国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ

正式名「国際カルト宗教対策委員会・International Committee AgainsT Cult」略称名「ICAT-CULTアイキャットカルト・ICATアイキャット」。日本のみならず世界中からカルト宗教被害を根絶・絶滅させることが究極の目的。伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (背景写真は大石寺開創七百年慶讃大法要・本会が終了後、饗応の席で歓談する池田大作と大石寺67世阿部日顕・1990年10月14日付け聖教新聞より)

戒壇大本尊

「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が2005年に設立した会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。
この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」の管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」。「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」は「一般社団法人 仏教宗学研究会」が管理・運営。
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html

<注意事項>
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「国際カルト宗教対策委員会」(Icat-Cult)管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html

□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

2018年5月18日「一般社団法人 仏教宗学研究会」が正式に法務局に法人登記が完了

□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」は「一般社団法人 仏教宗学研究会」の管轄下に

 

2018518日付けを以て「一般社団法人 仏教宗学研究会」が、正式に法務局に法人登記が完了しました。20122月の「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」「仏教宗学研究会のブログ」開設から数えて63ヶ月、200511月の「アンチ日蓮正宗・コミュニティ」設立から数えると何と126ヶ月の歳月がかかってしまいました。ここに来て、ようやく仏教宗学研究会は任意団体から一般社団法人へと脱皮し、新たなスタートをきることになりました。皆様方の御尽力、御協力いただき、ありがとうございました。

今般の「一般社団法人 仏教宗学研究会」の法人登記に当たり、当ブログは、「一般社団法人 仏教宗学研究会」定款第3(目的)により、「一般社団法人 仏教宗学研究会」の管轄下になります。管理人は、従来通り、英昭彦であります。どうかよろしくお願い申し上げます。

 

2018.5.24履歴全部証明書3ok
 

(「一般社団法人 仏教宗学研究会」履歴全部証明書の一部)

 

 

 

「日蓮正宗系」離檀・脱会の機縁(4)~「日蓮正宗系」未入信の配偶者との結婚を契機にやめる2

□なぜ女性信者が「日蓮正宗系」未入信の彼氏と結婚して「日蓮正宗系」の信仰を棄てるのか

 

「日蓮正宗系」の信者、創価学会員、法華講員、顕正会員が、「日蓮正宗系」に未入信の彼氏・彼女と結婚することによって、「日蓮正宗系」の信者のほうが、信仰を棄ててしまうというケースは、創価学会、法華講、顕正会の内部事情が大きく影響している。

創価学会でも法華講でも、まず20代、30代の若い独身男女のアンバランスがある。つまり男性と女性の比率が73ないしは64で、男性のほうが数が多いのである。したがって恋愛結婚でもお見合い結婚でも、「日蓮正宗系」の信者同士で結婚すると、男性のほうがあぶれてしまう。こういったことが影響していると思われるが、創価学会でも法華講でも、30才すぎても35才すぎても、結婚もしなければ彼女もいない若い独身男性信徒がたくさんいる。そうするとそういう姿を目の当たりにした20代、30代の信者が、「長年の信仰活動で功徳を受けているはずなのに、どうして結婚しないのか」という疑問を持つようになり、創価学会、法華講、顕正会の「日蓮正宗系」の信仰活動に見切りを付けて、「日蓮正宗系」に未入信の彼氏・彼女と結婚。未入信の配偶者との結婚を契機に信仰を棄てるわけである。これには下記のような裏事情がある。

 

□創価学会、法華講、顕正会の「日蓮正宗系」の信仰そのものが独身女性に定着していない

 

創価学会、法華講、顕正会の「日蓮正宗系」の主戦力は婦人部(※既婚女性のこと)だとは、よく言われる話しであるが、だから「日蓮正宗系」の信仰が女性に定着していると考えている人もいるようだが、これは全くの間違い。確かに婦人部の中には、「日蓮正宗系」の信仰に没頭している人もいるようだが、これが独身女性の女子部になると、これが全然、定着していない。勤行をしていないことを平気で公言する女子部幹部がいるくらい。だから「日蓮正宗系」団体の独身女性は、結婚相手を選ぶにあたって、相手が「日蓮正宗系」の信仰をしているのかどうかを全く問題視していない。だから平気で「日蓮正宗系」に未入信の彼氏と結婚するわけである。

 

□創価学会、法華講、顕正会の「日蓮正宗系」団体は男性優位・男性型社会である

 

一般論として独身女性は、男性優位社会、男性型社会を魅力的に感じない。創価学会、法華講、顕正会の「日蓮正宗系」団体の法主、僧侶、会長、理事長、副理事長、副会長、総講頭、大講頭、委員長、副委員長は全員男性のみ。まれに女性総代、女性講頭がいるが、これは例外中の例外。日蓮正宗寺院住職は、公然と信者の前で「女(※日蓮正宗では女性のことを一様に『女』とよぶ)は、(総代・講頭に就けるのは)ダメだ」と言うくらいである。さらに創価学会、法華講、顕正会の「日蓮正宗系」は、信者に対して「男性は外で仕事、女性は家庭に入って家事・育児に専念」というアナクロニズムな生き方を画一的に押しつけている。これも独身女性が嫌悪する一因である。

 

独身女性を女子部、既婚女性を婦人部にして、婦人部の活動のメインは平日の昼間。だから専業主婦にならないと、「日蓮正宗系」団体の婦人部活動はできない。働く女性やキャリアウーマンでは婦人部活動はできないということになる。こんな封建的価値観がメインの社会を、現代の独身女性が魅力に感じるわけがない。時代遅れも甚だしいと言わざるを得ない。

 

 

 

続きを読む

「日蓮正宗系」離檀・脱会の機縁(3)~「日蓮正宗系」未入信の配偶者との結婚を契機にやめる1

□子どもの頃から「日蓮正宗系」信者でも数々の不信を持って結婚を契機に離檀脱会するケース

 

意外に知られていない、皆さんが意外に思われる「日蓮正宗系」離檀・脱会の機縁というのが、これ。つまり「日蓮正宗系」の信者、創価学会員、法華講員、顕正会員が、「日蓮正宗系」に未入信の彼氏・彼女と結婚することによって、「日蓮正宗系」の信者のほうが、信仰を棄ててしまうというケースである。こう言うと「そんな人は、組織活動や信仰活動をしていない『未活』信者ではないか」「信仰に後ろ向きな男子部員か女子部員の話しだろう」と言うだろうが、そうとは言えない。この信仰を棄てる信者のほうは、男性、女性の両方ともあるし、例え創価学会、法華講、顕正会等で役職を持っていた幹部であっても、未入信の配偶者との結婚を契機に信仰を棄てるケースはある。

結婚を契機に「日蓮正宗系」団体をやめる、「日蓮正宗系」信仰を棄てるということは、今の時代、意外と簡単にできるのである。どういうことかというと、独身時代、「日蓮正宗系」カルト信者の両親と同居して、両親にうるさく言われるがままに、渋々、勤行をしていた独身信者でも、今の時代は結婚すれば、両親とは別居して新居に住む。「日蓮正宗系」信者の場合、新たに新居に住むことになっても、新居に仏壇を入れ、曼荼羅本尊を下付してもらって祀ることになるのだが、結婚する信者のほうが、信仰に後ろ向き、ないしは信仰に背を向けているケースだと、結婚相手が「日蓮正宗系」未入信の一般人や他宗の人だと、これ幸いとばかりに、仏壇や曼荼羅本尊を祀ることを拒否。それっきりになる。そして「日蓮正宗系」団体や寺院と疎遠になり、頃合いを見計らって離檀届・脱会届を送りつけるというわけである。

子どもの頃、幼い頃から「日蓮正宗系」の信者、創価学会員、法華講員、顕正会員だった人で、このケースで離檀・脱会する人は、小学生、中学生、高校生の頃、創価学会、法華講、顕正会等「日蓮正宗系」団体の活動に参加していて、それらの活動を通じてさまざまな不信感を持つようになり、不信感が鬱積・蓄積され続けて、未入信の配偶者との結婚を契機に信仰を棄ててしまうというわけである。

それでも両親が「日蓮正宗系」カルト信者の場合、何とかして子どもの結婚相手を折伏して「日蓮正宗系」に入信させようとし、これで相手が入信するケースもままあるようである。が、全てこれで丸く収まっているわけではない。もちろん、結婚相手がいくら折伏されても「日蓮正宗系」への入信をガンとして拒否するケースも多々ある。そうなると、二人が分かれてしまうケース、一方だけが「日蓮正宗系」の信者で、もう一方が未入信のまま家庭分裂状態になってしまうケース、二人が結婚して「日蓮正宗系」の信者のほうが、信仰を棄ててしまうケースに分かれる。ただし「日蓮正宗系」の信者のほうが、特に「日蓮正宗系」カルト信仰に凝り固まった両親が、未入信の結婚相手を折伏するケースで、強引な折伏、だまし討ち折伏等々を行い、これに関する未入信の結婚相手の側から「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」「国際カルト宗教対策委員会」に苦情が殺到している。これは結婚相手が「日蓮正宗系」未入信のケースだが、法華講員と創価学会員が結婚して、二人とも創価学会員になったというケース、法華講員と顕正会員が結婚して二人とも顕正会員になった等々のケースもあり、これはこれでトラブルが発生している。

 

 

 

続きを読む

「日蓮正宗系」離檀・脱会の機縁(2)~創価学会・法華講・顕正会・正信会内部の人間関係・トラブルでやめる2

□日蓮正宗系だけに飽きたらず富士門流寺院までカルトサーフィンするトラブル脱会信者

 

創価学会・法華講・顕正会・正信会内部の人間関係・トラブルで日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会を離檀・脱会した人が、最も多いのは、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の「日蓮正宗系」宗教団体を次々と転々とするカルトサーフィンするパターンである。さらにこれにも飽きたらずに、正信会から分裂した単立寺院、元創価学会員、元日蓮正宗信徒が住職を勤める寺院や富士門流寺院までカルトサーフィンする信者がいる。

1970年に正本堂御供養金返還訴訟を起こしたことで有名な松本修明(松本勝弥)氏は、日蓮正宗・創価学会から信徒除名処分になった後、保田妙本寺(当時は日蓮正宗寺院)を経て、西山本門寺50世森本日正貫首の弟子になり、現在は滋賀県大津市・富士山蓮華寺住職、東京烏山・西山本門寺東京布教所・富士山蓮華寺東京別院主管を名のる。日蓮正宗、創価学会、顕正会から離檀・脱会した人で、松本修明氏の門をくぐる人は多い。富士門流執着軍団・某人Bは、創価学会→日蓮正宗宝浄寺を経て、松本修明氏の元に弟子入りして僧名を名乗り、一時は富士山蓮華寺の宗教法人無心庵責任役員におさまっていた。ところが、数年前、松本修明氏に無断で富士山蓮華寺を退出している。

自称・曼荼羅書写三千体行者・日神氏は、創価学会→日蓮正宗法華講→旧富士門流系・大日蓮宗→滋賀県大津市・富士山蓮華寺(副住職を自称)の後、日蓮系・富士門流系宗教・寺院からは一切離れて浄土真宗木辺派寺院の僧侶におさまっている。

松本修明(松本勝弥)氏は、日蓮正宗・創価学会から信徒除名処分になった直後は、保田妙本寺に出入りしていたが、これと同じパターンで、近年は「日蓮正宗系」宗教団体を転々とするカルトサーフィンした後、1995年に日蓮正宗を離脱して再び単立の富士門流大本山になった保田妙本寺の信徒になる人が多いのも、ひとつの特徴となっている。

それでは、なぜこんなに易々と「日蓮正宗系」宗教団体を転々とカルトサーフィンしたり、富士門流本山まで転々とする人が続出するのか、という疑問が沸くのだが、その理由の一つが「教学」にあると考えられる。つまりこういうことである。

創価学会・法華講・顕正会・正信会内部の人間関係・トラブルで日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会を離檀・脱会したとしても、「おかしいのは、トラブルの当事者の住職個人、信者個人であって、日蓮正宗系の教学は間違っていない」と、自分の頭の中で勝手に整理してしまう。その結果として、「日蓮正宗系」宗教団体を転々とカルトサーフィンする。そして移籍した先の「日蓮正宗系」宗教団体でもトラブルを起こして離檀・脱会し、「日蓮正宗系」宗教団体で行くところがなくなると、今度は日蓮正宗系と同じく日興を開祖とする富士門流本山・寺院に行く。大石寺・日蓮正宗系と富士門流本山寺院との間の教学的な違いは、ほとんどないに等しい。大石寺では「戒壇の大本尊」なる板本尊を根本本尊として立てるのに対して、他の富士門流本山は、これを認めていないこと。大石寺以外の富士門流本山は、「万年救護の大本尊」「日蓮御影像」「建治二年の曼荼羅本尊」「称徳符法の曼荼羅本尊」等々をそれぞれ立てる。大石寺・日蓮正宗系は日蓮本仏義だが、富士門流で日蓮本仏義を立てるのは、保田妙本寺と西山本門寺系の一部寺院、一部僧侶ぐらい。

 

東京別院1


松本居所6



松本修明・布教所1
 

(西山本門寺東京布教所・富士山蓮華寺東京別院)

 

 

続きを読む

「日蓮正宗系」離檀・脱会の機縁(1)~創価学会・法華講・顕正会・正信会内部の人間関係・トラブルでやめる1

□独善的体質で「オレは偉い」信徒が集まる「日蓮正宗系」宗教団体で多発するトラブル・内紛

 

ここの表題に掲げた「『日蓮正宗系』離檀・脱会の機縁」の『日蓮正宗系』とは、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会のこと。「離檀・脱会の機縁」というのは、どういう理由で、どういう動機で、どういう縁由・機縁で、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の信者だった人が、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会を離檀・脱会したのか、という意味。

この中で一番数が多いと思われるのが、創価学会・法華講・顕正会の幹部と意見衝突したとか、信者同士で意見衝突したとか、あるいは法華講や正信会なら、所属寺院の住職と意見衝突してケンカになり、頭に血がのぼって日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会から離檀・脱会するというパターン。つまり創価学会・法華講・顕正会・正信会内部の人間関係・トラブルで日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会をやめるということである。これが数としては一番多いように思われる。

もともと日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会といった「日蓮正宗系」宗教団体は、独善的・高圧的な体質を持っており、「オレは偉いのだ」という信者が上から下までゴロゴロたくさんいる。こういう人たちが集まっている団体ということであれば、トラブルは多発するでしょうね。

創価学会や顕正会の場合は、全国的な信徒団体であり、なおかつ単一統合体組織であるため、信徒一人一人は、縦割り組織の中に組み込まれてしまい、信徒が横の組織に移るということができない仕組みになっている。例えば、東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名)三丁目公園地区(仮名)の中で、信徒同士のトラブルが発生し、頭に血がのぼった信徒が、三丁目公園地区(仮名)から一丁目団地地区(仮名)に移りたいと言ってもダメ。田元支部(仮名)が気にくわないから駅前支部(仮名)に移りたいと言ってもダメ。三丁目公園地区(仮名)のエリアに住んでいる創価学会員は、そこから転居しない限り、他の地区には移れない。田元支部(仮名) のエリアに住んでいる創価学会員は、そこから転居しない限り、他の支部には移れない。アパート暮らしの独身とか、身の軽い人は転居する人もいるようだが、マンションや一軒家を買った人や妻子家族のいる人は、そう簡単に転居できるものではない。だから創価学会員や顕正会員の場合は、ここで脱会になる。

では日蓮正宗法華講の場合は、どうなるのかというと、トラブルが起こった段階で日蓮正宗を離檀する人と、日蓮正宗内の他の寺院に所属寺院を変える人に分かれる。日蓮正宗や正信会の場合は、寺院移籍という方法がある。日蓮正宗信徒の所属寺院移籍については「日蓮正宗宗規」で

「第二百二十二条 檀信徒は、所属する寺院又は教会から他へ移籍しようとするときは、移籍前及び移籍先の寺院の住職又は教会の主管の承認を受けなければならない。

2 前項の移籍につき、当事者間において紛議が生じたときは、宗務院において調停又は裁定することができる。」

となっており、建前では信徒の所属寺院移籍は移籍前及び移籍先の寺院住職又は教会主管の承認があれば可能であるとしている。

 

 

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
プロフィール

hide(英昭彦)

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ