている。この顕正新聞は、顕正会員が私の実家の不在中に、ポストに投函していったようで、玄関にある防犯カメラの映像には、この顕正新聞を投函して行ったと思われる女性二人が、丸写しになっていた。この顕正会員による顕正新聞投函の目的は、明らかに顕正会への入信勧誘つまり折伏であることは明らか。投函した家が、まさか「アンチ日蓮正宗」管理人・英昭彦の実家とは知らずに、顕正会員が投函していったものだと思われる。

さて下記に、この顕正新聞「女子部大会」特集号の写真を掲載したが、これを読んだ何の予備知識もない一般世間の人は、何と思うだろうか。一面の写真のみならず、この特集号には、若い20代から30代と思われる女性が大勢映る写真が何枚も掲載されている。「顕正会という団体には、大勢の若い独身女性がいる」と思い込むのではないだろうか。これは単なる笑い話ではない。

顕正会信者の若い女性から「一緒に遊びに行かないか」と誘われて、連れて行かれたのが顕正会の会館。そこで大勢の顕正会員に折伏され、顕正会に入信すれば結婚してくれるものだと錯覚。人生のハンドルを切り損ねて顕正会に入信してしまった若い男性が、入信した途端に、女性からそっぽを向かれ、ここでようやく騙されたと気づき、「顕正会に騙されて入信してしまった。顕正会から脱会するには、どうしたらいいのだろうか」という相談が、いくつも「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」に寄せられている。独身とおぼしき若い女性信徒を全面に押し出して、若い男性を折伏するやり口は、通称「色仕掛け折伏」と呼ばれているもので、これは顕正会のみならず、創価学会や法華講(日蓮正宗)までもが得意技としている、極めて悪質な布教方法である。

それともうひとつ。顕正新聞の紙面を読んでいくと、この女子部大会に、既婚女性(創価学会、法華講で言う婦人部員)が登壇して体験発表している。ということは、顕正会「女子部」の中には、独身女性のみならず、既婚女性も入っているということなのだろうか。しかし顕正会には、女子部とは別に婦人部が存在している。ということは、顕正会女子部とは、独身女性だけではなく、既婚女性も一部いるということか。ところが顕正新聞「女子部大会」特集号の写真を見ると、あたかも顕正会には大勢の独身女性がいるかのように、見る人に思わせようとする意図がミエミエ。つまりこの顕正新聞「女子部大会」特集号は、一般世間の人に、さも顕正会には大勢の独身女性がいるかのように錯覚させて、顕正会に入信させることを目的にして、配布していることが明らかである。

 

女子部1


女子部2
 

(201311月・顕正新聞「女子部大会」特集号・一面)

 

 

続きを読む

隣の創価学会員・法華講員(9)~公明党が創価学会から生まれ創価学会・公明党の政教一致体質を知らない若者はなぜ生まれたのか

□小学生のころの英昭彦が創価学会・公明党の知識を得た書棚に並んでいた百科事典類の書籍

 

英昭彦は今も仕事の関係、父親の介護の関係、「仏教宗学研究会」本部近隣の関係等々で、若い人と話す機会がある。そういう機会は、今の若い人が何を考え、何を思考しているのかを知る貴重な機会でもある。その若い人はもちろん世間一般の人であり、創価学会、顕正会、法華講等の「日蓮正宗系」カルト信者はいない。大半が無宗教の人で、「仏教宗学研究会」本部近隣はほとんどが浄土真宗の檀家なので、浄土真宗の仏壇や墓地は持っているのだろうが、日常の宗教活動は何もしていない無宗教、無党派の人たちである。英昭彦がリアルに話しをする人の中には、英昭彦が「仏教宗学研究会」・「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」、「国際カルト宗教対策委員会」略名Icat-Cultの管理人をやり、「日蓮正宗系」カルト宗教批判活動を行っていることを知っている人もいれば、知らない人もいる。英昭彦は若い人たちと創価学会等「日蓮正宗系」カルト宗教のことについて意見交換する機会があれば、そのたび毎に英昭彦は創価学会等「日蓮正宗系」カルト宗教を批判するのだが、英昭彦の周囲にいる若い人たちも、創価学会等「日蓮正宗系」を批判する人、批判的な意見を持つ人ばかり。今まで私の眼前で創価学会等「日蓮正宗系」を擁護した人は一人もいない。世間から創価学会が嫌われる最大の原因は、創価学会員による強引・執拗な折伏・入信勧誘、公明党への投票干渉、聖教新聞の執拗なセールス。さらに創価学会の独善的体質、狂信的・盲信的・カルト信仰的な創価学会員・創価学会幹部、創価学会の宗教団体にあるまじき権力志向・支配志向の体質等々があげられる。世間から創価学会が嫌われる原因は、昔も今もそんなにかわっていないな、という印象である。この中で、英昭彦が注目したのは、世間の若い人は、創価学会員が選挙になると「公明党の○○に投票してくれ」「公明党に投票してくれ」などと干渉してくることを嫌っているのだが、公明党が創価学会から生まれたこと、創価学会と公明党の政教一致体質、公明党が池田大作の天下取り構想の先兵になっていることを全く知らない人が、かなりの数いるということ。特に公明党が創価学会から生まれたこと、創価学会と公明党の政教一致体質を知らない人がいることに驚かされた。なぜこうなったのだろうか。

ちなみに英昭彦の場合は、公明党が創価学会から生まれたことは、子どもの頃から知っていた。なぜなら、少なくとも英昭彦が小学生のころから、北陸の実家の英昭彦の部屋の書棚に、百科事典がズラリと並んでいて、好奇心でその百科事典を読んでいた。なぜ英昭彦の部屋に百科事典があったのかは、わからない。おそらく、親が買って来たのではないかと思う。---この百科事典は、今も「仏教宗学研究会」本部書棚に収蔵されている---

その百科事典には、公明党が創価学会から生まれたこと。創価学会員の議員を集めて結成させた公明政治連盟を発展させ、創価学会の池田大作会長が公明党を創立したこと。公明党の支持母体である創価学会は、日蓮正宗から生まれた、日蓮正宗の信徒団体であることが、しっかりと書いてあった。英昭彦が小学生のころというのは、昭和40年代中頃のことで、まさに創価学会の「折伏大進撃」による信徒激増期のこと。日蓮正宗についての詳しい記述はなく、日蓮宗は知っていたので、「日蓮正宗?日蓮宗のまちがいかな?」「それとも日蓮宗の親戚なのかな?」ぐらいに思っていた。日蓮正宗についての詳しい知識が身についたのは、大学に進学した後のことである。

 

 

 

続きを読む

隣の創価学会員・法華講員(8)~朝のファミレスで見かけた『隣の隣の創価学会員』による奇妙な『色仕掛け折伏』の様子

□ファミレスの一席で人目をはばからず「色仕掛け折伏」をしていた創価学会婦人部中年女性

 

これは2014年ころの話しであるが、英昭彦のすぐ近くで、強引な布教事件が起きたこともあった。

英昭彦は時折、ファミレスで食事をすることがあり、特に午前中、ファミレスに入ってモーニングを食べることがよくある。ある日、よく行くファミレスの一席でモーニングを食べていたら、英昭彦の隣の隣の席に、何やら風体のあがらない、横山ノック風のハゲ頭の壮年男一人と、これまた風体のあがらない超地味で、しばらく洗濯をしていないのではないかと思われるような服を着た中高年女性2人の計3人のグループが着席。最初、私は気にもとめていなかったのだが、この3人、ファミレスの女性店員に食事を注文。それから、何かと話を始めた。

この3人組は、女性二人が一方的に話していて、そのうち女性Aが「私は折伏はしているけども、組織の役職は受けないことにしているのよ」という話し声が私の耳元に聞こえてきた。「組織の役職(?)。どこかで聞いた話だな」と思った私は、モーニングを食べながら、隣の隣の席の3人組の話しを、「見て見ぬふり」をしながら、注意して聞いていた。そのうち、ファミレスの店員が、3人組のテーブルに、何と生ビールを持ってきた。3人組は、まだ午前中だというのに、生ビールで乾杯しながら、話し始めたのである。話しの成り行きを見ていると、中高年女性2人が横山ノック風ハゲ頭の壮年男を説教しているようす。中高年女性のトークは、生ビールが入っていたせいか、次第にテンションが高くなって声が大きくなっていった。中高年女性Bがハゲ男に「○○さんは、人間革命したねー」と喋る声が聞こえてきた。「この中高年女性は創価学会員か」と、ここでわかった。ハゲ男に説教している中年女性ABも、化粧も何もしていない“スッピン”状態。それで中年のハゲ男を説教しているのだが、「私たちの言葉を信じて、ついて来て」などと言っている。ハゲ壮年男は、食事をしながら、ほとんど無言のまま、下をうつむいて、中高年女性ABの話しを聞いている。「これはどうやら『色仕掛け折伏』だな」と、私は直感したが、しかし折伏をする側の中年女性ABも、超地味な服を着た“スッピン”状態だから、『色仕掛け』と呼ぶには、いささか抵抗がある。

しかし私が学生だったころ、大学キャンパスで一般男子学生に対して次々と「色仕掛け折伏」をしていた創価学会女子学生部信徒も、こんな超地味な服を着た“スッピン”状態だったことを思い出した。中高年女性ABの話しは、生ビールが入って、だんだん声が大きくなってきた。隣の隣に座って、見て見ぬふりをしながら聞いていた私の耳にも、はっきり聞こえるくらいになったのである。「私たちといっしょに活動をやっていけば、幸せになれるんだからー」「みんなといっしょに活動をやっていけば、功徳がいただけるんだからー」…中年女性ABも、ハゲ壮年男に説教している。

「信心のことは、幹部や先輩の言うことは絶対に聞いて」「先輩や幹部の言うことを聞かないと。あとあと三世にわたって、ものすごい罪業を積むのよ」……おっと、出ました。創価学会員がお得意の仏罰論、堕地獄論が登場。そして、どこぞの地獄絵図を見てきたような話しっぷりの中高年女性AB。何十年経っても創価学会の体質は、全く変わっていないな、という印象である。

 

 

 

続きを読む

隣の創価学会員・法華講員(7)~突然、実家に出没した非常識な布教活動の創価学会員を「Icat-Cult」管理人が撃退

□何の前触れもなく「Icat-Cult」管理人・英昭彦の前に出没した非常識な布教活動の創価学会員

 

近年、創価学会に関するマスコミの評論を読んでいると、時折、「今は、創価学会の布教活動は、昭和時代の『折伏大進撃』のころのような強引な布教活動はしていない」「創価学会の強引な布教は、もはや昔話だ」という主旨のものを見かける。しかしこういったものは、全く誤った見解である。

Icat-Cult」管理人・英昭彦の周辺で起きた、創価学会員の強引な布教事件の事例を挙げよう。

これは2011年ころ、英昭彦が実家に帰省していたときの話しである。----2016年、英昭彦は実家の近所に土地を購入して一軒家を新築し、実家は取り壊したので、今は実家はない----

英昭彦は、老いた父親の面倒を見なくてはならないし、旧盆を迎えるころには、いろいろやらなくてはならないこともあった。帰省中の某日夕方、夕食の弁当でも買いに出ようかと、実家の玄関の戸を開けたときに『事件』が起こった。ちょうどその時、玄関前の道路の反対側に、黒色のステーションワゴンの車が停まっていた。私が玄関から出てくると同時に、そのステーションワゴンの60代後半くらいのから70代くらいの男の運転手が、「やあ、こんにちは。私、中島(仮名)といいます。お父さんの友だちです」と言いながら、私に手を振っている。「中島(?)父親の友だち(?)そんな人、知らないなー」。私は実家の戸締まりをして、自家用車が停まっている車庫に向かって歩いて行ったのだが、このステーションワゴンの男は、一方的に私に話しかけてくる。「中島ですよ、中島(仮名)。お父さんの友だちですよ。お父さん、どうしたの?入院しとるんですか」。こんな感じで私の父親の友人を自称し、やたらと私の父親の個人情報を聞き出そうとする。この時点で、「こいつ、怪しい男だな」と直感。そこで私が一言。「私は、父親が友だち付き合いをしている人の名前は、全て把握しているが、その中に中島(仮名)という名前はない」。こう言って私が車庫に入ろうとすると、このステーションワゴンの男は、車庫の出入り口の前に、ステーションワゴンを横付けにして、出入り口を塞いでしまったのである。「何だこいつ、ケンカを売っているのか」と思いきや、すぐさま、この自称・中島(仮名)がステーションワゴンから降りてきて、「わしゃ中島(仮名)ですよ。建具屋をやっとるんですよ」と言う。建具屋の中島(仮名)(?)。ここでやっと、この男が2009年に『事件』を起こした創価学会員であることを思い出した。2009年の『事件』とは、こんな内容の『事件』である。

あの当時は、母親がまだ存命中で、父と母の二人が実家で暮らしていた。その時にこの中島(仮名)なる者が、私の母親を騙して、私の東京の住所を聞き出し、東京の自宅に訪ねて来たことがあった。なぜ中島(仮名)がこんなことをしたのかというと、2009年・東京都議会議員選挙の公明党候補者応援のため。つまり東京都議会議員選挙に立候補している公明党候補者に一票入れてくれと言いに、わざわざ北陸地方から東京に来たというわけである。このとき、私は外出中で不在。自宅ポストに中島(仮名)の名刺と手紙が入っていた。住所を見ると、私の実家の住所の近くになっている。「何だこれ?」と思って、中島(仮名)の連絡先に電話をすると、中島(仮名)本人が出てきて、臆面もなく、「東京都議会議員選挙では公明党候補者に一票入れてくれ」などと言っている。

カチンときた私は「オマエは創価学会の者かーっ。非常識なことをやってるんじゃねえぞーっ」と電話で一喝。すると中島(仮名)は、「すいませんでした。申し訳ない。もうそちらには行きません」と行って電話を切った。あのころはブログではなく、「mixi」でコミュや日記を書いていたころで、「mixi」日記にこの一件を書いたところ、マイミクさんから創価学会の非常識な選挙活動批判のコメントや、「Icat-Cult」管理人支持のコメントを多数いただいたということがあった。

 

 

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
プロフィール

hide(英昭彦)

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ