国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ

正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」。日本のみならず世界中からカルト宗教被害を根絶・絶滅させることが究極の目的。伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (背景写真は大石寺開創七百年慶讃大法要・本会が終了後、饗応の席で歓談する池田大作と大石寺67世阿部日顕・1990年10月14日付け聖教新聞より)

アンチ日蓮正宗

「国際カルト宗教対策委員会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」(略名・アンチ日蓮正宗)「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体異名。
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

不受不施派同様の取り潰しを恐れ過激折伏の大石寺信徒や要法寺僧俗を見殺しにした大石寺1

□大石寺に見殺しにされた金沢・尾張等で過激折伏事件で逮捕・投獄された大石寺僧侶・信徒

 

大石寺門流は、徳川幕府の禁制に平然と反して過激な折伏を展開するという過激体質を、あの江戸時代においてすでに持っていたのであり、大石寺門流は幕府公認宗派になり宗教論争・自讃毀他が禁止されたが、実際は全国各地で過激折伏事件(日蓮正宗で言う“法難”)を引き起こしていた。この大石寺門流の江戸時代の過激折伏事件について、見逃してはならないポイントがある

徳川幕府は1615(元和1)年、徳川幕府は武家諸法度、禁中並びに公家諸法度と同時に、諸宗諸本山諸法度を発布。1665(寛文5)年、徳川幕府は諸宗寺院法度を発令。これらの諸法度により、各仏教宗派に本山・末寺の関係をつくり、武家から庶民に至るまで全て、徳川幕府公認宗派の檀家として登録する宗門改帳を作成。一戸毎に宗旨と檀那寺、戸主と家族らの名前、続柄、年齢などが記載され、寺請制度がほぼ完成。徳川幕府公認宗派は宗教論争や自讃毀他(じさんきた・自宗を讃めたたえ他宗を誹謗すること)が禁止、僧侶の街中にての法談、念仏講、題目講等の集会も禁止、実質的に折伏・布教が禁止された。そして徳川幕府から禁止されたキリスト教と日蓮宗の「不受不施派」は徹底的に弾圧された。こんな時代に、過激折伏を展開すれば、折伏・布教活動を行った僧侶や信徒は逮捕・投獄され、大石寺に幕府・寺社奉行の詮議が入り、大石寺門流そのものが、日蓮宗「不受不施派」と同様に弾圧され、大石寺そのものが取りつぶしになる可能性すら出てくる。では、大石寺門流は、江戸時代にこれだけの宗教論争や過激折伏事件を引き起こしておいて、本山の大石寺、トップの大石寺法主が過激折伏の僧侶・信徒の逮捕・投獄を防止できる政治力を持っていたわけでもなく、僧侶・信徒の逮捕・投獄に対抗できる政策を講じていたわけでもない。金沢・尾張・仙台・伊那・八戸等で過激折伏事件を起こして逮捕・投獄された僧侶・信徒たちは、ことこ゛とく大石寺によって、冷たく見捨てられ、見殺しにされたのである。

こう言うと、日蓮正宗の者は「そんなことはない。1727(享保12)年に日詳上人が加賀藩江戸屋敷に加賀藩領内に末寺建立を出願された」と言うが、これは詭弁である。江戸時代においては、徳川幕府は全ての宗派に新寺建立を禁止しており、大石寺28世日詳が加賀藩江戸屋敷に新寺建立を出願したからとて、絶対に認められるわけがない。1727(享保12)35日に大石寺28世日詳が提出した新末寺建立の出願は、その2日後に即刻却下の憂き目にあっている。

大石寺より前田領国内末寺創建願1


大石寺より前田領国内末寺創建願2
 

(大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』9p291293「大石寺より前田家領国内に末寺創建の願」)

大石寺が冷たく見殺しにしたのは、過激折伏事件を起こして逮捕・投獄された僧侶・信徒たちだけではない。江戸時代の加賀藩では、下級武士とその家族たちに、加賀藩では禁制になっていた大石寺の信仰をする「隠れ大石寺信者」が数多くいた。その「隠れ大石寺信者」の下級武士たちが、加賀藩主の参勤交代の行列が吉原宿(今の静岡県富士市吉原)に宿泊したとき、“抜け詣り”を決行している。“抜け詣り”とは、「当流法難史」によれば、陣屋が寝静まった後に、「隠れ大石寺信者」の加賀藩武士たちが、大石寺までの約15キロの道を走り、大石寺宝蔵前に到着すると、宝蔵の石畳に端座して唱題。そして白々と夜が明け始めたころ、藩主一行が目覚める前に陣屋に帰るべく、大石寺から吉原宿へ駆け戻ったという。(日蓮正宗理境坊妙観講発行「当流法難史」より)

 

続きを読む

折伏禁制の江戸時代に金沢・尾張・仙台・伊那・八戸等で過激折伏事件を起こした大石寺門流

□幕府公認宗派になり宗教論争・自讃毀他が禁止されたが折伏を放棄していなかった大石寺門流

 

江戸時代初期の1632(寛永9)年に大石寺法主に登座した大石寺17世日精は、京都要法寺出身ではあったが、「日蓮の全ての教えの極説は大石寺の『戒壇の大本尊』」「日蓮の正しい教えが日興-日目-日道と続く大石寺の法脈以外には伝わらなかった」とする大石寺門流独自の教義を広め、徳川幕府が江戸に拠点を置いて、政治の中心が京都から江戸に移ると見るや、江戸に常在寺、法詔寺を建立。当時は天台宗だった常泉寺一門を大石寺門流に改宗させた。大石寺17世日精は、大石寺法主隠退後も江戸・常在寺に居住して、説法を続けていた。この常在寺の大石寺17世日精を聞いていた加賀藩士が後に「金沢法難」を惹起し、さらに大石寺17世日精の説法を聴聞していた館林藩士・市之進という者が薫発されて大石寺門流の僧侶として出家。後に大石寺26世日寛になる。

他方、徳川幕府は安土宗論、方広寺千僧供養、大阪対論以来、宗教統制を強化。1615(元和1)年、徳川幕府は武家諸法度、禁中並びに公家諸法度と同時に、諸宗諸本山諸法度を発布。幕府や全国大名が公認した宗派には、将軍の朱印状で認められた朱印地や大名の黒印状で認められた寺領が与えられた。大石寺17世日精は、徳川家康の養女・敬台院日詔の養子になるなど、さまざまな工作を行い、1641(寛永18)年、江戸幕府三代将軍・徳川家光から朱印状が大石寺に下賜され、晴れて大石寺門流が徳川幕府公認の宗派となる。

1627(寛永4)年の紫衣事件、1637(寛永14)年の島原の乱等により、徳川幕府は年々、宗教統制を強化。1665(寛文5)年、徳川幕府は諸宗寺院法度を発令。これらの諸法度により、各仏教宗派に本山・末寺の関係をつくり、武家から庶民に至るまで全て、徳川幕府公認宗派の檀家として登録する宗門改帳を作成。一戸毎に宗旨と檀那寺、戸主と家族らの名前、続柄、年齢などが記載され、寺請制度がほぼ完成。徳川幕府公認宗派は宗教論争や自讃毀他(じさんきた・自宗を讃めたたえ他宗を誹謗すること)が禁止されたばかりか、僧侶の街中にての法談、念仏講、題目講等の集会まで禁止され、実質的に折伏・布教が禁止された。そして徳川幕府から禁止されたキリスト教と日蓮宗の「不受不施派」は徹底的に弾圧された。

徳川幕府は1627(寛文4)年、一宗の者が他宗を誹謗することは自讃毀他であり、社会秩序を乱すとして日蓮宗各派に他宗派との論争を禁止する法度を発令している。かくして仏教各宗派は布教活動をほとんど停止せざるを得なくなり、僧侶を養成する学校である「檀林」を設立し、僧侶の主眼は布教よりも学問修学になっていった。大石寺門流も、徳川幕府公認宗派となり、徳川幕藩体制の寺請制度の中に組み込まれ、「細草檀林」を設立して学問修学にいそしむ体制作りが行われ、宗教論争や自讃毀他が禁止されたはずだったのだが、しかし大石寺門流は、こうした時代にあっても、折伏・布教を放棄しておらず、その過激折伏体質は「法難」を呼び起こしている。

江戸時代に入ってからも大石寺門流は、京都要法寺門流と通用(交流)を行っていたが、曼荼羅本尊・日蓮本仏義・薄墨色衣白袈裟・法華経一部読誦否定の大石寺と、釈迦仏像本尊・釈迦本仏義・黒衣・法華経一部読誦の要法寺に論争が巻き起こる。大石寺22世日俊、大石寺23世日啓は京都要法寺を「造仏堕地獄・読誦無間地獄」と攻撃。これに要法寺が反撃。大石寺と京都要法寺は通用(交流)を断絶する。しかし大石寺26世日寛が激しく京都要法寺の本尊・教義を攻撃。1795(寛政7)年、京都要法寺が釈迦仏像本尊・釈迦本仏義・黒衣・法華経一部読誦を廃止して、曼荼羅本尊・日蓮本仏義・薄墨色衣白袈裟・法華経方便・寿量品読誦の大石寺の化儀に改定する。これにより京都要法寺と日蓮宗15本山の間に紛争が起こり、京都要法寺一山僧侶全員が逮捕・投獄されるという、いわゆる「寛政の法難」が起こる。

 

続きを読む

大石寺の表面上の開祖は日興だが現在の日蓮正宗の実質的な開祖は大石寺9世日有である

□滅亡寸前の状態にまで疲弊した大石寺門流を復興させた室町時代の大石寺第9代法主日有

 

「国際カルト宗教対策委員会」略名「Icat-Cult」別名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」には、今でも「日蓮正宗とはどういう宗派なのですか」「日蓮宗とは違うのですか」「日蓮正宗とはいつからこんな過激な折伏をしているのですか」「日蓮正宗の宗務行政のしくみは、どうなっているのですか」「他の伝統仏教や会社とは同じなのですか、ちがうのですか」…といった質問が、ひっきりなしに寄せられてくる。そこで「日蓮正宗」という宗派の歴史、宗務行政、過激体質等々をもう一度、おらさいしてみたい。

日蓮正宗(にちれんしょうしゅう)は、日蓮を宗祖とし、日蓮の高弟である六老僧・日興を派祖とする仏教の宗派・富士門流のひとつ。日蓮系諸宗派のなかでは、富士門流(日興門流)に属し、「興門(日興門流・富士門流)八本山」のうち、大石寺(総本山)、下条妙蓮寺(本山)の二本山、さらにその他には讃岐本門寺(本山)、日向定善寺(本山)が所属する、富士門流の中では、最大の信徒数を持つ有力宗派である。

日興は、日蓮の本弟子六老僧の一人として積極的な折伏を富士方面で展開し、目覚しい成果をあげ、強力な教団組織を創りあげた。この急速な布教展開は他宗派関係者や鎌倉幕府内権力者の警戒心を招き、1279年(弘安2年)には熱原郷付近の日興門下の僧俗が徹底的な弾圧を受け、最終的に3名の農民信徒が殉教を遂げるという事件も起きている(熱原法難)。1282年(弘安5年)、宗祖日蓮の滅後、身延山久遠寺の日蓮廟所の六老僧による輪番制が敷かれたが戦乱や疫病、遠方の布教活動を理由に、輪番制を崩壊。日蓮の本弟子六老僧の一人の日向が身延山久遠寺第二祖に晋山し、日向より上位の老僧である日興は身延山を離山。日興は 1289(正応2)に多宝富士山下之坊を開山。翌1290(正応3)、日興は南条時光の寄進によって富士山の麓に、現在の日蓮正宗の総本山である大石寺を開いた。当時の大石寺は、とても総本山と呼べるような陣容ではなく、末寺もわずか数ヶ寺だけ。1333(元弘3)の日蓮の高弟である六老僧・日興、そして日興の本六僧・日目の死後、富士門流は北山本門寺と西山本門寺の紛争、さらに大石寺門流も、同じ富士門流の保田妙本寺、小泉久遠寺の門流と、大石寺蓮蔵坊の所有権をめぐる約70年にわたる紛争が勃発。これにより大石寺門流は、まさに滅亡寸前の状態にまで、大きく疲弊した。そんな大石寺門流を復興させたのは、室町時代の15世紀、大石寺の第9代法主になった日有(にちう)という怪僧である。希代の怪僧・大石寺9世日有は、15世紀初頭のころ、駿河国(今の静岡県)と甲斐国(今の山梨県)の国境付近に金山(湯之奥金山)が発見されたのを奇貨とし、この金山が算出する金鉱を経済力として、大石寺を日蓮宗の総本山、富士門流の総本山にしようと企て、「戒壇の大本尊」と称する黒漆塗りに金箔加工の巨大な板本尊を偽作して、「大石寺が日蓮から相承した」などと詐称した。

□大石寺の『戒壇大本尊』は日蓮造立ではない偽作本尊だ

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_161867.html

□大石寺の『戒壇大本尊』は大石寺9世日有の偽作である

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_161878.html

9世日有3(諸記録)
 

(能勢順道氏の著書『諸記録』に載っている大石寺9世日有の肖像画)

 

続きを読む

日蓮正宗は千葉県松戸市秋山地区の新寺院建設計画を即時全面白紙撤回せよPART1

□強引・非常識な折伏をする日蓮正宗の新寺院建設は近隣住民の平和に対する重大な脅威だ

 

日蓮正宗が千葉県松戸市秋山地区で新寺院建設を計画。これに対して新寺院建設予定地の近隣住民の方々が日蓮正宗の新寺院建設に猛反対。日蓮正宗の新寺院建設の白紙撤回を要求して反対運動を繰り広げておられる。新寺院建設予定地の近隣には「宗教施設建設反対」の旗が多数なびいており、20168月現在で、何と1453筆にものぼる「日蓮正宗宗教施設反対署名」が行われて、松戸市長宛に提出されている。

秋山8


秋山2


秋山12-2ok


秋山13-2ok


 秋山17-2ok

(日蓮正宗新寺院建設予定地の近隣にはためく「宗教施設建設反対」の旗)

秋山6


秋山5-2ok
 

(日蓮正宗新寺院建設予定地)

秋山反対ビラ1


秋山反対ビラ2-2ok


秋山反対ビラ3-2ok


秋山反対ビラ4
 

(「秋山の街を守る会」製作の日蓮正宗新寺院建設反対のビラ)

秋山反対署名1-2ok
 

(「秋山の街を守る会」製作の日蓮正宗新寺院建設反対署名簿)

日蓮正宗は、日本のみならず世界中の人を一人残らず日蓮正宗の信徒にしてしまうことを意味する「広宣流布」を究極の目標に据えて、日本のみならず海外各国に至るまで、強引・執拗・非常識な折伏・布教活動を行っている。日蓮正宗のこのような過激体質は、少なくとも江戸時代に散見され、明治・大正・昭和にかけてその過激体質をエスカレートさせている。この過激体質の日蓮正宗から、昭和時代に、過激な折伏・布教活動で信徒数を激増させた創価学会、妙信講(今の顕正会)が輩出し、創価学会の最高指導者・池田大作が通算26年にもわたって日蓮正宗信徒のナンバーワン(法華講総講頭)だったことは、余りにも有名である。日蓮正宗は1974年に妙信講(今の顕正会)を破門。1991年に創価学会を破門。1992年に池田大作を信徒除名にして、一時的に信徒数が減少した。ところが1990年代から「3万総会」「6万総会」「30万登山」「50万登山」「法華講員50%増加」「80万法華講員」といった、無茶な布教目標を立てて、強引・執拗・非常識な折伏・布教活動を展開する過激体質を一層エスカレートさせている。さらに2000年代に入ってからは、大人の信徒のみならず、未成年の小学生、中学生、高校生に「折伏せよ」などと「指南」(指導)して、心ある人の大顰蹙を買っている他、日蓮正宗のトップ・管長・代表役員である大石寺68世早瀬日如法主が、大石寺広布坊で行われた「法華講連合会総会」の席で日蓮正宗の信徒を前に、「折伏している相手が入信するまで折伏せよ」との非常識極まりない「指南」(指導)をしている。これは

1 すべての者は、思想、良心及び宗教の自由についての権利を有する。この権利には、自ら選択する宗教又は信念を受け入れ又は有する自由並びに、単独で又は他の者と共同して及び公に又は私的に、礼拝、儀式、行事及び教導によってその宗教又は信念を表明する自由を含む。

2 何人も、自ら選択する宗教又は信念を受け入れ又は有する自由を侵害するおそれのある強制を受けない。」

とある日本が1978年に署名し、1979年に批准している国際人権B規約 第18条違反であり、日本国憲法第20条の「信教の自由」「布教の自由」からの大きく逸脱した活動であることは明らか。

そうなると、全国各地に点在する日蓮正宗寺院は、「入信するまで折伏せよ」とのストーカー折伏の拠点ということになり、日蓮正宗の新寺院か゛建設されるとなれば、これは近隣の住民の方々の平和な生活に対する重大な脅威である。

 

続きを読む

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(9)~自分たちだけが成仏して他は全て堕地獄だと思い込んでいる

□非常識な堕地獄論を説く日蓮正宗系のカルト信者には「死」を語る資格すらないと言うべき

 

これも昔から言われていることですが、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会等「日蓮正宗系」カルトの極めてひどい悪弊・弊害のひとつ。それも日蓮正宗は日蓮正宗の僧俗だけが成仏して他は全て堕地獄だと言い、創価学会は広布に挺身した創価学会員だけが成仏して他は堕地獄だと言い、顕正会は顕正会員だけが成仏して他は堕地獄だと言い、正信会は正信会寺院の僧俗のみが成仏して他は堕地獄だと言う。ここで注記しなければならないのは、例えば「日蓮正宗の僧俗だけが成仏して他は全て堕地獄」の中の「他」は、日蓮正宗以外全てということだから、その中には創価学会、顕正会、正信会のみならず、他宗派、他門流の仏教から無宗教まで全てが入ってしまう。「広布に挺身した創価学会員だけが成仏して他は堕地獄」の他」も、創価学会以外の日蓮正宗、顕正会、正信会のみならず、他宗派、他門流の仏教から無宗教まで全てが入る。創価学会の場合は、広布に挺身した創価学会員だけが成仏するらしいので、広布に挺身していない創価学会員は、創価学会以外の日蓮正宗、顕正会、正信会、他宗派、他門流の仏教から無宗教と同じように成仏できずに堕地獄ということらしい。こういう独善的な図式は、顕正会も正信会も同じ。

Icat-Cult」管理人は昔からさんざん、イヤと言うほど聞かされた。日蓮正宗や創価学会、顕正会等「日蓮正宗系」カルトの折伏の決め言葉は「入信しないと成仏できずに地獄に堕ちる」。1970年代後半から80年代頃の創価学会と正信会の紛争でも、正信会寺院僧侶は創価学会員に対して「創価学会は謗法だから地獄に堕ちる。だから創価学会を脱会して正信会寺院の信徒になれ」と説いてまわっていた。1991年にはじまる宗創戦争以降は、これと同じ事を法華講員が創価学会員たちに説いて廻っている。まったくもって懲りない人たちであり、性懲りもない人たちだと痛感してしまう。日蓮正宗の信者だけが成仏すると言いたいのか、インターネットやユーチューブで「これが成仏の相だ」と言わんばかりに、お亡くなりになった日蓮正宗の信者の死相の写真を平気でアップするという非常識極まりないことまで行っている者すら出ている。

又、最近、これを象徴する出来事が「mixi」の「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」コミュであった。「風小僧」なる名前の日蓮正宗のカルト信者が、議論の場で平気な顔をして「日蓮正宗の御法主上人や僧侶達、信徒達は皆さん成仏の相を顕していますが、学会員は皆さん堕地獄の相を顕して、お亡くなりになっています」などと言う。かく言う当人が成仏の相だかどんな相だか見たわけでもないのに、平気でこんなハッタリを言うから、カルト信者・風小僧に「ハッタリは、貴殿のみにとどまらず、日蓮正宗そのものがハッタリ宗旨だ」「貴殿は、ハッタリばっかり言っているので、ハッタリ小僧と改名したほうがいい」と指摘しておいた。するとこの風小僧なるカルト信者は、これに不満なのか、今度は自分の日記で、この問答に対する不平不満を鳴らし始めた。風小僧云く「戒壇の大御本尊が偽物ならば、なぜ大御本尊から功徳を頂いて幸せになっている方が大勢いるので すか?」「なぜ日蓮正宗の信徒が、亡くなった時に御文 に書かれている成仏の相を顕すのか?」と、こうである。このカルト信者の妄言に対して、カルト信者からのだまし討ち折伏で日蓮正宗に入信させられたL氏が「信徒数は何人いて何人が幸せと?そして一人一人あなたが確認したのですか?」「亡くなられた信徒全員の顔をあなたが直接見られたのですか?」と指摘された。まことに鋭い指摘である。

さらにだまし討ち折伏の被害者・L氏はこうも指摘された。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ