国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ

正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」。日本のみならず世界中からカルト宗教被害を根絶・絶滅させることが究極の目的。伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (背景写真は大石寺開創七百年慶讃大法要・本会が終了後、饗応の席で歓談する池田大作と大石寺67世阿部日顕・1990年10月14日付け聖教新聞より)

タグ:アンチ創価学会

□「常在寺に熱心に参詣する創価学会員とはどういう人なのか」と思って話を聞いてみた英昭彦   東京池袋の日蓮正宗寺院・常在寺の入り口から入って階段を登っていくと、正面が受付で、左側に本堂入り口。須弥壇には1972(昭和47)年に大石寺66世細井日達法主が書写・造立し ...

□昭和50年代に入って寺院寄進を停止した創価学会に不満を持っていた(?)日蓮正宗僧侶   昭和57(1982)年当時、東京池袋・常在寺の住職・早瀬義孔氏は病身のため、勤行や法要にはほとんど出仕せず、常在寺在勤教師・平井正道氏、小口寛道氏のどちらか、あるいは二人が本堂で ...

□日蓮正宗常在寺の創価学会お会式で創価学会教義逸脱を批判した常在寺僧・小口寛道氏   東京・池袋の日蓮正宗寺院・常在寺は、江戸時代初期、大石寺16世日就が創建した寺院で、約400年にわたる歴史がある古刹寺院。さらに大石寺17世日精が、法主隠退後、長く常在寺住職を ...

□病身で所化僧に抱きかかえられるように本堂の勤行会に出仕してきた常在寺住職・早瀬義孔氏   1981年当時、東京・豊島区のアパートに住み、東京・池袋のストリップ劇場・S劇場でバイトをしていた英昭彦にとって、東京・池袋の常在寺を訪ねることは、さほど難しいことでは ...

□牧口常三郎・戸田城聖時代から創価学会と深い関係だった東京池袋・日蓮正宗常在寺   いろいろ日蓮正宗や創価学会のことを研究していくと、この東京・池袋の日蓮正宗寺院・常在寺は、古くから創価学会と深い関係のある寺院であるということがわかってきた。戦前、創価学 ...

□創価学会員の本音・本心を探り出すために訪ねた創価学会員が参詣していた日蓮正宗寺院   私も長い間、T大学学生部・矢田敏夫(仮名)らの「だまし討ち」折伏、創価学会員たちの非常識な振る舞いによる数々の被害に遭い、ほとほと創価学会員そのものに、懲りていた。懲りて ...

□大石寺に行って「なぜ『戒壇大本尊』を自宗の信者以外に拝ませないのか」疑問に思った英昭彦   英昭彦がちょうど20才の時だったが、自分でバイトをして稼いだカネで、自分で電車の切符・特急券を買い、地図を頼りに大石寺にたどり着いた英昭彦だったが、いろいろと大石 ...

■日蓮正宗と創価学会は2002年1月31日に和解した一方でなぜ教義論争を続行しているのか4   □2002年の和解以降、機関紙誌上では日蓮正宗、創価学会はお互いに非難罵倒を控えている   今の日蓮正宗の機関誌「大日蓮」には創価学会批判は1990年代とは比べて大きくトーン ...

■日蓮正宗と創価学会は2002年1月31日に和解した一方でなぜ教義論争を続行しているのか3   □日蓮正宗寺院住職の信徒直接支配欲を刺激した日蓮正宗・創価学会の第1次・第2次紛争   創価学会「昭和五十二年路線」の教義問題は、1979年5月3日に和解となり、これに不満を ...

□宗創和合時代は日蓮正宗信徒・創価学会員を間接支配しかできなかった日蓮正宗寺院住職   日蓮正宗と創価学会は2002年1月31日に「和解」しておきながら、その一方で、表向きは「教義論争」---実態は本尊セールス、大石寺登山会セールス、葬儀セールス、塔婆セールス、聖 ...

□伝統的に外部に主敵を造って内部組織統制を固めてきた日蓮正宗、創価学会のファッショ体質   では日蓮正宗と創価学会は2002年1月31日に「和解」しておきながら、その一方で、表向きは「教義論争」---実態は本尊セールス、大石寺登山会セールス、葬儀セールス、塔婆セー ...

□宗創和合時代の品川駅・横浜駅で見た創価学会員の大石寺団体登山専用列車   宗創和合時代の創価学会員は、英昭彦の前では大石寺に登山に行ったこと。文化祭に出て何かしらの演技をしたことを、事ある毎に自慢していた。創価学会員たちから「大石寺境内には入れない」と ...

□大石寺の日蓮七百遠忌慶讃登山参詣を独善的自慢話をして顰蹙を買っていた創価学会員   さて大石寺登山をさんざん自慢していた創価学会員だが、中でもとりたてて自慢していたのが昭和56年(1981年)の日蓮七百遠忌、昭和57年(1982年)の日興・日目六百五十回遠忌の登山会。 ...

□宗創和合時代に我先に大石寺に登山して「戒壇の大本尊」御開扉を自慢していた創価学会員   1990年12月の池田大作総講頭罷免、1991年11月の創価学会破門、1992年8月の池田大作信徒除名から25年以上の歳月が経ち、かつての日蓮正宗と創価学会が和合路線にあった宗創和合時 ...

□大学の授業内容を筆記したノートのコピーほしさのために「酒」で懐柔しようとした創価学会員   私と矢田敏夫(仮名)、河岸春樹(仮名)は、あの当時、同じT大学の学生であり、キャンパスの中で顔を合わせる機会もかなりあった。しかし、矢田敏夫(仮名)による、たび重なる ...

□大石寺法主曼荼羅本尊・大きな仏壇がある自宅には絶対来るなと言っていた隠れ創価学会員   学食での隠れ創価学会員事件の他にも、こんな事件があった。 大学入学直後の1年のチュートから4年のゼミまで、4年間いっしょだった学生が、実はあとから創価学会員だったとわか ...

□バイト先、アパート住人、大学サークル、劇団等、英昭彦周辺のあっちこっちに居た創価学会員   英昭彦は学生時代、創価学会学生部員たちから、嵐のような入信勧誘を受け、さんざんな目にあったのだが、あの当時も、創価学会員の強引・執拗な折伏、投票勧誘などの選挙活 ...

□ちょっと騒がしいだけの普通の中学生を「荒れている」「不真面目」扱いする教師の体質に不信感を持った英昭彦   学習塾Hの塾講師のバイトは、かなりの「遠距離通勤」になったが、騒々しい中学生相手の授業は、英昭彦にとって、なかなか面白かった。授業の進め方は、学習 ...

□創価学会総本部板本尊も東京牧口記念館本尊も日寛新本尊も「戒壇の大本尊」の分身散体   こう言うと日蓮正宗や法華講員たちは、「2014年11月の会則変更で創価学会は『戒壇の大本尊』を否定しているではないか」などと言うのだが、これは本尊セールス、大石寺登山会セー ...

□創価学会は大石寺67世日顕を血脈断絶とするが唯授一人血脈相承自体を否定していない   それでは逆に創価学会による「日蓮正宗批判」はどうなのか。これも、内容はとても「日蓮正宗批判」と呼べるような内容のものではなく、創価学会を破門にした大石寺67世日顕批判をメ ...

□創価学会研究の為に出た東京戸田記念講堂の創価学会男子部会合で見た北条浩四代会長   書店で御書全集や創価学会批判本を買い求め、聖教新聞社出版センターで「富士宗学要集」を買い求め、創価学会婦人部員が勝手にドアに挟んでいく聖教新聞を読んでいても、これだけで ...

□高いギャラの塾講師のバイトによる経済的余裕をガールフレンドとの遊びに廻し始めた英昭彦   JR拝島駅前の学習塾Hで、塾講師のバイトがスタートし、3時間で1万円のバイト料も入ってきて、時間的にも経済的にも、少し余裕が出てきた。塾講師のバイトは夕方からなので、大 ...

□創価学会活動・折伏・教学よりも塾講師のバイトに最大の関心を持っていた創価学会学生部員   木訥な人柄の河岸春樹(仮名)までが「だまし討ち折伏」を仕掛けてきたのは、予想外だったが、英昭彦としては、河岸春樹(仮名)の人柄からして、河岸春樹(仮名)自身の考えで「だ ...

□自分たちに好都合な話、好都合なものだけを見せて洗脳しようとする創価学会員たち   私のほうも、こうして何度も「だまし討ち」折伏・勧誘されて、そのたびに断ったり、創価学会員たちとケンカになったりしたわけですが、こういう経験を積み重ねていく上で、最も私が腹 ...

□創価学会員の「だまし討ち折伏」で出席した創価学会末端組織主宰の壮年・婦人・男子・女子部の座談会   「だまし討ち」勧誘の創価学会員・矢田敏夫(仮名)に、英昭彦がだまし討ちの手法を厳重に抗議したため、その後、しばらくは英昭彦に近づいては来なくなった。その代 ...

□息子の創価学会入信で深刻な親子分裂に陥った創価学会反対の両親と創価学会員の息子   そもそも他人に対して、「あなたは地獄に堕ちる」だの「仏罰で不幸になる」などと言っている人の心の中が、すでに地獄そのものなのではないのか。室町時代に偽作された板本尊を日蓮 ...

□非常識な振る舞いの創価学会員・創価学会幹部を一喝して追い返した元創価学会員   大学に入ってから、同級生やバイト先に創価学会員がゴロゴロたくさんいたのだったが、もちろん、創価学会員ではない人もいた。大学1年のK市のアパートに下宿して、昼の警備員のバイトを ...

□全国各地で「問答を模した猿芝居」紛争・争乱を頻発させる創価学会員、法華講員、顕正会員   ケンカが大好きな日蓮正宗・創価学会・顕正会等「日蓮正宗系」カルト団体・カルト信者たちが、「ケンカの場」として、よく使いたがるのが、鎌倉時代の日蓮在世のころの「問答 ...

□「日蓮正宗系」カルト団体はケンカ・抗争が大好きでケンカ・抗争によって肥大化していった   この悪弊・弊害は、今さら言うまでもないくらいに有名な日蓮正宗・創価学会・顕正会等「日蓮正宗系」カルト団体からカルト信者に至るまで、広く共通する悪弊・弊害である。か ...

□「日蓮正宗系」カルト信者は自分の意志で決められず幼児性のまま大人になりきれていない   日蓮正宗・法華講員、創価学会員、顕正会員などの「日蓮正宗系」カルト信者、ないしは「日蓮正宗系」内のカルトサーフィンをつづけている者、富士門流執着軍団の者の生き方には ...

□両親・幹部・先輩信徒の押しつけ、絶対服従の生き方しか知らない「日蓮正宗系」カルト信者   日蓮正宗・法華講員、創価学会員、顕正会員などの「日蓮正宗系」カルト信者、ないしは「日蓮正宗系」内のカルトサーフィンをつづけている者、富士門流執着軍団の者は、自分の ...

□本当に唱題で不治の病が完治したというなら日蓮正宗・創価学会は医師の証明書を公開せよ   「唱題でガンが治った」「唱題で医者も見放した不治の病が治った」などという創価学会信者の体験談は、創価学会員からも法華講員から顕正会員からも、さんざん、いやと言うほど ...

□東京・豊島区の創価学会個人会館で仕組まれた創価学会員の「だまし討ち折伏」事件   英昭彦は、豊島区引っ越しが、創価学会員・矢田敏夫(仮名)の謀略的カラクリだとは全く気づいていなかった。それからしばらくして、いよいよ矢田敏夫(仮名)が牙を剥き出しにしてきたの ...

□夜のバイトのために東京都内へ引っ越しを計画していたが住居が見つからなかった英昭彦   英昭彦の大学一年めの生活は、いろいろな失敗やヘマをやったことも手伝って、かなりハードな生活をしていた。まず、大学に入ってから教職課程を履修していたため、他の学生よりも ...

□子どもの頃からの洗脳創価学会員と激論になった「周恩来の『井戸を掘った人』とは誰か」   英昭彦が1980(昭和55)年、石川県から関東に転居したとき、東京、埼玉、神奈川、千葉をはじめ、関東1都6県には、親戚も知人も友人も全くいなかった。T大学入学後、クラブや部活動 ...

■仏教教学の話が得意な創価学会学生部幹部とケンカ寸前の大激論   矢田敏夫(仮名)が住んでいたアパートは、東京・豊島区にある和泉荘(仮名)という名前のアパートで、一見、何の変哲もない、どこにでもある普通のアパート。 英昭彦は、ここが創価学会員たちの拠点になって ...

□昨年は仏教宗学研究会の一般社団法人化にご尽力・御協力いただき、ありがとうございました   読者の皆様、新年、明けましておめでとうございます。 本年は、一般社団法人仏教宗学研究会・石川本部のPCのマイクロソフト・オフィスの故障の影響で、新年のご挨拶が遅れ ...

□日蓮正宗・創価学会の本尊セールス・登山会セールス論争は教義論争の範疇には入らない   「日蓮正宗と創価学会は2002年1月31日、本尊・教義以外の問題は「和解」している」「日蓮正宗・創価学会の和解の中に本尊・教義問題は含まれていない」などというと、いかにも聞こ ...

□「慧妙」は日蓮正宗の機関紙ではなく、「創価新報」は創価学会の機関紙ではない   「日蓮正宗と創価学会は2002年1月31日、本尊・教義以外の問題は和解している」---かく言うと、法華講員や創価学会員あたりからこんな反論が飛んでくる。 「日蓮正宗謀略活動新聞『慧妙 ...

□2002年1月31日の和解は日蓮正宗・創価学会の「宗創戦争」を実質終結させる和解である2   シアトル事件の係属そのものが、 「本件訴訟の係属そのものが、控訴人(日蓮正宗、大石寺)ら及び被控訴人(池田大作、創価学会)らにおいて、それぞれの教義をひろめ、儀式行事を行 ...

□2002年1月31日の和解は日蓮正宗・創価学会の「宗創戦争」を実質終結させる和解である   「アンチ日蓮正宗」には、「現在の日蓮正宗と創価学会の関係はどうなっているのか」「日蓮正宗と創価学会の『ケンカ』はつづいているのか」「日蓮正宗と創価学会の関係はなれ合いの ...

□ありとあらゆる手段を使って「アンチ日蓮正宗」の業務妨害を謀る「日蓮正宗系」カルト信者たち   法華講員、創価学会員、顕正会員、正信会信徒、「富士門流執着軍団」の者たちは、誰でも閲覧することができる「公の場」に出てこようとせず、一般の人が見ることが出来な ...

□メール問答、ビデオ問答、非公開コミュ問答等は一般の第三者に問答の内容が全く見えない   正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ(アンチ日蓮正宗)」では、「mixi」時代から、法華講員、創価学会 ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO30   255「何かの宗教を広めようとする行為は悪くないと思ってましたが、創価学会だけは別物だと思いました。自分なりに理由があるんです。何か「だまされた」としか思えない事件があり、それ ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO29   248「私も以前勤めていたところの上司が創価学会員でした。初めはすごくまじめで感じがよく、尊敬さえできる人だったんですけど。人数の少ない職場だったのですぐに打ち解け、週に何度も ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO28   238「昔から創価学会の関係者で、マトモな人を見かけた事がありません。きっとごく普通の人もいるのでしょうけれど、それを補って有り余る程不思議(かなり湾曲表現)な人が沢山いて、本 ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO27   229「私の家の隣が創価学会の幹部らしく、非常に迷惑をしているものです。。最初は創価学会員だとは知らなくて普通に付き合っていたのですが、創価学会への勧誘を断ってから、その創価学 ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO26   219「コンビニ店員にとってクソ忙しい昼間時に、「公明党をお願いします」って、創価学会員が来たなぁ。帰りの駅前でも、なんかやってたなぁ。」 (「mixi」の「アンチ創価学会」コミュ ...

□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」単独アクセス数が130万pv突破   皆様には、いつもブログをご愛読いただきまして、まことにありがとうございます。 2018年07月31日で、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」の累計アクセス数、「仏教宗学研究会のブログ」の累 ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの顕正会の実態NO16   551「主要駅でも勧誘を行う顕正会… うちも学生の時勧誘されたことあるけど、とっとと逃げた 怪しいと思ったらすぐに警察へ!!」 (ヤフーニュース「教団勧誘で未成年大学生を誘拐の疑 ...

↑このページのトップヘ