国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ

正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」。日本のみならず世界中からカルト宗教被害を根絶・絶滅させることが究極の目的。伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (背景写真は大石寺開創七百年慶讃大法要・本会が終了後、饗応の席で歓談する池田大作と大石寺67世阿部日顕・1990年10月14日付け聖教新聞より)

日蓮正宗の法主・僧侶・信徒団体、強引な布教・体質に関する苦情

「国際カルト宗教対策委員会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」(略名・アンチ日蓮正宗)「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体異名。
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

「アンチ日蓮正宗コミュ」に寄せられた日蓮正宗に関する苦情の数々NO10

□法華講員ですら「こんなに日蓮正宗が評判が悪いとは知らなかった」と驚いたその実態NO10

 

77「自分らが責めるのは良いが他者からされるのは嫌、と。思考回路が子供並みなんですよね。日蓮正宗系は信者レベルがみな同じ。」(アンチ日蓮正宗コミュ)

78「日蓮正宗系は『日蓮原理主義』にマルチ的『教線拡大至上主義』が加わると、まさに日蓮正宗系『一闡堤ドグマ』の出来上がりなのでしょうね(苦笑)。しかし、あんな『戒壇の大本尊』をはじめとする大石寺の『温泉秘宝館的ガラクタ展示』を、誰も偽作だと怪しまないのがカルトとその信者たる所以と呆れてしまいますな()。」(アンチ日蓮正宗コミュ)

79「日蓮正宗系は『罰』『堕獄』に畏縮した人間を生産する理屈しか無いのでしょうね。昨今の日蓮正宗や創価学会系サイトでの言い争いを見ても、相手の不幸を望む様な発言ばかりです。不当な言論統制を、非信者に押し付けて来るわ、親しくもない非信者である人間の家の供養にまで口出しする図々しさ。ウチの掲示板でもそんな連中の理屈が展開しました。あんな日蓮正宗系の者たちの『非常識』が彼らの常識であって、日蓮正宗系に言わせると、一般世間の方が、おかしいらしいですが、どうも中国・韓国と会話している様な異質感があります()(アンチ日蓮正宗コミュ)

80「まぁ…創価学会の教えとして、嘘も百回言えば、本当になるらしいですから…。佛教というのは、日蓮宗が偉い、日蓮正宗が偉い、真言宗が偉い、天台宗が偉い、浄土宗が偉いのではなくて、各々個人が、どれだけ仏の姿を体現できるかどうか(迷いから解脱した姿)では」(アンチ日蓮正宗コミュ)

81「日蓮正宗の信者から日蓮正宗はお金がかからないって言われたことがあります。(機関紙等の数百円程度は除く)ご供養(お布施)もいらないよ~って、日蓮正宗寺院の住職さんは言ったりするとか。でも動画サイトなどを見ると資金調達しろよ#っていう集会の映像ばっかりです。やっぱり、うそつきですね」(アンチ日蓮正宗コミュ)

82「日蓮正宗では、普通のご供養(お布施)の他に『特別ご供養』なるものがあるそうですね。大口のお布施の事だと思います。神仏を利用してどんな立派なことをうたってみても、結局のところは、人の弱み(例えば、病気や心の病または貧困や自己の自信喪失など)につけ込み、自分たちの教団の拡大と資金調達のためだけに搾取する悪質なマルチ商法まがいの団体なんですね。寺だか伝統だか知りませんがそれをフィルターにされて、信じきっている信者の皆さんがお気の毒に感じます。幸せで希望に満ちあふれた生活を送っているのなら構わないとは思いますが、実際は?・・・単なるカルトですね」(アンチ日蓮正宗コミュ)

83「ホント、ひどい宗教ですね、私は日蓮正宗も創価学会も大嫌いで、被害者の一人でもあります。私の元妻が日蓮正宗の信者だったのです。。結婚前に知っていれば、まず結婚は有り得なかったでしょう。彼女が隠していたのです。結婚後に知りました。なかなか離婚に相手が応じず、やむなく調停に持ちこみ一年近く闘いましたが、早期解決金と称して200万円ふんだくられました。きっとお寺に寄進したんでしょうけれど。」(アンチ日蓮正宗コミュ)

 

続きを読む

「アンチ日蓮正宗コミュ」に寄せられた日蓮正宗に関する苦情の数々NO9

□法華講員ですら「こんなに日蓮正宗が評判が悪いとは知らなかった」と驚いたその実態NO9

 

75「自分は、日蓮正宗信徒の3世で28年間、祖母や母に言われるがまま(熱心ではありませんでしたが)疑問に思う事無く、信心していました。そして、去年、今の職場で出会った今カノのおかげで抜ける事ができたのですが、かなり悩みました。なんせ、祖母と母は、バリバリの日蓮正宗の信徒。日蓮正宗を抜けるとなれば離縁は必至。自分以外の兄弟もここ数年に起こった災難のせいで、日蓮正宗に、のめり込み始めていましたから・・・・。オマケに物心つく前から刷り込まれた『日蓮正宗を信じていないと地獄に落ちる』と言う「恐怖心」も相まって、冗談抜きで究極の選択でした。

今カノを通じてGREEhideさんのコミュで、参加の方のご助言、ご助力もあり日蓮正宗から離檀できたのですが、その時、母が自分に言ったセリフは『祖母が泣いていたゎ』『妹は顔も見たくないって言ってた』でした。自分にはかなり、こたえました。『祖母を泣かした、妹が本気でキレた』と、罪悪感に襲われたからです。その日駆けつけてくれた今カノの言葉を借りると、自分が「日蓮正宗の敵」になった瞬間でした。その後、身内から一切連絡はありません。自分からもしていませんが。

肉親ですら「敵」になったとたん精神的追い込みをかける・・・自分の親にそんなMCをした日蓮正宗を絶対許さないし、本気で潰してやりたいです。」(アンチ日蓮正宗コミュ)

76「元々私の実家では、葬式は仏教だけど宗派は?位の一般家庭です。色々な考え方をする人がいる様に、色々な宗教を信じる人もいる、程度の認識でした。つまり私は生来の無宗教です。今後も何かを信じる事は無いでしょう。主人とお付き合いをする時、「俺は宗教が大嫌いだ。君は宗教に入っていないよね?」と聞かれ、何故かと問うと、身内のある信者のせいで色々トラウマがあるからだと言われ、納得。何事も無く順調にお付き合いが進み、一年半後に結婚、入籍。

本題はここからです。主人の母方の祖母が日蓮正宗のカルト信者で、一月に一度は我が家にやってきて、生の鶏肉に卵1パック、古着を山ほどを持参し、2時間以上は玄関で立ち話をします。内容は、自分が病気になって生死を彷徨った時に光る神様に救われた、とか今自分が健康でお金持ちで人様から感謝されるのは信心深いからだという話のみ。ハイハイ言ってりゃそのうち帰るからと思い、貰ったものは全て捨て、一ヶ月に一度の「イベント」をやり過ごしていましたが…入籍日の夜、日蓮正宗のカルト信者・主人の母方の祖母はやってきました。「キリスト教で式なんか挙げないで」「入信すれば手付金を弾むから(お祝い金の事です)」「子供の名前はお寺に決めてもらうから何も考えるな」50万位は入っていそうな封筒を押し付けてきます。受け取ったら最後と思い、思い切って日蓮正宗に入信するつもりは無いと一言。豹変しました。その日の20日ほど前に、私は最愛の祖母を末期の胃がんで亡くしていますが、日蓮正宗のカルト信者・主人の母方の祖母は、私の祖母が亡くなったのは、信心しない私の業の深さと、祖母の業の深さだと言うのです。誰に対しても優しく、行儀作法に厳しかった自慢の祖母です。思いもしない侮辱に私は貧血状態でした。それでもまだ、日蓮正宗のカルト信者・主人の母方の祖母は、日蓮正宗に入信すればお金も幸せも手に入る、日蓮正宗に入信しない大馬鹿者は野垂れ死にで苦しんで死ぬとわめきます。」

 

続きを読む

「アンチ日蓮正宗コミュ」に寄せられた日蓮正宗に関する苦情の数々NO8

□法華講員ですら「こんなに日蓮正宗が評判が悪いとは知らなかった」と驚いたその実態NO8

 

66「一部の日蓮正宗の信徒は確かに『世間を見下し』てますね。そりゃ、そうなりますよ。『日蓮正宗は最高にして唯一の宗教である』なんて、言ってるんですから。日蓮正宗の信徒が世間を見下してしまっても当然です。その見下してる一例を上げて見ましょう。私がある法華講信徒さんに大石寺にあるといわれる日蓮の「肉付き歯」(御生骨)についてメールにてお尋ねした所『この歯は今も生きてる』と断言されました。そこで私が『科学的根拠があっての断言ですか?』と聞いた所、『信徒でもない輩が、見た事もないのにそんな事いうな』とのお返事が来ました。そこで私が『しかし700年以上も前の肉付き歯が生きてるとは、到底信じられない』と言った所、信徒さんは『科学で説明出来ない事もある。日蓮大聖人の歯は生きてる。一般ごときがごちゃごちゃ言うな』とのお返事が来て拒否されました。余談ですが、後日、日蓮正宗の信徒さんの集まるホムペを覗いた所、先の信徒さんは『アンチを論破した』と豪語しておりました。そして、それに協調する日蓮正宗の信徒達…話を元に戻すと、結局、日蓮正宗の信徒から見て、信徒以外は『一般ごとき』なんでしょうね。だから日蓮正宗からの勧誘断ると『せっかくのチャンスを断りやがって(怒)』等の気持ちと『見下してる気持ち』から、『地獄に堕ちる』だのと捨て台詞吐いて行くのでしょう。『見下している』からこそ、ネット上に溢れる『日蓮正宗批判』や『日蓮正宗に疑問を持つ発言、質問』が許せないのでしょう。昨日もそういう信徒さんいましたね。『戒壇の大本尊が下げ彫りだと知ったら日蓮正宗に入信するのか?』等と言う信徒さんが。まさに『見下している』からこその発言でしょうね~。」

(アンチ日蓮正宗コミュ)

67「私がかつて所属していた日蓮正宗寺院では、とにかく寺院にたくさん人を連れてくる人が慈悲深い人、たくさん御供養する人が素晴らしい日蓮正宗信徒でした。極論ですが、詐欺まがいの事をして人をだましてお金をふんだくってもそれを御供養すれば優秀な信徒、下半身使って男だましてたくさん寺院に若い男を連れてくる女性信徒は尊敬される。だからこの信仰をしてお題目さえ唱えていれば世間では何をしてもいいんだよ、という思想の法華講支部でした。こんな非常識な話は、世間では、ありえません。こんな非常識な組織で夢中になっていた過去の俺が恥ずかしい。

当時、私は法華講支部青年部長の役職で活動していました。役職を退いたのち、一歩下がって法華講の内部を見たとき『こんな人たちが集まってこの教えが広まっても、いい世の中になる訳がない』と思いました。世間の人は何を基準に法華講を判断するのでしょう。やっぱり人の振る舞いですよね。」(アンチ日蓮正宗コミュ)

68「ネット上で熱心に盲信アピールしている日蓮正宗信徒の多くは、創価学会→顕正会→日蓮正宗、若しくは日蓮正宗→創価学会→顕正会→日蓮正宗等、所謂「カルトサーフィン」してきた方が多い。古くからの日蓮正宗の信徒さん達から「法華講のイメージ、日蓮正宗のイメージががた落ちするし、日蓮正宗っていうだけで白い目で見られる。困っている」との相談が寄せられている。日蓮正宗は、創価学会との蜜月関係時代においしい味をしめた「大儲け」を再びやりたいのか、やたら信者獲得に走ってるようですが、そろそろ思考変換しないと、世間に『伝統カルト教団』等と叩かれる時代が来るかも知れませんね。」(アンチ日蓮正宗コミュ)

 

続きを読む

「アンチ日蓮正宗コミュ」に寄せられた日蓮正宗に関する苦情の数々NO7

□法華講員ですら「こんなに日蓮正宗が評判が悪いとは知らなかった」と驚いたその実態NO7

 

56「日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会など日蓮正宗系分派全てから折伏を受けたなど、町内でも私一人か。過激派みたいに日蓮正宗系の内ゲバ花盛りな割には、皆同じ教義に目くそ鼻くそと感じます」(アンチ日蓮正宗コミュ)

57「私も病気なのは自分の罪業のせいだと言われました。病気は病気で医学的に治療してもらっているつもりですが・・・。しかし日蓮正宗の人が言うには、『それだけではよくならない。医者は万能なのか?勤行を唱えなさいetc・・・』…もうなんかすごいです。「こっちは疲れてるんですから。」と抗議しても、こちらからの抗議は無視して全く耳を貸さない。日蓮正宗の人は、ただ一方的に自分の言い分を言うだけ。さらに、こちらから抗議しても『何も知らないのに批判するな』と言われたり、持っていたお守りを燃やされたり。そんなことをやっていて『全部君の為を思ってやっている』と日蓮正宗の人は言いますが、そんな、行き過ぎた行為はやめていただきたいです」

(アンチ日蓮正宗コミュ)

58「創価学会も顕正会も、同じ日蓮正宗の系統にある分派同士ですので似ているのですが。私が大学生の頃も、同じ奴を1時間半くらいで振り切りましたが「家に行く」には参りましたよ。」

(アンチ日蓮正宗コミュ)

59「何度か日蓮正宗のひどい勧誘を受け被害にあいました。今も精神的に参っていて困っています。苦しくて日記にも愚痴を爆発させてしまっています。最近も、私は偽りなく幸せだと言うのに(勿論、自己研摩や努力はしていますよ)、「あなたは自分を偽っている。本当の幸せになれない。日蓮正宗の教えのみが正しい。」と、順序よく様々なことを説明しても、学識が無く視野の狭い、そして努力を嫌い題目を唱えるだけの彼らは、自分に不都合なことは他人のせいにして聞く耳持たず。

日蓮正宗ではなく亡くなった方々は幸せで無いのか?全く失礼な奴らでありますね。他の宗教の方の遺体が黒くなることも一切無かったし(透き通っていた方が多い)。日蓮正宗の信者は増えているそうだが…彼らは自己中心的な思想で、題目を唱えていれば功徳があると、世間一般で言うところの努力を嫌う。(いいご身分ですね、豊かな生活は他人から与えられると思ってるのね)、自分の不都合は他人のせいという日蓮正宗の信者。そして初詣、祭りなどの日本の伝統文化を否定する日蓮正宗。…今の堕落していく日本そのままの姿だと思う。堕落人たちが日蓮正宗系にひかれ、この思想を広め、また堕落人が集まり…と悪循環を繰り返していくのだろうか。そんなことになったら、日本はどこまで荒廃するのか。どん底に沈むまで気付かないかなとまで思ってしまいます。」(アンチ日蓮正宗コミュ)

60「元法華講で現在は創価学会員ですが、今月には創価学会を退会します。法華講の内部では陰険ないじめがあります。ごく僅かに良い人はいましたが。もしも、正しい信仰ならばいじめなんてあるはずもない!呆れて辞めました。」(アンチ日蓮正宗コミュ)

 

続きを読む

「アンチ日蓮正宗コミュ」に寄せられた日蓮正宗に関する苦情の数々NO6

□法華講員ですら「こんなに日蓮正宗が評判が悪いとは知らなかった」と驚いたその実態NO6

 

55「大学4年生の夏。高校時代に同じクラスだった、かといってさほど仲良くもなかった友人から電話があり、今どうしているのかなどという会話から、「地元に友達少ない」し、「昔話でもりあがろうぜ」というので、近日中にでも会おうという話になりました。待ち合わせ場所を決めようとした際、相手は(F君とします。)新幹線でも有名な駅、新横浜で待ち合わせ。待ち合わせ当日。

横浜駅で待っていると、見ず知らずの男性(2023歳くらい)がいきなり「まささんですよね?」

とたずねてきました。「はい・・・・・??」「Fの知り合いでAと申します。Fは先に新横浜駅にいるので、そこまで 一緒に行きましょう。」この時点であやしい、と気づけばよかったのですが、むげに断るのもと思い、とにかく新横浜駅までついていきました。新横浜に到着するとF君がいました。早速その3人で繁華街方面出口からすぐ左手にあるビルに向かいました。当時、そのビルの一階はパチンコ屋、二階は喫茶店になっていました。あとでわかった話ですが、その2階は日蓮正宗の勧誘で有名な喫茶店だったのです。イヤー久しぶり~なんてこちらはテンション揚げて話しを進めます。この時点で私はAFの友人だと信じて疑っていなかったのですが、なにせ昔の話を進める自分とFだけが会話をすすめる中、Aは一言も言葉を発しません。やがて最近のことに話が移って、Fがおもむろに「いや~最近ついてなくってさ~。まさは?」

と振ってきました。急に堰を切ったようにAがしゃべりだします。」

「聞けばまささんは歴史が好きだったのとか。元寇の話しなんて覚えてます?なんてことをしゃべりだしました。やがて話は、龍口の処刑場の話になります。稲妻が走っただの、その話しっぷりは

さっきのAからは想像できないものでした。あまりに熱弁するので、こちらははっきり言いました。

「これ何?宗教勧誘?だったら帰るよ。俺。」AFは弁解します。「いやいや、ただ話を聞いてほしいだけだ。」とにかくAは一方的にしゃべくりまくります。そのうち、このAは変なことを口にしだします。「阪神大震災で日蓮正宗を信じていた人は死んでいないんですよ!」は?????

「なんでそんなことがわかるの?」「とにかく死んでいなかったんですよ!」わけがわかりません。

やがてAはある寝たきりのおばあさんの話を出しました。阪神大震災は明け方発生しました。

Aの話によると、地震が発生したとき、この寝たきりのおばあさんは当然動いて逃げることができませんでした。その際、ちょうど頭の上にあるガラス製の大きな電灯が大きく横揺れし、今にもおばあさんの顔を直撃しそうになっていたそうです。ゆれがますます激しくなったとき、そのガラス製の電灯がおばあさんの顔面めがけて落下してきました。おばあさんはとっさにこの南無妙法蓮華経と唱えながら祈ったそうです。するとどうでしょう!おばあさんの足元にあった観音開きの箪笥が、おばあさんにのしかかるように倒れてきたやいなや、いきなり開き、おばあさんをすっぽり覆いました。直後にその電灯が「がしゃーん!」おばあさんはたすかりましたとさ。めでたし めでたし。

・・・・・・・・・・ドリフだってもっとまともなコントするでしょうに。」

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ