国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ

正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」。日本のみならず世界中からカルト宗教被害を根絶・絶滅させることが究極の目的。伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (背景写真は大石寺開創七百年慶讃大法要・本会が終了後、饗応の席で歓談する池田大作と大石寺67世阿部日顕・1990年10月14日付け聖教新聞より)

タグ:アンチ日蓮正宗

舎衛の三億で公明党が国会の2/3を占めて2/3の賛成で決めるのは民主主義のルールだというのは、前提が間違っている。民主主義が機能するには、複数の思想、複数の価値観、複数の政党、複数の候補者がいて成り立つ。ところが公明党は創価学会と一体であり、創価学会に完全に従 ...

西山本門寺とは富士門流八本山の一つ。西山本門寺には1980年代、90年代、そして2011年10月2日に訪問している。1957年に塔頭・末寺・檀家の承認なく西山本門寺49代貫首・由比日光氏の独断で日蓮正宗に合同。合同に猛反対する塔頭・末寺・檀家と日蓮正宗・西山本門寺貫首の間で ...

日蓮正宗・創価学会の第2次宗創紛争が八百長・ヤラセであることを証明する10の証拠がある。さらに巨大宗教法人同士、包括宗教法人同士はケンカ、裁判をやらない。それは宗教法人法からの逸脱を問われてしまうからである。なぜ日蓮正宗の信者、創価学会の信者が日蓮正宗・創価 ...

顕正会に関するクレームの約90%が、勧誘・折伏・布教活動に関するクレームである。同級生、高校生、大学生を狙い撃ちにした顕正会の勧誘、「ちょっとお茶しよう」と言われて行くと、顕正会員が複数人いて執拗に顕正会入会を勧誘される、友人とご飯を食べるためにファミレス ...

第2次宗創紛争では、宗創共に何の訂正も謝罪もしていない。日蓮正宗は妙信講解散時は本部常住本尊返還訴訟を起こしたが、創価学会破門時には本部常住本尊については何の要求も訴訟も提起していない。1991年1月の段階で宗門は創価学会員脱会勧誘を禁止していた。脱会勧誘禁止 ...

1966年に国連総会で採択され1976年に発効した国際条約・国際人権B規約に、日本は1978年に署名・1979年に批准して加盟している。しかし日蓮正宗、創価学会、顕正会の強引・執拗な折伏・布教活動に対しては、完全なザル法・ザル条約と化している。国際人権B規約を守らせるため ...

阿部日顕法主と池田大作氏の八百長の動機は、日顕法主が顕正会、正信会とは関係なく自分の考え・自分の意志で「大石寺の本門寺改称」をやらなかったのだと言いたいが為である。しかし日顕法主は、その他に「三大秘法抄・王仏冥合の事の戒壇、正本堂の定義を本来の定義に戻す ...

第2次宗創紛争に関する日蓮正宗の見解、創価学会の見解は双方とも真実を言っていない、ただの「大本営発表」である。当動画サイトの検証の目的のひとつは、歴史の真実をあきらかにすることである。1990年の大石寺開創七百年慶讃法要の時点で、阿部日顕法主と池田大作氏は蜜月 ...

だまし討ちを使った折伏・布教活動、小料理屋に料理を食べに行ったのに、創価学会の座談会に出させられた、冨士市文化会館に中国語講師の話しを聞きに行くのかと思っていたら、創価学会富士文化会館に連れて行かれて創価学会員に付き合わされた、九州の実家に帰ろうとしたと ...

日蓮正宗の理想の信徒は「熱原の三烈士」で、無実の罪で拷問に遭いながら、健気に殉教する姿を理想像に指導している。家庭内でお嫁さんが日蓮正宗に入信して、家族の了承を得ずに、子供を日蓮正宗に入信させたりしている。法華講員が最初に「日蓮宗の者ですが」などと名乗り ...

政治評論家・藤原弘達氏の著書「創価学会を斬る」、公明党・東京都議会議員・藤原行正氏の著書「池田大作の素顔」に、いかにして1969—70年の藤原弘達氏「創価学会を斬る」出版妨害を謀った創価学会「言論出版妨害事件」が起きたのか、について詳しく記述されている。特に藤 ...

今回、台風19号の災害の影響で、金沢~東京に北陸新幹線を使って帰れなくなったこと、金沢~米原~東京の迂回ルートを使って東京に帰ることを電話で説明したところ、相手がまるでちんぷんかんぷんであった。この人は旅行に行ったことがないとしか思えない。数年前、ブログで ...

藤原弘達氏とはかつてTBSでレギュラー番組「時事放談」等を持っていた政治学者・評論家。藤原弘達氏はこの書の中で「恐るべき創価学会の本質」「政治と宗教の分離は自明の大原則」「創価学会・公明党七つの大罪」「強引極まる公明党選挙作戦」「公明党の目指す政治体制とは何 ...

松本勝弥氏とは創価学会を経験した人で、はじめて創価学会批判本を出版(「変質した創価学会」「訴訟された創価学会」)、創価学会を相手取って裁判(正本堂供養金返還訴訟)を起こした人。松本勝弥氏の著書「変質した創価学会」「訴訟された創価学会」は、1960—70年代の宗創関 ...

アンチ日蓮正宗、アンチ創価学会、アンチ顕正会に反対意見をお持ちの方はfacebook「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」「アンチ創価学会vs創価学会」「アンチ顕正会vs顕正会」グループに来て下さい。当動画サイトは炎上目的のサイトではなく、炎上商法など一切行っていませんので、 ...

2019年9月20日の阿部日顕前大石寺法主の死去とその後の密葬について、日蓮正宗機関誌「大日蓮」は報道していない。「前法主の死去について所属寺院から何の連絡も来ない」と憤激している法華講員がいる。日蓮正宗は2019年8月28日の大石寺での「教師指導会」で、末寺住職に相 ...

当動画サイトは、一般社団法人仏教宗学研究会の公式チャンネルである。法務局に登記されている定款の目的に「この法人は今までにない仏教関連の宗学という学問分野を開拓することを目的とし、その目的に資するため15項目を挙げ、その中に「動画のアップロード」「公式サイト ...

山崎正友氏は創価学会顧問弁護士として、原島嵩氏は創価学会教学部長、責任役員として1960~70年代にかけて創価学会の中枢にあり、まさに池田大作会長の側近幹部だった。山崎正友氏、原島嵩氏は1970年代の宗創関係史について、生々しい証言を記している。創価学会は山崎正友 ...

1990年7月—8月頃の宗創不協和音とは、過去の日蓮正宗・創価学会の歴史の中で、頻繁に起こっていた内容のことであり、「不協和音」と呼べるような内容のものではない。本当は宗創両者は1990年12月まで蜜月だった。阿部日顕法主が自分の意志で「本門寺改称」を行わなかったと ...

阿部日顕法主は、大石寺法主登座以降、大石寺古来からの伝統教義である「事の戒壇」の定義を、本来の定義に戻し、正本堂の定義を「事の戒壇」の教義に則ったものに戻すことを考えていた。そして宗門に様々な圧力を加えてくる池田大作氏の影響力を排除したいと考えていた。198 ...

「宗教の話しはしない」と言いながら、顕正会の勧誘をする、「ちょっとお茶しよう」と言われて行くと、顕正会員が複数人いて執拗に顕正会入会を勧誘される、友人とご飯を食べるためにファミレスに行ったら、知らない顕正会員が複数人にて顕正会入会を勧誘される、顕正会入会 ...

だまし討ちを使った折伏・布教活動、数時間にわたる長時間の折伏で相手を根負けさせて創価学会に入信させる布教活動、幼い子供を自分の意志をしっかり表明できないのに、親が勝手に創価学会に入会させるのは、明らかな強制であり、日本国憲法20条違反、国際人権B規約違反、世 ...

1988年の時点で創価学会員の総数は日本全人口の1/3には遠く及んでおらず、現実問題として「大石寺の本門寺改称」が実現する可能性は極めて低かった。にもかかわらず顕正会と正信会が1988-1989年ころから大々的に「大石寺の本門寺改称阻止運動」を行ったのは、(1)創価学会を脱 ...

池田大作氏の意図・野望はあくまでも日蓮正宗の中で大石寺の本門寺改称・不開門を開く・正本堂を日蓮遺命の戒壇と定義づけて広宣流布を完成させるためであり、日蓮正宗からの独立ではない。日蓮正宗から独立してしまうと池田大作氏は野望を達成できなくなってしまう。「魂の ...

「二箇相承・百六箇抄が偽書の根拠を示して下さい」との質問を受けましたが、教学上の偽作論については、すでに「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」で論じており、きちんと根拠・証拠を示しています。そちらを御覧になって下さい。時折、「生涯独身の僧侶はエラい」とい ...

自分の在世中の広宣流布・王仏冥合・舎衛の三億・大石寺の本門寺改称・正本堂即日蓮遺命の戒壇の定義完成を目指す池田大作氏が、宗創和合時代の1987年ころから、なぜ日蓮正宗(宗門)批判と思われるスピーチをはじめたのか。それは池田大作氏が目指す大石寺の本門寺改称・正本 ...

1984年1月の法華講総講頭再任以降、池田大作氏は1990年・大石寺開創七百年の本門寺改称へと突っ走るが幹部の造反・脱会者続出・創価学会の不祥事・参議院選挙敗退とつづき、またも池田大作の野望に暗雲が垂れ込める。一方、池田大作氏の野望を知る顕正会、正信会は創価学会脱 ...

阿部日顕・大石寺67世法主は、「創価学会は反省している」として創価学会批判をつづけていた正信会僧侶を全員擯斥処分とした。しかし1983年10月、山崎正友裁判の証人として出廷した池田大作氏は、1980年4月の「恩師の23回忌に思う」の所感が、日蓮正宗から「正信会が収まらな ...

創価学会を破門にした阿部日顕氏は「反創価学会」だといわれているが、実際は宗創和合時代から阿部日顕氏は親創価学会・親池田大作の代表格だった。創価学会破門の翌年、阿部日顕氏は法華講連合会壮年部大会で「池田大作は戸田会長が造った流れに乗っただけ。池田大作が会長 ...

池田大作氏は自分が広宣流布を達成する指導者であることに深く執着している。宗創和合時代は正本堂を三大秘法抄・一期弘法抄の戒壇と定義することに執着し、大石寺の本門寺改称を成し遂げることに執着した。宗創決裂後は、公明党を新進党に参加させたり、自民党と連立内閣を ...

かつて宗創和合時代の創価学会は、正本堂を三大秘法抄・一期弘法抄の日蓮遺命の戒壇だとし、池田大作氏は自分の在世中に広宣流布を達成して不開門を開け、大石寺を本門寺と改称して広宣流布達成の功労者になろうとした。宗創決裂以降は、創価学会は、取り壊された正本堂に代 ...

面を被る政治団体である 創価学会の日本一国広宣流布・舎衛の三億とは創価学会員が1/3、創価学会には入らないが公明党支持者が1/3になり、公明党支持勢力が日本全人口の2/3を占める世界を意味する。ということは創価学会の広宣流布、王仏冥合とは創価学会の天下取りを意味す ...

大石寺68世日如法主・宗務院が主導する末寺住職・信徒に対する過酷な折伏布教ノルマの押しつけ・吊し上げ指導は憲法20条2項「何人も宗教上の行為・祝典・儀式又は行事に参加することを強制されない」に違反・国際人権B規約18条2項「何人も自ら選択する宗教又は信念を受け入れ ...

阿部日顕法主は元々は親池田大作・親創価学会の僧侶だが、1991年の宗創第2次紛争で創価学会・池田大作氏をボロクソに非難する攻撃をはじめる。ところがシアトル事件で敗訴判決が出て形勢不利になると今度は2002年に創価学会と和解する。これだけ方針を二転三転させれば、通 ...

阿部日顕前法主は宗創和合時代は完全な親創価学会・親池田大作の僧侶だったが、1990年12月の宗創第2次紛争で豹変した。正信会破門、創価学会破門で1000万人以上の人を日蓮正宗から破門にしたのは、世界宗教の前例を見ない「破門した人数の世界新記録」。さらに大石寺歴代法主 ...

消費税率が高い欧州諸国はどこも経済の調子が悪い国が多い。それに対して合衆国連邦政府として消費税(付加価値税)がないアメリカは経済の調子がいい。なぜ日本政府は欧州諸国のマネをしようとして、アメリカの税制のマネをしようとしないのか。日本の与野党はどこも宗教団体 ...

真宗大谷派、浄土真宗本願寺派をはじめ伝統仏教各宗派では、宗派の予算案の具体的・詳細な内容・金額を機関紙等で公式発表している宗派が多い。あるいは真宗大谷派では死刑廃止、原発再稼働反対、同和問題に取り組み、北朝鮮の核実験には反対声明を出している。日蓮正宗、創 ...

民主主義が実際に機能するには複数の思想・宗教・政党・価値観・候補者・異なる意見が必要であり、これにより三権分立もチェックアンドバランスも機能する。しかし創価学会は池田大作氏を永遠の師匠と規定し、池田大作氏の思想だけが唯一絶対とする団体。四箇の格言等で他宗 ...

舎衛の三億が実現すると公明党一党が衆参両院で2/3を占める。こうなると憲法改正は公明党のやりたい放題。かつてのナチドイツのような全権委任法も可能になる。一党が国会の2/3以上を占めると、旧ソ連・中国・北朝鮮のように一党独裁になって国会が形骸化、三権分裂も形骸化 ...

創価学会は2005年以降、池田大作氏の第一線隠退、執行部の求心力低下、教義条項改訂の失敗、自公連立の負の影響等により会員数を減少させている。創価学会には本部職員、外郭団体職員、聖教新聞販売店、公明党等、創価学会で生活している人が何万といる故に、創価学会が会員 ...

創価学会は教学小辞典等で「不自惜身命」、熱原法難の熱原三烈士の殉教を賞賛し、池田大作名誉会長は、1983.3.16聖教新聞紙上で1958年3月16日の儀式に参加した会員を「殉教の生き方」だと賞賛。さらに1988.3.14聖教新聞紙上で、牧口初代会長を殉教の人だとして、創価学会員に ...

篠田泰夫法華講大講頭・法華講連合会副委員長が死去した。今後、新たに法華講連合会副委員長が日蓮正宗管長・法主から任命されるだろうが、誰が副委員長になっても、今の日蓮正宗の強引な折伏を進めて行く政策には変化がないと考えられる。それは日蓮正宗という宗教団体が、 ...

富士学林大学科に行っている日蓮正宗所化僧(修行僧)が、池上本門寺、誕生寺、清澄寺、鏡忍寺に研修旅行に行ったことが「大日蓮」で報じられている。ところが「大日蓮」では、研修旅行に行った日蓮宗寺院を「邪宗呼ばわり」している。研修旅行で学習したのだから、お礼の一言 ...

2019年7月末の「法華講中等部・高等部大会」、8月の「法華講少年部大会」で、また日蓮正宗・早瀬日如法主が「折伏をやれ」と指南した。未成年信者に「折伏しろ」指南は国際人権B規約違反・宗教法人法違反。自由な言論による批判では、早瀬日如法主は全く耳を貸さず、「折伏し ...

日蓮正宗は正式文献の中で「身軽法重・死身弘法」の意味を「命を捨てて法華経を信じ切る」「命を妙法に奉る」と言っている。これは日蓮正宗のために殉教せよ、と言っているに等しい。日蓮正宗では、さまざまな会合、法要の席で殉教を信者に要求している。殉教を信者に説法す ...

東京・金沢を普通に普通車指定席を利用すると片道14120円、往復で28240円かかりますが、JR東日本「大人の休日クラブ」会員限定「北陸フリーきっぷ」で東京・金沢を往復すると22000円。何と1回で6240円も割引き。年会費2500円が口座から引かれますが、充分に元が取れます。10 ...

日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判・正信会批判・富士門流執着軍団批判・カルト宗教規制立法・宗教法人課税・税制再改革・仏教宗学研究会の行事・参拝会・旅行・石川県・古物・出版・文化財・風習慣習・法律裁判・著作権・知的財産・不動産・中国・朝鮮半島・インド・ ...

公明党は1964年の結党以来、一度も委員長・代表選挙を行ったことがない。総理大臣になる可能性がある公党の党首を選ぶプロセスがあまりにも不透明すぎる。一度も委員長・代表選挙を行っていないのは、創価学会の最高指導者・池田大作名誉会長の意向で選んでいるからなのでは ...

顕正会で絶対的権力を持つ顕正会会長が会員数の十倍、二十倍の折伏目標を会員に押しつけるのは、強制力が働き憲法違反、国際人権B規約違反である。顕正会会長が1000万弘通を達成したいなら、会員に目標を押しつけずに東京・渋谷で辻説法して達成させるべきである。   ...

顕正会の強引布教問題の根源は、顕正会会長の無理な折伏目標の会員への押しつけ。顕正会会長の責任を追及すべき。顕正会の問題が起きても、過去に顕正会会長の責任が追及されたことはない。現行法で顕正会会長の責任が問えないのであれば、カルト宗教取締新立法を制定して責 ...

↑このページのトップヘ