国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ

正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」。日本のみならず世界中からカルト宗教被害を根絶・絶滅させることが究極の目的。伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (背景写真は大石寺開創七百年慶讃大法要・本会が終了後、饗応の席で歓談する池田大作と大石寺67世阿部日顕・1990年10月14日付け聖教新聞より)

アンチ顕正会

「国際カルト宗教対策委員会」と「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」(略名・アンチ日蓮正宗)「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体異名。
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

2017年、新年明けましておめでとうございます・「アンチ日蓮正宗」単独で101万pvを突破

□もはや「日蓮正宗系」カルト信者の者どもにも止められない「3ブログ」アクセス数増加の勢い

 

皆様、新年、明けましておめでとうございます。昨年は、いろいろとお世話になりました。

日記やボイスに、イイネやコメントを多数いただき、又、ブログには多くの方々からコメントやメッセを頂戴しました。まことにありがとうございました。

昨年は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」「仏教宗学研究会のブログ」「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」の「3ブログ」のアクセス数の総計が144pvを突破。アクセスユーザー数ものべ39万人を超えました。

中でも特筆すべきは、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」単独で101pvを突破したことであります。「アンチ日蓮正宗」の論破の前に反論不能に陥った日蓮正宗、創価学会、顕正会等「日蓮正宗系」カルト信者や旅行に行ったことがない、ネットの前で自慰行為ばかりしているカルト信者の者どもは、「もうそろそろ『アンチ日蓮正宗』も飽きられるのではないか」などと、ムダな期待を抱いているようでありますが、彼らの淡い期待(?)を見事に打ち砕いて、「3ブログ」のアクセス数の総計は、2016年度も、アクセス数のペースが大きく飛躍しました。() 3ブログ」のアクセス数増加の勢いは、もはや誰にも止められなくなっていると言っても過言ではありますまい。

本年もまた昨年に引きつづいて、皆様方からのご指導・ご鞭撻を賜ることが出来ますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

2017年年賀状
 

 

明治・大正・昭和初期に77ヶ寺の新寺院・教会所を建立し檀信徒を56%も増加させた日蓮正宗

□折伏布教解禁の明治時代に江戸時代よりも過激折伏体質をエスカレートさせた大石寺門流2

 

1868(明治1)年の明治維新以降、過激折伏体質をエスカレートしていった大石寺門流だが、具体的にどれだけの布教実績を挙げていたのか。明治維新以降から1945(昭和20)年までの大石寺門流と他宗派・他門流との問答・宗派論争(日蓮正宗で言う“法論”)は以下の通りである。

1875(明治8)1022日、大石寺末寺・大阪蓮華寺講頭・森村平治等と京都要法寺末寺・天満蓮興寺・堺住本寺との間で問答

1875(明治8)1216日、大石寺末寺・堺本伝寺本立講と日蓮宗本迹一致門流妙見朋友講との間で問答

1876(明治9)9月、大石寺末寺・京都住本寺信徒・加藤廉三と日蓮宗妙法寺日庸が問答

1878(明治11)年、大石寺55世下山日布と北山本門寺34代玉野日志が問答

1879(明治12)年、大石寺52世鈴木日霑と北山本門寺34代玉野日志が問答(霑志問答)

1882(明治15)年、大石寺本門講と横浜蓮華会(国柱会)が問答(横浜問答)

1883(明治16)年、大石寺末寺・大阪蓮華寺信徒・荒木清勇が日蓮宗八品派(日隆門流)と問答

1885(明治18)412日、大石寺末寺・大阪蓮華寺信徒・荒木清勇が日蓮宗信徒・畠山弥兵衛と問答

1885(明治18)4月、大石寺門流僧侶とキリスト教徒が神奈川県小田原で公開法論

1887(明治20)4月、大石寺尼僧・佐野広謙尼が日蓮宗・京都頂妙寺僧侶と問答

1890(明治23)11月、大石寺53世日盛と日蓮宗僧侶・清水梁山が神奈川県横須賀で問答

1892(明治25)年、大石寺56世・大石日応法主と京都要法寺42祖・驥尾日守が問答

1893(明治26)24日、大石寺末寺・京都住本寺信徒・加藤道栄と京都要法寺塔中真如院住職・矢田志玄が問答

1901(明治34)31日、大石寺僧侶・阿部日正(後の大石寺57世法主)が顕本法華宗僧侶・本多日生と公開問答

1926(大正15)5月、大石寺末寺・北海道深川宝竜寺住職・渋田慈旭(日宇)と本門法華宗が問答(札幌法論)

1928(昭和3)1月、大石寺信徒・神戸独一本門講講頭・増田耕一と日蓮宗・日蓮主義宣伝会が問答

1929(昭和4)11月、大石寺信徒・神戸独一本門講講頭・増田耕一と日蓮宗・日本山妙法寺貫首・藤井行勝(日達)が兵庫県神戸市で問答

1900(明治33)年から大石寺と京都要法寺で、福島県・会津実成寺、妙福寺、宮城県仙台・仏眼寺、日浄寺の末寺寺跡問題が起こり、1943(昭和18)年に最終的に大石寺(日蓮正宗)に帰属。

(富士学林発行「日蓮正宗富士年表」より)

 

続きを読む

折伏布教解禁の明治時代に江戸時代よりもエスカレートしていった大石寺門流の過激折伏体質1

□明治政府の「一宗派一管長」等の強権的な現実無視の宗教統制政策に反発した大石寺門流

 

1868(明治1)年の明治維新によって、265年つづいた徳川幕府の治世は終わり、明治天皇を元首とする新政府が成立。徳川幕府の宗教政策はことごとく覆され、明治新政府は新しい宗教政策を行った。1868(明治1)328日、明治新政府が神仏分離令を発布。1871(明治4)45日、新しい戸籍法が発布され、宗門人別帳寺請制度が廃止された。そして同年514日、神社をもって国家の祭祀とすることを発布。実質的に神道が国教に近い存在になった。1872(明治5)年、明治政府が僧侶の肉食妻帯蓄髪を解禁し、法要以外の僧侶の俗服着用を許可。1873(明治6)年には、徳川幕府では禁制とされ弾圧されつづけていたキリスト教が解禁。1876(明治9)年、同じく徳川幕府では禁制とされ弾圧されつづけていた日蓮宗「不受不施派」の再興が許可された。

この明治維新によって大石寺門流の過激折伏体質はどうなっていったのか、ということになるが、明治時代に入って以降、大石寺門流の過激折伏体質は、江戸時代よりもさらにエスカレートしていったのである。それはなぜか。

まず第一に、宗教論争や自讃毀他(じさんきた・自宗を讃めたたえ他宗を誹謗すること)、僧侶の法談、念仏講、題目講等々、布教活動を徹底的に禁制にした徳川幕府が倒れたこと。これにより江戸時代に大石寺信徒が過激折伏事件を起こした金沢、尾張、伊那、八戸等で大石寺門流(日蓮正宗)の新寺院が建立され、公然と宗教論争や折伏布教活動を行うことが可能になったこと。

第二に、1868(明治1)328日に明治新政府が発布した神仏分離令によって、日本全国に廃仏毀釈(はいぶつきしゃく・、仏教寺院・仏像・経巻を破毀し、僧尼など出家者や寺院が受けていた特権を廃する運動。廃仏は仏を廃し(破壊)し、毀釈は、釈迦の教えを壊(毀)すという意味)の嵐が全国に巻き起こり、全国各地の仏教寺院が大打撃を蒙ったのだが、この中にあって静岡県の富士山麓の大石寺は、割と廃仏毀釈による被害が少なかったこと。

第三に、明治政府が全国の仏教各宗派に対して、現実を全く無視した「一宗一管長制」という、かなり強圧的な宗教政策を行い、これが仏教各宗派の猛反発を買ったこと。これはどういうことかというと、明治維新以前から、例えば臨済宗は建仁寺派、東福寺派、建長寺派、円覚寺派、南禅寺派、大徳寺派、妙心寺派、天龍寺派、相国寺派等に分かれている。浄土宗は鎮西派、西山派に分かれ、浄土真宗は大谷派(東本願寺)、本願寺派(西本願寺)、仏光寺派、興正派、木辺派、高田派、出雲路派、誠照寺派、三門徒派、山元派に分かれている。天台宗は天台宗山門派(比叡山延暦寺)、天台寺門宗(園城寺)、天台真盛宗等に分かれている。真言宗は古義派と新義派に分かれていて、さらに古義派は高野山真言宗、東寺真言宗、真言宗善通寺派、真言宗醍醐派、真言宗御室派、真言宗大覚寺派、真言宗泉涌寺派に分かれている。新義派も真言宗智山派、真言宗豊山派、新義真言宗に分かれている。日蓮宗も本迹一致派と本迹勝劣派に分かれ、さらに一致派は日昭門流、日朗門流、日向門流、日常門流、六条門流、日像門流、不受不施派に分かれ、勝劣派は日什門流、日隆門流、日真門流、日興門流(富士門流)に分かれ、その日興門流も、大石寺門流(日蓮正宗)、日尊門流(要法寺・伊豆実成寺)、日郷門流(保田妙本寺・小泉久遠寺・日向定善寺)、日代門流(西山本門寺)、日妙門流(北山本門寺)、日華門流(富士妙蓮寺)、日仙門流(讃岐本門寺)等に分かれていた。

 

続きを読む

日蓮正宗の腰巾着の者は松戸市秋山地区の日蓮正宗寺院反対運動への弾圧を即時中止せよ

□日蓮正宗寺院反対の方たちは日蓮正宗の嫌がらせに負けずに日蓮正宗撤退まで“がんばれ”

 

さて前々から懸念されていたことではあるが、千葉県松戸市秋山地区で、日蓮正宗の新寺院建設反対運動をしている活動家の方々の自宅に、日蓮正宗の腰巾着(こしぎんちゃく)とおぼしき者が、「日蓮正宗寺院反対の旗を降ろせ」と、嫌がらせを行っているという情報が入ってきている。

「アンチ日蓮正宗」に入ってきた情報によれば、坊主頭の巨漢男が、名前も名乗らず、新寺院建設反対運動活動家の方の自宅に押しかけてきて、暴力的な態度で、「日蓮正宗寺院反対の旗を降ろせ」と、嫌がらせをされたという。坊主頭の巨漢男の応対に出られたのは、ごく一般的な主婦の方だっったのだが、この坊主頭の巨漢男の暴力的態度に恐怖心でいっぱいになり、その後、電話にも出ることができなくなるほどだったというのである。

ところでこの坊主頭の巨漢男とは、一体何者だろうか。おそらく、日蓮正宗の僧侶の者か、日蓮正宗の腰巾着の者ではないのか。日蓮正宗の僧侶の者は、全員が坊主頭であり、若いころから、ろくに運動もスポーツもやらず、腹一杯の食事をとっているため、醜く太り、巨漢男になっている者が多い。日蓮正宗寺院反対の方の自宅に、嫌がらせにやってきた者は、このあたりの者ではないか。それにしても、これは決して許されざる暴力的行為であり、弾圧行為である。

「日蓮正宗の新寺院建設反対」の意志がある方々が、それを表明することは、日本国憲法で保障された「言論の自由」「表現の自由」に基づくものであり、またこれは日本が署名・批准している「市民的及び政治的権利に関する国際規約(B規約)」19条にも

1 すべての者は、干渉されることなく意見を持つ権利を有する。

2 すべての者は、表現の自由についての権利を有する。この権利には、口頭、手書き若しくは印刷、芸術の形態又は自ら選択する他の方法により、国境とのかかわりなく、あらゆる種類の情報及び考えを求め、受け及び伝える自由を含む。」

(外務省・公式ウエブサイトより)

と、保障されている権利である。つまり「日蓮正宗の新寺院建設反対」の意志がある方々が、「日蓮正宗の新寺院建設反対」の意志を表明することは、「日本国憲法」や「市民的及び政治的権利に関する国際規約(B規約)」で保障された、固有の権利であり、当然の行為ではないか。

それを暴力的態度で「日蓮正宗寺院反対の旗を降ろせ」と、嫌がらせをするなどとは、許されざる言論弾圧行為であり、弱い立場の市民をいじる「弱い者イジメ」である。

日蓮正宗の腰巾着の者は松戸市秋山地区の日蓮正宗寺院反対運動への弾圧を即時中止せよ。

「日蓮正宗反対運動」は、「日本国憲法」や「市民的及び政治的権利に関する国際規約(B規約)」で保障された民主主義、言論の自由、表現の自由を弾圧する日蓮正宗の専横への抵抗運動であり、現代の自由民権運動である。

日蓮正宗寺院反対の方たちは日蓮正宗の言論弾圧・嫌がらせに負けずに、日蓮正宗撤退の日まで、是非ともがんばっていただきたいと念願するものであります。

秋山2


秋山12-2ok


秋山13-2ok


秋山17-2ok
 

(日蓮正宗新寺院建設予定地の近隣にはためく「宗教施設建設反対」の旗)

秋山反対ビラ1


秋山反対ビラ2-2ok


秋山反対ビラ3-2ok
 

(「秋山の街を守る会」製作の日蓮正宗新寺院建設反対のビラ)

 

 

不受不施派同様の取り潰しを恐れ過激折伏の大石寺信徒や要法寺僧俗を見殺しにした大石寺2

□寺社奉行に同門の要法寺を「要法寺日尊上洛後の事跡相知れず」と冷たく突き放した大石寺

 

京都要法寺は、徳川幕府・寺社奉行の厳しい詮議・取り調べの中で、1797(寛政9)年、自山の立場について、「大石寺開山日興上人の弟子つづき」、つまり要法寺は大石寺と同門であると主張。徳川幕府・寺社奉行は大石寺に、その当否の照会をした。これについて、大石寺は寺社奉行に対して、概略、以下のような答申をした。

「京都要法寺の開祖・日尊は大石寺開祖日興の弟子ではあるが、大石寺三祖日目の京都天奏の旅に随伴して京都に上って以降の詳細は不明である。」

「京都要法寺の開祖・日尊の血脈相承、要法寺歴代系図についても詳細き不明」

「日尊門流の上行院・住本寺が一寺になり要法寺と改称したことは、大石寺は詳細は知らない」

「日尊門流の上行院・住本寺の開基や詳細について、大石寺は詳細は知らない」

「大石寺では、日蓮十界勧請の曼荼羅と日蓮を尊信し、十界勧請の曼荼羅と日蓮木像を本尊としている。余の仏像等は祀っていない。宝蔵には日蓮直書の曼荼羅を祀り代々法主の御朱印、日蓮以来の宝物を安置している。客殿は中央に十界勧請の曼荼羅、右に日蓮木像、左に日興の木像を安置している。朝夕の勤行では、法華経方便品寿量品の読誦と唱題行を専らとする」

(大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』9p357360「大石寺より江戸寺社奉行へ答申」)

大石寺より江戸寺社奉行へ答申1


大石寺より江戸寺社奉行へ答申2


大石寺より江戸寺社奉行へ答申3
 

大石寺は、徳川幕府寺社奉行に対して、京都要法寺を擁護することを全くせず、本当は大石寺と要法寺は同じ日興門流(富士門流)であるにもかかわらず、寺社奉行に対しては、大石寺と要法寺は同門であるとは主張せず、「委細の旨は存知申さず候」「要法寺日尊上洛後の事跡相知れず」などと言って、冷たく突き放したのである。この大石寺の態度に、京都要法寺の門徒が怒らないはずがない。大正から昭和時代前半のころの京都要法寺門流(日蓮本宗)の歴史学者(僧侶)・富谷日震氏は著書「本宗史綱」(下巻)で、「大石寺のなせる信義無視の答申」と題して

「これに対する大石寺の応答は毫も核心に触れず、所答甚だ不得要領を極む。就中奇怪なるは、往古伝灯九代の法器を送り、一百十有余年両山緊密の連繋厳然たりにし拘わらず、『要法寺日尊上洛後の事跡相知れず』等と、事実無視の答弁に及べり。元来、永年恩顧の旧誼を顧慮せば同門の憂いを別かち、奮然蹶起匡救善所の徳性を発揮すべきに、事態を冷眼看過殆ど対岸の火災視し、吾不関焉と冷々淡々他の休慼敢て顧みず、唯だ当面を糊塗するに急にして漫然不信不義の態度に出でしものは、蓋し微問の事実を明確ならしむるにおいては、却て累禍の自山に及ばんを杞憂する怯懦心の然らしめたるものか」

「同門骨肉の信義なるもの焉くにか在らん。陰険悪辣の振舞宛然禽獣の類すと謂つへきなり」

(富谷日震氏の著書「本宗史綱」下巻p824825)

大石寺のなせる信義無視の答申

と口を極めて大石寺の態度を非難している。

富谷日震
 

(「本宗史綱」に載っている富谷日震氏)

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ