国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ

正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」。日本のみならず世界中からカルト宗教被害を根絶・絶滅させることが究極の目的。伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (背景写真は大石寺開創七百年慶讃大法要・本会が終了後、饗応の席で歓談する池田大作と大石寺67世阿部日顕・1990年10月14日付け聖教新聞より)

カテゴリ:実録・となりの創価学会員・法華講員・顕正会員 > 今も絶えることなく続いている創価学会・顕正会・日蓮正宗問題

□アンチに撃退されても撃退されても上野駅13番線・東京駅に出没しつづける顕正会カルト信者   2000年代から2010年代にかけては、JR上野駅、JR東京駅界隈で、顕正会のカルト信者によるこんな「強引・だまし討ち折伏事件」が続発している。 JR上野駅13番線ホームからは、 ...

□顕正会に大勢の独身女性がいるかの如く錯覚させるために配布している顕正新聞特集号   強引な折伏・布教活動を行っているのは、創価学会だけではない。顕正会も行っているし、創価学会や顕正会の「本家本元」である日蓮正宗もまた同様である。ここではまず、英昭彦の実 ...

□小学生のころの英昭彦が創価学会・公明党の知識を得た書棚に並んでいた百科事典類の書籍   英昭彦は今も仕事の関係、父親の介護の関係、「仏教宗学研究会」本部近隣の関係等々で、若い人と話す機会がある。そういう機会は、今の若い人が何を考え、何を思考しているのか ...

□ファミレスの一席で人目をはばからず「色仕掛け折伏」をしていた創価学会婦人部中年女性   これは2014年ころの話しであるが、英昭彦のすぐ近くで、強引な布教事件が起きたこともあった。 英昭彦は時折、ファミレスで食事をすることがあり、特に午前中、ファミレスに入 ...

□何の前触れもなく「Icat-Cult」管理人・英昭彦の前に出没した非常識な布教活動の創価学会員   近年、創価学会に関するマスコミの評論を読んでいると、時折、「今は、創価学会の布教活動は、昭和時代の『折伏大進撃』のころのような強引な布教活動はしていない」「創価学 ...

↑このページのトップヘ